【気まぐれ日記】

2010年 5月


2010/05/31(月)
■バカげた事を真顔で議論するのが嫌いじゃない私。
2ちゃんねるのまとめサイトというのは楽しい存在ですが、2ちゃんねるを生で見るほどの根性がないので、よくまとめてあるサイトは偉いなと思います。
そんな中で、今日も、こんなバカなタイトルのスレッドを見つけました。

    『ボウルでグミ作ると中2の乳と同じ感触らしい』
バカだなぁ、と思いながら、実際、どうなのかと、グミキャンディーの水分を「グミ 水分」で検索してみると、約15%前後の数字が良く出てきました。
意外と、グミって水分少ないんだな、と思いながらも、人間は50〜70%が水分、と言われますので、タイトルの「乳」はずいぶんと干乾びた状態にも感じますが、単純にそういう問題じゃないですね(笑)
それよりも「グミ 水分」で検索すると、それなりに「製法特許」のページに行き当たる事が多くて、たかが菓子であっても競争が激しい分野である事が分かりました。
無駄知識ってのは、疑問に思って調べる事の繰り返しですなぁ(笑)
ところで、その書き込みの中で、
    火災報知器についてる赤いランプが大体Cカップらしい
    さあ外して紙粘土詰めて型とってこようぜ
という一文を見つけました。
以前、トラックが行き来するところで、トラックが落としたと思しきランプのカバーを拾いました。
    トラックのランプ
この画像の左側のような奴、よく、側面とかに飾ってありますね。
このランプカバー、実際に手にしてみると意外と大きく、そして、何故か手で持った時のフィット感に、異常に癒しを感じると思ったのですが、この書き込みで、何となく理由が分かった気がしました。
■日本でも数少ないであろう『APad』のユーザー、その壷の人から新たな感想が届いています。
これは、ある程度使ってみたところでの冷静な意見なので、バッテリーの持ちとか、実用的な情報にもなっています。
また『Real Programmers' Calculator』なるアプリを紹介しておられますが、この『プロ仕様の電卓』は、検索すると、Androidのアプリ保管サイトのようなところで出てきますから、それなりに世に知れ渡ったアプリなのでしょう(笑)
って、グミ乳の後に、紹介すんな、って壷の人に怒られそうですね。

2010/05/30(日)
■どうやら、軽い風邪のようです。
日中、軽くフラフラとして、冷や汗なんぞも少し出ていたような気がしますので、多分、熱もあったんでしょう。
でも、入院生活の頃から、そういう病気にかかることを忘れていたので、何か、おかしいなぁ、という程度にしか思っていませんでした。
夜半に、鼻水がダラダラと流れるようになって、ああ、風邪だったんだ、とか思いました(笑)
■そんな日中、こんな写真を撮っていました。

    (c)らくがきスタヂオ楽太郎,2010.
    (c)らくがきスタヂオ楽太郎,2010.
    (c)らくがきスタヂオ楽太郎,2010.
    (c)らくがきスタヂオ楽太郎,2010.
    (c)らくがきスタヂオ楽太郎,2010.
この写真は、ポストカードかステッカーになる予定ですが、6月19、20日の「松本かえるまつり」に向けて、準備中です。

2010/05/29(土)
■リハビリの日。
プールは地下にあたる場所にあるんですが、階段を下りてゆく途中、絹を裂くような女性の悲鳴、いや、木綿を裂く程度のオバサンの悲鳴が聞こえました。
何事かと思えば、15センチほどのムカデです。
ちょうど、手にしていた粘着テープの、いわゆるコロコロで押さえつけていたところでしたが、殺虫剤やら何やらで最終的に殺処分されました。
ちょっとしたハプニングイベント。でも、ムカデは攻撃力があっても、機動力や生命力はさほど高くないですからね。見た目さえ克服できれば、Gより処分は簡単です。
■今日は『iPadから書き込み』というのが多そうですね。
とある方から『iPadキター』なるメールも届いたりしまして、良くも悪くも盛り上がっている、って感じです。
しかし、テレビの特集の多くは、取材している方も良く分かっていないようなモノが多く、取材対象を『iPad』から『何かものめずらしいもの』に置き換えても違和感のない教科書通りの取材が多いように感じました。
特に、中国製のいくつかの『ニセモノ』に対して、既に取材している辺りは悪くないんですが、あれらが『iPadの模倣品』であるかのように報じられているのがダメダメです。
似ているのは外見だけであって、OSなど、中身が全然別物なんですけどね。
ついでに、孫正義社長がそれなりの顔をして喋っていますが、本来なら、Appleの人間が出てきて自慢すべきであり、たかが通信キャリアの社長が偉そうに語るな、って思う人も少なくないでしょう。

2010/05/28(金)
■手術後約3ヶ月の経過診断で病院に行ってきました。
レントゲンを撮りましたが、特に異常はありませんでした。
次回は、順当なら手術後半年後になりますが、私の場合は容態が重かったので、今から2ヶ月後に足を運ぶ事になりました。
順当に回復しつつも「ああ、まだ、手術して3ヶ月も経っていないのかぁ」って感じです。
■少なからずiPadフィーバーになっているであろう今日ですが、NTTソルマーレという会社が出しているプレスリリースを知りました。

