【気まぐれ日記】

2009年 12月


2009/12/31 今日の一言『続きはつぶやきで』
■物理的に寝正月が確定しているので、特に差し迫った感のない年末を過ごしています。
窓から覗く日差しと空が、12月らしからぬ景色を作っていますが、風の音などは冬っぽいでしょうか。
特に、この後、目立ったイベントも発生しそうにないので、早々に更新を済ませておく事にしましょ。
それでは、皆様、風邪など召しませんように、年末年始をお過ごしください。
■そんな訳で、昼寝が過ぎて、眠れなかったので、少し夜更かしして昨日の疑問を検証してみたら、明け方の同じような時間に何も起きず、薬の効き目とかも関係なさそうでした。
こうなると『どれだけの間、同じ姿勢で眠っていたか』などという面倒な選択肢しか残っていないので、検証するのは止めておこうと思いますが、ぐあっ!と目覚めなかっただけマシだったと素直に思う事にしましょう。

2009/12/30 今日の一言『今年のお正月はパスします』
■明け方、ぐあっ!と声を上げて目が覚めました。
何ですかね。どこかが圧迫された状態が続いて、限界に達したら、そういう状態になるんかなぁ?
この痛み自体には慣れませんが、現象には慣れたので冷静に考えてみるんですが、原因が良く分かりません。
この状態、発生するときは、明け方の大体、同じ時間に発生するので、薬の効き目が切れた頃にそうなるんじゃないか、と思ったりもするんですが、ぐあっ!と目覚めた後で、姿勢を変えたりすると痛みが治まったりするので、薬が切れた説もちょっと疑わしい気がします。
お正月前に申し訳ありませんが、今年は、さっさと正月が過ぎて病院に行けるようになりたいと思っています。
■ちなみに、オッサンなら分かると思いますが、寝ぼけた状態で急に足を伸ばすと、足がつってしまう事があるんですが、この「ぐあっ!」な状態になってから、足がつる、という事がありません。
なので、不用意に布団の中で伸びをしても、足がつったりしません。
まぁ、痛みで足が千切れそうになる場合があるので、どちらが良いのか分かりませんが(笑)
■しかし、見事に暗い話題ばかりですね。
まぁ、ニュース的な何かが「痛い」とか、そういうことばかりなので仕方がありませんが、とりあえず「おちこんだりもしたけれど、 私はげんきです。」ので、しばらくはこんな調子ですみません。

2009/12/29 今日の一言『余計な心配』
■年末、派遣村のニュースを見ていると、腰の故障が長引いて、会社を首になって、職を失って、あそこに並ぶようになったらどうしようかと心配になります。
うむむ、そうなったら、困るなぁ。
余計な心配ですが、球の表面積の覚え方のように「身の上に心配ある事情」ですので、そうならないように、早く治すようにしましょ。
■心配している割には、お笑い番組を最後まで見てしまって、久しぶりに夜更かしをした気分です。
夜の11時といえば、病院ではとっくに消灯時間を過ぎた時間で、場合によっては、ひと寝入りして「まだ、こんな時間か」と目覚めたような時間です。
いやいや、まだ、故障者なので規則正しい生活をしなきゃ。
■とは言え、お笑い番組というのは、登場している芸人もさることながら、見ている状況にも左右されますね。
今日は、布団の中で、ツンデレワンセグで見ていたんですが、これが思った以上に面白くないという有様。
一緒に見ている人、場所、そんな視聴環境でお笑いがお笑いでなくなるというのは面白い発見ですが、一方で、本当に面白いものはどういう状況でも面白いという事も発見しました。
そういう目で眺めると108組いても、本当に「芸」として面白いのは数組で、他の連中は面白そうな雰囲気を作るだけといったところ。それも技ではありましょうが、芸ではないような気がします。
こうやって、オッサンは巧みな話芸に魅力を感じて、お笑い芸人よりも落語とかを好むようになるんだろうなぁ。
いや、元々、落語は大好きですが。

