【気まぐれ日記】

2007年 4月


2007/04/30 今日の一言『お出かけ日記』
■どこかしら天気が良さそうだったので、どこかしら出かけてみたくなって、どこかしらに向かって出発したら、車内に流れた曲が新居昭乃さんの「懐かしい宇宙 (うみ) 」だったので、爽やかな気分で海の方に向かってみました。(注:爽やかで良い曲です。アニメ「KURAU Phantom Memory」のオープニング曲。オススメ。)
昼頃に出たので、反対車線は渋滞でしたが(笑)、幾つかの渋滞を眺めながら、久しぶりに知多半島の先端・師崎に足を運びました。
昔の記憶では、小汚くて狭い駐車場があるものの、いつも満車という有様。特に、こんな時期に車をまともに止められた記憶がないので、足が遠のいていましたが、知らないうちに大きな駐車場が出来ていて、そこにタイミングよく止められたので良かったです。
■ブラブラしていたら、小腹が空いたので「いか鉄板焼き」を食べる事にしました。
これは、生のイカに粉をまぶして、鉄板で「ぎゅ〜」っとプレスしながら焼くというモノ。
とっても美味しいのですよ。マジで。
で、ちょうどいた店員さんに注文を聞かれたので、鉄板焼きをお願いしたら「お茶はセルフなのであちらでドウゾ」と言われました。まぁ、忙しいから仕方ないんでしょうね。
早速、イカが鉄板に挟まれました。
    ぶしゅ〜
    イカは鉄板の下。手前の小汚いのは衣のカス。
一定時間経つと、自動的に鉄板が上がって焼き上がりを教えるようです。
熟練の技とか関係なく、機械が機械的に焼いてくれますので、手間はかかりませんね。
    イカプレス
    開いた鉄板。隙間からペッチャンコの平面イカが見えます。
さて、いよいよ!・・・と言いたいところですが、店員さんたちは忙しくて気付かない・・・
    (イカ、焼けたんだけど、でも、ウチのじゃないかもしれないし)
まぁ、鉄板の上にあるから冷めることはありません。慌てる旅じゃないので、気長に待ちましょう。
・・・10分くらいして、ようやくオバちゃんが気付きました。
たこ焼きに列を作っていたから仕方ないよね。うん、ゴールデンウィークだし。
さて、やってきたのは先ほど焼いていたオバちゃんとは違って、少々慌てています。少々、パニックになりやすいタイプのオバちゃんでしょうか。
慌てて皿に乗せようにも、どう焼きカスなどが乗っていて小汚くなった皿しか手元にありません。
    手前の皿
    乗っているモノは焼きカスであって、前の客の残り皿じゃなさそうでした。
さぁ、どうする。オバちゃん?
・・・あ、タオルで軽く拭いた。
    手ぬぐい
    そこにあるタオルは皿用ですよね。
別にカスを払っただけだし、イカが熱いから消毒にもなるし。見なかった事にしましょ。
・・・って、あれあれあれ?ウチの分じゃないのかぁ?
うん、なんだか、後からやってきた筈の中東かインド人家族のテーブルに持って行っちゃったけど、あまり悔しくないのは、なぜでしょう?
さて、気を取り直して、再度、イカが焼かれました。
熱いお茶がぬるいお茶に変わった頃、再び焼き上がりです。
あ、また、慌て者(推定)のオバちゃんです。
焼きあがってすぐにやってきたのは良いのですが、どこかしら慌ててイカを乗せる皿を探しています。もう、手元に並んでいる皿はありませんが、ふと、焼き場の位置から上の奥手にある皿に気付きました。
    高い位置
    2枚重なっているけど、前の客の残り皿じゃなさそうでした。
まず、下足の部分を乗せましたが、熱かった事と慌てて居た事で手元が狂ったのでしょう。
    低い位置
    イカ、フリーフォールの図。ああ、イカがぁ〜
・・・身は落ちた。
拾って乗せるわけにもいかないので、仕方なく、新たにイカを焼き始めました。
今度は2匹のイカが乗りました。そう、生産効率が一気に2倍です。
で、焼きあがった頃・・・、あれれ?それも違うテーブルなの?
うむむ・・・。
そして、ぬるいお茶が冷えた頃、オバちゃんに聞かれました。
    「お客さん、注文聞きましたっけ?」
少々カルシウム不足な人なら、一瞬でキレるような質問ですが、せっかくなのでお付き合いしましょう。
    「はい、聞かれましたよ」
とだけ答えてみました。
せめて、ここで「申し訳ありませんが、何でしたっけ」とでも聞いてくれれば、この後、同じ質問を2回ほど聞かれて、その都度、同じ返答をする羽目にはならず、実は、注文を伝票に記入していないので、誰も注文を把握していなかったので、伝票を片手にもう1回、それも一番最初に注文をした人に、注文を聞かれる羽目にはならなかったと思うのですが、それがここのルールなのでしょう。腹を立てても仕方がありません。ニコニコ。
私的には、カルシウムが足りていて良かったな、と思います。
結局、最後に伝票用紙に注文を書いてから焼いたイカがウチの分というオチになります(笑)
    イカ!
    異様にハサミが大きく見えますが、イカも十分大きいです。悪意ある構図じゃないですぅ。
ようやく出てきたイカ鉄板焼き。待ち時間が長かっただけに、とってもとっても美味しく感じました。
ほら、美味しそうでしょ?ね?ね?ね?
    イカ!
    プリプリのムチムチ。待った時間の10分の1の時間で食べたけど…
やっぱりね、こんな美味しいイカに罪はないと思うんですよ、イカには。
たまたま、色々な偶然が重なって30分以上、意味もなく待つ事になっただけで、何も問題はありません。怒った後の食事ほど不味いものはありませんから、食べてから怒れば良いのですヨ(笑)
その上、イカと同時に、伝票を持ってきて「御代はまだでしたっけ」と聞かれて、倒れそうになりましたけど、怒ってません、怒ってませんとも(笑、えへ、えへへ)←ほら、笑ってる、笑ってる!
少々、感情の起伏が影響を与えて、文体がメタメタになっていますが、本当に怒っていたら、参照しやすくなる「お出かけ」に載せますって。日記なら数日で過去日記に流れるし、あえて過去日記を見る人も居ないでしょう(笑)←ほら、笑ってる笑ってる。
    イカ!
    「春のパン祭り」とは関係のない「あなごロール」、だからパンじゃないって!
こういう記事を書いている時、ふと、運が悪いのは「自分」なのか「このお店」なのか悩みます。
■海に来ました。
せっかくなので、釣り人を観察しましょう。
色々と見ていたら・・・うーむ、やりてぇ。
しかし、残念な事に、車を変えてから、まだ一度も釣りに行っていないので、釣り道具は1つも入っていません。
さて、こういう時は、まず、堤防の上を探します。
必ず「針」と「糸」が落ちているので、それを見つけましょう。
針は多少錆びていても大丈夫。
糸は絡まっていて使い物にならないように見えますが、30cmずつでもよいので、根気よく集めます。3mくらいあれば堤防からの手釣りができますので、ひとまず、その長さを目指しましょう。
糸と針が揃えば、次は重りとエサです。
重りは、貝殻やフジツボなどが使えます。金属片を巻きつけても良いでしょう。
エサはタバコの空き箱を探しましょう。その中に銀色の紙が入っていたらラッキー賞。
細く切って、針に疑似餌のように仕掛けます。
ただ、死にかけたゴカイがついた針も発見しましたので、今回はきちんとしたエサまで確保できました。
これで完成。
こんなもので釣れるわけがない、と思いますが、小魚の習性を考えれば、むしろ手釣りの方が適しています。
何故なら、手のひらサイズ以下の魚にとって、堤防から30cm離れる事は、かなりの冒険となりますので、下手に竿があるよりも都合が良いのです。
という事で、堤防の壁に沿うようにして静かに下ろしながら、魚を誘います。そもそも、腕の長さ分しかないので、これ以外の選択肢はありませんが(笑)
結果、少々、時間はかかりましたが、10cm弱のカサゴが1匹釣れました。おそらく、近所で本当に釣りをしていた家族連れなどは、あれは何をしているんだろう、と思ってみていた事でしょうが、いざ、釣れたとなれば、気分的には逆転したような気持ちになります(笑)
過程を楽しむ釣りなら、これで十分。でも、本格的に足を運びたいな、と思いました。

2007/04/29 今日の一言『ダラダラと』
■ちょっと良く寝たな、と思って時計を見たら13時を回っていまして驚きました。
リアルにこんな↓状態ですね。
    原画
ちなみに、起きる直前『何気なく名古屋にある東山動物園に足を運んで、新緑を眺め「わぁ、さすがに連休だ」と、人込みの中を歩いている』という夢を見ましたが、中日新聞のトップに東山動物園の新緑の写真が載っていたのを見て驚きました。
■唐突ですが、ライオンのような肉食獣は、草食動物を食べる際、まず、その内臓から食べ始めます。
これは、彼らがロースやカルビより、ミノやテッチャンといったハラワタ好きだからかも知れませんが、大抵の場合、お目当ては内臓にある半消化の草。意図的か無意識かは知りませんが、これらは肉食獣の「野菜」となる訳です。
草食動物が飼っている優秀な腸内細菌は、簡単には消化できないような繊維質の草木を立派な栄養素に変えてくれているわけで、生のニラは食べられないけど、ニラまんじゅうは好きよ、という人間に当てはめればわかりやすいでしょう。
ニラまんじゅうを食べている時に、この話を思い出したらゴメンナサイ。
■そうなると、草食動物だって肉を食べなきゃバランス悪いんじゃないの?という疑問を持ちます。
こちらは、あの優秀な腸内細菌が、今度は「タンパク源」として働きます。
つまり、草の消化を手伝ってくれた細菌を、そのまま栄養として取り込んでしまう。合理的というか、ちょっとヒドイなと思うような所業、私たちは、草食動物の穏やかな顔にダマサレテいるのかもしれません(笑)
畜産農家の方が手塩にかけて育てた牛さん、豚さんを「出荷」するのは忍びないと思いますが、彼らの腹の中で同じような事が起こっていると思うと、ちょっと不思議な気がします。
■原則的に不変な存在の「元素」。それらが様々な「化合物」という形に変化して回っている世界。
要するに元素の存在ではなく、それらが付いたり離れたりする「エネルギー」のやり取りが、この世の原動力と言っても過言ではありません。
元素を「人間」、化合物を「関係」と置き換えてみると、人が様々な形で寄ったり離れたりするのに要する多大なエネルギーを容易に想像する事が出来ます。やっぱり人は「アトムの子」なのかな、とか(笑)
ちなみに、生物学的に「生きる」という事は、より「高いエネルギー状態」に結合を維持することであり、化合物としてみれば「不安定」な状態を維持する事と言えるでしょう。
それは緩やかに完全なる熱量死に向かう「宇宙の方向」に逆行するイレギュラーな状態でもある訳ですが、我々はじめ、多くの命はなぜか生きようとする本能を持っています。
不思議なものです。
■さて、我々が他の動物や植物を食べて生きる理由は簡単です。
自分たちの体内で「合成できない化合物やその原料を摂取する」ために必要だからでしょう。そういう意味で、ベジタリアンなんてのは単なる「偽装」であって、間接的に肉を喰らう存在である訳です。
そんな訳でもありませんが、
    「What I eat are not what my foods ate.」
でも、
    「What I eat are what my foods created.」
だから「いただきます」って感謝して食べるのはよい事ですね。
唐突にこんな話ですが、ぱむとろさんが
"You are what you ate." 、というエントリーを書かれていたのを読んで、いろいろと考えました。やはり、いろいろと考えるのは、脳みそがくすぐったくて面白いのです。
まぁ、「ノオト」で書けよ、って感じですが「ゴロゴロと寝て過ごして終わりでした」では、今日の日記にもならんし(笑)
で、オチが「いただきます、かよっ!」ってツッコミはご勘弁を(笑)

