第8回 筋道を立てよう − フローチャート − 「5.初期設定」

8−5 初期設定

さて、移動の処理が揃ったところで、これらの処理を眺めながら、初期設定の方を詳しく見ていきましょう。

初期設定では大きく分けて[変数の定義]と[初期値の代入]でしたが、そもそも、どのような変数が必要かわかっていません。
そこで、ボールの移動処理に注目して考えてみましょう。

まず、ボールの表示と消去をするための座標が必要ですね。
縦方向用と横方向用、表示用と消去用、これらを組み合わせて、4つの変数が必要になりますね。

    

また、移動量については、移動量と方向を合わせた変数を用意すればよさそうです。
毎回[方向]と[移動量]を掛け算しなくても、移動量にプラスとマイナスの値がついた変数が縦用と横用の2つあればよいでしょう。

    

ボールの移動処理を眺める限りは、この6つの変数を用意すればよさそうです。
後は、ボールの方向の初期値を乱数で決めれば完成です。

    

さて、プログラムの流れが完成しました。
完成といっても「自動販売機でジュース」の例があるので、完全とは言えませんが、ここまで詳しく出来ていれば、あとは順にBASICコマンドを割り当てるだけですね!
え?そこが難しいから、Basic BASICの読者ですって?確かに確かに・・・
ま、気を取りなおして、ちゃっちゃっとBASICコマンドに翻訳してみましょう。

前へ     目次へ     次へ

第8回 筋道を立てよう − フローチャート − 「5.初期設定」