2009/12/28 今日の一言『それでも寝る前は痛いなぁ』
■病室にいるかのように、1日中、横になっていました。
座り姿勢を続けるよりも、ずいぶん楽でしたが、やはり体が正常ではない事を思い知りました。
嫌な状態で年越しですね。
■そんな状況下で始めたTwitterですが、思いついたまま、なんらテーマもなく適当につぶやいています。
病室に比べて頻度は減りましたが、内容的には何でもありの状態。
つぶやき一方通行のシロモノなので、他の方をフォローするのは躊躇してしまうんですが、どんなもんなんでしょうか?
よく分からず、つぶやき続けてます。

2009/12/27 今日の一言『寝るも起きるも』
■病室で『何もしない』を実施するのは容易いですが、家ではなんとなく落ち着きません。
不思議なものですね。
かといって、何かするわけでもありませんが、時間の流れる速度が違うんだなぁ、という事をつくづく感じました。
■ちなみに、座っている姿勢は楽ですけど疲れます。
かといって、寝ている姿勢も楽ですけど、慣れてしまうと起き上がるのが大変なので、あまり長い事しているのも辛いです。
起きているのもダメ、寝るのもダメ、一体、どうすればいいの状態にありますが、どうしようもありません。
自宅、いや、自室がプールになれば楽になりそうですが、総理大臣にでもならなきゃ、そんなお金はもらえそうもありません。
試しに、母に1,500万円くれ、と言ったら、せいぜい、出せるのは1,200円だと言われました。

2009/12/26 今日の一言『うまい棒』
■世間じゃ、帰省ラッシュに出国ピークですか。
ある意味、退院で帰省ではありますが、今年の年末年始は、世間並みの生活は送れそうにありません。
まぁ、そんな年もあるわな、って事で。
■しかし、病院では当たり前のように無駄に過ぎた時間も、家だと、どうも落ち着きませんね。
病室のベッドの上で、何もしないまま、無駄に時が過ぎる事もあって、「ああ、もう夕方か」なんて大雑把な時間感覚の時もあったのに、家では、本当に何もしない、という事は難しいようです。
ま、慣れでしょう。そのうちグータラ生活にも慣れるはずです。
そんな訳ですから、病院食並のカロリーに抑えて、せっかく減った体重は維持したいところです。

2009/12/25 今日の一言『偉い見舞客』
■痛さに慣れたとは言え、痛いものは痛いですね。
特に、夕刻辺りからは、1日の疲れが出るのか、下肢が落ち着きません。
足を伸ばしたり曲げたり、色々な格好をして、何とか痛みから逃げようとするんですが、どうやっても痛いという状態は、もはや、痛みではなく不快です。
身体のどこかに、スイッチがあれば良いのに。

2009/12/24 今日の一言『困ったなぁ』
■困ったなぁ。退院ですわ。
いや、今朝の血液検査でも、CRP値が0.6と微妙な値のため、脊髄辺りに注射針を入れるのは危険と判断。
つまり、検査用に針を入れることも出来ず、これ以上、今の病院で出来ることもなさそうなので、一時撤退的な退院となったわけです。
うむむ。
CRPがもっと高ければ、それなりに自覚症状とかあって、内科治療も出来るそうですが、今、足腰が痛い以外の自覚症状がないので、内科の先生でもお手上げの状態。
一体、私は何者なんでしょうか?特異体質?
ちょっと、過去の健康診断結果を眺めてみよう。
■ただ、安静にしていたため、ずいぶん、楽になった部分もあります。
特に、朝のお風呂で一緒になるオッちゃんたちのほうが、よっぽど大変そうなので、ある意味、自分は軽度の部類なのかなと思ったりもしています。
とは言え、人と比べたところで、痛いものは痛いので、重度も軽度もありませんが、色々な都合を考えて、土曜日の午前中に退院を予定。
次回1月4日に来院予定です。

2009/12/23 今日の一言『メロンを持った見舞客』
■内科診療のため、別の病院に。
久しぶりの外は、ずいぶん、寒かったです。
もう、すっかり冬ですね。
■さて、行き先は総合病院なのでマスクを付けつつ挑みました。予約外来とかで処理してもらい、それほど待たずに受診できました。
ただ、CRPが若干高い、という知見以外は、際立った外傷はないし、自覚症状もない、熱もないという状況なので、特に何かを検査できるわけでもなく、まぁ、様子見という感じになってしまいました。
うむむ。
久々の外出は楽しかったですが、結果は、いまひとつですね。
■そんなわけで、再び病室に戻りましたが、夕食後、明日に血液検査をするという話を頂きました。
おそらく、内科的に無茶苦高い値ではない、という知見が得られたので、血液検査で値が低ければ治療という事でしょうか。
また、これで値が高ければ、このまま病室にいるのもアレなので、一時退院になるかもしれません。
メゲたり、折れたりしてもどうにもなりませんから、とりあえず、笑って結果を受け入れる事にしましょ。