残念ながら、英語版のマンガになりますが、これは画期的な事じゃないですか?
いやいや、1月に登場していた「青空ファインダーロック」というマンガがありましたが、あちらは試行的なモノでしたので、こちらとはやや状況が違います。
そんな訳で、「乗るしかない、このビッグウェーブに!」、いや、まぁ、iPadに比べれば小波ですが、せっかくなので記念に1冊買ってみることにしました。
■そういえば、Kindle Storeで本を買うなんてのは、初めてですね。
どうやって買うんだろう?と思いつつもKindleからKindle Storeにアクセス。
とりあえず、『いつもそばにいる』というマンガの英語タイトル『Always by your side』を検索窓に入力して検索したら、程なく、目的の本が表示されました。
「BUY」ボタンが表示されたので、それをクリック。
ちなみに、プレスリリースには卸値が1話2ドルとなっていましたが、日本からのアクセスだと3.6ドルになりました。
クリックすると、どのクレジットカードで買うの?という画面が表示されるので、選択して、さらにクリック。
これで購入手続き完了です。いや、簡単すぎです。
購入手続きが完了すると、「そのうち、一覧に表示されるようになるから、それまで買い物を続けたり、本を読んでいればいいさ」などという意味のことが表示され、5分もしないうちに、ホーム画面に『Always By Your Side』の文字が。
うーむ、本当に手軽すぎ。これ、本格的に始まったら、やばいわ。
■さて、記念すべき初のお買い物です。
    いつもそばにいる
おお、それっぽい表紙ですね。
残念ながら、中身のセリフは英語です。
    いつもそばにいる
どこかしら新鮮ですが、少し、線が細くて読みにくい気もします。
日本語だと「ドキッ!」でしょうか?
    いつもそばにいる
この「THUMP」なんて辺り、ちょっと新鮮な感じがして悪くありません。
ただ、気になるのは、ほぼ1ページ毎に、こんな画面が表示される事です。
    いつもそばにいる
これ「PDF to ePub Converterのフルバージョンを買え」って表示なんですが、もしかして、この原稿を作った人が、お試し版か何かを使って変換したため、こういう広告が表示されるようになっていたんじゃないかと、思ったりしています。
とりあえず、NTTソルマーレに、これは何かと問うメールを送っておきました。

2010/05/27(木)
■先日、タムロンの『AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II』というレンズを購入しましたが、試し撮りの感じから(画像は5/16の日記を)、普通の撮影ならこれ1本でいけそうだと思いましたので、カメラバッグを買いました。

    f.64
どちらかといえば、ポーチでしょうか?ちょうどデジタル一眼1台分が入るサイズです。
こんな感じですね。
    f.64
少し大きめサイズの初代EOSデジタルKissで、ちょうど良いサイズです。
持ち運びの際は、カメラのストラップも一緒に入れてしまって、カバンを閉じます。
    f.64
フタには、やや大きめのジッパーのつまみが2つ付いており、手袋をした手でも簡単につまめそうです。
    f.64
それにしても、これ見よがしのアメリカ国旗が品がないと言えば品のないデザインにも感じます(笑)
前面には、ふた付きポケットが1つあります。
    f.64
これ、ふたの部分はスナップ+マジックテープになっているので、開きっぱなしになって中身が出てしまうような事はなさそうです、って、せっかくなので、開いた写真を用意すれば良かったですね。
また、両側面にはメッシュポケットがついていて、こちらは、入口が絞れる形になっているので、やはり中身が安易に落ちたりしないような構造になっています。
    f.64
前面にはメモリカードを、側面には予備バッテリーなどを入れると良さそうです。
ポーチと呼ぶには、少々、大きい気もしますが、これで普段持ちのカバン+アルファくらいでカメラを持ち歩けるようになりますので、かなり機動力が増した感じがします。
高価な買い物じゃありませんが、何だか嬉しいですね。
■『ソニーやKDDI、朝日新聞などが電子書籍配信に参入、国内最大級のプラットフォームを構築へ』、さて、どんなモノが出てくるんでしょうか?
期待はしますが、出てきたものが印刷物と変わらない値段だったりして(笑)

2010/05/26(水)
■iPadの発売を前にして、パチモンの『APad』で遊んでいる方が居られます。
でも、胡散臭いパチモンである懐疑的な部分を払拭すれば、スペック的には面白い端末にも見えますね。
写真あり、興味ある方は、リンク先へGo!
■水曜日なのでプールに行って来ました。
俊敏な動きが出来ないので、バタバタとバタ足で進むことは困難ですが、ゆらゆらと足を動かす程度なら大丈夫なので、ビート板につかまりながら25mを泳ぎ切りました。
いや、ゆらゆらじゃ、全然前に進まないから、普通に泳ぐより数倍疲れました。

2010/05/25(火)
■長い間、Palmを使っていた身で言うのもアレですが、iPhoneなどの画面の大きなタッチパネルケータイは、二つ折りにしちゃだめなんですかね?
Palmも前面タッチパネルですが、たいていの人がケースに入れて使っていた筈ですから、それと同じく、すぐに画面が確認できるようなケースの役割をする「フタ」があったほうがいいなぁ、とか。
別段、スマートフォンが「いかにも、ニッポンのケータイでござい」ってベタな二つ折りのデザインでも良いと思うんですが、どうでしょう?
■最近の家電は色々と難しくなっていますが、掃除機にまで『優しさ』が求められる時代なんでしょうか?

