【気まぐれ日記】

2005年 7月


2005/07/31 今日の一言『寝坊シマシタ』
■一日中、グータラ寝ていました。気分と状態は、糸の切れた操り人形。
ちなみに、昨日のさるさる日記の方は、書いている途中にキーボードに向かいながら、うたた寝しちゃうほどの状態。何度か書いては消してを繰り返して、やっと更新した始末でした(笑)
■ケロリン堂さんの作品展は今日まででした。>お疲れ様でした。
今頃は、ホッとされているのではないでしょうか。
谷中でお店番をされていたのが自称「オモシロ店員Iさん」、私としては、とてもホンワカした雰囲気になるので「ほんわか店員アイさん」と名付けさせていただきましたが、こちらもホッとされているのではないでしょう。
※ごめんなさい。昨日の日記、誤字でした…、×定員(ていいん)、○店員(てんいん)
ちなみに、先日お邪魔した際、後の予定がなければ閉店まで居座ろうかと思うほど和ませて頂きました(←本当に邪魔だって)が、おかげさまで、後の予定地へも心地よく旅立つ事が出来ました。
短時間ではありましたが、お店を観察していますと、谷中には、遠くから足を運ぶ常連の方、カエル可愛いときゃあきゃあ盛り上がる女子の団体など、色々な人が訪れます。
色々大変な事もあるかと思うんですが、何かこう、店員さんも癒されているんだろうな、と感じました。
「谷中ぎんざ」というメインストリートな商店街からは、ちょっと離れたところにありますが、来たついでに寄ってみた、という気持ちで足を運んでみるのも良いかもしれません。
8月は休みなしのフル営業の予定。谷中巡りという散策も良いのではないでしょうか。
個人的には、まず、ケロリン堂さんで、タオルとうちわを買い、首にタオルをかけて、うちわをパタパタさせながら、谷中界隈を散策するコースをお薦めします。
一通り散策したら、もう一度ケロリン堂さんにかえって、今度は、本格的にお買い物を(笑)、名付けて、
    「ケロリン堂にカエル、夏の谷中散策」
駄洒落…タイトル長いし…^^;)
■そうそう、いくつかのサイトで話題になっていた「水タバコ」のお店も日暮里ルートの途中にあります。
水タバコのお店、写真を撮って来るんだったなぁ…

2005/07/30 今日の一言『早起シマシタ』
■行って来ました、ケロリン堂さんの作品展(笑)
小脇に「おたま」を抱えたケロンも可愛いのですが、なぜか、このスタイルに萌え萌えです。
ひとまず、明日の17時まで、足を運べる方は、是非、青山一丁目を目指して見てください。
また、行けない方、行けなかった方は「こちらのバーチャルツアー(もどき)」をどうぞ。
■正確には、青山と谷中と松戸の3ヶ所を回ってきて日帰りしてきました。
結構ハードかな、と思ったのですが、想像していたよりスムーズに回る事が出来ました。
青山の会場の様子は「お出かけ」を見てもらうとして、ほんわか店員アイさんによる癒しの空間が広がっている谷中のお店の方も、とてもよい雰囲気だった事をお伝えしておきます。
ちなみに、店頭には、あのケロリン堂アプリが動作しているCLIEがきちんと置いてあり、いろいろなお客さんの書き込みがあってとても嬉しかったです(あああぁぁ、写真撮るの忘れた〜)
■今日は、ポケモン・スタンプラリーが行われているようで、用紙を持った子供らをJRの各駅で見かけました。
で、日暮里の駅着いた時、恐るべきものを目にしました。
それは、「30分以上」待ちの行列。他の駅では、見られなかった盛況ぶりです。
何故だろうと思っていたのですが、どうやら、この駅で押されるスタンプが「ピカチュウ」という事で、集中していたようです。
行列に並ぶ子供ら、随分と曇り空で湿度も高かった今日の東京、一緒に並んでいたお父さん、お母さん、ご苦労様でした。
■で、松戸は何をしに行ってきたのかと言いますと・・・
これ↓です。
一回、足を運んでみたかったんです、ガンダム・ミュージアム(笑)
実物スケールでは、ガンダムよりザク頭のほうが「それっぽく」感じました。
やはり質感でしょうか。
ガチャガチャコーナーで、ややハマりましたが(メイリン+ルナマリア、両方出るまで…)、ミュージアム自体は、一回足を運べば良いかな、という感じもしました。
夏休みで混雑しているのではないか、と心配したのですが、思った以上に空いていて、最初は「ラッキー」と思っていました。でも、帰る頃には、その理由がなんとなくわかった気がしました。
■M1000を持って行きました。
当然のことながら、新幹線の中とかでも、十分にメールチェックやブラウジングが可能でした。
全体的に操作感が悪いのは前日に書いた通りですが、実際、持ち歩いて使ってみると「十分使える」レベルである事が分かりました。やはり、単体で完結しているのは便利です。
まぁ、パケット代を無視して使える状況なので、あまり参考にはなりませんが、ブラウジングが最小限で、メールチェックを中心に使うならば、この機種、選択肢の一つとして前向きに考えても十分でしょう。
さすがに、今すぐM1000を買おうとは思いませんが、スマートフォンという考え方、意外に日本でも受け入れられるんじゃないかと思いました。ちょっと期待。

2005/07/29 今日の一言『早起きするぞー』
■唐突ですが・・・
残念ながら、物欲ウイルスに感染したわけではなく「お借りした」モノです。
人気機種だけあって、数日だけの限定ですが、幸いな事に(笑)、今日お借りできたので、土日に使い込む事が出来ます。
ちょっと触ったイメージですが、Palm使いからすると、全体的に「もっさり」した感じは否めません。
また、インタフェースが分かりにくく、統一されていない感じもしますから、しばらく触ってから「ああ、こうやって使うのか」と思う事が少なくありません。
ただ、携帯電話に比べれば、パソコン的な設定に近いので、設定自体に困る事はあまりないかもしれません。
Tungsten|TとBluetoothでの通信を試してみたのですが、アドレスやスケジュールについては、さほど問題なく双方向でデータの交換が出来るようです。ただ、メモ帳については、M1000から送るデータが普通のテキストファイルとして送られるようで、Tungsten側に「そういうモノを扱うアプリがありません」と言ったエラーでハネられてしまいます。
M1000に送る分には問題はありません。
メーラーはパソコンのアカウントが使えるので便利です。私の場合、nPOPを常用しているので、このサーバーの中身を覗き見るタイプのメーラーはむしろ歓迎です。
ブラウザは、やっぱりフルブラウザと言ってもパソコンと同様の画面ではありませんので、無理があります。これは物理的に仕方がないでしょう。
機能の中で、もっとも不満な点は文字の入力です。画面にGraffiti入力しようとしている自分が笑えます。あと、ペラペラのスタイラスも質感は良いのですが、Tungstenのものが潰れたような感じで、かろうじて持って操作できると言う感じです。
先述のとおり、全体に「もっさり」しているのですが、これは慣れてしまえば気にならないかもしれません。「こういうモノか」と思う人には十分受け入れられるのではないかと思いました。
一方、携帯電話のように出来るだけ多くの人に受け入れられる次元まで作りこまれていない製品をDoCoMoが採用して投入した事は、このようなスマートフォン製品を「テスト的」にでも導入して市場の反応を確認するだけの余裕がある事を示しているのではないでしょうか。
であるならば、Treoという選択肢もあるかもしれません、とお返しする時に、DoCoMoさんに十分にお伝えしておきます(笑)
■Zire21を使っていて、ありがたいのは「DoCoMo」という文字列を簡単に入力できる事です。
Graffitiでコレを入力しようと思うと、ちょっと面倒ですが、Graffiti2なら特に問題なく入力できます。
Graffitiで速記が出来た身ですが、Graffiti2の鬼門である「k」「i」「t」などもそこそこ入力できるようになってきましたので、あまり気にならなくなりました。
まぁ、キーボードを導入したり別の方法を考える事が面倒くさいと思って、そのままにしておいた結果ですが(笑)
■今後、Palm界も平均年齢が上がる事が予想されます。
そんな中、先陣を切って「四十肩」をレポートされているkentamanさんの話を要約すると、脇を上げる動作が辛いのでPDAは大丈夫、むしろマウスの方がダメという事でした。
なるほど「老いとPalm」という話題、意外と重宝しそうです。
しかし、避けられない「老い」ですが、今の「萌え〜」って叫んでいる世代がそのまま老人になったらどうなるんでしょうか。想像するのが怖いような面白いような。

