【気まぐれ日記】

2012年 3月


2012/03/31(土)
■無茶な雨でした。
こりゃ、出かける事もないかと思っていたんですが、昼頃には雨も上がり、風は寒いですが、とりあえずお出かけできました。
ホームセンターとかですけどね(笑)
■夕方、虹が出ていました。

    二次
スマホのカメラで写したものをサイズの変更なんかしていますので、あまり良い画像じゃないですが、虹はなんとか伝わるでしょうか。
久しぶりに、右から左まで(?)1本通った虹でした。
改めて見ると、スケールの大きな話ですね。
    虹
距離が分からないのでアレですが、あの虹の『幅』ってどれくらいなんでしょうかね。
プリズムとかあの原理で見えているから、それぞれの位置とか考えれば計算で出せない事はないかもしれませんが、とにかく、あんな巨大な映像が映し出されているんだから不思議です。
    二時じゃなくて大体五時少し前くらい
ちなみに、虹の7色ってのは、常識的な話だと思っていましたが、地域や民族、時代によっても異なるようで、目の前の分光結果が違って解釈されるというのは不思議なものです。
犬の鳴き声に「ワンワン」と「バウバウ」など違うのは言葉が違うので分からなくもないんですが、虹なら5色くらいは共通でも良さそうなものです。

2012/03/30(金)
■暖かくなりました。
こういう時、昼夜の温度差で風邪を引きやすくなります。
気をつけろっ!
■auのキャリアEメールのアプリがアップデートされるとかで、どうやってやるのかと調べたら『au Market』からだという話。
実は、今まで使った事がなかったので、いまだに『au one Market』だったりして、起動したら、まず、それをアップデートしようぜ、って表示されました。
まぁ、各社、自分のところの囲い込みは結構ですが、アプリくらい何かに統一しておけばいいのに、と思いました。
つか、Android Markertで良いじゃん、って思ったら、今は『Playストア』ですね。
何か名前がダサい…
■そういえば、Kindle Touchが日本でも買えるようになっていましたね。
Kindle2で読書をしている限りじゃ、下手に画面にタッチして操作するより、ボタンでページを送った方が使い勝手が言いように思えますが、リファレンスなどをペラペラとめくって調べるには、iPadのような端末で画面を触ってめくった方がやりやすいです。
そういう意味で、期待半分、興味半分といったところでしょうか。
こういう機器が好きそうで、その実、機能が被るモノにはあまり手を出さないので、次に買うとしたら、電子書籍がまともに売られるようになってからでしょうか。
期待しましょう。

2012/03/29(木)
■27日に触れた『手頃なWebカメラ』、CAMEX CIRCUSSY、カメックス サーカシーというデジカメを買いました。
詳細は後日触れますが、30万画素でメモリは非圧縮のVGAが26枚とか、もう、わざわざレビューするまでもないスペックですが、トイデジカメというのはこういうモノなんでしょうか。USBストレージですらないので、専用のドライバーも必要だったりしますが、脱力系というのは、こういうジャンルなんでしょうね。
小さなボディにモニターが付いていたり、用もないのにLEDライトがついているとか、色々微妙で面白いです。
幸い、本来の目的のビデオチャットには手頃な画質で、この点は問題なしです。
■と書いた事を読み直してみたら、まるで、自分に言い聞かせているようになっていて笑いました(笑)

2012/03/28(水)
■マウスが動かなくなった、と連絡が入りました。
正確には、マウスカーソルですが、動かなくなったので、近所にあったものを接続したら、ドライバーが必要な特殊なヤツだったらしく、ウィザード画面が出てきて、その先に進めない、というモノでした。
キーボードのTABキーやスペースキー、Enterキーを組み合わせれば、それなりに先に進めますが、中には、画面のパーツの選択はマウスでしか出来ない、と思っている人は少なくないようです。
また、ThinkPadを使っていましたが、赤いぐりぐり、でおなじみのトラックポイントがマウスである事を知らず、これで動かせますよ、と教えたら驚いていました。
今まで、キーボードを触っていて、これに触れなかったのかな、と不思議に思いましたが、意外と分からない人は保守的なんですね。
こんなモノの対応をするなんて、と思うよりも、素直に聞いてくれるほうがマシでしょうか。下手に中途半端な知識で無茶される方が困りますし。あ、これは昨日の話でした。
■朝、道端にカラスが死んでいました。
2羽ほど並んで。そして、口から吐いたと思しき形状の血痕もあったりして、状況的には2羽が毒殺されたように見えました。
単体で轢かれたりしているのは、しばしば見かけますが、路肩で2羽がそんな状態になっていたのは、言葉が適当じゃありませんが、印象的な風景でした。