2007/04/28 今日の一言『オマエモナー』
■連休初日、プラっと映画に行ってきました。
あまり映画館には足を運ばないので、久しぶりの事です、って最近「蟲師」を見てきたばかりですが。
足を運んだのは、名古屋駅にある「ゴールド劇場」というところ。
この近辺では、ここでしか上映していない「
電撃文庫ムービーフェスティバル」というモノを見に。
いえ、あの、お恥ずかしい話ですが「灼眼のシャナ」などを見に…
    パンフレット@1000円
「灼眼のシャナ」「キノの旅」「いぬかみっ!」の3本立てで、約2時間。とは言え、シャナが1時間ほどで後の2作品が30分ずつくらいでしょうか。
■「灼眼のシャナ」は、テレビ版を知っていますが、その中の、フリアグネとの戦いを焼き直した作品でした。
最初のうちはテレビと同じストーリーで話が進みますが、途中からテレビ版とは異なる展開となりました。
まぁ、8〜9話分をまとめて1時間くらいに濃縮していますから、やはり無理があるのでしょう。
そんな話から、登場キャラクターを減らしストーリーを簡素化することで、それなりにまとめていた気がします。
ただ、どうしてもセリフが断片的になってしまうため、物語として成り立つギリギリといった会話量かそれ以下というレベル。例えば、会話の流れの中で、次第にイラついて、最後に「うるさい×3」を言うはずのシャナですが、映画の中では、唐突に「うるさい×3」と言った感じ。あれでは、唐突に叫ぶだけのキレキャラに見えなくもありません。
また、ややシャナの恋心を焦って描いてしまった感があって不満ですが、戦闘シーンは映画版の方が迫力がありました。
他には、お人形「マリアンヌ」は格上げされて出世した感じがしました。また「マージョリーさん」のクマさん姿(?)はコミカルな感じのテレビ版よりも幾分迫力が増していたような、そんなところでしょうか。
■「キノの旅」は知らない作品なので全く予備知識なしですが、何やら旅をしている人の話らしく、1話完結だったので、違和感なく見る事が出来ました。
やや暗めのお話で、ストーリーが若干平坦ではありましたが、それなりに面白かったです。
■「いぬかみっ!」も全く知らない作品でしたが、こちらは元々がそういう作品なのか映画版だからと、ふざけているのかも分らないので、かえって無責任に笑えました。
でも、途中から客席の反応を見ている方が面白くて、スクリーンに笑えそうなところが登場するたびに、客席を見ていました。
映像を見て素直に笑っていたり、どちらかといえば苦笑だったりと、いわゆるアニメ オタク ファンの方々の反応が面白いので、退屈せずに見る事が出来ました。
■まぁ、オタク映画(?)かもしれませんが、映画館の雰囲気は良かったです。
上映前に「ブー」という音のブザー(!)が鳴って、幕が開いてスクリーンが現れる映画館。200席ほどの小さな客室ですが、それは「銀幕」と呼ぶに相応しい貫禄を持っている、古き時代の映画館でした。
偏見かも知れませんが、今風のシネコンという奴は「大きなテレビ」を見ているような気がしてなりません。
■しかし、客層は・・・まぁ、想像どおり。
普段はシュールなイラストを描くOhyoi3。実は「オタク風の人物」を「ああ、こういう人、居そう」というレベルで描けるのですが、そんなOhyoi3が描くような人物が実際にたくさん歩いていました。
まぁ、このような名刺入れを買っている私も同類でしょうけど(笑)
    名刺入れ@1050円
昨日から少し名刺の表記が変わりました。せっかくなので、ど、ど、堂々と使ってやるんだからね!
■帰りの地下鉄で、隣に座った女性が持っていたパンフレットの束が偶然、目に入りました。
    「恋の骨折り損」アンケート
そんなタイトルのアンケート用紙が一番上に。何だそりゃ!?(笑)

2007/04/27 今日の一言『にらめっこ』
■色々と部屋の片づけをしていました。
そんな時に、とある箱を開けたら出てきました。
    顔1
    『やぁ!元気?』
外箱と中箱の間に挟んであるフタのような紙が顔に見えて、思わず笑ってしまいました。
で、この「フタ顔」を外してみると…
    顔2
    『うむ。苦しゅうないぞよ。』
何かふんぞり返った顔が出てきました。
狙っているのか?(笑)
■モバイラーの中には、お世話になった人も少なくない、いや、今も使っている人も多かろう「PHS」ですが、2008年1月7日付けでサービスを終了する事を
正式に発表しました。
私も、NTTパーソナルのパルディオ時代からのユーザーでもありますが、どこかしら残念です。
ちなみに、FOMAへの乗り換えは、端末を無料で提供するらしいですが、イニシャルコストよりも毎月の通信料の方が高いので、あまり魅力ではありません。
やっぱりウィルコムなのかと思いつつも、現在、あえてPHSが必要な端末は使っていませんし、かといって通信費が安いからと携帯を解約して1本化する魅力もありません。
確かにウィルコムで十分ですけど、ネットバンキングなどのような「メジャー」なサービスに弱いですからね。
ひとまず、もう少し静観してみるです。

2007/04/26 今日の一言『たまには愚痴る』
■勤務先は、耐震補強と室内改装のため、ウチの部署は、現在、別室に仮住まいしています。
元々ホールとして使われていた部屋の一部をパーティションで区切って中に潜んでいる訳ですが、空いている部分はそれなりの広さがあるので、ちょっとした打ち合わせなどに使われています。
そんな中、生産管理のマネージャと何やらコンサルのような人が話をしているのが聞こえてきます。
さすがに、聞く耳立てる訳にはいきませんので、普段は聞き流すのですが、話の内容は「生産システムは生産管理の部門で作らなきゃダメですよ」と言ったことを啓蒙しているように聞こえました。
でもね、「情報システムでは役に立ちません。あれは自分らに都合のよいシステムしか作らず現場を見ないからです」などと言っているのが聞こえてきて、カチンときました。
よもや、パーティション1枚隔てて、情報システム部が仮住まいしているとは思わないのでしょう。
いや、確かに「一般論」であれば、その言い草が通用するケースもあるかと思いますが、ウチの会社のやる気を出そうとしているなら「ウチの会社の」情報システムが役立たずかどうかを話すべきでしょう。
仮に、ウチの部門の人間と話をした結果、それが「役立たず」だと判断したならば、それはそれで受け入れますし、話題にしても良いと思います。しかし、全く面識のない野郎が、一般論で「こうだろう」とマイナスの材料としながら啓蒙しているのを腹立たしく聞いておりました。
さすがに大人なので飛び出して行ったりしませんでしたが、話を耳にしてから8時間くらいしてからモウレツに腹が立ってきたので、こうして記している訳です。って、反応、遅いだろ(笑)
後で面会者に、どういう素性の人か聞いたのですが、三流コンサルの売り込みかと思えば、中●連の人間とか。
社内の他部署を卑下して、その部門のやる気を奮わせようとするような、姑息なコンサルしか出来ない人間を寄越さないで欲しいものだと思いました。
いや、普通「君の家のお父さんが馬鹿だから君がガンバルしかないんだよ」と言われりゃカチンとくるでしょうし、それは禁じ手だと思うのですが、それでも「ああ、やっぱりそうだな」と思われたら、うちが「役立たず」であると間接的に証明された事になるのか?(笑)
■いなあもさんから「シャープペンシル」について
フォローが入りました。
  • 家電メーカー「SHARP」の名前の由来は「シャープペンシル」を作った会社だから
昨日までは、
  • 家電メーカー「SHARP」が作ったから「シャープペンシル」
だと思っていたのですが反対ですね。
なるほど・・・となると「シャープペンシル」の方が先に存在した事になりますので、その名前の由来が気になります。
で、調べてみると「Eversharp」とか「Ever ready sharp pencil」という名前に行き当たります。要するに「いつも尖っている」って事ですね。
■さぁ、レースだ!多分、締め切りは5月13日!
そして、こちらは良い結果。さぁ祝杯を!(+_+)\☆バキッ!!