2005/07/28 今日の一言『はっ!ウナギ…』
■NS Basicユーザーにはお馴染み、そろそろ出る頃と思っていたVer.5.00のバグ修正版、Ver.5.01がリリースされました。
登録ユーザーさんには、連絡が届いているかと思います。
変更点としては「実行」メニューに「End」のオプションが加わった点。
これは、デバッグモードのブレイクポイントで止まっているプログラムを終わらせる機能です。
また、グリッドでGrid.rowに -1をセットするとグリッドの選択状態が解除されるようになったようです。
他はバグフィックスですが、まだブロックコメントの機能は搭載されていません。
ひとまず、デバッグモードがより安定化したとの事で、開発がやりやすくなったのではないでしょうか。
■久しぶりにkentamanさん@クラネットが更新されたかと思えば「四十肩」というエントリー。
どうやら「ウクレレやパソコンどころではない」状態で、「えらいことになっている」ようです。
こういう時、パソコンなら指一本でも操作が出来るのですが、片手に本体、片手にスタイラスという使い方のPDAは辛いかもしれません。いや、こんな状況でPalmが使えるかどうかなんてどうでも良いので、無理せずお過ごしください。
■文字遊びの意味合いを含んで、掲示板などではわざと間違えて記述する事もあるようで、例えば、女の子の名前に付ける「〜ちゃん」を「〜タン」と言い換えたものを、さらに「〜タソ」と書いたりするようなモノがありますね。
最初は、何だコレ、と思っていましたが、慣れてしまえば勝手に脳内変換しちゃいますので、さほど意味を捉えるのに問題は生じません。
そんな事もあって、ある意味、定着しつつあるようですが、最近、某カップ焼きそばのCMで、その香りをアピールするために、匂いをかぐ動作を表す擬態語「クンクン」を押し出しているモノを見かけました。
そして、アレを見るたびに、読み間違えてしまう自分がいて、苦笑してしまいます。
ハイレゾCLIEが出てきた頃、カタカナの「ン」と「ソ」の字の区別がつきにくかった頃、「ンソ字FIX(作:山田達司さん)」なんてアプリが登場しましたが、脳内にンソ字FIXをインストールしながら見ないと、とんでもない焼きそばが出来上がります。
■「iPodに課金する」と言った見出しで話題となった「私的録音録画補償金制度」の話題、結論が出ないまま、経過報告には「両論を併記」することになったようです。
私としては、別に払うのが嫌、と言っているわけではなく、無駄に巣食っている妙な団体に金を吸い取られるような不透明な構造が嫌だと言っている訳で、おそらく「反対派」の大多数も、そんな胡散臭い音楽業界やら著作権協会の不透明さを嫌って反対しているのでしょう。
そもそも、音楽業界と言えば、コピーコントロール機能のディスクを作ってみたり、売上が落ちたとたんに「慌てて」止めてみたりと、ここ最近の動きを見ても、顧客よりも保身優先になっています。
この「私的録音録画補償金制度」も、古臭い制度を維持するため、無駄に使われているんじゃないかと思うわけです。

2005/07/27 今日の一言『マンガの一気読み』
■「マンガ嫌韓流」という本を読みました。
amazonで売上1位とか言われていますが、ある程度の話題性がある本なら、発売日に部数が出るのは当然でしょうから、その順位が重要ではなく、皆の興味が高かった、と考える程度で良いでしょうね。
しかし、そんな状態なので、そこら辺で手に入るか心配していたんですが、意外に近所の本屋で発見できましたので、これ幸いと、回し読み用(笑)を兼ねて2冊ほど買ってきました。
で、内容ですが、マンガなのに字が多く、題名の通りの立場で描かれているので「嫌韓流」じゃない人にも、とっつきにくいかもしれませんが、読み進めるにしたがって背筋が寒くなりました。
ご存知の方も多いかと思いますが、私なんぞは「嫌韓流」な立場ですが、そんな私でも上っ面だけを見て非難していたんだな、とあらためて無知を思い知らされました気分です。一言でいえば、余りにも勉強不足。それは相手の欠点を知らないといったネガティブな視点だけではなく、相手そのものを知らない事や、理解しようとしていなかった事を根本的な部分を思い知らされた気分です。
そして、この本の良いところ(怖いところ)は、そういう表面的な嫌韓流な人間がちょっと知っていて非難したり意見を述べたりする事の軽率さよりも、何も知らずに傍観していることの危うさを教えてくれるところじゃないかと感じました。
もちろん、知らずに非難するだけなら、差別と大差ありませんので除外しますが、私のような(?)「ガンダム世代」の大勢を占めているのが、「何か適当に仲良くやれば良いじゃん」という考えでしょう。
しかし、それは同じ歴史観、同じ価値観に立って考えている前提であって、文化も歴史も立場も違う2国間にそのまま当てはめる事は、理解を助けるより、誤解すら生むことの方が多いかもしれません。
単に「嫌韓流」なんて現象を、右だ、左だと決め付けて糾弾するより、まず「マンガ」を読んでみて、それから嫌韓流でも好韓流でも自分の思うようにすればよいかと思います。仮にココに描かれている韓国人が極端な例であっても、知らずに傍観しているのはマズいと思いました。
ケロリン堂さんの作品展の様子が、ケロサポさんたい焼きふるさとさん(ふるさと日記)で紹介されています。
ちらりと見ると、白い壁のイメージが加わって、落ち着いた雰囲気に見えるのですが、何故か掲示板などでも「ネタバレ」という表現が使われていますので、行って見ないと分からない仕掛けが用意されているのかもしれません。
撮影フリーながら、部分的にしか紹介されていないところがアヤしいのです(笑)
■コンプマートのポイントが9,180ポイントになりました。ちょっと驚きです。
少し背伸びをすれば、1GのiPod Shuffleが買えます。
でも、PCに接続したら単なるUSBストレージと認識されて、そこに音楽ファイルをコピーしたら聴ける、という単純なモノが良いな、と思うようになってきました。
PCで音楽を管理するなんて事は、あまり興味がありませんし(笑)

2005/07/26 今日の一言『ケロリン初日+嵐』
■夕方から、関東地方に台風7号による影響が出ているようで、夜のニュースも結構な時間を割いて状況を伝えています。
これより大きな台風が沖縄とかを直撃しても、これほど時間を割くことはないので、首都圏という特別な地域や影響度合による報道の偏りを感じますが、どちらにしても警戒すべき状況ではありますね。
進路にあたる地域や影響が出るであろう地域の方、十分に警戒して下さい。
■嵐の中、ケロリン堂さんの作品展が開催されたようですが、初日の様子はどうだったのでしょうか?
(密かにケロサポさんに期待♪)
ひとまず、明日からは晴れマークが並んでいますので、お天気については安心ですね。
この作品展、31日(日)までの11:00〜19:00(最終日は17:00まで)開催されています。会社帰りにプラっと寄ってみては如何でしょう。
ちなみに、先週から、お店の方で「竹うちわ+温泉タオル+絵はがき」の「夕涼みセット」(\600税込)が売り出されているようです。なかなか良いチョイスですね。
絵柄が可愛いので「竹うちわ×2+温泉タオル×2」の「ラブラブカップルセット」とかも良いお土産になるかもしれま・・・ちょっとセンスないか?(笑)
■「MemoCar」の作者であり、レースの主催者であるいなあもさんが、「MemoCar セットアップ講座」を公開されました。
企業秘密(笑)で詳細は不明であるものの、レースカーのデータの仕組みや、チューニング画面などを解説されています。
試行錯誤の手助けになる事はもちろんですが、解析マニア(?)にも喜ばれそうな内容ですが、この解説と、昨日のこちらを合わせて読めば、チューンのイロハが見えてくるかもしれません。
頑張ってチューンしようと思います。>ありがとうございます〜
■久しぶりにキリ番を踏んでしまいました。
よりによって、こんなところで(笑)
何はともあれ、数字がスカッと揃うと気分が良いです。

2005/07/25 今日の一言『ケロリン週間』
■台風が近づいているせいもあって、とても暑くて湿った風が吹いていましたが、夜になって雨が降ってきました。
そういえば、先ごろの「松本かえるまつり」でも、台風が近づいていたように思いましたが、結局、直撃はありませんでしたね。
折りしも、明日から「かえる屋ケロリン堂の世界2005」が始まりますが、かえるまつりの時同様、ケロリン堂さんが台風なんか追っ払ってくれるでしょう(笑)
■山椒は小粒でピリリと辛い。
masakiさん(http://www.geocities.jp/masaki_palm/)の「Tips」が再開されました。
NS Basicの小技としては、ウチの「小技集」よりも実践的で役に立ちますので、皆さん、是非、ご参照ください。
私なんか「カラー表現」のお話を、何度参考にした事か。
■カナダの某御方と「MemoCar」についてお話していたらこんなサイト(http://www.wreckedexotics.com/)を教えて頂きました。
うわぁ・・・「ケータイWatch The クラッシュ」の自動車版?
惜しげもなく潰れている「エキゾチックな車」、マニアにはたまらない映像かもしれません。
1枚いくら、って考えるだけで泣けてきますね。
■惜しげもない、といえば、striderさんが「惜しげもなくMemoCarの『オレ流チューンアップ術』を公開して下さいました。ありがとうございます。
そして、その内容を読むと・・・私など「ほとんどの方」の「勘」以前の問題なのでお恥ずかしい限りです。
ありがたく、参考にしたいと思います。