2009/12/22 今日の一言『白髪の見舞客』
■さて、何もしないまま1週間が経ってしまい、病院の20日締め分の請求書などが届きました。
ふーむ、なるほど、1泊あたりの「宿泊費」と考えれば妥当ですが、サラリーマン3割負担で良かったなぁ、とか思いました。
しかし、完治までどれだけかかるんかなぁ。健康は銭金の問題じゃないですけど。
■明日は、内科受診のため、別の病院に行ってきます。
ここは外科なので、あまり心配はないんですが、行き先は総合病院なので、インフルエンザなんかを貰っちゃうと嫌ですね。
病院間の連携システムによって、連絡とか予約とかはこちらの病院から出来るので助かりますが、とりあえず、行く時は、マスクを調達して行くことにしましょう。

2009/12/21 今日の一言『体型がサンタの見舞客』
■ナースコールの横のスピーカーは双方向なので、ナースステーションからこちらに音声を伝えるのにも使います。
そんな訳で、朝6時半のお目覚めは「ミズノさん〜、お熱測って下さい」でした。
その後、食事前に採血とか。アクティブなお目覚めです。
■しかし、残念ながら炎症反応が治まりません。
CRPという値ですが、0.4〜0.6のあたりにあり、これが0.3以下にならないと身体に針を突き立てられないので、要するに、検査すら出来ない状態にあります。
最短なら18日に退院していた筈ですが、21日にして検査も出来ないとは、年内の復帰は無理かもしれません。
何だか、さすがに心が折れますな。ポキッ
■とは言え、炎症の原因を抑えなきゃならないので、ひとまずMRIで現在の腰周りの患部がどうにかなっているかどうかを確認です。
さて、そのMRIでは、正常な(?)状態なようで、つまりは、患部以外の何かが炎症反応を起こしているとかで、こうなると『内科』の領分だそうです。
ひとまず、近隣の総合病院に診察の予約を入れてもらいつつ、専門施設に送って分析してもらうための採血をしました。
風邪とか引いているわけじゃないのに、色々と想定外です。
■さて、こんな状態なので、現在の「整形外科」に留まっている理由があまりありません。
もしかすると、内科治療のため「一時的に退院して」という話になるかもしれない状況です。
いつ居なくなるか分かりませんので、職場関係の皆様など、お見舞いなどはご遠慮頂けると助かります。

2009/12/20 今日の一言『安息日』
■昨日は、昼寝なしだったためか、思った以上にグッスリ眠れました。
ただし、朝方、痛みで目が覚めました。思わず、グアッっと声が出るので、個室で良かったです。
とりあえず、寝ている姿勢で、どこかが圧迫されていたようですが、爽やかに、までは望まないにしろ、痛みで目が覚めるのは嫌なモノです。
■痛いなぁ、起きなきゃなぁ、などと考えているうちに30分くらい簡単に過ぎてしまいます。
そう思うと、ハシビロコウとかいう、仏頂面の鳥は、たぶん、どうでもいいことを淡々と考えているだろうなと、何だか親近感が沸いてきます。
■病院の日曜日は、休日モードですね。
そもそも、日曜日にこんな場所で過ごした事がないので、よく分からないんですが、いろいろなサービスがお休みのようです。
サービスといえば、入院したんだから、サイトの更新くらい休めば良いんですが、こんな事くらいしかする事がないので、仕方がないかと(笑)
ただ、色々と調べて書ける状態じゃないので、いつも以上に中身がありませんが、こういう場合は、好き勝手につぶやいていられる「ついったー」の方が気楽ですね。
いや、サイト以上に中身がありませんが。