2007/04/25 今日の一言『ポッポ日記は?』
かえる屋ケロリン堂さんが、開店4周年記念を迎えられました。
ささやかながら、おめでとうページを作成しました。
今後とも、よろしくなのデス!
■ひえっ!アンケートでは「シャーペン派」が優勢じゃないですか orz
やっぱり、休み時間を「放課」と言ったり、自転車を「ケッタ」と言うような名古屋の方がイレギュラーなのでしょうか?と言うか、私だけ?(笑)
アンケートで負けると、99.99999%の確率でOhyoi3が威張りますので、データを捏造しても全力で負けを阻止したいところですが、私はTBSじゃないのでそういうことはしません。
また、シャープ絡みの話題。いなあもさんの「早川式繰出鉛筆」、勉強になりました〜。
■何だか壷の人が叫んでいます。 どうしちゃったんでしょうか?
ちなみに、ある年齢に達したら「ともだち100人できるかな」なんてのは面倒で、むしろ数より質の方を重視している事に気づく訳ですが、それよりも「友達がいない」というフレーズで思いつく歌があります。
ひょっとしたら、と思って探してみたら、やっぱりYouTubeにありました(笑)
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! 最終回】
原点は「松本かえるまつり2004」で見かけた、この1枚のTシャツでしょうか。
    かえるまつり2004より
これをキッカケに今日に至る訳ですが、ご縁とは不思議なものです。
しばし「東京は人口が多いから、少数派であっても人数は多いので、それなりに商売になるんですね。」などと言ったりしていましたが、単に頭数だけで商売が出来るのは、極めて短期間に限ったお話です。
多くの場合、短期間で回収するイベント的な商売であったり、見誤って失速したりするのが大半ですね。
もちろん、初期の頃は、人口密度が高い事で救われていた面があるのかもしれませんが、さすがに4周年を迎えれば、それが単なる数の理論だけで成り立っていない事は明らかです。
色々なファンに支えられ、また、下町らしく近所の方々も、何かとお買い物をして下さるようなお店。
東京・谷中にしっかり根付いているケロリン堂さんは、不思議な魅力に溢れています。
毎日続けてきた「4周年だワッショイ!」のコーナーはこれでオシマイですが、4周年記念フェアは5月6日まで続いています。
そして、お店はもっともっと未来まで続く事でしょう。
今後とも、適度に「ゆるゆる」と続きますように。

2007/04/24 今日の一言『音攻め(小)』
■最近、
シャメッ記に「鳩観察日記」を投稿しているOhyoi3から、バナーを貰いました。>ありがとうです。
しかし、貼るバナーが増えてきたので、そろそろサイトのデザインを変えた方が良いのかも…
■Ohyoi3と言えば「おひょいなお部屋」4月21日付の日記で、こんな事を書いています。
    あなたはシャープ派?シャーペン派?
    シャーペンの芯って何て呼ぶ?
ちょうど学校にシャープを持ち込む子が増えてきた頃。まだ小学校ではシャープ禁止とか許可とか論じられていた時代ですが、そんな頃から私は「シャープ」と呼んでいます。
で、中学の終わりごろ、豊田市に引っ越しましたが、こちらでは「シャーペン」が一般的なようで、それを聞いた時は「何だか田舎臭いなぁ」と思った記憶があります。
一方で、Ohyoi3は「シャーペン」派、これが全国区なのか世代の違いなのか分りませんが、分らない事はとりあえず「アンケート」ですね。
という事で、今回は思いつく選択肢が少なかったので回答しにくいかもしれませんが、よろしければクリックしていって下さい。
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その16】
お店の中で撮影すると、背景にこんなモノが写ります。
    さりげなくウーリー
棚にさりげなく紛れ込んでいるウーリーやデイジーのぬいぐるみ。
後から写真を眺めて気付くものも少なくありません。
またまた、色々なぬいぐるみに混じって「原画」も飾ってあります。
    原画
ケロリン堂さんのお店の魅力は、店内狭しと並んでいる可愛らしいグッズだけでなく、みうら先生の原画がそのまま飾ってある点でしょうか。
店内に足を踏み入れたら、まずは、あちこちに並んでいるグッズを一通り眺めて見ましょう。
そして、一通り買い物欲や物欲が満たされ、心が落ち着いた頃、これらの芸術作品をゆっくり鑑賞してみましょう。
    原画
眺めるうちに味が出てくる作品たち。
印刷物とは異なる微妙なタッチのラインに感動し、そこで繰り広げられる小さな物語に、思わずクスっと笑ってしまうかもしれません。そして、先ほど買い物したばかりなのに「ポストカードセット」などを追加してしまったり(笑)
かえる屋ケロリン堂さんの「商品」を「こだわりの素材」と言うならば、みうら先生の「作品」は「こだわりの線」だと言えるでしょう。
ゴールデンウィーク、東京・谷中の下町で芸術鑑賞などは如何でしょうか?

2007/04/23 今日の一言『音攻め』
■改装工事で別の部屋に一時退避して、サーバの音などがないので静かで良いや、と思っていたのですが、外装の塗装をするらしく、建物の周りに足場を組み始めました。
カンカンカンカン、トントントントン、ダンダンダンダン
金属パイプや壁を叩く音などが響いて、午前中はまともに仕事が出来ませんでした。
どこに行っても、安住の地はないのか orz
迫害されて住む地を失った民族の気持ちが分かるような。
拙者は流浪人、また、流れるでござる、って行くトコないし…。
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その15】
「ワッショイ!その10」で試着の話をしました。
その中で、パーカーらしき物を試着しているお客さんの写真がありましたが、あれこそが、ホットな新アイテム「ケロリン堂パーカー」なのです。
その姿は、一見すると、普通のパーカーのようです。
    パーカー前
でも、その胸元には、このようなマークが!
    Who is this?
    ※画像保護のため「(c)かえる屋ケロリン堂」という文字列を入れています。
「Who is this?」と書かれていますが、もしかしたら2人、いや2匹いるかも知れませんね。
そして、シンプルな前面に比べて、背面はこんな感じになっています。
    パーカー後
何だこれはぁああ!と思わず喜んでしまうキャラクター図鑑が全面に展開されています。
それも英語版という国際化社会に必要な仕様、ルー大柴風に言えば、英語版は、グローバルな国際化ソサエティーにネセサリーな仕様だぜ!アンダスターン?って感じでしょうか。
    パーカー
    ※画像保護のため「(c)かえる屋ケロリン堂」という文字列を入れています。
着る人も見た人も、思わず微笑んでしまう新作パーカー。もちろん、品質は「ケロリン堂クォリティ」、長く着られる逸品。
駅前留学しなくても、背中で英語を語れるよ、という方にオススメです。
また「futon fairy」って外国人にどうやって説明するのかなと、思わず悩んでしまう方にもオススメです。

2007/04/22 今日の一言『朝寝坊+二度寝+夕方寝の3コンボ』
■雨を感じるのか、近所でカエルのケロケロ鳴く声が聞こえてきました。
それもかなりの数です。やっぱり、田舎だなぁ(笑)
さて、カエルといえば、あのお祭りですが、今年は昨年とは異なるモノが開催される様子です。
昨年来のスタッフ的立場から見れば「今年はやりません」が正解でしょうが、観光客的立場であれば「今年も何かあるらしい」と思って然るべきかと思っています。
ひとまず「
ファンサイト」は、そのスタッフのメンバー云々ではなく、「まつり」というイベントが開催される事を重視して、運営を続けることとしましたが、正直言えば微妙な心境にもなります。
とは言え、やっぱり「撮影団」はカメラ片手にウロウロとするでしょうから、その機会に「ぐーたらサミット」とか開いちゃうのもよろしいのかと思ったり(笑)
■Palmを取り巻く環境を考えると、既にPalmを使っていること自体がマニアックになりつつありますので「素人の私が、NS Basic/Palmを購入して、Palm用のアプリを作るまでの過程をブログにして行きます」と書かれている「素人」もかなりハイレベルな素人になるのかな?と思いつつ、とても興味深いので声援を送りたいと思います。
もののついでに「NS Basicについて」に「PalmOS SimulatorとEmulator」という記事をアップしました。
思いついて1時間くらいで仕上げた読み物です。よろしければドゾ。
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その14】
東京・谷中。ケロリン堂さんの店舗がある場所ですが、あまり地名に明るくないので、いつも「谷中」を「やなか」と読むのか不安になる私です。
「たになか」じゃ読みにくいだろ、というツッコミはともかく、この「谷中」は、1観光客の私からすれば「ひっそりとした下町だけど、細い路地のくせに結構車が通るなぁ」という印象があります。
歩行者天国の部分は良いのですが、ケロリン堂さんのお店の前の道など、小さなお子様連れの場合、お気をつけください。
さて、そんなケロリン堂さんへ行く道順も私の作った2つの道筋案内ページを使えば大丈夫。 よっぽどの事がない限り、しっかり到達できる筈です。
そして、お店に行って「この地図見て来たんですよ」と会話のキッカケにでもして頂ければ幸いです。お店の方とて4周年になっても、やはりお客様の前では緊張する事でしょうから、このような他愛のないキッカケは重要だと思います(笑)
一回り以上も若い店員にタメ口きかれるようなお店に不愉快を感じる方、常に初々しい緊張感でお店番をされている愛すべき店員さんが出迎える店舗に足をお運びください。
…ところで、残念な事に、実際に足を運ぶたびに、少しずつ風景が違ってきているようです。
奇特な方がありましたら、上記案内ページに掲載の風景「最近は、こうなってますよ」と差し替え写真をお送りいただけると嬉しいです。

2007/04/21 今日の一言『ピタゴラスイッチ♪』
■NHKの「ピタゴラスイッチ」という番組、DVDでは「ピタゴラ装置」という名前になっているようですが、大人の事情でしょうか。
何にせよ、HMVでデモ放映されていたピタゴラスイッチDVD、あらためて感心させられます。
そして、次も見たい、次も見たい、と思って結局、画面の前を離れられなくなってしまいました。
麻薬のような映像ですね。
■MA-CYさんのRacing双六、
Ver.3.1が出ました!
今回は、私の要望であったラップ数を選べる機能と、いなあもさんの「ノーウェイトモード」が実装されています。
Ver.3.0で搭載されたプログラミングモードに、多めのラップ数を組み合わせると、面白い環境ソフト(?)にもなります。
白熱したレース展開はもちろん、普通に眺めていても楽しいRacing双六。オススメ!
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その13】
そろそろ「いつまで続くねん!」とツッコミの入りそうな「ワッショイ!」ですが、開店記念日の4月25日までは続けます。
さて今日も、ポイントカードのような「お得な」情報をお届けします。
昨日お知らせした通り、現在、4周年記念フェアの一環として「お買い物のポイントが2倍」というスーパーマリオで言えばキノコを取ったような状態になっていますが、更に「福引券」まで貰えるという、もう1つキノコを取って白マリオ(?)状態になったようなお祭りイベントが行われています。
    福引券
この福引券は、お買い物1000円(税込み金額!)ごとに1枚頂けるモノで、7月1日〜8月31日の抽選期間に使うためのモノのようです。
現時点で何が当たるのかは不明ですが、店舗だけでなくWEBショップでお買い物をしても頂けるという、またまた太っ腹な企画なのです。
とは言え、福引は店頭に行かなきゃ出来ないものと思われますので、地方在住の方などは、今、大量にお買い物をして福引券を集め、夏休みに東京に遊びに行く、という計画を立てておくのも悪くないかと思います。
    福引券
ちなみに、スーパーマリオでキノコを取っても、すぐにやられてしまう私の腕前では、なかなか得点が増えませんが、福引券は買い物をすればするほど増えるので安心です。