2005/07/25 今日の一言『台風くる?』
■睡眠時間がバラバラで、家に居ながらにして時差ぼけをしているような状況です。
寝れるという事は幸せな事でしょうか。
幸い、さほど暑くない週末だったせいか、エアコンも効いてくれてます。だって、暑いときは効かないじゃん(笑)
■さて、いよいよ26日から始まります。
「みうら雅秋作品展 かえる屋ケロリン堂の世界2005」
26日(火)〜31日(日)、場所は青山の「イチーズギャラリー(ICHYS GALLERY)」です。
(詳しくは上のアイコンをクリック、もしくはサポータズクラブさんに)
谷中という下町で静かに佇むケロリン堂さん、一方で「作品展」という気取った舞台(?)ではどんな顔を見せてくれるんでしょうか?
まぁ「かえるだからね」と気楽な言葉で流してくれると思いつつ、今頃はお尻に火がついたように頑張っているであろう「みうら先生」の姿を想像してしまいます。
何か、会場には限定グッズもあるとの事(とても気になる…)、それに入場も無料ですから、週末の行楽とかに如何でしょうか?青山と谷中をハシゴで!
クラネットさん(http://kuranet.jp/)、公園デビューの同伴者を募集したお話を最後に、更新が途絶えています。いや、見れないだけなのかな?
テレビなどでは「ちょっと早めの夏休みを頂いています」という場合がありますが、うーむ、ちょっと心配(「ちょっと」かよ!?→オレ)
■MemoCar GPがエントリーされる前から、何故か豪華な賞品が並んでいるいなあもさん(http://inarmo.hp.infoseek.co.jp/)の日記。
「豪華」と言うのは、人それぞれの価値判断ですが、何か大きな大会になりそうです。
せっかくなので、私からは10万oreくらい提供しましょうか?(要らんっつーの)
ところで、どなたか『オレ流・チューンアップ術』という読み物書いてくれませんか?
私、参考にします(笑)

2005/07/23 今日の一言『眠りの日』
■丸一日、寝てました。
昨日、終わった後、オッサンスタッフ達が、口々に「腰が痛てぇ」などと言っていたのですが、私はちょっと遅れて疲れが出たようです。
まぁ、土曜日に丸一日寝てるなんてことは、良くある事ですけど(笑)
それにしても、人体の不思議。
昨日、3日分くらい食べたと思ったのに、昼頃にはお腹が「ぐぅ〜」と鳴りました。
体脂肪から先に消化してくれれば、と思いました。
陰郎さん(http://www.project-enigma.jp/、project-enigma)が、「PipeWorks」というゲームをリリースされました。
実は、このゲーム、ReadMeにもあるように、ベータ版をテストプレイさせて頂いていたんですが、これがハマるハマる。
余りにも難易度が高かったので、最初の「Getting started」という「現場」を集中的にプレイしたんですが、およそ15万oreほど稼いだ今でも、まだまだ「飽き」がきません。
そうそう、NS Basic以外のアプリで、初のOreCa対応という点も興味深いです。おそらく、C++対応のOreCaキットも公開される事でしょう。
操作は簡単、タップするだけで使える親切さ、ほぼ機種を問わずプレイできますので是非、プレイしてみてください。
・・・と、唯一の制約は、カラーデバイス限定、という点でしょうか。
対応に期待しましょう〜。
■penpenさんより、連絡がありました。
「骨折した」と。どうやら早朝テニスで、やっちゃったらしく、やや様子が様子なので来週は入院するとの事でした。
先日「トシとってくると、気持ちは動くけど、体がついてこなくてねぇ」なんて話を、営業のオッサンたちとしていたんですが、まさに、そんな微妙な年齢のpenpenさん、運動会などで転んだりするお父さんは、どちらかといえば元スポーツをやっていた人の方が多いといいますから、皆さん、お気をつけ下さい。
私なんぞは、運動不足なので、そんな心配はありませんが、別の心配はたくさんしなきゃならないようです(涙)

2005/07/22 今日の一言『食い疲れた』
■今日は、丸一日、会社のある行事に参加してきました。
なぜか「撮影係」、どうやら「カメラを持っているから」という理由ですが、ウチの会社らしい理由です。これ私物なのに(笑)
ついでに言えば、写真屋さんも頼んであるとの事ですが、ああいう人たちは「何枚でいくら」という商売なので、その枚数以外の部分を補完する目的での「撮影係」のようです。
気楽なのは良いですが、反面、プロの人が撮影している横とかで、EOS Kiss デジタル…、 超やりにくい。それもプロストラップのレプリカつけてるし(笑)。
まぁ、でも、準備しているところとか、終わった後、飯食っている様子とか、同じ会社の人間だから撮れる画はいくらでもある訳で、なかなか面白かったです。
■会の終了後、来場者の皆さんのために、立食形式の宴席が設けられていて、それが2時くらいまでとされていたのですが、実際には1時を過ぎる頃には、皆さんお帰りになってしまって、残ったのは社員スタッフだけ…
昼飯の予定は2時以降だったのですが、責任者の判断で「食べて良いよ」という事になりました。
え〜、お恥ずかしいお話ですが、高級ホテルの立食パーティ、私の貧しい舌でも分かるほど美味いんですよ。何でしょうか、下賎な表現ですが、料理に金がかかっている、というか、何を食べても美味しいんですわ。
予定より早く来場者が帰ってしまったことで、食べきれないほどの料理が並んでいて、専務が「勿体無いから食べろよぉ」とか言いつつ、モリモリ食べてます。
おお、皿に食べ物が残っていると勿体無い、と思う人なのか!と自分と同じ感覚に妙な親近感を覚えました。
食べながら、ついでに、ほぼ、全メニューの写真を撮ってしまいました。こういう時、マクロレンズは役に立つなぁ(笑)
■デザートまで食べて、また、料理を食べて、と結構な量を食べて、満腹になりました。
・・・が、恐ろしい事はその後に起こりました。
先述の通り、2時から社員スタッフの食事の予定でしたが、これについては、別に「弁当」が用意されている、との事実が告げられました。
うへぇ、食えねぇ。マジ、食えねぇ。
2回もデザート食った上に、一通り料理を食べたこの胃袋が許さなねぇ。
でも、勿体無いので、とりあえず控え室に足を運んでみました。
フタをあけて、勿体無いのでご飯だけでも、と思って少しずつ食べ始めると、ご飯にはオカズが欲しいと私の口や胃袋が訴えかけますので、こちらも少しずつ食べました。
で、気が付けば完食。わぁ、食事にも「別腹」があったんだなぁ。
などと言う話を、私同様、先ほどの立食会場で満腹状態になっていた経理のKマネージャーにしたら「さすがに食えんかった」と言ってました。しまった、体格上、別腹の大きさに差があったか!
ちなみに、高級ホテルなので、会社の昼飯約10日分のお値段。その割には、今ひとつの内容、こちらも撮影しておきました(笑)

2005/07/21 今日の一言『あつはなつい』
■唐突に夏本番モード、と言った感じですね。
昨日までは「夕方なんか結構涼しかったね」と言えたのですが、今日は、そんなことを忘れさせてしまいます。
■LOTO6、今週は4等が当たりました。
6月17日に4等が当たっているので、続いた感じがして嬉しいです。
これで、勝率というか戻り率が約42%、おお、何か凄いぞ。
今回の賞金は8,400円、まぁ、普通の金額ですが、ちょっとした臨時収入です。でも、ルナマリアさんとメイリンさんのフィギュアを買った代金と思った瞬間、チャラになってしまいました。
■NS Basic/Palm 5.0のアナウンス、タイトルが「NS Basic/CE 5.0 now available!」になっていました。
一瞬、Palm版と同じような更新内容だなぁ、と納得しながら読んでしまいましたが、さすがに「LifeDrive」への対応はないだろうと思って間違いに気が付きました。
George Henne氏がお疲れなら、こちらもお疲れかもしれません。
さっさと、寝るです。