    優しさモード
掃除機なんてのは、ガンガン吸って、バラバラに分解掃除できるくらいの方が良いと思っていますが、ゴミ、ホコリに対してはもっと厳しく。こんな優しさは要らんです(笑)

2010/05/24(月)
■朝の通勤路で、微妙なトラックを見かけました。

    産廃
『捨てる産廃よりみんなで処理しましょう』
うーむ、捨てずに処理して再利用しましょう、って事でしょうか?
日本語が微妙に不可解なトラックでした。
■床屋さんに行きました。
前回は、入院前の2月に、痛くて前にも後ろにも反れないので「カットだけで」と切ってもらいましたが、今日は、堂々のフル床屋(?)でした。
確か、前回は、椅子が上下するだけで痛かった覚えがありますが、今日は、問題なく洗髪もできました。
顔剃りもバッチリで、とってもスッキリしました。
そして、回復も、ようやく、ココまで来れたな、って感じがします。

2010/05/23(日)
■雨の朝、こんな日は、のんびりとショッピングモール辺りでブラブラと言うのは、皆さんが考える事ですね。
特に買い物をするわけでもなく、ブラブラ眺めたりするような何気ない生活ですが、手術の前、足が痛い頃は、向こうから走ってくる子供ですら怖かったくらいですから、そういう日常がようやく戻ってきて定着しつつある感があります。
■並んでいる商品の一つを何気なく手にとって、何気なく試したら、それが思いのほか、良かったので、ついつい買ってしまった。そんな経験はありますか?
今日、そんな事がありまして、

    かたたたき
こんなヤツを買ってしまいました。
ヤツとは『肩たたき』です。こぶし大のボクシンググローブ的なモノが棒の先についているだけのシンプルな代物ですが、何気なく手にとって、何気なく肩を叩いたら、思いのほか、気持ちよかったので、そのまま買ってしまいました。ヴィレッジヴァンガード、恐るべし。
■お昼、ロッテリアに立ち寄りました。
知らないうちに知らないメニューが揃っていましたが、何となく豪華そうにみえた「王様のエビバーガー」とかいうモノを頼んでみました。
まぁ、不味くはないけど、根本的にエビとパン自体の相性って、さほど良くないんじゃないかと思ってしまうんですが、どうでしょうかね。
エビカツが美味しくなればなるほど、白メシが食べたくなる事と関係があるんでしょう。
ところで、レシートって、品名が省略されて面白い事になっている時がありますが、今回は…
    王様エビ
何だよ『王様エビ』って(笑)
■通りすがりに見かけた居酒屋。

    ツイッター
今風に言えば「ツイッター」ですね。わかります。

2010/05/22(土)
■世間には、お酒好きな方々が使われる『休肝日』なる言葉があります。
たまには、肝臓を休ませよう、ってことでしょうが、普段飲まない私には無縁な日です。
しかし、飲まない私も、最近、プールの日は少し飲む、という事にしまして、1本の缶ビールに癒されてます。
そんなわけで『営肝日』は目下、水曜と土曜。
ささやかな贅沢です。
■しかし、今日は暑かったですね。
エアコンなんぞ使いましたが、コルセット生活が寒い季節で良かった、とか思います。

2010/05/21(金)
■朝の目覚ましテレビで、SONYのdashの事をやっていました。
dashについては、この記事あたりで良いかと思いますが、chumbyの「立派なヤツ」というところの機種ですね。
ウチのchumbyは、枕元で立派な目覚ましになっていて、朝、目覚ましを止めると、朝用に作ったチャンネルを表示するようになっているので、横になったまま、ニュースと天気とTwitterをチェックできたりします。
寝る時は、ナイトモードでついでに画面も消してしまうので邪魔になりませんし、電子的ガジェットと言いながらも、使い勝手は白物家電に近いように感じます。
まぁ、そんなchumbyOSが載ったdashも、テレビの紹介では「iPadのライバル?」みたいな感じになっていて、何も知らないのに、よくも堂々と報じられるものだなと呆れて感心しました。
ちなみに、有用だった情報は、アメリカ以外ではdashの発売予定はない、という話題くらいでしたが、ちょっと寂しい話ですね。
■Kindleではまだですが、iPadでは電子書籍が買えそうですね。
日本じゃ、色々な市場経路が固まっているので、簡単には紙から電子媒体に移行できなさそうですが、欲しいのは、その紙だの電子媒体だのの中にある文字の羅列であって、紙そのものじゃないんだけどなぁ。
まぁ、そんなゴタゴタしている状況下で、電子書籍としても売る、と風穴の1つを開けたのが、京極夏彦氏の『死ねばいいのに』というタイトルというのは、似合いすぎて笑えます。

2010/05/20(木)
■会社のパソコンで、レジストリを書き換え損なって、面白い状態になっちゃいました。
WindowsXPですが、起動後、ログオン画面が表示され、IDとパスワードを入力した後、そのまま起動するかと思うと、設定の保存に入って、ログオフしちゃうという状態。
デスクトップ画面が表示されない異常な状態ですが、システム的には、まともにログオフした事になっているらしく、F8起動して「前回の正常起動時の」云々で起動しても、同じになってしまいます。
幸い、どこの何を書き間違えたのか分かっているので、色々検討した結果、レジストリを書き換えるバッチファイルを作成し、それを、該当のパソコンにネットワーク経由で「送り込んで」、そのままネットワーク経由で「そちらで実行」させてレジストリの修復をしました。
無事に立ち上がりましたが、ちょっと、焦りました。
■最近になって、メディアにも「スマートフォン」という言葉が少しは登場するようになりましたが、そういうモノに興味がない人から見れば、「iPhoneのパクリ」とか「二番煎じ」という認識しかないんじゃないかなぁ、とか思えてきました。
仮に、HPのロゴが入ってWebOSなんぞが走るマシンが発売されて、無事に入手できたとしても、多くの人が「それiPhone?」とか聞くんじゃないかなぁ、とか。
言われた瞬間、「何だ、この情弱め!」とかムキになって怒りそうですなぁ(笑)