2007/04/20 今日の一言『付箋は社内で増殖中』
■会社で部屋の改装工事が行われており、一時的に別の部屋に引っ越した、という話をしましたが、疲れた事だけではなくて、色々な良い面もありました。
まず、いらない書類や資料など、バッサリと捨てちゃいましたので、ずいぶんと身軽になりました。もちろん、身に付いた脂肪は取れませんが、さっぱりしたのは良い事です。
また、移動先が現在改装中の建物の色々な荷物置き場になっていて、色々な家具類が置かれています。
嬉しい事に、応接室だったところから持ってきたと思われる革張りソファーが置いてあるのを発見しまして、社内における「昼寝ライフ」に一時の贅沢を与えてくれます。
下手すると、休み時間を過ぎても夢の中という状態になってしまう危険性を持っていますが、机に突っ伏して寝るのとは天と地ほどの差があります。快適♪
■いえいえ、
貴殿ばかりではござらぬよ(笑)
私も、運転中、涙目になってハンドルを握る事がしばしばあります。
    やはり、携帯電話や鼻毛を抜くのは、車を安全な場所に停車してから行うのが常識だろう(笑)
確かにそうですね。
でも、あってはならない事ですが、万が一の場合は「携帯電話を操作していて」と言う事にします。
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その12】
昨日は「かえる屋ケロリン堂WEBショップ」について紹介しました。
お買い物しやすい画面にポイント制という点が特徴ですが、実店舗にも「ポイント」があります。
    ポイントカード
人気の高い「おたま抱っこ」が印刷されているポイントカードは、持っているだけで嬉しくなるカードです。
お買い物500円につき1ポイント、正確には「ポイントシール」がこのカードに貼られてゆきます。
    ポイントシール
10点で「おまけ」が、20点で「500円分のお買い物券」として使えるポイントカード、店頭でついついお買い物をしすぎると1回でポイントカード1枚が埋まってしまう事もあります。
特に、今は「ポイント2倍」という太っ腹なフェアの真っ最中。この機会(5月6日まで)を見逃すなフェア開催中です。
ちなみに10点で貰えるおまけは何種類の中か用意されていて、お好みで選ぶ事が出来ます。
何が貰えるかお楽しみ、と言いつつ1種類くらいは紹介しておきましょう。
    ふせん紙&シールSET
「ふせん紙&シールSET」は、自分で使うのはもちろん、お土産にもピッタリのセットです。
中には、上の写真のような粘着メモ50枚と、裏を返すとシールが2組入っています。
    ふせん紙&シールSET裏
貰って嬉しいオマケつきのポイントカード。
とにかく、ポイント付きに弱いあなた。ポイント2倍の今をお見逃しなく。
ちなみに、WEBショップのポイントとは互換がありませんので、ご注意ください。

2007/04/19 今日の一言『涙目ウルウル』
■鼻がムズムズします。
花粉とかアレルギーとか、そういう細かな物によってムズムズするのではなく、唐突に伸びたかのように見える1本の鼻毛のためです。
これが普通なら、ハサミなどでカットする訳ですが、それはオッサンになった私。しっかり爪で挟んで、えいっ!と引っ張ります。
何故か不思議な事に、1発では抜けません。大変、痛くて涙がにじみます。
もう一度、しっかりつまんで、先ほどより0.5秒素早く引っ張ります。
抜けた!という達成感と同時に、やっぱり痛みがきます。じんわりと涙もにじみます。
同時に、抜いた方の鼻の穴全体がムズムズし、一気に鼻水が出てきて、クシャミの連発が始まります。
これは、唐突に抜かれた鼻毛を、鼻の穴全体が追悼している「悲しみ」の現象だと学説を立てたいのですが、Palm界はお医者さんがチラホラみえるので、下手な事は言えません。
どうも、クダラナイ話題でゴメンナサイ。
■簡単に写真を投稿できる「
シャメッ記」があるのに、「おひょいなお部屋」のトップページにも似たような(というか、同じ)仕組みが用意されています。
どういう意図で用意したかといえば「わざわざ、お絵かきソフトを立ち上げてイラストを描いてアップロードするのは面倒臭いので、何かの紙切れに描いたイラストを携帯のカメラで写してアップすれば簡単じゃん」という発想に基づいています。
ある意味、賢いようなナマケモノのような。
とは言え、このような走り書きの「ちょいイラスト」は、あまり表に出ないものなので、むしろ興味深いかも知れません。
そう言えば、ケロリン堂のみうら先生も、食べ物屋さんの箸袋のような小さな紙切れにイラストを描くのが好きだとか言う事を聞いた事があります。
気が向いたら「生イラスト」が投稿される「おひょいなお部屋」、適当に覗いて、掲示板などにツッコミを入れてあげて下さい。
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その11】
東京・谷中にある店舗の他に、重要なお店があります。
それが「かえる屋ケロリン堂WEBショップ(http://kkd.ne.jp/web_shop/)」です。
    Web Shop
一昔前のデザインに比べ、断然見やすくなったサイト構成にアイテムの数々。
裏を返せば、ついつい買ってしまうような魅力というか魔力が増強されていると言えるでしょう。
カード決済はもちろん、「ID登録」をすれば、お買い物金額に応じてポイントが貯まる、という今風の仕組みもついています。
あれこれとクリックしてウィンドウショッピングを楽しめるような気楽さが楽しいWEBショップですが、ふと思いました。
WEBショップの方が、実店舗よりも広い気がするなぁ、と(笑)
いえいえ、実店舗の魅力は整理された中にある「雑然さ」、WEBショップの「整然たる」魅力とは別物ですね。
とりあえず地方在住なので東京の事はよく分からんがや、という人にオススメです。

2007/04/18 今日の一言『昼寝三昧』
■先週の土日が出勤でしたので、今日、振替で休みをとってみました。
特に予定もなく、天気も悪かったので市議会議員選挙の期日前投票に行って来ました(笑)
当日、投票できない理由を申請しなきゃならないのですが、ウソ書いても無効票になるわけじゃありませんから、本当に簡単な手続きで投票が出来ます。
いや、「仕事」という理由で申請しましたが、そうなるかも知れないという予定ですから、完全に虚偽ではありません(フォロー)
    投票しますた
あまりにも簡単な期日前投票。大手スーパーとかの場所を借りてやれば投票率も上がるのに、と思いました。
■ついでに、住民基本台帳カード、というのを作ってきました。
こちらの様子は「
ノオト」からドウゾ。
■こりゃまた、MA-CYさんが面白い機能が追加されました。
「プログラミング」と言うよりは「仕掛け」に近いですが、それもルーレット次第なので、色々と考える楽しみは似ています。
また、以前から「全車COM」で眺めるだけの機能が欲しいな、と思っていたのですが、今回のバージョンアップでは、自分のユーザー種を「P」を選べば、面白い環境ソフトにもなる訳です。
プレイするのも楽しいですが、眺めているだけでも面白い「Racing双六」、Ver.3.1では、任意のラップ数が選択できるようになると良いな、とコッソリ書いておきましょう。
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その10】
文具や小物などのグッズに比べて、衣服を買う事はとても難しいことです。
似合うに合わない、という根本的な部分もありますが、それ以前に、服のサイズがよく分からない、という事情もあります。
ワイシャツのように具体的なサイズで書かれていれば、まだ救いがありますが、単にS,M,Lなどと記述されていては、その「L」がどの程度の「L」なのか分かりません。
私の場合、体格が「LL」と「3L」の中間に属しているようで、服売り場では、一般品の最大サイズである「LL」が置いてある売り場と、「3L」以上のサイズが置いてある「大きいサイズ」のコーナーを往復しなきゃならない状態だったりします。
でも、ケロリン堂さんの店頭では、そんな心配ありません。
    試着品
レジ横に吊るされた「試着品」の数々。
これらを使って、実際のサイズ合わせをする事が可能なのですよ。
    試着
フィッティングルームはありませんが、親切な店員さんが色々と合わせてくれるので、安心して試す事が出来ます。
また、下手な糊付けなどありませんので、気に入った上着などは、買ったその場で着て帰ることだって出来ます。
買い物帰り、待ちきれなくて荷物を電車の中で開けてしまう人にとっては、渡りに船といったところでしょうか。

2007/04/17 今日の一言『セクシー&カエル』
■ロッカーの類を搬出して、やっと部屋を工事の方へ渡す事が出来ました。
まだまだやる事が多くてグッタリしていますが、一応1つの厄介事が片付いた気分です。
ひとまず、明日は振替休日を取って一日中寝ていようかと思っています。
■多くの方が「鶏の唐揚げ」はお好きでしょう?
で、また「ウインナー」の類を嫌いな人も、あまりいないのではないかと思います。
でも・・・
    串
妙な串が売られていたのですが、この「カラアゲ→ウインナー」の繰り返しは、「そりゃ、両方好きなんだけど、でも、でも、私が言いたいのは、そういう事じゃなくて…」と心の葛藤を生むシロモノ。
なんだ、このプレッシャーは?
「鶏肉+豚肉」の異肉コンボが不安を招いているのでしょうか?
むしろ「この串カツ、ほとんどタマネギじゃん」という方が健全に映る一串です。
■「かえるまつり(仮)」のバナーが出来ました。
立ち上げた割に、情報がなくて困っているというのが正直なトコロですが、まぁ、ゆるゆると運営する事にしましょう。
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その9】
初日(4月9日)に紹介したデザインのTシャツ。こちらは「長袖Tシャツ」です。
お肌の大敵である紫外線のことを考えると、思い切り夏を半袖で満喫したい人ばかりではありません。
そんな方には、この長袖はピッタリじゃないでしょうか。
    チョイエロ
で、お店に飾ってあるマネキン。微妙に「ちょいエロ」を感じるのは私だけでしょうか?
いやいや、お店の方でも何か感じるところがあったのでしょう。
値札の微妙な位置でフォローしているように思いますが、私的には逆効果という気がしなくもありません。
「Tシャツはカエルだけど、今夜はカエらない」と勝負したい本気な貴女にオススメです。