2005/07/20 今日の一言『物欲アイコンは過去日記(2005年7月)です』
■「NS Basic/Palm 5.0」がリリースされました。
まだ、案内は届いていませんが、内容等のアナウンスがありました。
ということで、ひとまず、新機能などをまとめてみました。
まだ、不確定な要素はありますが、とりあえず「速報、NS Basic/Palm 5.00」をドウゾ。
■ここ最近、フィギュアを買ったりしてPalmから離れていたわけでなく、冒頭で紹介した速報を作っておりました。
今回追加された、コードヒントやコンプリーションは、欲しかった機能。これでハンドブックとにらめっこしなくても良くなると思うと、これだけでも価値があるバージョンアップだと思っています。
あえて今更BASICという人も居ないでしょうが、始めてみようかな、という人にはお薦めできる道具ではないでしょうか。
プログラムは、作るものではなく探すもの、なんて言わずに、この夏、チャレンジしてみては如何でしょう(笑)
■ちょっと補足ですが、NS BasicからAPIを使うためのSysTrapSub、今回のバージョンアップにあわせて、Tech Note No.6が加筆修正されています。
日本語サイトの方はまだですが、おそらくAPIを使おうという方なら、サンプルを見ただけで、おおよその動作が推測できると思われます。
まだ、Ver.5が手元にない状態でナニですが、ひとまず追加情報ということで。

2005/07/19 今日の一言『夏だねぇ』
■PalmOSのバージョンによって、色々な挙動が異なる場合があります。
上位互換とか言われていても、やはり新機能とか搭載されると、ある程度の不整合は出てくるのでしょうか。でも、プログラマにとっては頭の痛い問題でもあります。
Palmデバイスで、特徴的な話題の1つに、PalmOSのバージョンと5WAYナビの挙動の関係があります。
この問題は、SONYの撤退後、国内で海外版が増えた頃から、特に表面化してきた問題ですが、CliCliClieの厳達さん(http://www.page.sannet.ne.jp/lwol/)が「PalmOS5.4での5-Wayイベントの考察」という情報をまとめて下さいました。
NS Basicを使って、5WAYナビを使ったアプリを作る人には、必見の情報です。
■NS Basicといえば、あの御方。
いなあもさん(http://inarmo.hp.infoseek.co.jp/)のところで、予告がありました。
    MemoCar GP/2005 Summer やります。
メモ帳のデータで気軽にレースカーが作れる反面、チューンなしのノーマル車ではコテンパンに負けてしまう(経験済み)という難しさを持つ「MemoCar」、目指す人は、今からチューンアップして待っていましょう。
■「内在物欲指数」という妙な用語とともに、でっかい物欲アイコンが置いてあるこちらのサイト、「物欲の暗黒面」に支配されている状態でしょうか(笑)
そのうち、背景画像が全部「物欲」というサイトも現れてくるかもしれません。
ところで、コメントに「うおわ〜!デカっ!神龍出てきそう…(^^;(butuyokumaniaさん)」とありますが、いっそ、Palm系サイトで「7つの物欲アイコン」を貼りますか?
どのサイトに貼ってあるかは、秘密にしておきます。で、何か買いたいものが出来たけど、買おうかどうか迷っているとき「7つのアイコンを発見したら買っても良い」と。
ま、購入に向けた自分への言い訳ですが、7つのアイコンを探すうちに冷静になるかもしれませんし(笑)
しかし、あの巨大なアイコン。みんなの物欲を少しずつ分けてもらった「物欲玉」ですね。

2005/07/18 今日の一言『連休最終日』
■朝っぱらから快晴。
この暑さで、体脂肪が優先的に燃焼してくれれば良いのですが、中の人が先に逝ってしまいそうなので、川遊びに行って来ました。
適度な田舎に住んでいると、大袈裟な観光地や公園に足を運ばなくても、気軽に遊べる場所が結構あります。それも、合併したので多くの遊び場が「豊田市内」になりました(笑)
しかし、こんな暑い日に、さらさら流れる川水に足を入れて、ぼけっとしているのは、想像以上に気持ちが良いものです。それも木陰でのんびりと。下界の暑さを忘れさせてくれます。
この涼しさを少しでもお分けしたいと思いまして、お出かけのコーナーに、下手っちなアルバムを掲載してみました。
お出かけのネタにしようと思ったのですが、下手な文章があるより、涼しそうな画像だけを並べた方が良かろうと思って、ミニアルバムにしてみました(初の試み)
という事で、よろしければ「2005年 梅雨明け」をお楽しみください(画像をクリックすると、やや大きな画像が表示されます)
もちろん、カエルもあります(笑)
■回転寿司、たまに奇妙な皿が流れてくる事があります。
今日、ちょこっと立ち寄ったところで耳にしたメニュー。
    「あげいなり、入りま〜す」
あげいなり?いなり寿司は油揚げなのに、なんで「あげ」なの?
と思っていると・・・
ほんとに、コロモを被って油で揚がったヤツが流れてきやがった(笑)
さすがに店内でEOSはまずいので、ケータイのカメラですが、このコロモの塊のようなものが「揚げ稲荷」です。
写真では「から揚げ風」に見えますが、どちらかと言えば、ちくわ天のようなコロモで、てんぷら風になっています。
うーむ、稲荷って言えば、
こっちだよなぁ。
「揚げ稲荷」、結局、手が出ませんでしたが、これって、全国メジャーなメニューなんでしょうか?
物欲レッド、2つじゃ足りない、とツッコミが入るような面白い話題があるようですが、こんな風に遊んで頂けると嬉しいです。
で、まぁ、ウチは、物欲イエロー1つくらいで許してもらえるかなぁ。


2005/07/17 今日の一言『公開2日目』
■久しぶりに、映画館に足を運んできました。
この時期に見る映画といえば、定番は宇宙のどこかでドンパチ戦争するアレとか、地球上で何やら起こっちゃうアレでしょうが、行って来たのは「姑獲鳥の夏」。
これは、京極夏彦の「京極堂」シリーズ(というのでしょうか?)、実は原作を読んだ事がない身でお恥ずかしいのですが、さらに加えるならば、少し前にアニメ化された「巷説百物語」で興味を持った先生の作品という事で足を運んだという理由。私、京極初心者です。
でも、色々な点で面白かったです。
おそらく、原作は、どのように映像化するのか難しい作品であろうことは、十分に理解できました。中には、やや無理っぽいところもありましたが、京極初心者の私には十分でした。
ネタバレ気味になって申し訳ないのですが、院長の娘2人を二役で演じている原田知世さんが、最後のシーンで見せる表情の微妙な変化。本当にちょっとした表情の変化なんですが、まったく別の人格に見えて、この女優さん、凄いなぁ、と思いました。(つーか、女の人って怖いなぁ、か?)
また、大御所、いしだあゆみさん、結構、ひどい扱い(役として)受けているんですが、あれが、原田さんの本心だったら怖いなぁと、笑いながら見てしまいました。
ちなみに、映画館は10〜20人くらいかなぁ、という貸切状態。サッカー日本戦の日に、少林サッカーを見た時並みのガラガラな映画館でした。
■映画が始まる前に、他の作品の予告編が流れますが「妖怪大戦争」という、こちらは大量に妖怪が出てくる作品の予告が流れていました。
チケットを買ったときに、なぜか、妖怪大戦争のパンフレットを貰ったんですけど、それを読むと、敵(?)は「加藤保憲」らしいんです。
「加藤」と言えば「帝都物語」などの「加藤」、でっかい顔のオッサン。あちらも「加藤保憲」らしいですね。
妖怪大戦争の「加藤」は、豊川悦司が演じるらしいのですが、帝都の「加藤」は嶋田久作。加藤といえば、あの顔しかありえないんですが、如何でしょうか(笑)
そもそも、俳優さんの名前に疎い私が、わざわざ調べて、ここまで長く書いている理由はただ一つ、単に顔がデカいというだけで、帝都の「加藤」を今まで「阿藤快」だと勘違いしていたことに気が付いたからです。
色々調べて、間違いを知りました。お恥ずかしい限りです(笑)
ありえない事とは思いますが、阿藤さんが、このサイトをご覧になっていたら、この場を借りてお詫び申し上げます。
ついでに、ちょっと文字を入れ替えれば「阿藤快→加藤あい」になりますが、それはどうでも良い事ですね。
でも、加藤あいさんが、このサイトをご覧になっていたら(以下、略)
■わはは、右脳センセイ(http://unoubeya.main.jp/)のサイト、物欲レッド×5になっています。
お使い頂き、ありがとうございます。
おそらく世間の皆さまも、納得の「5つ」ではないでしょうか。
「右脳センセイが赤5つなら、ウチはどれくらいだろう」と、考える指標にもなると思います。