2009/12/19 今日の一言『元監督か?』
■雪の朝。
看護士さんが、カーテンを開けてくれたけど、起き上がって景色を見るまでに10分くらいをかけてしまう。
それでも、入院した当初より、良くはなっていないかも知れないけれど、悪くはなっていないような感じ。
『安静にするのも治療です』という看護士さんの一言に納得です。
■昨日から始めた「twitter」というもの。
携帯から投稿できるので便利ですね。
個室でぼんやりしていると、ついつい、つぶやきも増えちゃうって事ですが、これはこれで面白いかも。
アカウントを作って、数時間後にサーバーが落ちたりすると、大丈夫かな?なんて思ったりもしますが、手軽なのがイイですね。
スケールの小さな、野村監督になった気分です。

2009/12/18 今日の一言『つぶやきオヤジ』
■どうも、一人でつぶやいている事が増えました。
そんな訳で、『
Twitter』とか言うものに登録してみました。
これなら、サイトの更新が出来なくても、ケータイ1つで暴言が、いや、つぶやきが出来そうです。
現在の状況下では、一方的につぶやくだけで、ロクなフォローは出来そうにありませんが、まぁ、そのあたりはご勘弁を。

2009/12/17 今日の一言『今年はサンタを信じる』
■炎症反応が治まらず、若干数値が高いので、再び検査が延期になりました。現在の状況だと、退院は最短でも24日です。
うーむ、何だか「ごめんなさい」という感じです。
そんな訳で、入院してから今日まで、やってきたのは「食って寝る」だけという有様。もちろん、薬も飲んでますが、本質部分の治療薬ではありません。
しかし、こんな状態なら、去年辞退した「リフレッシュ休暇」を今年に充ててくれぇ、と言いたいです。
■外は寒そうですね。
テレビからは、雪の便りや、年末年始の準備、クリスマスなんかの話題が流れてきます。
そんな時期なんですね。
世間から隔絶された気のする、今日この頃です。

2009/12/16 今日の一言『グータラ患者』
■入院生活、2日目の朝。
やっぱり、ゴロゴロ。
気づけば1日14時間くらい寝てるんじゃないかと。
たぶん、寝返りができないから、眠りが浅いんでしょう。
順当なら、明日、針を刺して検査です。
早く、楽になりたいです。
■斜め向かいの部屋に入院している婆ちゃんが、ボケが入っているらしく、一日中、何かを喋っているのが聞こえてきます。
単語をいくつか、ずっと繰り返しているだけですが、昨日は朝から晩まで、ほとんどずっとでした。
で、口にしている単語の8割が「ナンマンダー」
読経か
後は「おじいさん」「おねえさん」「頼む」とかが2割くらい。
ちょっと不思議な環境です。

2009/12/15 今日の一言『ベッドでゴロゴロ』
■入院生活、初めての朝。
起床が6時半ってのは、少々困りますな。
とりあえず、7時半に朝ごはんを食べた後、少し、うたた寝をして、起きてから、重労働の1つである『トイレ』を済ませました。
いや、自分で行けるうちは、大丈夫かと。
ちなみに、今日明日は、炎症を抑えるために、抗生物質を飲んで寝ているくらいしか出来ないため、回診も特にありません。なんとなく、贅沢で退屈な日です。
■許可があれば、入浴が出来ます。
ただし、午前中です。
今日は、少し眠くて面倒だったのですが「小汚いミズノさん」と言われてもかっこ悪いので、11時半ころからお風呂に行きました。
数人が同時に入れる程度と聞いていたんですが、要介護の方も使う場所なので、思ったより湯船は大きくて、ゆったりと入れました。
お昼前に、貸し切り状態でお風呂に入り、お風呂から上がったころに昼ごはん。
これで、腰が痛くなければ最高なんですが、そんな日々沢よりも、スキップして歩けるような身体に戻りたいですね。

2009/12/14 今日の一言『』
■という事で、入院初日です。
予定は1週間だそうで、予定通りなら18日には退院でしたが、やや炎症を起こしているようで、体に針が刺せない状態らしく2〜3日は延びるようです。
■初めて、歩行器とかいうものを使ってみました。
ああ、これは楽だ。
何だか、重症患者になった気分です。
今日は、血液検査とCTの予備撮影でした。
ご飯は、原則『患者食堂』という名称のところまで食べに行くんですが、30分くらい経ってからでいいかな、と思っていたら、開始5分くらいで他の患者さんは集まっていたらしく、わざわざ、呼ばれてしまいました。
ただ、トレイを運ぶのも歩くのも痛そうなので、部屋食に切り替えてくださいました。感謝。
■起床が6時30分というのは、アレですな。
起きられるかな。