2007/04/16 今日の一言『男子化粧室(笑)』
■グッタリです。
サーバ室内の移動など、全社に関係する引越しは済ませましたが、自分たちの部署の引越しという作業はまだ残っていました(涙)
先週のうちに、一旦、身の回りの物を仮の部屋に移動しましたが、棚とか書庫とか机とか色々と大物鋼製家具類はまだでした。今日は、それをどこかに移動しなきゃなりませんでした。
引越し業者?そんなモノはありませんよ(笑)
ということで、棚も運べるシステム屋たち。いい加減、もうダメポです。階段に登らなきゃ部屋に行けないのに、足が「階段のぼっちゃらめぇ」って拒否しています。
■【今日のミッキー 風の噂編】
久しぶりのミッキーの話題です。
部屋の片付けをしましたので、どの辺りでエサを食べていたのか、巣はどのあたりなのかがおおよそ見当がつきました。
もちろん、あの1匹以外、姿を見ていませんので「遺跡」状態でしたが、裏でも随分と派手にやってくれて居たようです。
さて、そんな中、風の噂が届きました。
工場の方で停電があったそうです。
朝、電源が入らないと思ったら、配電盤のところでミッキーがケーブルをかじって感電死していたとか。
朝から多忙だったので、その真偽を確認した訳じゃないですが、風の便りに聞いたミッキーの話題。
事務所ビルを逃げ出して、工場の中に行ったのか、と思えば納得が出来ます。
どこかしら、昔の知り合いの消息を聞いたような懐かしい気持ちになりました。いや、死んじゃってますが…
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その8】
今日は定休日です。原則的に、祝祭日を除く、月・火がケロリン堂さんの定休日です。
一週間に2日も休んで大丈夫かしら?と週休2日のサラリーマンが余計な心配をしてしまいますが、週明けの谷中界隈はあまり人が通らずにひっそりとしているため、月〜水にお休みを取る店が大半だとか。
なるほど、下町を楽しみたいなら週末と言う事になりますね。
一方、週始めに、ひっそりした下町をブラブラと散策するのも「通」かもしれません。
どちらにせよ「ゆるゆる」と営業していながらも、色々と気を使うであろうお店番。定休日にはゆっくりとお休みください。
私も休みます。

2007/04/15 今日の一言『第6巻は第六感
■続けて今日もお仕事です。
重い荷物を運ぶのは、昨日でほとんど終わり、今日はサーバラックの引越しです。
昨日のうちに、物理的に移動させたので、今日は大手電信電話会社さん等にお願いして配線類を接続してもらいました。
本数が多い上に、同時並行で近隣で電源工事をしている状態なので、結構、みっちり時間がかかりました。
ただ、深刻なトラブルはなく、どれも比較的簡単に解決したので良かったです。
こういうサーバやらネットワークの工事は休日しか出来ないのが難点ですが、休日出社したから、翌日の月曜日に休めるか、というとそういう訳にはいかないのがこの手の業務の特徴でしょうか。
単に人手が居ない、って事もありますが、もちろん、明日も仕事です(T_T)
■そう言えば、何のための工事かといえば、耐震補強工事です。
工事中の建物(3階建て)の1階部分は、今、こんな感じになっています。
    廃屋満タン
平日の日中は工事の人がたくさんいて、とても出入りできる状態じゃありませんが、日曜日はお休みらしいので、ほとんど誰も居ません。
そのため、こんな廃墟のようになったオフィスを眺める事が可能で、ちょっとした探検です。
ちなみに、矢印のある部分は、OAフロアをめくるどころか、床のコンクリートも粉砕して、大穴が開いている状態です。
    壁に穴あり
赤丸の部分を拡大してみますが、基本的にこの部分は壁もなくなっていて、柱だけで支えている状態になっています。
    風穴
外の景色が眺められる大穴。要するに、耐震補強をするには、柱となる鉄骨に直接補強材を入れるために、一旦、柱を剥き出しにさせる必要がある。という事ですが・・・、
この状態で地震が来たので、無茶苦茶怖かったです。
■お昼頃、三重県を中心に地震がありました。
亀山市辺りで、震度5強だか5弱だかを記録したそうですが、東海地方の人も驚いた事と思います。
会社の辺りは、数字の上では震度2でしたが、何せ、こんな状態です。
とても長い時間ユラユラと揺れていたような気がします。
その頃は、最上階の3階でお昼御飯を食べていた訳ですが、「いま、建物が崩れたら、このまま緩やかに階下に落下するのかなぁ」などとぼんやり考えながら食事を続けていました。地震国の国民ですね(笑)
しかし、耐震補強工事中に倒壊したら洒落になりませんが、気象庁は「余震の可能性があるから、1週間くらいは要警戒」などと言っています。
Σ(゜Д゜,,)マジッ?!
■天井に書いてありました。
    火
おそらく、「ここに、火災報知機を付けろ」という指示でしょうか。
そして、その近所に別の文字が書かれて居るのを発見しました。
    非火
・・・何?
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その7】
半そでTシャツ、子供用!
    こどもシャツ
かわいい!!

2007/04/14 今日の一言『まぶたが重い、体も重いけど』
■今日もお仕事です。
正確には、休日にしかできないサーバーの類の引越しです。
どこの会社でも同じ状況であると信じたいのですが、サーバーラックの後ろが、大変な状況、名古屋弁で言うところの「わやになって」いました。
    パスタ
ついつい、脳裏には「パスタにしよう。うん、パスタ」(by マドラックス)というセリフが浮かびました。
注ぎ足し注ぎ足しならば、老舗の秘伝のタレですが、継ぎ足し継ぎ足しで使ってきたネットワークケーブルは、ただのアホタレの所業。いや、私たちですけど(反省)
ひとまず1本1本まとめる事にしました。
    パスタ
疲れた…。
荷物を運んで、ケーブルを整理して、机や棚を運んで、ついでに19インチラックも運んで。
マジでグッタリ。早めに寝ます。明日も出なので。
■ちなみに、一部、日東工業というところのラックを使っていますが、このラックが面白いです。
前面にカギがかかる取っ手がついているのですが、全面のドアを閉めた状態でも、側板を外す事ができる、というシロモノ。カギの意味ないじゃん!
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その6】
「プレゼント」を貰う時、社交辞令的な面も含めて、どんな場合でも「ありがとう」という訳ですが、やはり贈る人のセンスが良く分かるイベントじゃないかと思います。
そういう中で、プレゼント用の馴染みのお店「とりあえず、あそこに行けば」という場所を幾つか確保しておくのも1つの手じゃないでしょうか。
そういう場合、「○○さん用のプレゼントを買いに行こう!」と足を運ぶ訳ですが、ケロリン堂の中では、そういう目的論が通じないグッズもあるようです。
    赤ちゃんギフトセット
「赤ちゃんギフトセット」は「赤ちゃんTシャツ」「よだれかけ」「タオルハンカチ」「おたまぬいぐるみ」の4点セットがカゴに入ってラッピング済みというセットです。
可愛らしいTシャツは着替えに便利な肩ホック付きの「赤ちゃん特別仕様」、同様に、おたまぬいぐるみも、オーガニックコットン使用の赤ちゃん仕様になっています。
何気なくお店に足を運び、この可愛らしいセットを見た途端に、
    「あれ?あれ?○○ちゃんのところ、生まれたっけ?」
    「あ〜可愛いわ。誰かプレゼントする人居なかったかしら?」
と贈り先を探してしまう人も居るとか。要は突発的に購買欲が沸騰したという事でしょうか。
ミイラ取りがミイラになってしまう、そんな愛すべき人にオススメです。
    赤ちゃんギフトセット
    ピンクもあるよ。


2007/04/13 今日の一言『Wilhelmin』
■週末の引越しに向けて、身の回りを整理しました。
1階から3階に仮移住するので、整理そのものだけでなく、移動自体も大変です。
もちろん、エレベータなどありませんので、足で登ります。
そんな1日ですが、悪い事ばかりじゃありません。
足元に放置してあった「貯金箱」、開けてみたら、こんな事になっていました。
    2250円
2,250円の臨時収入です。微妙な金額ですが、開けてみて失望しない金額じゃないかと思います。
しかし、1円玉などは10枚並べて10円(アタリマエダ)なので、罰当りな事ですが、数えるのが面倒だなと思いました(笑)
ちなみに、これだけの小銭をジャラジャラさせても、500円玉が5枚の方が高額になってしまうというのは、分かっていても不思議ですね。
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その5】
1960年代後半から70年代にかけて、フランスパンを小脇に抱えて歩く、という事がちょっとしたブームになったようです。
まぁ、それは新聞記事の受け売りなので、都心の一部だけの話かも知れませんが、それまでパンと言えば四角い「食パン」だった頃ですから、新参者のフランスパンもオシャレを演出するグッズだったのかも知れません。
さて週末です。今日はこんなグッズを紹介しましょう。
    ぬいぐるみーず
    「お魚さんの目が怖い」という訳の分からない理由で焼き魚が食べられないギャルでも大丈夫
お店に1歩足を踏み入れた瞬間目に入るであろう、カワイイぬいぐるみ達です。
もちろん、店員さんが寝坊して開店が遅れてしまっても大丈夫。
シャッター越しに、その様子を眺める事ができ、店が開くのを待っている間も癒されます。
    シャッター
    店内丸見えの新シャッター越しに覗くのがマニア
大小さまざまなサイズのぬいるぐみ。
大きい方は、どうしてこんなに大きいのか、と素直に驚いてしまうほどのサイズ。
ま、そんな訳で、Palmなお部屋からは、この可愛らしいぬいぐるみ(特大)を小脇に抱えて下町散歩という「平成の下町ファッション」を提案します。
もちろん、コスプレに食傷気味のアキバにニューウェーブを持ち込んでも良いでしょう。
    シャッター
    中央通りで視線を釘付けにしよう。アナタも撮影者から被写体に!
チラッと見える縞々模様の奴が、どうしても気になってしまうというアナタ。週末に店舗に行ってみよう、であります。