2005/07/16 今日の一言『うちはイエロー程度?』
■時差があるので、ちょっと某外国とやり取りするのは辛いです。
ひとまず、用事が終わった頃に、こっちの空は明るくなりかけていまして、何か、妙な時間に日記の更新とかしています。
それにしても、暑いなぁ。
■貼り付けられたアニメ・ヒロインのフィギュア写真、あらためて「ヤバイ」と思ったりするわけですが、こちらの耳鼻科のお医者さんも、かなり「ヤバイ」ですね。
お店に行くたびに何か新しい持ち物が増えているようにみえます。
さて、唐突ですが、今日は、物欲ウイルスに支配されている人の「ヤバイ」を検証してみましょう。
細かい話ですが、氏の行動を順に整理しながら見ていきましょう。
まず、氏は「F900iT」の不具合対応の目的でお店を訪れています。
それは「無償交換対応製品」ですので、無償で新品へ交換される機械でした。
問題が一段落したところで、体内のウイルスが発動して「アレ」の話題を出してしまいます。本人は無意識でしょうが、基本的に抑圧された意識化からの叫びである事は否めません。
そして、結局は35,800円也を支払って「アレ」を買ってしまうわけですが、ここで、冷静なる皆さん、次の興味深いセリフをご覧下さい。
    「同時に新品のF900iTとM1000をこの値段で入手できるとは思ってなかった…。」
もしかして、脳内で「35,800円÷2台」という計算になっているのではないでしょうか。(笑)
物欲ウイルスは、人の判断能力を低下させるようです。結構「ヤバイ」
■Palm系サイト、物欲系サイトがウイルスのように蔓延してきて、知らずに読むと危険な場合もあります。
そこで、万が一のPL法対策として(笑)、以下のアイコンを用意しました。
    物欲グリーン:ウチは健全なサイトですが、たまにヤバイ事もあります。

    物欲イエロー:ウチはヤバいサイトです。十分注意して読んで下さい。

    物欲レッド:責任は取りません。欲しくなっても知らないよ〜ん。
物欲を感じるサイトの方々、自己評価用に、ご自由にお使いください。
もちろん、他薦で日記のネタに使う場合などでもご自由にドウゾ。
■明日、17日「トコトンハテナ」という番組にケロリン堂さんが登場するようです。
情報は、サポーターズクラブさん(http://homepage2.nifty.com/kerosapo/)より。
チャンネルはテレビ東京系列で、時間はサザエさんの裏(笑)。すげぇ分かりやすい。
ちなみに「ケロサポ」では、かえる屋ケロリン堂さんの不定期連載マンガを読むことが出来ますが、10作目にして、初めて、タイトルが「ケロたまフーまんが」である事に気づきました。ははは、そのまんま。ナイスです(笑)
その「ケロたまフーまんが」ですが、サイト上に、バックナンバーは掲載されていません。おそらく「かえるまんが4」という名前で店頭に並ぶ事でしょう(推定)
今までの分、見逃した人は、発売されたら買いましょうね。
ちなみに、脱力癒し系の内容もさることながら、微妙に枠線がはみ出していて、その辺りの人間味に癒されます。
どうやって描いているんだろう、と思いつつ、某所で「おひょネコロボまんが」でも始まらないかなぁ、と思っています(笑)

2005/07/15 今日の一言『姉妹が揃って…』
■午後から名古屋でセミナーに参加してきました。
キッカケはともかく、お仕事上のお付き合い程度でエントリーしたのですが、これが随分と参考になりまして、何か物凄く得をした気分です。
■しかし、まぁ、暑かったですね。
名古屋は特にクソ暑い訳で、独特の湿気と熱気で、ついついお土産物コーナーに立ち寄って「モリゾー&キッコロ扇子」を買ってしまいました。
ちなみに、クールビズとか言われる昨今ですが、キチンとネクタイ締めていきましたし、上着も持っていきました。セミナー会場がホテルとかだと、冷房で寒い事すらあるので薄着では風邪を引きそうですし(笑)
でも、この暑さの下、首の周りに巻いているはずのネクタイが、すべて汗だと知ったときは気が遠くなりますね。
3連休を控え、名古屋駅は万博目的のお客さんでごった返しているようでしたが、この暑さの下で人ごみに並ぶのかと思うと、うへぇ・・・暑さ対策をしっかりして下さい。
■終わってから名駅界隈をブラブラしていました。
暑いのに釜玉うどんを頼んじゃったりして、そう言えば、昼も同じ店だった事を思い出しつつ、汗かきながら喰っていました。
その後、某Bカメラで、先日amazonで購入した「メイリンちゃん」のフィギュアがいくつか積んであるのを発見。うぬぬ。通販より安いかも・・・
で、やっぱりメイリンちゃん以外は居なかった訳ですが、何気なく立ち寄った1件のお店で・・・!
・・・ごめんなさい。

    ルナマリア・ホーク:赤服はエースパイロットの証
定価で売られていたので、ついつい。
ふと、前作・ガンダムSEEDの最終回のセリフ「僕たちは・・・・・どうして、こんなところへ来てしまったのだろう・・・。」が頭をよぎりました。「Palmのお部屋は、どんなところへ来てしまったのだろう・・・」
まぁ、何はともあれ買ってしまったモノは仕方がないと(笑)

    これからも、Palmなお部屋をよろしくネ!イェイ
それにしても、上手に作ってあるなぁ。
■気を取り直して、近いうちにNS Basicの話題をアップします。

2005/07/14 今日の一言『palm ignited』
■では、このシリーズも用意しておきましょう。
微妙にフォントデザインも変えてあります(笑)
ついでに、サイトのリンクアイコンも作ってみました。
「Palm」と「ami3」では「a」と「m」が共通なので、イメージが掴み易いです。
    Palmなお部屋
ところで、自社のアイコンと似たようなデザインのアイコンを作って公開する事を、Palm社は「パクり」と解釈するか、「応援」と解釈するか、どちらでしょうか。
日本語版デバイスが発売されていなくても、応援しているユーザーは居るぞ、という気持ちですので、好意的に受け取っていただきたいですが、問題がある場合は、ご連絡下さい。
■とは言え、現時点では、日本語版のデバイスってないですからねぇ。
ところで、SONY Ericsonの携帯電話には、トレードマークのグリーンのポッチがついています。ダーク系の携帯電話などに映える色ですが、このPalmのオレンジ色のアイコンも、やっぱり携帯電話のアクセントとして似合いそうです。
せっかくなので、何かに搭載されると良いですね。

2005/07/13 今日の一言『雑多系サイト』
■ダンテ氏に指摘されました。
    何のサイトかと思っちゃいましたよ〜
ええ、まぁ、気が付きゃ、Palmだのカエルだのブルーリボンだのに混じって、フィギュアまで並んでいる始末。
Palmなお部屋は、とても雑多なお部屋になってしまいました。
・・・ま、いっか。
■DoCoMo以外から「おサイフケータイ」が出てくる事で、企業ユーザー的には小銭よりも「FeliCa」がより身近になる事の方に興味が向いているのではないでしょうか。
例えば、セキュリティ対策としてのパソコンへのログイン方法も、ユーザIDとパスワードに始まって、USBなどのキー装置、指紋などの生体認証装置などになるわけですが、FeliCaという選択肢もある訳です。
もちろん、今でもそのシステムはあるのですが、多くの企業が入ってくることでコスト的にも有利になりますし、仕組み的に選択肢が増えるわけです。
FeliCaは、マルチアプリケーションと呼ばれる仕組みによって1枚のカードに「複数の機能」を持たせることができます。今後増えるであろうコンテンツ、ややDoCoMoが先導した感じでもありますが、これからは「付いていて当然」の時代になるんでしょうね。
■同じ携帯電話の話題で、auがSIMカード対応機を出してくるようですね。
現在使っている、A5505SAは「GLOBAL PASSPORT」と呼ばれる海外ローミング機能があるので買っちゃった訳ですが(海外に行く予定などはありませんが…)、SIMカードになることで、別に必要はなくなるわけです。
SIMカードといっても方式などによる制約があるので、まったく自由という訳ではありませんが、将来的には各キャリアが携帯電話を売るのではなく、各メーカーから売り出されるようになるかもしれません。
電話機メーカーからすれば、似て非なる機種をキャリア毎に用意しなくて良いので、コスト的にもメリットはあるでしょうし。
■とは言え、注目したいのはウィルコムの「W-SIM」ですね。
同社のサイトには「WILLCOM SIM STYLE」と銘打ってプロトタイプが公開されています。
小さな音声通話用端末ですが、これを上手に展開したら面白い製品が出てきそうな予感がします。
もちろん、Palmな人は「PalmOS+W-SIM」というモノを期待しているんでしょう。