2009/12/13 今日の一言『荷造り』
■日記を更新しようと思って、今日の出来事を振り返ってみると、その記憶がグチャグチャで、未整理状態で、時間的な感覚がメタメタな事に驚かされます。
朝、テレビでドラゴンボール改を見て「ミスターポポの声は嫌な変更だなぁ」と思った事が2,3日前の出来事のようです。
単に、1日が長かったのかな。
■夜、結構な痛みに襲われまして、端的に言えば「オレ、涙目」状態になるほどでしたが、昼に薬を飲んだのか覚えていないあたりが怪しいです。
ひとまず、薬を飲んだら落ち着きましたので、やっぱり、飲み忘れなのか?
こういう記憶喪失は困るなぁ。
■そんな訳で、という訳でもありませんが、明日から入院してきます。
順調なら1週間ほどだそうですが、ひとまず「オレ、退院したら○○するんだ!」という、映画やドラマにおける『死亡フラグ』的なモノは公言しない事にします。
このサイトが更新できるかどうか分かりませんが、治療優先という事で、更新が滞る事、ご了承下さい。

2009/12/12 今日の一言『今年の1文字は「痛」で』
■何気なく、習慣化してしまったもの。
  • 起き上がるときはメガネを装着してから、横になるときはメガネを外してから
横になるときは、どこがどのタイミングで痛くなるか分かりません。
なので、不測の「痛っ」に備えて、メガネは外します。
思う存分、倒れこめますが、実際は、急に倒れこむともっと痛くなりそうなので、ゆっくりと楽な姿勢で崩れます。
逆に、起き上がるときはメガネがないと目測を誤りそうになるので、装着してから起き上がります。
  • 寝る前にシミュレーション
楽な姿勢で横になって、さて、このまま寝よう、と思って寝てみたものの、寝入った直後に痛くて目覚めることがあります。
要するに、人間ってのは、起きている間、無意識にでも体全体に力が入って支えているんですね。だから、例えば、横向きに寝ているとき、まっすぐになっているようでも、実は、起きている間だけで、寝てしまうと脱力して、背骨が湾曲するんですね。
だから、寝る前に、その姿勢で、出来るだけ脱力し、実際に「痛っ」とならないような姿勢を選択します。
  • セキやクシャミは予備動作の後で
ダイレクトに響きますから。
姿勢によっては、まったく腰や下肢に響かないし、姿勢によっては、とんでもない事になるので、原則、セキやクシャミがおきないような状態を保ちつつ、どうしてもしたい場合は、唾を飲み込むなどの動作で、痛みがこない姿勢かどうか確認してから臨む事となります。
まぁ、セキはともかく、クシャミなんかは、それで止まってしまいますけどね。
あとは、アクビも意外と困るので、かみ殺すようにしています。
■こんな状態が慣れてしまったから、むしろ、そういうものと認識してしまいますが、実際は「異状」ですね。
早く、元気に出歩けるようになりたいものです。

2009/12/11 今日の一言『3食カレー』
■午後から出社。
やり残した事を一通り終えて、とりあえず、入院準備完了、というところでしょうか。
順調なら1週間程度の事なので、大袈裟といえば大袈裟ですけどね。
でも、入院やら治療やら手術やらの時にサインする同意書ってヤツ、あれは、最悪の場合を想定して文書が書かれているので、かなり大袈裟に感じますが、そんな同意書の文章を受け、次に出社するときには、最悪の場合、身障者になっている可能性があるので、部屋を車椅子対応にして下さいますか、と上司殿には尋ねておきました。
■わざわざ、パートのS水さんがお見舞いに来て下さいました。
ええ、普段、馬鹿話をしながらゲラゲラ笑うような間柄なので、いつものごとく、ゲラゲラ笑っていたら腰に響いて困りました。
笑うかどには福が来るとか言いますが、腰痛時はちょっと困るかなぁ、と思いつつもゲラゲラ笑った一時でした。
■そういえば、こんなDVDを買っていました。
amazonで注文すると、会社に届くようになっているので、先日届いたであろう荷物を、本日、回収です。
    可愛い方のベッキー
ええ、勢いで注文しちゃった事を思い出しましたが、個人的に、可愛い方の「ベッキー」です。いや、テレビに出ている、あれ、あんまり好きじゃなので(笑)
こちらのベッキー、要は、YouTube辺りで自分の踊っている姿を公開していたら、話題になって、日本に呼ばれて、ついでにDVDになって発売されちゃった、とかいう冗談のような話ですが、「可愛いにもほどがある」と言うのはアレにしても、確かに、可愛いは正義のような気がします。
一応、メイキング映像の中で、踊りのレッスンのようなものを受けている部分はありますが、所詮は素人。でも、外人さんはスタイルが良いので、それなりに見栄えがするからすごいです。
→参考:
YouTube ベッキーさんのチャンネル