2007/04/12 今日の一言『土日も出社だけど』
■ちょっと目を閉じたつもりが、たいそうな夜寝になってしまいました。
ついに来週あたりから、ウチの部門も工事が始まりますので、その引越しをしていました。
どちらかと言えば「仮住まい」なので「引越し」よりも「出張」と考えて荷物は最小限にとどめるべきだと思う訳ですが、どちらにしろ部屋の荷物も片付けなきゃならないので、机の周りがタイヘンなことになっている私にとっては一大事です。
たぶん、その疲れでしょうか?普段登らない階段の往復もあって、グッタリです。
■わーい、わーい。
役に立った〜
でも、道具を活かすのは使う人の使い方次第。キッチリとメモをされるマメさに拍手です。
私なんか、持っているだけで活用しているとは言い難い状況ですから(笑)
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その4】
お得な「詰め合わせ」はお好きですか?
    ご進学お祝いセット
この「ご進学お祝いセット」は、色々な学用品がセットになったお得な詰め合わせです。
グリーンを基調にした「みどり」と、ピンクを基調にした「うめ」の2セットがあります。
律儀にグッズのカラーが統一されている辺りが微笑ましくも、お店の人柄(?)が表れているようで面白いですね。
その内訳ですが、ちょっと「みどり」を覗いて見ましょう。
まずは、最近登場した「デニムポーチ」、比較的大容量で何かと便利です。
    ご進学お祝いセット
そして、何かと便利と言えば「タオルハンカチ」、20x20cmというサイズで汗っかきのあなたも大丈夫。
ハンカチ王子も、これを使えばよかったのに。
    ご進学お祝いセット
また、筆記具として「エコボールペン」の黒、
    ご進学お祝いセット
こちらが「赤」です。どちらも紙製ボディで環境よりも自分に優しい感じがします。
    ご進学お祝いセット
そして定番「粘着メモ」、これは「ケロン」×2と「おたま」というセットになります。
    ご進学お祝いセット
もう1つ「ショートストラップ」、ご進学セットにストラップ?
これは、我が子が「無事カエル」というお守りでしょうか。何かとブッソウな世の中ですから。
    ご進学お祝いセット
これらをカゴに入れて、さらにリボンまでつけてラッピング!というのが、このセット。更に、個別に買うより安くなるのも魅力ですね。
「ご進学セット」と言いながらも、既に学業を修めてしまったオネエサマや、修めた学業を忘れつつあるオジサマでも使える「青春18きっぷ」のようなお買い得セット。お店に入って「とりあえず、面倒だから、適当に持ってきて」と言ってしまう人にオススメです。
(photo:一部、かえる屋ケロリン堂WEBショップより借用。)

2007/04/11 今日の一言『毎度お馴染み、流浪のサイト』
■会社の建物の耐震補強工事、リニューアル工事も兼ねて居るので、壁やら天井やらの大部分が撤去されており、ちょっとしたアクション映画のセットのようです。
その中を昼間歩くと、ダイハードのジョン・マクレーン刑事の気分、夜に歩くと、バイオハザードのジル・バレンタインの雰囲気です。
でも、アクション映画とは縁遠い私が歩くと、目に止まるのはこんな風景…
    撤去
訂正がなければ、壁ごと撤去されてしまっていたであろう「壁とり」跡、眺めていると切なくなりますね。
しかし、どういう順番でこれを書いたのかを考えると、少し頭が痛くなります。
  1. 「この壁は撤去かぁ〜?」
  2. 『壁とり』と書く
  3. 「誰だよ、ここは壁紙を貼り返るだけだぞ」
  4. −−−訂正する−−−
  5. 『カベガミとり』となる
問題は4番目の「訂正」の順番です。
考えられる手順「その1」は、
  1. 「壁」の文字に×印
  2. 「とり」の字を活かす位置に「カベガミ」と書いた
もう1つ考えられる手順「その2」は
  1. 「壁」の文字に×印
  2. 壁紙だからと、消した「壁」の代わりに「ガミ」を上に書いてしまった
  3. でも勘違いに気付いて、後から「カベ」を書き足した
また、可能性は低いですが「その3」として、
  1. 「カベ紙とり」と書こうとして「カベ壁とり」としてしまった
  2. 「紙」と「壁」を書き間違えた事に気付いた
  3. 「壁」の文字に×印
これが何千年も後に発見されれば「何らかの宗教儀式だった」と言い張る学者先生も出てくる事でしょうか。
とりあえず、こういう書き間違いの類は、その書かれている内容よりも、どうしてそうなったのかを勝手に妄想する方が面白いです。
皆さんも上の写真で勝手に妄想を楽しんで下さい。
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その3】
昨日紹介した店頭限定グッズ「樹脂マスコット」ですが、今日も同じく店頭限定グッズの「ストラップ」をお届けします。
賢明なケロリン堂ファンの皆さんの中には「ストラップは通販にもあるよぉ」と思われるかも知れませんが、こちらはどうでしょうか?
    ストラップ
現時点で店頭のみの取り扱いとなっている「パールストラップ」です。
パーツは「ペンダント」と同じものが使われており、カテゴリ的には「カジュアルアクセサリー」となるようですが、小粒のパールビーズで作られたストラップにモノトーンのケロンくんがぶら下がっていて、落ち着いた雰囲気に仕上がっています。
    ストラップ拡大
きっちりと台紙入りで包装されていますので、プレゼント用にも便利です。
    袋入り
ちょっと小粋なプチセレブ、でもカエル好き、という方にオススメです。

2007/04/10 今日の一言『欧風か!』
■勤務先の新社屋完成後、残された建物は耐震補強工事を含めたリニューアル工事が行われています。
既にミッキー騒ぎで、ご存知かと思いますが、私は残された方の建物に居ます。
さて、皆様、ビルの耐震補強工事とはどのようなものかご存知でしょうか?
状態や工法によって色々と差異はあるかと思いますが、工事現場を観察しておりますと、鉄骨レベルで補強材を入れる必要があるようです。
簡単に言ってしまえば、既に出来上がっている建物の壁を壊してでも骨組みレベルで補強しなきゃならない工事という訳ですが、いかに鉄骨部分が重要かと言う事が分かります。
インチキマンションなどは、この重要な鉄骨を抜いたりしている訳で、確信犯なんてもんじゃないぞゴラァ、という感じがします。
さて、そんな工事が壁を隔てた隣の部屋で行われています。そして、壁のコンクリートを剥がすのには、「工事現場らしい音」をたてる機械が使われています。
そう、歯医者さんが巨大化したような機械が壁一枚向うでガガガガガガガガガ、という大きな音をたてて居るわけです。
確かに、フロア順、部屋順に工事をしていけば、移動が最小限に抑えられるんですが、どう考えても、その建物内で仕事をしたり、人が移動する事が考えられていないスケジュールで進行している工事、ちょっと酷い状態です。
隣室に立ち込める粉塵、ドアに目張りをして仕事をしていますが、コンクリートを砕いた匂いと粉っぽさがどこかからか届く上に、大騒音という不快な環境でお仕事中。システム開発中です(笑)
おひょいなお部屋が、サイトをリニューアル!
サイトの更新が面倒 更新頻度を上げるために、シャメッ記で使っているスクリプトをトップに持ってきました。
まぁ、スクリプトを設置したのは私ですが(泣)
「携帯電話で簡単に更新できるけどたまにしか更新しない日記」をどうやって略すと「らくらく日記」になるのか、若干不可解ではありますが、更に「ラクッキ!」と名付けられています。
「ラクッキ」ちょっと欧風にすると「La Cookie!」になるでしょうか。いやいや、フランス語でクッキーはないだろ(笑)
例えば、「ガトー」を使って「gateaux a la ohyoi3!」とか?
ま、どちらにしろ、今後の更新に期待しましょう。
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その2】
今日、ご紹介するのは「樹脂マスコット」と呼ばれる小さなケロンたちです。
    樹脂マスコット
こちら、通販サイトに載っていない商品のようですが、店頭では比較的目立つ商品の1つであるだけに不思議な気がします。
しかし、この樹脂マスコット、身長3センチほどのちっぽけなものですが、1つ1つの表情を手作業で描いているという手間のかかっている1品。通販サイトに載せられるだけの量が簡単に作れない、というのが理由でしょうか。
    プラケロンタワー
いえ、手作業で描かれた表情は、それぞれに個性がありますので、実際に店頭で気に入ったものを探してね、という意味でしょう。おそらく。
この小さい癖に存在感のある樹脂マスコット、さりげなく、店頭限定商品です。
名前は「樹脂マスコット」だと思いましたが、愛称として「樹脂ケロン」とか「ぷらケロン」とかを提案します。
小さい物を並べて楽しむのが好きな方に、オススメします。

2007/04/09 今日の一言『通称:オヤジギャグ』
■今日は、朝から晩まで眠かったです。
朝なんかは、体のあちこちが「今日は、起きるの嫌だむーん」とか言い始めてしまって困りました。
どこかしらグッタリですが、もし、これが「筋肉痛」を伴うなら、明日の方がヤバイ!というお年頃。
箸が転げただけで笑える頃は、とっくの昔に過ぎましたが、箸が転がるより面白くない冗談が口から飛び出す年頃です。
■【かえる屋ケロリン堂 4周年だワッショイ! その1】
かえる屋ケロリン堂さんは、4月25日で開店4周年を迎えられます。
店舗や通販サイトではお得な4周年記念フェアが行われていますが、当サイトでもこれを応援しようと思います。
という事で、だいたい日替わりで少しずつ、最近のケロリン堂さんのグッズを紹介します。
第1回目ですのでドドーンと新製品を出しちゃいましょう。
ちょっと落ち着いた感じの半袖Tシャツです。
    新製品
今までのモノとちょっと違う、どこかしら落ち着いた雰囲気は、色もさることながら「柄」に注目して欲しいのでアリます。
    アミケロン
よ〜く見ると、ベタ塗りではなくてこんな感じの模様です。網掛け風のケロン君、「amiケロン」とは言いませんが、この色合いと柄が涼しげな和風をイメージさせてくれます。こういうのは、これから暑くなるであろう季節にピッタリですね。
嬉しいことに、少し大きめのXLもありますので、欲しいけれど体格が許してくれないんだよぉぉ、というメタボ予備軍の大きなお友達でも大丈夫です。
■【業務連絡+お礼】
無事届きました。ものすごい丁寧な梱包、恐縮です。
ありがとうございました。

2007/04/08 今日の一言『壷 met 萌え』
■4月8日は灌仏会、お釈迦様のお誕生日です。
十字架の神様の日は、ケーキを食べて靴下をぶら下げる日ですが、こちらはお花で飾られた御堂の中に仏様を置いて、甘茶をかけてお祝いする、という日になります。(無茶苦茶、端折った説明ですが…)
    はなまつり
「花まつり」などと言われます。
本来、旧暦の4月8日である筈ですが、色々な解釈や大人の都合で新暦で行われるようになりました。
実際のお誕生日と違う日に催される盛大なお祝い。「私の誕生日、覚えてる?」はリアルで聞くと背中に冷や汗をかく人も居られるでしょうが、お釈迦様はどう思われているのでしょうか。
    イェィ!
うーん、どうも楽しそうです。「イェ〜イ♪」
■何だか分からないけど、
何度もクリックしてしまう。言葉にはならないけど可愛らしいとか癒されるとか言う気持ちがクリックの原動力なのですよ。
そして、それが「萌え」というモノなのでアリます(笑)
萌え、と言えば、アキバはメイドやらコスプレやらに溢れて「萌え」の街だと言われますが、あれは、メイドみたいな格好をした人や、アニメキャラクターみたいな格好をしている人が居るだけで、アレは萌えとは違うのでアリます。偉い人には、それがわからんとですよ。
と言うように、いわゆるマスコミが作った「萌えブーム」に疑問を感じている人って少なくないんじゃないかな、と思っているのでありマス(笑)
■とりあえず、疲れた〜。寝る。
■【業務連絡】
1,500円、全く気付きませんでした(^^;)
こちらこそ、お手数かけます。