2005/07/12 今日の一言『受け取りは会社で』
■ネット通販で、ポチっとしてしまった後に、しまったなぁ、と思う事がありますが、今回ばかりは、商品が届いてから「うあぁ、やっちまったぁ」と思ってしまいました。
届いたのは、メガハウス製、ロボットアニメヒロインズDXというシリーズの「メイリン・ホーク」、先日、Amazonでガンダムグッズを眺めていたときに、ついついポチッとしてしまったモノです。
見ていたときは、たまたま再販の時だったらしく、簡単にカートに入れてお買い物が出来たんですが、結構な人気商品らしいですね。
お人形はお人形でも「大人のおもちゃ※)」の部類ですから、仕上がりがきれいです。
※)Amazonでは対象年齢が「18歳から」になっていますので…)

    新米の下っ端だと思ってたら、情報のエキスパート…エリートらしい
しかし2次元の産物であるアニメ、無理に3次元化して「実写版」を作ると、オリジナルのイメージを崩したり、場合によっては、大失敗になる事もありますが、このようにアニメ顔の元のイメージを崩さず、上手に3次元化されているのには、驚きます。
■トラック運転したりブルドーザーを扱ったり。
OreCa対応のゲームと言うのは、建築現場やら土方作業が似合うんでしょうか(笑)
確かに、肉体労働系のお仕事は、キツいけど、頑張った分はそれなりに報酬に結びつきますし、失敗は大きく響くという特徴がありますから、月給制の会社員よりはゲームに結びつきやすいのかもしれません。
色々な土木・建築系のアプリが出てくる事を期待しています。
■ふと、土木とは、まったく逆の発想で「OreCa銀行」というナンセンス・アプリを思いつきました。
手持ちのOreCaを預けるだけ、定期的に利息がつく、という堅実なアプリ。
でも、Palmの利用状況によって「銀行」の経営が左右され、場合によっては、利息どころか銀行が潰れてしまうというイベント付き(笑)
まぁ、現実では、どんな悪質な負債を抱えた銀行でも潰れませんから、それだけで非現実的なアプリですが、「Palmの利用状況」をどう考えるかによって、ゲーム性が増すかもしれません。
例えば、Palmの中のデータの流れを、キャッシュフローに置き換えてみるとか。
ちなみに経理関係の処理について、守るべき法律はあるのですが、その解釈ややり方は会社によって独自ですから、ある意味強引にルールを作ってもよいでしょう。ゲームですから(笑)
とりあえず、アイディア程度で。

2005/07/11 今日の一言『反韓を感じる』
■ネット(net)の+シチズン(citizen、市民)、ということで「ネチズン」と言う言葉があります。
ネット社会がより発達している韓国などでは、日本の団塊の世代と同じように、この30代40代の「ネチズン」が社会を動かしているとも言われています。
じゃ、よっぽど利用方法が先進的かと言えば、スパムなんかも無頓着で無法状態。やはり民度と比例するのでしょうか。
今日、なぜだか、私のところに100通以上のウイルスが原因と思しき「User unknown」というメールが届きましたが、枯れたオバハンが「韓流、韓流」と騒いでいる裏で、こういう下らないメールを処分している日本人が居るわけです。仲良くしよう、と言うのが無理な話でしょう。
■アスベストの被害、こういう「有害物質」の問題で怖いのは、すべての人が発症しない事ですね。
ウチの会社などでも有機溶剤を多量に扱ってるんですが、大抵、発ガン性とか肝機能障害とかを引き起こす危険性を持っている物質です。
でも、長い間勤めて、多くの人に何らかの障害が出る訳ではありません。
もちろん、定期的に健康診断があったり、有機溶剤は少量ずつならば代謝されるという事もありますが、現場の人たちが、定年まで勤め上げた後、しばらくして緩やかな障害が出始めても、早めの寿命かなと思われてしまうわけで、表面上、因果関係がハッキリしない訳です。
そんな有害物質に曝される環境、そういう視点で見れば、あのアスベストの被害情況は異常なほど高いと言っても過言ではありません。ハッキリと有毒である、といえるレベルではないでしょうか。
まぁ、もともと安定な物質なので建築物に使われる訳ですが、それが裏目に出て、体内で代謝されずに蓄積されるのが怖いところでしょう。
そういえば、子供の頃、学校の天井はアスベストだったような…ボールとかぶつけて「粉」を落としませんでしたっけ?(汗)
■細かな要望でしたが、「Designed by mizuno-ami」という文字列が小さくなっていました。やっぱり主役じゃないですから、この程度のサイズで良いと思います。>「PALMLINKでいこう!!」さん、ありがとうございます。
■シジミの身をほじくって食べて「せこい」扱いされたkentamanさん、今日は、景気の良いゴージャスな映像がお出迎えです。
確かメロンの「T字」の頭(?)のツルが、左右非対称だと美味しいんですよね。
でも、このメロンを見て、美味しそうだなぁ、と思うよりも先に、法師丸さん(http://homepage2.nifty.com/tp4096/)の7月10日のコラムを思い出してしまいました。重ねて読むと笑えます。
ちなみに、シジミの味噌汁、ここ何年もお目にかかっていません。主流がアサリだからでしょうか。でも、おそらくほじって食べると思います、私も。勿体無いじゃん(笑)。

2005/07/10 今日の一言『手が真っ黒』
■ゲームセンターにある、メダルゲームのコーナー。
最近は、使い古しじゃなく、最新のパチンコ台なども並んでいたりして、小学生くらいのクソガキお坊ちゃまが、ハンドル握って奮闘している姿は、そのまま彼の10年、20年後を予感させる後姿であるほど堂々としています。
さて、個人的には、そういうプログラムで制御しているゲームよりも偶然性が面白い、いわゆる「メダル落とし」の類が好きです。
そんな中、ちょっと気になって名前を覚えた機種があります。
コナミの「ミリオン・フィーバー」という機種です。
これ、一応デジタル(7セグLED!)のスロットマシンがついているのですが、それ以外にパッとした特長がありません。
で、ゲーム性はというと、取り立てて大当たりして大量にメダルが入手できるわけでもない反面、ムチャクチャな大損をする事もない、というサラリーマンの一生のようなゲーム性なんです(笑)
たまに揃うスロットで、大量のメダルが投入されるんですが、それらがすべて落ちるわけでもなく、例えるならば「宝くじで4等」が当たった程度の報酬。ハズレ穴も手前に1つあるだけなので、思った以上にメダルも減りません。
プレイしていると、だんだん空しくなってくるんですが、それでも続けていると「4等程度の大当たり」に喜んでみたり、あまり減らないメダルに安堵感を得たりと、こんな人生もあるんじゃないかと納得している自分が居たりします。
名前は「ミリオン・フィーバー」ですが、その名に反して「ミリオン」な大儲けもなければ、「フィーバー」で小躍りするような喜びも少ない、不思議なゲーム機です。
ゲームセンターって、パチンコなどのギャンブルとは違って現金が戻ってくるわけではありませんので、厳しい言葉で言えば「無駄にお金を捨てるだけの場所」なんですが、「このゲーム、なぜ面白いんだろう」とか、「面白そうなのに、つまらないなぁ」とか色々なゲームのネタを考える上では重要な知見が得られます。
■しかしまぁ、日曜日ともなるとクソガキお子様の天国ですな。
結構、人間観察にもなります。
メダルの貸し借りでもめている兄弟なんかは、見慣れた風景ですが、カップに大量のメダルを抱えた家族は「常連」でしょうか。ある意味、凄いです。
今日見かけた面白い風景は、まだ小さなお子さんにメダルゲームを教えていたお母さん。
どういうタイミングで投入しなきゃいけないか、厳しくレクチャーしていました(笑)
結構、そのお母さんの「何度言ったら分かるの」とか厳しい声も聞こえきまして、その声の方向を見ると、目が笑っていないお母さんが居たりして、こっちは笑いそうになりました。
いや、まぁ、気持ちはわかりますが、それもどうかな、と思わせる「英才教育」、時代は変わっても教育ママゴン(死語?)は健在ですね。
■今日は、納豆の日らしいです。7月10日、「な(七)、とう(十)」で納豆…駄洒落じゃん。
そんな駄洒落、馬鹿馬鹿しいなぁ、と思いつつ納豆を食べた自分がちょっと可愛いかも(笑)
■ちょっとカッコ良いかも…、でもちょっと高いかも…、でも本体もってないし…