2009/12/10 今日の一言『もう闘病日記だな』
■『
復活!夜中に足がつる』、私の場合は、朝方でしょうか。
ただし「足がつる」のは、筋肉が痛いわけですが、私の場合、神経が直接痛い、というモノでして、どちらも痛いんですけど、おそらく、その方向は違うんじゃないかと。
足がつる痛みは、筋肉が千切れそうで嫌ですが、今、日々体験している痛みも、大変に不快で嫌なものです。
自分の体が自分の思い通りにならない、というのは嫌なモノですね。
■ところで、腰の痛みなので、寝ている方が楽に思えるでしょう?
でも、あまり動いていないので、部分的に圧迫してしまうらしくて、むしろ、寝ている姿勢の方が辛い場合があります。
今困っているのは、普通の姿勢で眠れない事でしょうか。つまり、普通に仰向けで寝ると、背中が圧迫されてしまうので、普通の姿勢で眠れない、訳です。
かといって、横向き寝では、左側を下にして寝るのは圧迫されてダメ。
残るは、うつ伏せか、右側を下にして寝る姿勢になります。
でも、さらに、うつ伏せは、場合によって背中が反るので長時間は無理、右側を下にしても、体が寝返りをうつタイミングまでしかもちません。
そんな訳で、かなり眠りが浅い状態が続いており、時間だけなら1日10時間くらい寝ていることになります。
ついでに、血流が良くなる薬のおかげで、神経が過敏になるのか、場所によっては、ちょっと何かが触れた程度でも、かなり圧迫されて嫌な気持ちになったりします。
過敏な神経、例えるならば、虫歯がチクチク痛むような感覚でしょうか。
あれ、結構、不愉快だったりしますが、腰から下の部分全体が、そんな「虫歯」のような状態になっていますから、この不快さが多少はお分かりいただけるかと。
■もちろん、ぐあああ、という痛みもあります(涙)

2009/12/09 今日の一言『物欲も停滞中』
■いつもくらいの痛みに戻りました。
でも、少し、安心するから、人間、変なものです。
何にしても、心配していた社内のサーバの復旧に成功しまして、一安心といったところ。
あと1つ済めば、とりあえず、心配事はしばらくなさそうです。
しかし、肉体労働者なら、おとなしく寝ているしかない状況でも、システム屋だと、ある程度の仕事が出来るので、良いんだか、悪いんだか。
リモートデスクトップなんて仕組みを考えた人に感謝しつつ、考えた奴に恨み節の1つでも投げたいですね。
■あ、唐突ですが、デブは腰の負担が軽減するくらいは、やせておいた方がエエよ。

2009/12/08 今日の一言『家で仕事』
■今日は、ものすごく不快(?)な1日でした。
昨夜の寝ていた姿勢が良かったのか、昨日まで残っていた足の痛みがほとんどありません。
これは、良いことのように思いますが、実は、かなり不安であることを思い知りました。
もちろん、治った訳ではありません。
立ち上がったり座ったり、寝転んだりという動作の折に、痛みが走ります。
常に痛みが残っている状態は不愉快ですが、この状態も結構不愉快で、何か動作をする前に、無意識のうちに痛みを想像して
    痛いの嫌だ、痛いの嫌だ、痛いの嫌だ
って身構えてしまいます。
直接、叩かれるよりも、「叩くよ!」と拳を振り上げられた方が怖い、みたいな。
体育会系のノリは好きじゃありませんが、こういう時は、もう少し若い頃に「鍛えて」おいた方が良かったなぁ、とか思います。
■入院時に行なう治療は、ちょっと痛い、そうです。
先生などは「男の人でも、痛がる人が」などと仰ってましたが、痛みに関しては、絶対に男の方が弱いと思います。
大体、女性など、幼い頃から、毎月、女の子の日があって、痛いのを当たり前の「日常」に組み込まなきゃならない訳で、痛い事や血が出る事が「異常」である男に比べれば、その捉え方が違うでしょう。
まぁ、痛みに弱いことの言い訳にもならんですが(笑)