2007/04/07 今日の一言『プチお出かけ』
■ダラダラとサイトを続けていますが、
過去日記も随分と長くなりました。
あまり読み返して云々、という事はないので単なる蓄積ではありますが、随分と長いこと続いています。
そして、何気なく2007年の4月分ファイルを作ったときに、テンプレートにしているファイルに重大な欠陥があることを発見しました。
その欠陥とは、HTMLファイルの先頭に、<HTML> というタグが抜けていた事。それも、2002年2月から今月に至るまで、全てファイルの先頭にタグがない状態という事が発覚しまして、慌てて修正しました。
こんな事があるんですねぇ(←って、他人事かっ!)
■知っている人は知っている「ぺヤング焼きそば」の「超大盛り」というのを食べてみました。
数字を並べておきますと、麺の重量が約180グラム、カロリーが約1,100kcalという「超大盛り」の名に恥じないサイズです。
日清焼きそばUFOよりも、ソースがスッキリしていてぺヤングの方が好きという人も少なくないようですが、この「超大盛り」は「本当に自分がぺヤング好きか」を真正面から突きつけてくれる、踏絵のような商品と言っても過言ではないでしょう。
冗談ヌキで、こりゃ量が多いな〜、と素直に思います。
■さて、気まぐれ更新の「いきなりアンケ」、近いうちに「アンケートなんだからね!」に改名しようかと訳の分からない事を考えつつ、新しいテーマをアップしました。
春、桜、お花見シーズンとなりましたので「桜咲く。お花見は…」です。
お気軽にドウゾ〜
■ちょっと所用にて、今日の更新はここまで。

2007/04/06 今日の一言『何度もクリック』
■庶民向けイタリアンレストラン(?)の「
サイゼリア」というチェーン店があります。
そこに置いてある「キッズメニュー」という子供向けの料理が書かれたメニューは、いつの頃からか「間違い探し」が掲載されています。
そして、その間違い探しが、更新されるごとに進化し難解になってきていることに気付きました。
いや、1つ前の冬バージョンが今ひとつ難しくなかったので、今回は担当者がムキになって難しくしたんじゃないかと思うほど。
大人でも楽しめる「間違い探し」、むしろ子供の方が得意かも知れませんね。
■壷の人@平和のガンマンが、ハンドガンネタで熱く語っておられます。
趣味趣向は人それぞれですが、やはり好きなことを熱く語っている姿はカッコいいのであります。
特に、オッサンになればなるほど、ウンチクをかたむけているようで、特に高田純次に似ている(自称)の壷の人なら、似合うのではないか、であります。
でも、サバイバルゲームを語りながら、
    やっぱ、木に登って隠れているのかな?
    動き回らずに済むのはいいけど、最近、トイレが近くなってきたから、やっぱ無理か?
等と書かれています。申し訳ないですが、笑ってしまいました。
渋いチョイ悪オヤジから、「どうしてお腹は減るのかな」と素朴な疑問を投げる子供になったようなギャップが可笑しくて。
いや、ご本人にとっては、笑い事じゃないかも知れませんね。もちろん、悪意はありません。
■「お前が行かなきゃ、こんな事にはならなかっただろうに」というキャラクターが居ます。
「名探偵コナン」の登場人物たちです。特に、主人公のコナン君が、たまたま足を運んだ場所で、人が死んでしまう事が多いのは皆さんご存知のお約束ですが、よく考えれば、とんでもない「間接死神」です。
さて、外務省の広報パンフレットにコナン君が起用されました。誰かが命を落とさなければ良いのですが(笑)

2007/04/05 今日の一言『破顔一笑』
■プチ社内講師しました。
ウチの会社が「パソコンを使わせると、余計な事までしてしまうエンドユーザーが多くって」と嘆くシステム部門、といった教科書に載っているような状態かは分かりませんが、ルールが曖昧なまま運用して、やっている事が「悪い」というのも変な話なので、キチンと教育というか説明しなきゃフェアじゃありません。
特に、ITとあまり関係のない製造業では、この辺りがいい加減になってしまう訳ですが、業界とか業種とは関係なく、情報なんてモノが外部に漏れたり盗まれたりして大きな被害を受けてしまいます。
今や、大手の電信電話会社や国防機関からも情報が漏出するようなご時世。機械の信頼度が高くなりハードディスクが壊れて痛い目を見る確率は小さくなりましたが、一方でユーザーから情報が流れる可能性は高くなったと言えるでしょう。
ソフトやハードで防ぐためには、予算がいくらあっても足りませんし、お金をかければ万全かといえばそういう訳でもありません。ひとまずはルールの明確化を軸にユーザーの底上げを目指したいのですが、いい加減な人が多い中で堅苦しい事を言うと空回りしてしまうので、その辺りのバランスが難しいですね。
■最近になって(今ごろ)某アニメを見ましたが、結構、少々、影響を受けてしまい、メロンパンを色々と買い漁っています(って、痛いな…)
しかし、今まであまり気にした事はなかったのですが、「標準形」たる存在のないメロンパンの世界は無法地帯といっても過言ではなく、食べるだけで周囲にパン屑とか表面のカリカリを撒き散らすモノもあれば、しっとりとして上品なモノもあり、また、メロン果汁や果肉が入っていたり、香料たっぷりだったり、一体どうなっているの!?という魑魅魍魎が入り乱れる世界である事を思い知らされました。
ま、そんな中で自分好みの一品というか傾向を掴めれば良いのかと思いますが、ひとまず、現時点で気に入っているのはセブンイレブンの「メロンパン(発酵バター入り)」です。
他にも色々な有名店や専門店もあると思いますが、まずは身近に手に入るという安心感でコンビニから探すのが得策でしょうか。
■で、影響を受けた某アニメですけど、ご存知の方はご存知のコレです。
この娘さん、普段はこんな顔でツンツンしています。
    シャナたん
しかし、大好物のメロンパンを食べると、こんな顔になってしまう訳です。
    クリックでもふもふ
こういうのを『萌え』というのでしょうか。
いや、それよりも、こんなに美味そうに食べているメロンパンというモノに興味を持つ単なる食いしん坊かも知れません。
例えるならば「はじめ人間ギャートルズ」で皆が食べている、あの「マンモスの肉」、商品化されたこともあって、「あの肉」と呼ばれる骨付きの肉の方が有名になってしまいましたが、やはり私の中では、巨大な肉塊というかハムというか木の切り株のような、マンモスの肉に憧れる訳で、この娘さんがメロンパンを食べる姿に 萌え 食欲を感じても、け、け、決してオタクなんかじゃないんだからねっ!
ちなみに、JavaScriptが動く環境で、メロンパンをかじっている娘さんの画像(2つめ画像)をクリックすると、どういう食べ方をするのか分かります。

2007/04/04 今日の一言『ミッキーサイト』
■【今日のミッキー<逆襲編>】
2匹目のドジョウならず、2匹目のミッキーは捕獲されませんでした。
昨日仕留めたミッキー以外に居るのか居ないのか、という疑問が湧いてきます。「ねずみ算式に増える」とか「ねずみ講(無限連鎖講)」という言葉があるので不安です。
過去、粘着シートに捕まって逃げたミッキーが居ましたが、ミッキーの学習能力は高く、同じ仕掛けには2度と引っかかりませんでした。
しかし、賢いといっても、彼らは本能+自分の学習が大半であり、人間のように人から人へ教え伝えられるような類の物ではないので、ヤツ以外のミッキーが居るなら、他のヤツ(ミニーとかジェリーとか)が引っかかっても良さそうなものです。
でも結果的に捕まっていませんので、さほど数は居ないのか、もしくは単独犯なのかと思えます。
この辺り、実はミッキーとの戦いで修羅場をくぐって来たのではないかと思われるいなあもさんが「
まずは1匹」とされているので、多少不安になりますが、どちらにしろ、警戒態勢を維持しています。
■【謎のミッキー<番外編>】
MA-CYさんがカメラの自動顔認識に関して「あったら怖い」とうエントリーを書かれています。
確かに怖いですが、ふと、ミッキーとの戦いの最中、どんなヤツが出回っているのだろうかと、カメラを仕掛けたことを思い出しました。
USB接続のカメラで、夜の間だけタイマーを仕掛け、何か動く物を察知したらシャッターを切るようにしておきました。
敵がどんなものか見たかったですからね。
でも、帰る時には部屋の電気は全部消して真っ暗にすることを忘れていたので、これじゃ意味がないなと気づいたのは2〜3日してからの事です。
とりあえず、キャプチャのタイマーを止めようと思ってカメラを設置したPCを操作し、ついでに画像保存フォルダを見た訳です。
すると、そこには何も動く物が「見えない」部屋の中を撮影した数千枚もの画像が保存されているではありませんか。おお!と思って画像を見たのですが、それらはどれも「単なる真っ黒な闇」を写した画像に過ぎませんでした。
でもカメラとアプリは「何か動く物があった」からシャッターを切っているわけで、MA-CYさんの話に似ているなと、ふと思い出した次第です。
■【偽のミッキー<爆笑編>】
昨日、ミッキーが捕れた後、会社の皆さんの目に触れる前に処分した訳ですが、後から所用でウチの部屋を訪れたH夫人は、Ohyoi3などが「見たかった」などと言っていることを教えてくれました。
うーむ。そういう事なら、と大き目の封筒に紙くずを丸めて入れて封をして、
    「この封筒を、さも(ミッキーの)死体が入っているかのように持っていって下さい。」
とH夫人にお願いしました(笑)
ただ、H夫人が笑ってしまいそうなので、簡単にウソだとバレるかな、と思ったのですが、彼女が部屋に戻って「ほら、これ」と封筒を開けようとすると、軽いパニックになったようです。
曰く「迫真の演技」だったとか(自己評価)
いつも、Ohyoi3にコロっと騙される私からの、ささやかな反撃という事で。にしし。