2005/07/09 今日の一言『カエル』
■起きたら夕方でした…
■昨日の「CD Memo(仮称)」というアプリについて、kentamanさん@kuranetより掲示板に書き込みいただきました。
    CD Memo(仮称)の画面、カッコいいですね。
ちょっと補足しておきますと、最初に考えたのはこんなデザインでした。
これだと、パッと見た時に、何が情報で何が見出しかわかりません。
アンダーラインのせいで画面がゴチャゴチャした感じですが、アンダーラインがないと、余計に分かりにくい画面になります。
という事で、よく使う手ですが、小さなグラフィック見出しを作って貼ったのが、現在作成中のこの画面。
色分けすれば、より認識性が上がるでしょうが、やっぱりPalmの基本はモノクロ、この程度で止めておくつもりです。ま、私がZire21ユーザーだからかも知れませんが(笑)
■今日から、ガンダムSEED DESTINY、オープニングとエンディングが変わりました。
オープニングのCHEMISTRYは・・・微妙。それなりにメジャーですが、何か今ひとつピンと来ません。曲よりも、ここに流れているのがしっくり来ないというか。話題性はあるかもしれないですが、何かイメージが違います。ま、私が個人的に好みじゃないからでしょうが。
一方のエンディングのSee-Sawはバッチリ、良い感じだと思います。
ところで、もう40話近くになるガンダムSEED DESTINY、未だに「主役はシンじゃないの?」という声を聞きますが、そういう考察は間違いです。この話、主役は「ガンダム」なんです(笑)
■あはは、私ってば「カエル」になっちゃいました。
「神様」や「かっぱ」と同じ一覧に並んでいる「カエル」とは光栄です。


2005/07/08 今日の一言『棒茄子日』
■色々なPalm系の総合情報サイト(?)が揃ってきました。
Palmユーザーにとって便利なサイト、管理・運営をされている方々には頭が下がります。
あと欲しいなぁ、と思うのは「本当の」初心者向けのサイトでしょうか。
色々なサイトを眺めていると、Palmデバイスを手にしたら、まず最初に、カスタマイズやら置換えアプリを使わなきゃならないような雰囲気があり、これはPalmに興味がある人にとって「じゃ、Palmって買ってすぐの状態じゃ使い物にならないの?」という誤解を持たせてしまう可能性があります。
もちろん、カスタマイズの楽しみは分かりますし、秀逸な置換えアプリを否定するつもりはありませんが、それはPalmをちょっと使ってからでも十分なことであり、ノーマルの状態でも十分に使えるよ、という情報がもう少し欲しいなぁと、思ったりします。
ちなみに私のZire21は、J-OSが入っている以外は、極めてノーマルですが、自作プログラムが詰まっている、という点でノーマルじゃないですね(笑)
■自作と言えば、CDの発売日をメモしておくソフトを作っています。
特別にファン、というわけではないアーティストのCDでも、欲しいなぁと思う事があります。そういうCDの発売状況は、何かにメモ帳にでもメモしておけば良いのですが、メモの山に埋もれたりしてチェックする事を忘れてしまいます。
と言う事で、開発中「CD Memo(仮称)」のこんな画面。
「CDの発売情報を知りたい」という事だけにポイントを置いた「すきまアプリ」(笑)
本当に発売日が知りたければ、DateBookのような予定表アプリに貼り付けた方が良いので、この「CD Memo」は覚え書き程度で使う予定です。
諸事情により、完成はまだ先になりますが、要望があれば公開します。
■うおっ!ビックリした〜
Palmユーザーにとって、お馴染みの「PALMLINKでいこう!!」のトップページに丸アイコンが並んでいました。
嬉しい事ですが、恥ずかしいので「Designed by mizuno-ami」の文字列は、もう2サイズ程小さくして頂けると幸いです(笑)
ちなみに、テキストベースのサイトさんでも気軽に貼れる32x32の小さなアイコンですが、Palmの画面で表示すると結構大きなサイズです。


2005/07/07 今日の一言『ウチって何系サイト?』
■作ってみました。他の色は、こちらから
■素材も用意してみました。
こちらも自由にお使いください。
■ウィルコムから「W−SIM」と名付けられた、PHSのコアカードのようなモノが発表されました。
SIMと言うと、海外携帯やFOMAなどで採用されている番号情報等を保持しているメモリーカードを思い浮かべますが、W-SIMは通信機能まで持っている「ユニット」といった位置付けになります。
ウィルコムといえば、通信カードもPC用のカード型だけじゃなく、USB接続のものや、SDカードサイズの製品もありますから、技術的には出てきても不思議ではないですね。
しかし、このW-SIM、通信機能を持ったパーツですから、単なる携帯端末だけじゃなく家電製品にも簡単に対応できそうですね。どう使うかという肝心な部分はこれからですが(笑)
しかし、色々と期待が持てる話題ですね。
■おかしいなぁ、七夕に「たなぼた」でロト6が大当たりする予定だったのに(笑)

2005/07/06 今日の一言『って言うか自業自得?』
■FOMA N901iSに触る機会がありました。
これ、フルブラウザ搭載機種ですが、実は携帯電話のフルブラウザを触るのは初めてだったので興味がありました。
まぁ、フルブラウザ、パソコン用に作られているデザインを無理矢理あのサイズで表示するわけですから、必然的に無理を生じますが、デザインさえ考えれば使えない事もなさそうです。
それよりも驚いたのは「ポインタ」、すでに携帯電話は十字キーだけじゃなくて、トラックポイント(グリグリと言った方が分かりやすいですね)が付いていて、画面にはマウスアイコンのような矢印が表示されるんですね。
メニューに対して簡単にジャンプできる十字キーと比べて、ピクセル単位で動くカーソルの方が便利とは言い切れませんが、画面上でカーソルをクリクリ動かしながら、不思議な感覚を味わっていました。
■今月末に作品展を行うケロリン堂さん。
そんな密着情報満載のケロリン堂サポーターズクラブで連載中「ともの部屋」で、とも@プロデューサさんによるケロリン堂パリ支店の構想が描かれています。
というか、個人的なつぶやきですが、夢は大きいです。
とりあえずイメージ的には↓こんな感じで。

    現時点では、とりあえず、願望(妄想)です。
こうして並べてみると、思ったよりフランス国旗と合いますね。意外といけるかも。。。
ところで、ケロリン堂キャラクター、今年のプログラミングコンテストに応募したので、一部で英語圏デビューはしています。極めて小さな範囲ですが(笑)
■ウチの部署で、社内のインクジェットのカートリッジを取りまとめているので、皆さん、自分のところで使っているインクがなくなったら取りに来ます。
さて、それは昨日の事です。
黒のインクがなくなったと、専務がやってきました。
たまたま居合わせた私が、空のカートリッジと交換で新しいカートリッジの箱を手渡しました。
雑談しながら、箱を開けた、というか半ば破いた専務、次にした事は。
私の机の上に、その箱の残骸を捨てました。
    「ぬぬぬぬわにするんですくわぁ〜〜!」
    「え、ああ、ゴミ箱と代わらんだろぉ、この机の上(笑)」
    「くっ、い、い、嫌がらせだぁ」
    「わっはっはっ」
と笑いつつ去って行きました。
ええ、そりゃ確かに、少し・・・いや、結構・・・ずいぶんと汚い机の上でしたが、よもやそういう暴挙に出るとは。
普段なら、机の上が汚いとか言われても平気なんですが、今日は意地になって片付けてみました(笑)
多少はマシになったような気がしますが(笑)、こういう日に限って来やしないし (`3´)チッ! つーか、漫才?

2005/07/05 今日の一言『準備中』
■面白いですね、がじぇいるさんの「極貧Palm生活のススメ」。
私もZire21のユーザーな訳ですが、ネタじゃなくて本当にビンボーかもしれないので笑うに笑えません(笑←あっ!)
Zire21の日本語化価格で大体2万円、ちょうどCLIE TJ25と同等ですね。市販すると大体、このあたりボーダーラインなのでしょうか?
しかし、梱包なんかビニール袋で構わないので、12,800円程度の微妙な価格で日本語版を発売したら面白いのにな、と思います。
■しかし、Palmユーザーさんというのは「Palmを仕事や趣味のために使っている人」と「Palmを使いこなす事を楽しんでいる人」の2種類に分かれるような気がします。
まぁ、この方などはどっちも当てはまるでしょうが(笑)
■中古市場、特にハードウェアが並んでいるようなお店は人によってはパラダイスのような場所。ついつい、入り浸ってしまう事もあるかと思います。
そんな「中古屋さん」、HARD-OFFのようなチェーン店が成り立つのは、それだけ「売れる」中古品が多いからでしょうね。確かに十分使える良品は幾らでもあります。
でも、本来なら、そういう中古品のサポートはメーカーがするべきだろうと思うわけです。
新製品を売るだけ売って知らん顔するメーカーなんかより、買ったものがいつまでも使えるようにサポート出来るメーカーの方が技術力が上じゃないかと思えてきます。
価格競争にかこつけて、短命商品ばかりを投入するから「某社の製品にはタイマーが仕組まれていて」なんて言われるんでしょう。
家電メーカーが、環境に配慮して梱包材を減らしたりリサイクル原料を使うのは悪い事ではないですが、自社製品を最後まで面倒見てくれた方が、よっぽど地球に優しいんじゃないでしょうか。