2010/05/19(水)
■深夜、携帯電話が鳴ったような、という気がして目覚めた時、ディスプレイが「着信あり」だったら、どう感じるでしょうか?
そして、その履歴の名前が上司だったらどうでしょうかと(笑)
何か、社内の某システムが不調になったものの、その人から連絡の付くのが上司殿だけだったとかで、日付が替わる頃に出社、どうにもならない部分があったので、午前1時頃、私のところにも電話が来たようです。
とりあえず、私の方は家からのリモートで対応しましたが、結局、午前3時ごろ「とりあえず」収拾したようですが、何だかなぁ。
Twitterでもつぶやきましたが、サーバをクラスタ構成にすると、二重化しているメリットよりも、2倍以上壊れやすくなる、というデメリットの方を強く感じます。とは言え、片肺でも業務の継続ができるので、見方によってはリスクは低いかもしれません。
仮に、短時間でも止めて対応できるとか、コールドスタート対応レベルで十分なら、簡易な方法での仮想化も魅力的ですね。
しかし、コンピュータシステムなんて、動いているのが当たり前のように思われますが、動き始めたら止められないような「当たり前」ってとっても大変ですけどね(笑)
■そんな今日は、内部統制のIT関連の監査。
まぁ、整備評価なので、そんなに面倒ではありませんが、サーバートラブルを朝まで対応をしていたら日程変更だったかと。まさかの当日ドタキャン(笑)
とりあえず、こちらは無事に済みました。良かった。

2010/05/18(火)
■業務でもあり、趣味でもあり、ってところでしょうか。
SoftBankとNTTドコモの発表会のネット生中継を見ていました。
まず、午前中のSoftBankですが、良くも悪くも、孫社長はエンターテイナー、今風ならパフォーマーですね。
「ガソリン持って行って放火する」とか、アドリブには弱そうですが、たどたどしさが、逆に親近感を沸かせる結果になっているように思いました。
今回は、本人がTwitterにハマっているから、全機種Twitterアプリ標準装備という大胆な展開ですが、それを除いてもWi-Fi色が濃く出ていたのが良く分かり、同社の戦略が見えるような気がします。FONのアカウント取っておこうかなぁ。
また、さりげなく防水&防塵だったりして、auユーザーの私など、おお、今年の夏は、全部、防水で来たか!と思っていた矢先に、SoftBankは普通に標準装備だった、って感じがしてガッカリしました。
■午後のドコモは、どこかしら「これがドコモですよ」と自信を持っている感じがしました。
あれは、それなりの会社ですから、それが自信だと言われれば、そう解釈できますし、また、上から目線だと言われれば、そうだなぁ、とも思えます。
そんなドコモ、スマートフォンが増えましたね。隠し球のハイエンドなスマートフォンまで登場してきて、マニアだけでなくビジネスユーザーに向いているんだな、という気がしました。
そんな一方で、デザインを充実させたシリーズも多く出ており、色々な層へキチンと向いているように感じました。
この辺り、ブランドの安心感とあわせて、さすがドコモだな、というところでしょう。
また、モバイルWi-Fiルータなど、こちらも、Wi-Fiへの舵取りが垣間見えましたが、果たして、今後、どうなるのかな、といった感じですね。
でも、この日記を読まれている方は、Wi-Fi整備よりも、HPの今後の動きの方が気になりますかね(笑)

2010/05/17(月)
■「美人すぎる○○」という感じで「〜すぎる××」というフレーズが良く使われるご時世ですが、ポストに「シンプルすぎる郵便物」が届きました。

    シンプルすぎる封筒
ヤマト便なので郵便ですらありませんが、切手の貼られていない表面は、あまりにも殺風景です。裏面なんか、真っ白だぜ!
こういうのは「サイト利用料」とか称して振り込み詐欺が使うようなイメージがありますが、中を開けて驚きました。
    涼宮ハルヒより
何と「涼宮ハルヒ」からの手紙です。
おそらく、実際は「うーん、いちいち送るとなると面倒ね」「では、私が仰せつかりましょう」「じゃ、頼んだわね、古泉くん」となって古泉一樹あたりが機関の人間と共に袋に詰めていたんでしょうが、それでは、私の袋は森さんが詰めて下さったものだと信じます!
と、さて、肝心の中身ですが「SOS団仮団員証」でした。
    SOS団仮団員証
「ふーん、中々、良い出来ね。惚れ惚れするわ」といったデザインでしょうか。
でも、SOS団のロゴマークが、「SOS」と読めるものになっているので、私は近いうちにカマドウマの化け物と対峙することになるかもしれません。
この辺り、情報改変やら処理を忘れたんでしょうか?
    長門:「迂闊」
それにしても、この団員募集は昨年の3月。もう、1年前の出来事です。忘れたころに届いて驚きました。
    キョン:「っていうか、お前自身が忘れてたんじゃないのか?」
    ハルヒ:「何言ってるの、忘れたころに届くから、喜びが増すんじゃないの!」
    古泉:「ええ、仰るとおりです。」
そんな会話が頭に浮かぶ私は、文句も言わず最新刊を待ち続けている涼宮ハルヒファンですから、こういうのは素直に嬉しいですね(笑)
また、どちらが裏面か分かりませんが、反対側のデザインは大胆にも、こんな感じ。
    SOS団仮団員証
いや、シンプルです。
ハルヒのHをデザインにしていますが、知っている人が見れば一発でハルヒと分かるのに、知らない人が見れば、単なる「エッチ?」なものにしか見えません。
ここで「エッチなのは感心しませんっ!」だとハルヒちゃんですね。ああ、森さんに言われてみてぇ!
さて、応募後1年以上経ってから届いた仮団員証。忘れ去られていたのか、今から何か始まるのか、興味深いところです。