2007/04/03 今日の一言『目的は敵の殲滅』
■暖かくなったり寒くなったり。
何だか天気も不安定ですが、今週末にお花見を予定していた人たちにとって、少々寒くなった方が桜が散らずに済むので良いのかもしれませんね。
まぁ、色々なお花見スタイルがあると思いますが、飲み過ぎないようにお気をつけ下さい。
■以前話題にした、かえる屋ケロリン堂さんのお得なセット『ご進学お祝いセット』が
WEBショップに登場しました。
色は「みどり」と「うめ」の2色。もしかしたら「わかば」と「うめ」の方が良いのかと思ったりもしましたが、中々、お得な詰め合わせがカワイイかご+ラッピングという至れり尽せりという感じで売られています。
小さいストラップまで色がコーディネートされているあたり、小技が効いてカワイイです。
単体で買うよりお得なセット。お店に足を運べない遠方の方も、これを機会にドゾー
■【今日のミッキー<逆襲編>】
うっかり指を挟むと、骨折するのではないかと思われるほどの破壊力を秘めた「最終兵器」
ご存知のない方のために、再度紹介しておきます。
    最終兵器
「今時こんなモノが…」というスタイルのネズミ捕りですが、その大きさは、約17cm×10cmといったところでしょうか。
これを3機提供して下さった同胞たんて某氏によれば、
    「ネズミは即死します。」
との事です。
私もうっかり手を挟みそうになって、ヒヤっとしましたが、確かにとんでもない破壊力を秘めています。




でも…




その表現は誇張でした。




実際は、即死はしませんでした。

    ミッキー
ついに、ミッキー捕獲というか1匹を駆除しました。
他の人が来る前に、密かに処分するつもりで、最終兵器を仕掛けた翌朝は早目に出社していたのですが、今日、私が目撃したのは、首を挟まれたまま、逃げようともがいているミッキーの姿でした。
おそらく、人間が来た!と思って最後の力を振り絞ったのでしょう。ネズミ捕りを中心して後ろ足で回っていましたが、半周ほどしたところで力尽きたようでした。
という事で、即死じゃありません。
ちなみに、モザイクなし写真は下のボタンをクリックすると表示します。
スプラッターな画像はありませんが、ミッキーと目が合うので自己責任でお願いします。


※JavaScriptはONで
■まぁ、確かに「御本人も満更では無さそう」という指摘は当たらずも遠からずだった訳ですが、こうやって最期に立ち会ってみると、面白がっている訳にもイカンなと思います。
だからといって、放置する問題でもありませんので、誰かがやらなきゃならない訳ですが、ふと「自衛官は人殺しの練習をしている」などと発言したどこぞの県知事のことを思い出しました。
自衛官の方々だって、好きで人殺しをしようとしているわけじゃないでしょうに。
誰かがやらなきゃ守れないモノを守ろうとしている事、選挙の時だけ頭を下げるような馬鹿には理解できないんでしょうかね。

2007/04/02 今日の一言『再起動』
■今日は、何だか外が煙っていましたね。
黄砂がバンバン飛んで来ているらしいですが、砂だけなら良いですけど、それ以外に色々ありそうで怖いですね。
まぁ、それにしても鼻の具合の悪い事悪い事。花粉より砂じゃないかと思う訳ですが、勘弁してほしいです。
■映画やテレビ、ゲームなどの続編の名前は色々あります。
安直なタイトルは、後ろに「2」をつけるケースが多いですが、頭に「続・」って付けるのはあまり見かけませんね。
中には、数字が上がる度に劣化してしまってガッカリするケースもありますが、今週あたりに6番目の名前が発表される予定の「
いなあも屋さん」は、年々パワーアップされていて頼もしい限りです。
また「RETURNS」とか「〜の逆襲」のように一旦、倒したと思われた敵が「実は生きていた」とか、その子供や弟子が「敵討ち」にやってくるというパターンも多く見かけます。


という事ですが…



帰って来ました。




ヤツが…





3月28日に報告して以来、沈黙を守っていたヤツ…




ミッキーが帰って来たようです


キターーーー(゜∀゜)ーーーーッ!!
■【今日のミッキー<逆襲編>】
数日間、「最終兵器」はもちろん、活動の形跡すら見せなかったミッキー。
ネズミ捕りを差し入れして下さった、同胞たんて某氏に、お礼として「メカ娘」と「それゆけ!女性自衛官 海上自衛隊編」を届けながら「ミッキーの痕跡無しですわ、残念」などと話していたのは、朝一番でした。
10時頃、何気なく引出しを開けた上司が発見した物は、ミッキーの糞と思しきモノとかじられた乾電池のパッケージ。荒らし回った形跡がありました。
よく見てみると、室内にも幾つか痕跡が見られましたが、週末、隣室の天井を張替えのため剥がした事から、再度こちらに戻ってきたのではないかと思われます。
戻ってきたのが一時的なのか恒久的なのか不明ですが、乾電池をカジる手口(?)や、ケーブル類には歯を立てず、軟硬質のプラスチック容器のフタをカジるなど、あのミッキーに相違ないと思っています。
    被害
    泣きながら片付けをしている上司の机の様子。引越し前で机の中身を整理した後だったのは幸いかも。
という事で、今日は「最終兵器」×3、「メガマウス」×1と、今までの経験から水を欲していると思われますので、水の入った容器の四方を粘着シートで固めたトラップを1式、その他、休眠中の粘着シートをフル出動させました。
今回は、キッチリと仕留めたいですね。

2007/04/01 今日の一言『長い1日』
■そんな訳で、
おちょぼ稲荷に行って来ました。
若干、天気が怪しかったのですが、車の中で母がお稲荷さんに対し、
    せめて、お参りが済むまで雨になりませんように
と言っておりました。
まぁ、そう都合よくいく訳もないのですが、まったくその通りになりました。
いや、それはそれで良かったと思うでしょうが、東海地方の方ならご存知のように、夜の9時〜10時頃といえば大雨がザーザー降っていた頃。それも雷まで鳴っていました。
そんな大雨が、お参りが済んだ直後くらいに始まりました(笑)
ひとまず、軒のある店先でお目当ての串カツなどを食べつつ、傘があっても人が多くてあまり役に立たないような状態の参道を歩いて帰って来ました。
何にせよ、目的が果たせたのでよかったです。
(※以下の赤い色の部分はエイプリルフール用に作られたウソの記事です。)
◆以前、PalmSourceと任天堂がライセンスを交わした云々という情報が飛び交いましたが、結局、何の姿も見ないまま話は消えていました。
しかし、OS部門が他社に買収された後では、話が若干違うようです。
    エープリルフールだから
開発が発表された「GarnetDS」という製品(PalmDSじゃない^^;)は、ハードウェアではなくニンテンドーDSのカートリッジとして提供されるソフトウェア製品で、これを使う事で、お手持ちのDSがPalmになる、というもののようです。
まだ開発段階なので詳細は不詳ですが、画面を見る限りではTXベースになっているものと思われます。
Bluetoothは使えませんが、DSのWi−FiはサポートされるためOperaなどのブラウザを使って簡単にネットにアクセスできるようです。
    だからウソなのよ。ごめんね。
簡単な操作で縦横表示を切り替える事が出来ますが、Virtual Graffitiを採用しているので入力も別段問題なさそうです。
しかし、縦横の幅が異なるため、若干Graffitiエリアのサイズが変わってしまう点は気になります。
ただ、Graffitiだけでなくソフトウェアキーボードなども表示できるようで、先のニンテンドーブラウザ同様、漢字変換も標準で搭載され日本語入力も問題ないと思われます。
カートリッジは2枚構成で、DS用の薄い方に「GarnetOS」が収められており、アドバンス互換となる前部のカートリッジがメインメモリ(512MB)+USBポート+外部メモリカード用のカートリッジとなる予定で、ここにケーブルをさしてPCとシンクロが出来るようです。
また、対応するのはSDカードで、SDIOにも対応していますので、GarnetOSが対応していれば、メモリ以外の機器も使えるようです。
初回ロットには、発売記念として純金製スタイラスとのセットが予定されていますが、価格は純金の相場によって変動するため未定との事。
同時に、Z22のようなエントリー機として「Garnet ADVANCE」という製品も開発されていたようです。
    ニンテンドウさん、ゴメンナサイ
ただし、
  • 画面が小さすぎて文字が見えない。
  • ハード的にGraffitiエリアが確保できない。
  • というかタッチスクリーンじゃなかったっけ?忘れてたよ〜
  • じゃ、文字が入力できないね。
  • 十字キーで入力するか?
  • うわぁ、すげえ面倒だ。無理無理。
  • 笑うしかないな。あはははは
  • 馬鹿もーん、お前はクビだ。
  • ひえええ〜!
という担当者の解雇というオマケ付きで開発は頓挫しているようです。
これらの製品については、まだ情報が錯綜していますので、ひとまずこちらで最新情報をゲットして下さい。
かえるの歌が…、聞こえないかも…。
■という事で、上の◆の部分はエイプリルフールネタでした。
ひとまず、日付が変わったので色を変えて注釈を入れておきました。
しかし、ネタを書いている途中、あまりにリアルになりすぎたので、アドバンス版を登場させて少しずつ怪しくするという演出を加えウソに仕上げるという苦労をしました。いや、本当に出たら買っちゃいますからね。
今日は、色々なサイトさんが、エイプリルフールを楽しんで見えたようですが、私が今年一番笑ったのは@niftyデイリーポータルZの「割り箸を使ったメンマの作り方(高瀬克子さん)」のネタ。
「出来てる!」というキャプションのビンの中のメンマの写真、あまりにも堂々とウソをついているので余計に笑ってしまいました。
■元気回復のため、たんて某氏より頂いたドリンク剤を服用しました。
このように、陸海空の自衛隊の火器が印刷され「元気バッチリ」と書かれているシロモノです。
    元気バッチリ
味は、一部のドリンク剤に見られるような妙な甘さがなく飲みやすいモノでした。
もしかして、士気を高める何か特別な物が入っているんじゃないかと思いつつ、元気バッチリとなりました。
■そんな訳でもありませんが、元気になったついでに、大きな木を見てきました。
    大杉
「月瀬の大杉」と呼ばれる杉の木で、長野県下伊那郡根羽村にあります。
最近はメディアにも登場したのか、小型の観光バスなどに乗って見学に来る人も居るようで、今日も1台来て、どやどやと木の周りに集まって写真など撮っていました。
子供とかも混じっていましたが、小さな神社と大木しかないので退屈でしょうけど(笑)
ちなみに、推定樹齢は1800年と言われているこの大杉。どれほど大きいかと言えば…
    大杉
人の顔が2ピクセル四方になるように調節してみましたが、矢印がなければ人が居る事に気づかないでしょう。
EF-S18-55mm F3.5-5.6 USMというEOS Kiss デジタルの標準添付レンズ(29-88mm相当)の広角側でも、随分と離れて撮らないと木が写らないという大きさ。
1800年(伝承・推定)ってのは、想像を越えたモノを作りあげるんですね。