2005/07/04 今日の一言『大雨』
■auの携帯電話C413S、もうずいぶん昔に使っていたのですが、機種変更しても本体を持っています。
なぜなら、Bluetoothの通信実験に使えますので(ほとんど使った事はありませんが、^^;)
以前、一度フルリセットしたので、時計も合っていなければ中のデータも消えている状態で、何気なく充電して、中身を触っていました。
セットアップして時計を自動設定にしたら、あらら、時計が合いました!
契約が切れている状態でも、基地局と通信は出来るようですね。そういえば、アンテナアイコンはキチンと受診感度を表示していますし。
機種変更した携帯、カメラ機能とかメモリーのために持っているケースは多いようですが、まさか時計がそのまま時刻の自動調整が出来る状態で使えるとは思ってませんでした。
あと、フルリセットした筈ですが、プロフィール欄にEメールアドレスが表示されますね。これも、本体番号か何かから取ってくるのかなぁ、消し方が不十分だったのかなぁ。
ちょっと怖いかも。
■携帯音楽プレイヤー、256MB程度だと、フォルダ分けするより、全部同じフォルダに突っ込んでシャッフルして聴いた方が便利です。
という事で、プレイやんは、何か適当に詰め込んだ曲をシャッフルして聴いています。
お気に入りばかりでも、毛色の違う曲が登場するので、面白いです。
そう考えると、iPod Shuffleってありなんだよなぁ、とあのコンセプトと思い切りを痛感するこの頃です。
で、値段も下がった事だし・・・って、アブナイアブナイ(汗)
■マジで3倍降ってるんじゃないかと。。。

2005/07/03 今日の一言『BATAN-Q』
■一日、平均して8時間程度の睡眠と仮定して「人生の3分の1は眠っている」などと表現する事がありますが、その表現を借りるなら、土日で「人生の半分は寝て」ました。
昼も眠れて、夜も眠れるんですわ、これが。
あまり疲れているつもりはないんですが、どこかしらお疲れモードですかね。
・・・ただのグータラ?
■JAFの機関紙(?)「JAF MATE」にYAMAHAの電動バイクの話題が載っていました。
EC-02」、このちょっと特異な姿は、すでにあちこちで話題になっているのでご存知の方も多いでしょうか。
1回の充電で約30kmの走行(仕様諸元では43km)、法定速度で走ったら、単純計算で約1時間くらいは走れる計算になりますが、充電時間が6時間って…ちょっと微妙。
ガソリンだと、残り1目盛りになっても、そこら辺でガソリンを入れれば良いや、という安心感があるんですが、バッテリーだと、まだまだ補給の面で不安がありますね。
しかし、家庭で簡単に充電できたり、横倒しにして置けたりと、トランクに詰めておくには面白い乗り物かもしれません。
個人的には、在りし日のホンダ・シティの相棒(?)として発売された「モトコンポ」が今更ながら欲しかったりするんですが、さすがに熱愛するオーナーさんが持っているものばかりですから、なかなか入手は出来ないでしょう。
無理なこじ付けですが、EC-02にしろモトコンポにしろ「モバイル・バイク」になるんでしょうか(笑)
そういうカテゴリの製品が出てきても面白いですね。
■小さいバイク。原付だと法定速度の面で実用的に辛いので80cc辺りのモノが欲しいなぁ、と切望ではなく、うっすらと思っています。
今は、免許の規制が緩くなった事もあって大型車、また、スクータータイプも人気で、いわゆる小型2輪の辺りはあまり人気のないカテゴリですね。長距離には辛いですが、普段なら十分に楽しめるサイズ、税金も安いのでお得だと思うんですけど(笑)
大型スクーターと言えば、頭に浮かぶのがホンダの「Fusion」、結構昔のモデルですが、いつも名古屋・JR鶴舞駅のガード下の喫茶店に止まっていたのを思い出します。通学路でしたから、ああ、このお店のかなぁ、と思いつつ。
で、先日、10年以上振りに足を運んだら、まだ、そこにFusionが置いてあるのを発見しました。さすがに買い換えたのかなぁ、と思いつつもFusionが置いてある事に、感動しました。

2005/07/02 今日の一言『アスランよりメイリン優先で』
■ドコモのスマートフォン、M1000が発売になりました。
機能的にもサービスとしても興味深いので、今後の動向を見守りたいところです。
でも「フルブラウザ搭載」という事は、それだけサイト1ページ辺りの情報量が多い、という事、つまり、それなりの通信料が必要という事で、ちょっと怖い気がします。
実はこういう端末では、フルブラウザよりも秀逸なテキストブラウザの方が喜ばれるのかもしれません。
まぁ、ドコモさんって、SH2101Vのような斬新な製品を持ってきても、コケたりすることがありますから、今回のM1000についても温かく見守りたいと思います(静観ってことか)
次に出てくるであろう、キーボード付き端末まで勢いがあると良いですね。
■除湿機の影響ではないですが、温湿度計を買いました。
今まで、そんなモノがなくても生活できていた訳ですが、こういう計測装置(大袈裟ですが)があると、面白い事が分かってきます。
例えば、暑いなぁ、と思えば30℃を超えているから、とか、ジメジメする、と思えば70%近いとか、数字で状況がわかるようになります。
そうなると、人間、根拠がなくても数字があれば納得してしまうようです。
真夏の日中に、気温が何度あるか聞きたくはありませんが、こういう数字が身近にあると、それはそれで面白いな、と思いました。
まぁ、テレビなどの世論調査と称するモノで「有権者300人」に聞きました、というのを「世論」と言うのも、数字さえ出ていれば何か説得力がある、という事と同じなのでしょうね。
■消費者の視点に立って、役人とは大喧嘩。宅配便の生みの親とも言われるヤマト運輸の元会長の小倉昌男さんが、亡くなられました。
「こんなところまで!」と配達してくれる宅配便、たまに変な業者や担当者も居ますが、おおむね、その便利さは世間でも認識されていると言えるでしょう。
しかし、不思議な事に、こんな時代でも「荷物が届かない」地域があるようです。
「決して荷物は届かない!」と言われるkentamanさんがお住まいの地域は、よほど山奥か離島なのでしょうか。不思議な話があるものです。
とは言え、私にも、それが地理的な理由ではなく、自業自得的な状況であることがなんとなく理解できるので、私にも超能力やら予知能力のようなモノが備わっているのでしょう。
世間並みに、荷物が届く事をお祈り申し上げます。
■Jornada720か…。
ちょっと欲しいけど、R330(アビバ)とかぶるかなぁ。

2005/07/01 今日の一言『Ohyoi3の日記か?』
■『雨男』に『晴れ女』、なぜか行動と天気が一致してしまう事があって、そんな風に呼ばれたりする人が、身近に居たりしませんか?
中には『雷男』とか『雪女』のように、妖怪か何かと勘違いしてしまう呼ばれ方をしている人も居るでしょう。
さて、東海地方。今日は朝から雨で、所により激しく降っていました。
そんな中、Ohyoi3は午後からのセミナー参加のため、昼ちょっと前に会社を出ました。
すると、今まで降っていた雨が止んで、傘がいらなくなりました。そして、会場に着いた頃であろう時間に再び降りだしました。
帰りは帰りで、雨は上がっていたのですが、ちょうど車に乗った頃に降りだしたと「自己申告」がありました。
おそらく、Ohyoi3は前述の「そんな風に呼ばれる」類の人なのでしょう。
「3倍雨ふるよ」のテルテル坊主の作者にして、晴れの属性を持っているとは、皮肉なものです(笑)
■そのOhyoi3作の「おひょいさんと踊ろう!」がstriderさん(http://d.hatena.ne.jp/strider/)のところで、紹介されていました。
CLIE TH55では使いにくかったこのゲームも、Visor Prismでは扱いやすいようですね。
確かにOhyoi3のマシンは「WorkPad c3」、作るアプリも、あのPalmらしいボタン配置が前提となっているので、Visorならバッチリかもしれません。
また、拙作の「おさんぽ」も紹介して頂いています。>ありがとうございます。
この「おさんぽ」、Visorはもちろんですが、2つしかボタンがないZireやZire21など、特に相性が良いです(笑)
あらためて、暇つぶしゲームとしてドウゾ。
■リンクしていただいた「下町箱庭(http://f32.aaa.livedoor.jp/~hakoniwa/)」の信(のぶ)さんから、「かえる屋ケロリン堂の営業部長」という肩書きを頂きました。
なるほど、そう言われれば、そう言うモノかもしれません。
個人的には「無銭のタニマチ」か「ストーカー」(笑)と思っていたのですが、何か立派な人になった気分です。
早速、「カエル関係+α」のリンクを整理して、リンクを貼らせて頂きました。