2010/05/16(日)
■天気が良かったので、新しいレンズを持ってお出かけです。

    鞍ヶ池PA
    1/500秒 / F8.0 / ISO100 / WB:オート / 18.00mm
鞍ケ池PAからの眺めです。
小さすぎてよく分からないと思いますが、画面中央の白い部分の右上に鉄塔が立っていますので、それをピクセル等倍の画像として切り出してみました。
    鉄塔
18mmのワイド側、これなら十分ですね。
この付近を狙って、望遠側で撮ってみました。
    鞍ヶ池PA
    1/200秒 / F11.0 / ISO100 / WB:オート / 200.00mm
200mm、思ったよりシャープな感じです。
鉄塔の部分を同じようにピクセル等倍で切り出してみました。
    鉄塔
キチンと、鉄塔だと分かります。すごいな。
今度は、鞍ヶ池公園の池の方にカメラを向けてみました。
    鞍ヶ池
    1/250秒 / F8.0 / ISO100 / WB:オート / 200.00mm
ちょうど、ボートが浮かんでいるのが見えましたので、これを同じくピクセル等倍で切り出してみましょう。
    クジラボート
何か面白いです。
■次に、足元に咲いていた花を撮ってみました。
    花
    1/250秒 / F6.3 / ISO100 / WB:オート / 125.00mm
撮影後、モニターで確認した画は悪くないと思いましたが、こうして実際に眺めてみると、悪くない感じです。
これなら、普段撮り用として十分使えそうですね。
    空
    1/250秒 / F11.0 / ISO100 / WB:オート / 18.00mm
『AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II』、16,700円なら十分、良い買い物の部類に入ります。
    信号
    1/400秒 / F11.0 / ISO100 / WB:オート / 200.00mm
    花
    1/500秒 / F6.3 / ISO100 / WB:オート / 200.00mm

■場所を移動して、長野県根羽村です。
新緑が鮮やかだった愛知県を抜けると、まだ、桜が残っている景色が広がっていて驚きました。
そして、風は、涼しいを通り越して寒いとすら感じました。
そんな場所で、クラフトのお店を眺めながら、こんな写真を撮っていました。
    アメンボ
    1/200秒 / F6.3 / ISO400 / WB:オート / 200.00mm
アメンボのリア充と名付けました。
場所が、若干、日陰になったところでしたが、多少感度を上げても問題なく写りますね。
ちなみに、このアメンボはピクセル等倍じゃありません。
等倍なら、このようなサイズになります。
    アメンボ
って、結構、グロいなぁ。
何にせよ、普段撮りの1本として使えそうなので、良い買い物をしたな、と思いました。
とりあえず、カメラバッグじゃなくて、1台だけ簡単に持ち運べるようなケースにして機動性を確保したいと画策しています。

2010/05/15(土)
■土曜日はリハビリプールです。
やはり、健康増進目的の一般プールと違い、リハビリ目的に用意されているプールは使い勝手が良く、快適とすら言えます。
入院とか手術とかは不幸な出来事でしたが、こういう良い病院であった事は幸福ですね。
自分勝手な患者による医療崩壊とか、ただ騒ぐアホなマスコミとか、現場の事も考えずに訳の分からない法律を作るとか、そういうのは止めてくれ、ってホント、思います。
■ちなみに、通っている病院、リハビリ専用の棟があって、地下にプールがあるんですが、病院の敷地内なので、例えば、一般のリハビリ目的用に使いたい人にプールを開放するわけにはいかないそうです。
また、同じ敷地内でも、病院と入口が別なので、そこの建物はフィットネスのような施設です、としてしまえば法的になんとかなりそうなんですが、それでも地上階で医学的なリハビリが行なわれているため、そのリハビリを他所の場所に移さないとダメだとか。
なんだかなぁ。
ガキが走り回ったりしているような一般のプールで、まともなリハビリは難しいですから、何とか、こういう施設を生かしてほしいと思います。
医学的な見地から、水温や水質、水深に至るまで考えて作られたプール。使うとむしろ赤字になるような診療報酬って、どうよ?って思うんですが、こういう場所を利用する人って限られてしまうから、あまり問題にならんのかもしれませんね。

2010/05/14(金)
■先日、社内でkindleの話題が出たので、持って行って、ついでに布教してきました。
元々興味があった人なんですが、やっぱり現物の質感を見ると、惚れ直すようです。
確かに、安っぽくないですからね。
ちなみに、電子ブックリーダーとしてみたとき、その人の言葉を借りれば「iPadだと画面がギラギラしているので読書がしにくそう」という事で、kindleいいなぁ、って事でした。
ま、買う買わないは別にして、興味を持っていただけるのは良い事ですね。
■そろそろお昼近いなぁ、と言う頃。
尿意を催してきたのでトイレに行こうとしたら、非常ベルが鳴りました。
幸い、本物の火事ではなく訓練でしたが、消火栓にホースをつないでダイナミックに放水している姿を眺めながら、私の方も放水しそうになりました(笑)
■カップタイプの自販機で温かいココアを購入。
ふと見ると、70円がレギュラーサイズで80円が増量、とか書いてあります。
たまたま、10円玉が3枚あったので80円の方を購入しましたが、コトンと音を立てて降りてきたのは、普通サイズの紙コップ。
うーむ、本当に増量なのか?と思いましたが、出来上がりランプで扉を開けて取り出してみると、再びうーむ。カップに9割超ほど注がれています(笑)
持ち歩くのが怖かったです。