2009/12/07 今日の一言『精神的にキツい』
■先週、一週間、昼からですが会社に出て、帰って、という事を繰り返しました。
しかし、結局、昼くらいには大丈夫だったものも、夕方には疲れて足腰がギリギリになり、帰る頃には、寝る姿勢になるのも痛いという始末。それも、一応、一晩で回復するんですが、でも、日々、少しずつ疲労が蓄積して、という、そんな感じなので、このサイクルの中に快方に向かう要素が見当たりません。
そんな訳で、14日から入院して、もう少し「痛い」治療をして貰うことにしました。
同意書とか読むと、かなり躊躇するような内容ですが、このままではどうしようもないので、どうにかするしかありません。
という事で、来週に入ってからは、更新とか出来なくなるかもしれません。
まぁ、1週間ほど、という事ですが、とりあえず、予告まで。

2009/12/06 今日の一言『腹巻とか』
■明け方、唐突に下肢に痛みが走って目が覚めました。
薬が切れたから、直ちにそうなる訳ではありませんが、血流が良くなる薬の効き目が切れかけていたところに、横向きに寝ている姿勢で背中が出てしまっていたらしく、手を当てたら冷たくなっていました。
要するに、血行が悪くなるとダメということですが、ああ、冷えてもダメなんだな、という事を初めて知りました。
ひとまず、暗闇の中で布団やら毛布やらをかぶって、温かくしたら症状が治まりました。
突然治らない状態なので、突然悪くなることもない、そう思って冷静になるのが一番のようです。
もちろん、それは理想的な話で、痛いときは「いてぇ〜」と素直に声を上げたほうが、気休めになります。
■しかし、寒いのは困りますね。
冬だから仕方がないんですが、局地的に温暖化して欲しいものです。
■イチゴを食べました。甘かったです。
春先とか、季節の頃は、当たり外れが大きいですが、ケーキ需要が高い今は、甘いものだけが多いんでしょうか?
何にしろ、良い香りで甘かったです。幸せ。

2009/12/05 今日の一言『…』
■朝方は天気が良かったのですが、昼くらいには崩れていたんですね。
でも、夕方には立派な虹が出ていたようで、こんなきれいな写真を頂きました。
    虹
ありがとう。

2009/12/04 今日の一言『使い道とか考えられん』
■朝、腰痛のテレビ番組が流れていました。
ヘルニア、ブームなのかなぁ?
そんなブームは嫌ですが、レーザーを使った手術の宣伝のようにも見えなくもない番組でした。
あれ、保険が利かないから……
■今週は、皆勤賞です。って、昼からですが、5日間会社に顔を出しました。
もう、当たり前の事が当たり前でない日常なので困りますが、早く、当たり前の日常に戻ってほしいものです。