2010/05/13(木)
■何だか寒いですね。
ジャージというものが、これほど通気性が良いとは。
通常の2割り増しで寒く感じます。
■こんな箱が届きました。

    iPhone3G
箱を開けてみました。
    iPhone3G
もちろん、中身が入っていました。
ええ、iPhone3Gです。
少々、込み入った事情と経路で入手したため、こんなモノまで付いていました。
    黒SIM
未アクティベート品、いわゆる、白ロム状態で届きました。
仕方ないので、iTuneをインストールしてアクティベーションを済ませましたが、iTuneのセットアップなのか本体のアクティベートプロセスなのか分からないうちに終わっちゃった感じです。
そんな訳で、無事完了です。
    iPhone3G
これで、私もiPhoneユーザー!
という訳じゃなく、会社用。とある部署から頼まれていたブツなので、セットアップを済ませた後、少し触ったらおしまいです(笑)
これだけじっくり触ったのは、実は初めてでしたが、想像していた以上にスクロールとかスムーズで驚きました。これから考えると、iPadってのは、思った以上に面白い端末なんじゃないかと思ったりします。

2010/05/12(水)
■水曜日はプールです。
平日の夜なので人は少ないですが、今日は、水泳教室があるとかで、子供がいっぱい居ました。
まぁ、コースが分けてあるので特に問題はないのですが、何だか窓の外のギャラリーが多いです。
しかし、まぁ、水泳教室ってのは、私の子供の頃なら「ええとこん家の子」とか、そんな感じでしょうか。今は普通なんでしょうね。
ところで、窓の外から眺めているお母さん連中、水中歩行はダイエットになりまっせ(笑)
■えっと、レンズ買いました。届きました(笑)
ちょっと古いレンズですが、タムロンの『AF 18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II』というレンズ、型番なら『A14』です。
私がEOS Kissデジタルを買ったのは、ずいぶん前になりますが、これまで、標準で付いていた『EF-S18-55mm F3.5-5.6 USM』とタムロンのマクロレンズ『SP AF90mmF/2.8 Di』の2本で何とかやってきましたが、さすがに普段用に18-55mmでは足りないシーンが増えてきたので、欲しいなぁ、と前々から思っていました。
とは言え、私の心の中では、物品をあまり躊躇せず購入できるボーダーラインが19,800円(現金なら9,800円)になっているので、いかにサードパーティで安いとは言え、5、6万円のレンズを買おうという気にはなりませんでした。
そんな中、何気なく、ネットを眺めていたら、このレンズの売価が2万円を切っているじゃありませんか。それも、安値なら17,000円前後です。うーむ、いくら型落ち、旧製品とはいえ元々が69,300円(税込)のレンズ、後継モデルがたくさん出ているとはいえ、出た当時の記事などを見ていると、コストパフォーマンスは悪くない、という評価。
いや、標準で使っている18-55mmの事を考えれば、これがこの値段で買えるという事だけで、物欲が一気に臨界点を超えても仕方がないでしょう。仕方ないですよね?ね?(笑)
という事で『デジカメ.オンライン』というところで、本体+プロテクター+送料無料を16,700円で買いました。
これなら、安かろう悪かろうでも、普段使いなら十分じゃないかと。
手ぶれ補正?そんなモン、要りません。

2010/05/11(火)
■会社の自販機ですが、このトマトジュース、何かおかしいです。

    自販機
寄ってみると、
    自販機
缶が潰れていました。
別にサンプルなんだから、中身が分かれば良い、って考えもありますが、この陳列スペースをショーウィンドウだと思えば、こんなサンプル並べたらイメージダウンじゃないの、とも思います。
少なくとも、こんな商売は対人じゃありえないよなぁ。見事に凹んでいる缶を見て、そんな事を思いました。
■iPadの反応が人それぞれで面白いですね。

ただ、多くの人にとって、このペラペラ端末は未知の領域ですから、これ自体よりも、何と比べているか、を考えるとそれなりに興味深い考察になります。
明治維新で文明開化の波とかで、今までなかった洋服を着るようになった頃の日本人って、こんな感じだったのかなぁ、などと思いつつ、Palmユーザーとして「あの画面で、PalmのようなPDAじゃなくて、PalmDesktopが使えると良いなぁ」とか言う事にしましょう。
いや、アイディアプロセッサー的な使い方とか、結構、使えそうですよね。
私は、とりあえず半年ほど物欲を封印します(笑)
    あずにゃんペロペロ
とりあえずペロペロ

2010/05/10(月)
■iPadの予約が開始されました。って、販売じゃないのに、何で行列が出来てるの?
iPhoneの時みたいに、ビッグウェーブに乗っちゃおう、って人が並んだんでしょうか?
まぁ、値段的には悪くないようなレベルだと思いますが、世間的にはどうなんでしょうか。
私なんかは、au使いだから蚊帳の外、って感じなので気楽に眺められます(笑&泣)
いや、物欲は「火」の様なもので、燻っていたなぁ、と思っていると、唐突に燃え上がって手が付けられなくなるから怖いです。『私の物欲は、天壌の劫火(キリッ!)』(笑)
さて、3Gは〓SoftBankからですが、通話が出来ない分、月額は低いようですね。
そんな中でも、ほとんどメリットがなさそうなプリペイドプランが用意されている理由が良く分かりません。どういう層を想定したプランなのかなぁ。
また、全然関係ないですが、FONってどうなんでしょうか?都市部ならともかく、田舎じゃダメかなぁ。
■しかし、iPadは『持ち歩いて云々』というサイズじゃないので、実際は「スマートフォン」と同じくらい「テレビでは騒いだけど、実際はそれほどでもない」ってことになるんじゃないでしょうかね。
話題性はありますが、「じゃ、何が出来るの?」っていう質問を『各家庭の大蔵大臣』から浴びせられた時、的確に答えて決裁が通る人は少ないんじゃないかなぁ(笑)
それでも、過剰に宣伝されて日本の電子書籍が一歩でも前に進めば良いなぁとか期待はしています。
そろそろ、Kindleで新刊を買って読みたくなりましたので。

2010/05/09(日)
■比較的早く目覚めた朝。
今まで、横向きになってからベッドの縁を利用して起きていたのが、今日は、仰向けに寝たまま腹筋をする要領で上体を起こす事が出来ました。
少しずつ、少しずつ、元の体に戻りつつあるようです。
■そんな朝、のんびりと過ごして、昼は喫茶店へ。
お気に入りの喫茶店のカレーランチは、本格的に辛くて楽しいです。
やっぱり、カレーって、良いですな。
■天気が良かったので、豊田市街地を北に少し行ったところにある「昭和の森」という辺りに足を運んでみました。
緑化センターと並んで1つの森林施設というか単なる森なんですが、訪れるのは、それこそ10年ぶりくらいです。
グリーンロード、中山インターの道から横に逸れ、緑化センターへの駐車場をさらにスルーして、森の中の道路に。と言っても、普通に舗装された道路なので、特別なものではありません。
花の季節なら、緑化センターは混雑しますが、森の方は、それほど混む事はなかった筈。そんな訳で、駐車場に車を止めて、池のほとりでのんびりとすごしました。

    昭和の森
アヤメとかカキツバタとか、どれが何かサッパリ区別が付きませんが、何にしろ良いものです。
池自体は、さほどキレイじゃありませんが、それでも、水辺の涼しい風がやんわりと吹き込んできて、そのほとりに居るだけでよい感じです。
    昭和の森
ずいぶん、水面が近いんですが、子供連れなんか、あまり来ないのかな、と思いました。
見かけるのは、年寄りかブラジル人。豊田においてブラジル人がウヨウヨしているところは、ヤバいところか、安く遊べるところです(笑)
まぁ、道路1本隔てた山の中なので、変わりようがないわな、とか思って帰路に着いたら、以前、牧場だったところに「交流館」だの「バーベキュー場」だのが出来ていて、びっくりしました。
それも、それなりの家族連れで賑わっています。
うーん、お気に入りの場所の横に、歓楽街が出来たような複雑な気持ちですね。
でも、何の変哲もない池とか山道とかは空いているので、そちらを楽しむ事にしましょう。
■花屋さん、今日はすごい人でした。「とりあえずカーネーション」は私が思った以上にデフォルトなんですね。
ジャスコ某店じゃ、仏花の束に真っ赤なカーネーションが一輪、混じっていました。
亡くなったお母さんには白いヤツだろ、とか、そんなのは無粋な話ですね。

2010/05/08(土)
■今日は出勤日でしたが、5月1日に半日出社した振り替え休日を半日取りました。
その半日分で、午前中は病院に行ってリハビリ&プール、そして、午後から出社という「どうせなら、休めばいいのに」というスケジュールで過ごしました。
いや、もう、有給休暇ないから(笑)
■会社に着いたら、色々と残念な事になっている貼り紙が目に入りました。

    残念な事に
印刷しちゃってから、間違いに気付いたんでしょうか?
すでに数枚貼ってありました。ついでに、日付も変更になっていたり。
■amazonで注文したブツが届きましたが、見慣れたニヤリ顔の段ボール箱に、こんなステッカーがデカデカと貼ってあって驚きました。
    リチウム
該当する「リチウム」って、2つ入っているボタン型のCR2032の事でしょうが、こんなのは初めてでした。
中身は、目新しいものではありません。
少々古い物なので、知っている人からすれば「何をいまさら」というようなツールです。
    メモリボダブル
ポメラのように、単機能電子ツールですが、考えるところがあって購入しました。面白そうだったらレビューします。

2010/05/07(金)
■雨の朝。
思った以上に道路が空いていました。何でだろ?
でも、週末は意外と空いている傾向がありますので、飲み会とか、そういう関係なのかもしれませんね。
■ナイター中継の季節がやってきました。
野球ファンには申し訳ないですが、あんな他の番組を期待している人に迷惑をかけるような番組など、どこか1局で専門的にやればいいのに、と思うんですが、ダメなんですかね。
そんな訳で、飯時くらいは、と、テレビをつけて、普段見ないようなチャンネルにして眺めていたんですが、ネット上ならどこかのサイトに書いてありそうな切符のお得情報を、無駄に長々と流しているバラエティもどきの番組を見て驚きました。あんなの需要があるんでしょうか?
必要な情報を端的に流すわけでもなく、演出もお笑いというには中途半端でバラエティにもなりきれておらず、挙句に「わはははは」「ええっ!」などと観客のような声が入ったりするわけで、まるで自分のサイトの掲示板に匿名で「このサイトは面白いですね」と書き込むような話です。色々な意味でテレビは終わってるんじゃないでしょうか。
いや、むしろ考えて見るより、ボーっと眺めていた方が頭に「残る」からスポンサー的には良いのかも知れませんね。

2010/05/06(木)
■連休明け初日。朝の渋滞が帰ってきました(笑)
目的地が会社というだけで、渋滞が苦痛になったりしますが、それ以上に、のろのろ走る車の前の方からやってくるタバコの臭いがたまらなく嫌です。
あれだけ多くの車が走っているんだから、排ガスの方が多いと思いますが、そんな中でもタバコの臭いが届くとは、驚いてしまいますね。
あ、やめろ、とかいう攻撃的な意味じゃないですよ。単に、臭せぇ、という個人的な感想です。
■『エンマ』6巻を読みました。
とある事情で表情が少し豊かになったエンマ、いい感じに成長したように見えます。
個人的には、鬼政と雨茶姫の話(1巻だったか?)が一番切なくて好きですが、漫画向けに極めて単純化されて描かれている『人の世』の事情であっても、十分に、人の生と死を、そして生ける者と死すべき者の意味を考えさせてくれる異色の作品じゃないかと思います。
まだ6巻なので、大人買いも大丈夫(笑)
■何となく、気になっている腕時計です。