2009/12/03 今日の一言『復元ポイント欲しいわ』
■12月に入って寒くなったようですが、定期的に血流を良くする薬を飲んでいるためか、あまり寒さを感じません。副作用による火照りとか、そういうものでしょう。
嬉しいような、嬉しくないような。
■昨日のウイルス騒ぎ、1ヶ月前の復元ポイントに復元して修復してしまいました。
とりあえず、戻ったようです。
動きを止めた後で観察したんですが、やはり「フォルダ」をアイコンに持った実行ファイルで、無意識のうちにダブルクリックしてしまいような形をしていました。
巧妙だなぁ。
■とある事務室の中を通ったら、遠目に、きれいな人の姿が入ってきました。
あまり見ない顔だな、新しい派遣の人かな、と思ったらOhyoi3でしたorz
人間、ここには居ないだろう、と思っていると、その人の事を想像出来ないものですなぁ。
いや「あ、きれいな人だ」とか思った私は、何だか負けのような気がします。
■こたつに入って、座椅子に座ったまま、うたた寝をしてしまった後、立ち上がろうとしたら、呼吸が止まるくらい足が痛くなりました。足の痛みといっても、神経の圧迫が原因なので、脳には純粋な痛みとして届くシロモノです。
何ですかね。座り姿勢で寝てしまったため、背骨が少し詰まった(?)のかもしれません。
しかし、痛くても、どうしようもないので、数分間、耐えていましたが、声は出せないし、両方の手のひらから、オレはナメクジか!?ってほど汗が出てくるし、もうね、何をどうしてよいやら。いや、耐えるしか選択肢はないんですが。
「数分絶えた跡」ってIMEの変換、縁起でもないなぁ。「数分耐えた後」、這っていってベッドに横になりましたが、何日かに1回、こういう突発的なイベントがあって困ります。
もう、皆様、健康第一ですぞ。マジで。
しかし、もしかしたら、ぶら下がり健康器にぶら下がったら、楽になるんじゃなかろうか?

2009/12/02 今日の一言『自分の方を修復したいのに』
■ウイルス退治。
中国で安易に拾ってきたらしきウイルスに苦戦です。
色々と眺めていたんですが、なかなか、巧妙ですね。
例えば、MS-DOS時代からパソコン使っている方なら、何となく理解できると思うんですが、
     Shell=Command.com
という部分は今でも健在で、これをウイルスに置き換えて、レジストリ中でWindowsのエクスプローラに関連付けてしまうため、Explorer.exeを使うだけで、活動を再開します。
まぁ、Windowsを使っている以上、それを使うな、と言うのは無理な話なので、つまり、簡単に止める事が出来ない、という事です。
あと、USB経由で感染するのですが、感染の仕方もなかなか巧妙で、例えば「Pictures」というフォルダがあるUSBメモリがあったとします。
感染パソコンに、このUSBメモリを挿すと順番はわかりませんが、
  1. Picturesフォルダの属性を「不可視」にする
  2. Pictures.exeというウイルスファイルを作る
という事をします。
そして、作られたPictures.exeは、おそらく「フォルダ型」のアイコンを持っているんでしょう。何気なく、別のパソコン上でダブルクリックすれば、感染します。
感染すれば、不可視のファイル類が見えなくなるようにレジストリを改変しますので、表面上は「フォルダ型」のアイコンを持ったウイルス「Pictures.exe」という事です。
いくつかのウイルスが複合して動いているのか分りませんが、他にも、hostsが改変されていたり、Cドライブ直下に「他のプロセス」でロックされた、AutoRun.infと1つの実行ファイル、また、Boot.iniまでロックされている始末。
これは「リカバリした方が早い物件」ですね。
■車のハンドルが、サラサラしています。
痛みがあるとき、結構、手から汗が出ていまして、それらが乾いて天然ミネラルがハンドルに付着しているようです。
12月に入り、気温も下がったというのに(笑)

2009/12/01 今日の一言『一時的』
■故障者生活では、色々と分らないことが起きます。
昨日、心も体も折れるくらい痛かったんですが、今朝、正確には朝の薬を飲んでひと眠りした昼頃、ものすごく調子が良くなりました。
この生活においては、足腰の痛みに耐えるため、歩く時に、常に足に力を入れて歩いている状態ですが、今日は無意識のうちに歩けました。もしかしたら、走れるんじゃないかと思うくらい。
理由が良くわかりませんが、半日くらいは、それなりに調子の良い状態で、仕事の後は、普通くらい故障者状態に戻っています。
まぁ、根本原因たる脊柱由来の足の痛みに加えて、常に足に力を入れている事に由来する筋肉痛的な痛みもありますので、実際にどちらが痛いのか判断するのが難しいわけですが。
■それにしても、立ち上がるだけで無意識のうちに足に力を入れるような状態がデフォルトになっているんですから、無意識のうちに筋肉痛になるか、もしくは、スーパーサイヤ人になれるほどの修行になっているのかもしれません。
ああ、少しの間ですが、久しぶりにスタスタと歩いたなぁ。
協和発酵キリンのCMで「いのちのよろこび」シリーズは、本当に良く出来ていると思いますが、人間、笑わないと老けますね。