2010/05/05(水)
■ゴールデンウィーク最終日。水曜日なのでプールにリハビリに行ってきました。
休日なので混んでいるかな、と思ったのですが、それほどでもなくて、むしろ、日本人の方が少ないくらいでした。
そういえば、リハビリの先生が「女性は、体の線を気にしてプールを嫌がる」と言っていたのを思い出しましたが、なるほど、お父さんと子供が多かったので、そういう事なのかもしれません。
私の方は、水中歩行に加えて、多少泳いだりしていますが、瞬発性のある動きはまだ無理っぽいので、平泳ぎでのんびりと頭を出す程度。のんびり出しすぎて、その場で水没しますが、それでも、何とか25メートル泳ぎ切れます。
多少、泳ぎ疲れたので、明日は休みがいいなぁ(笑)
■この連休中に、カバンが変わりました。

    ボディバッグ
たすきがけしてカバンが背負えるボディバッグです。
背負った感じが、吟遊詩人のようで気に入っていますが、まぁ、こんな太った吟遊詩人もありませんけどね。
形がナスっぽいので、こんなモノを付けました。
    なす
なんか、色々スミマセン。

2010/05/04(火)
■連休も、そろそろ終わりが見えてきました。
昨日、あれだけ行動したので、今日はさぞかし疲れているだろうと思ったら、何だか、普通に目覚めてしまって驚きました。
お天気の良い1日でしたが、「何もしない」をして過ごすという贅沢な1日を送りました。
せっかくなので、このまま、何もしない状態で、1日を終えようと思います(笑)

2010/05/03(月)
■せっかくのゴールデンウイークなのでお出かけ。観光地じゃなくて、浜松志都呂のイオンでお買い物です。
さすがに東名高速、渋滞はありましたが、多少混雑している程度で済みました。
■それにしても、こういうショッピングモールでの買い物など、久しぶりです。
いや、手術を選ばなければ、こんな日常すら諦めなきゃならなかった訳ですから、本当によかったなと思います。
ぶらぶらと買い物をし、これもまた久しぶりの回転寿司に入り、誰かの歌じゃないですけど、何でもないような事が幸せなんですね。
ただ、まだ体力的にキツい部分もありましたが、休みながら楽しんだ1日でした。
■そういえば、お笑い芸人の「ゆってぃ」が来てました。遠くて、よく聞こえなかったので、1生ワカチコを聞いたら満足。その場を離れて、買い物にもどりました(笑)
■帰りは、豊川〜豊田で渋滞です。
そんなわけで、現在、助手席で更新中なう、です(笑)
こういう渋滞も、また風物詩でしょうか。
みなさま、安全運転で〜

2010/05/02(日)
■早いやら遅いやら、手術から2ヶ月目になります。
自分の中では遠い記憶になっていますが、身体はまだまだ正直で、完全復帰というわけにはいきません。
リハビリ中など「ああ、こんな風に身体が動かせるんだ」と驚きの連続ですので、まぁ、こればかりはしばらくかかりそうです。
■2つ折りの携帯電話を開いた時に起動するアクション、オープンエミーロとかいう設定項目になっていますが、現在、こんなアニメーションGIFを作って割り当てています。

    放課後ティータイム
何だか、オタクですなぁ(笑)
ちなみに、会社などからメールが届いた時には、こんなアニメーションが表示されます。
    シャナたん
やっぱり、オタクですか(笑)

2010/05/01(土)
■昨日は、日記を更新した後、ほとんどすぐに寝てしまいました。
って、夜9時に寝るとか、小学生かっ(笑)
おかげで、夜中に目覚めてしまいましたが、それでも、すぐに寝てしまいまして、ずいぶん疲れていたんですね。
ああ、よく寝た。
■今日は、朝から病院でリハビリ、そのまま、仕事に行きました。
あるシステムの移行なんですが、他のテストは済ませてあるので(当たり前だ)、単純にデータの移行を行なうだけです。
少々厄介なのは、Oracle8.1.6i → 10gという点でしょうか。
知っている人は知っていると思いますが、これが「8.1.7i」からの移行なら楽なのに、というところです。
とは言え、休日なので真昼間からシステム止めて、悠々と作業完了でした。
ホッとしたと共に、西暦2000年問題を乗り越えた、WindowsNTのシステムでしたので愛着もあり、何だか寂しい感じがします。
■たんて某氏より、このようなモノを頂きました。

    昔風ラーメン風ドロップス
何だよ『昔風ラーメン風ドロップス』って。『風』が重複して使われているし。
確か、以前、誰かに飛騨ラーメンドロップスを貰った覚えがありますが、私のところにはこういうモノが集まるんですねぇ(笑)
さて、原材料を眺めてみましょう。
    昔風ラーメン風ドロップス
ふむ、原材料は普通のアメっぽいですね。
では、1つ食べてみましょう。
・・・くぅうううう、この甘さ、その中にネギ中心のしょうゆラーメン味に、見え隠れするメンマの風味。もう、イヤ!(笑)
例えるなら、しょうゆラーメン食べて、スープの後味が残った口に飴玉を1つ放り込み、そのまま寝てしまった後の口の中の後味のような、って例えが分かりにくいわぃ!
    昔風ラーメン風ドロップス
東京土産だったような(笑)
色々なところで暗躍する観光会社の皆様、ラーメン飴は止めてください(笑)