2012/03/27(火)
■ビデオチャット的なモノを試してみようと思って、手頃なWebカメラを探していました。
こんなのは、ピンからキリまであるので、半分は趣味の世界ですが、気が付いたら『どうせならデジカメになるような奴』とか『何かキャラクターモノのような特異な奴』とか『トイデジカメの分野なら色々あるんじゃないか』などと、本来の目的を忘れて検索していました。
数千円の買い物ですが、こうやって馬鹿馬鹿しくも色々な物を見ている時が一番楽しいかも知れません。
そして、迷った挙句、本来の目的には向いていなさそうな上に、付いている機能も微妙なヤツをポチってしまいました。
そのうち、紹介します。
■このツイートが気になりました。

    @inarmo 8ビットパソコンやらポケコンやら…オイラがガキの頃にプログラミングの楽しさを教えてくれたモノは、現代には何もないんだなぁ。ゲームを買うものと思って作る楽しみを知らない今のガキの、何と不幸なことよ。
ものすごく納得です。小さなプログラムからそれなりのプログラムまで、作るより探した方が早いくらい増えてきているのは事実ですね。
ここに、『飽食』という言葉が当てはまるかどうかは分かりませんが、プログラムに限らず、物も巷に溢れている時代です。
何かないモノがあれば、とりあえず、ネットで探すとか100円ショップに行って見るとか、それで大抵の場合は解決できてしまいますので、誰が好き好んで苦労して作るか、って話になってきちゃっています。
物が溢れて、ある意味、豊かになった訳ですが、「買ったほうが早くて安いのに、どうして自分で作るの?」と真顔で言われたら説明が出来ないような時代でもありますね。こういう時代の「ものづくり」って教えるのが難しいのかもしれません。
ちなみに、先の質問が子供からだと、社会的問題なども含めて考えてしまって困惑しますが、「買ったほうが早いのに、何でわざわざ作るの?(笑)」と変なネーちゃんに聞かれると、単に個人的にムカっとするのは何故でしょうか?(笑)

2012/03/26(月)
■朝、新聞を取りに表に出たら、車の上にごま塩の塩のような白い粒が落ちていました。
山の方から飛んできた雪のようです。
会社で、もう少し山の上から来ている人に聞いてみたところ、特に降ってないと言われましたが、さらに上の方から来ている人に聞いたら1センチくらい積もっていました、と言っていました。
愛知県内だぜ。ビックリだ(笑)
■夕刻、何気に空を見上げたら、星-月-星の順に縦に一直線に並んでいました。
ニュースで、星は金星と木星だと報じていましたが、何か、すごいですね、天体ショーというのは。
地球上から一直線に見えても、互いにバラバラの方向にある訳で、それが、とんでもない距離ときているんだからスケールが違います。
そういえば、通常、東の空から西の空に移動するように見える星空ですが、その中で、それらの天空の動きとは無関係に勝手な方向に動いて「惑っている」ようだから『惑星』と名付けられたとか。
なるほど、迷子みたいなものでしょうが、ある種のロマンチストでもありますね。
今日届いた、大江麻里子さんと野田総一さんの『野田さん、宇宙ってどんなにおいですか?』という著書のオビに「日本一、宇宙が好きになってしまったアナウンサーが、きっかけとなったあこがれの宇宙飛行士にあれやこれや聞いちゃいました。』と書かれていましたが、この大江さんの気持ちが良く分かります。

2012/03/25(日)
■晴れたり曇ったり雨降ったり、良く分からないお天気の1日でした。
その上、比較的、寒いとか。
暑さ寒さは彼岸までだと思っていましたが、どうも、最近はルーズなようです。
■坂口安吾の『明治開化 安吾捕物帖』を読んでいます。
アニメ、UN-GOの原案となった物という事で興味を持ったと以前書きましたが、よく、この原作からUN-GOというアニメを作ったものだと感心します。
基本的に、探偵・結城新十郎があちこちを飛び回って調べて、推理して、最終的に事件を解き明かすお話ですが、すべてが明らかにされる前に、もう1人の探偵、というか隠居的存在の勝海舟が、話を聞いて、大体合っているけど、あと一歩及ばない推理をする、というパターンで成り立っています。
良く考えられているなぁ、と思いますが、謎を解き明かす、というよりは、謎を(作者が)説明する、といった感じでしょうか。作者自身、推理好きという事で、何となく分かる気がします。
そういう意味で、読んでいて面白いものには違いありませんが、これを原案にして別の作品を作ってしまうのは、ある意味すごいかと。
ただ、おとぎ話などをモチーフにして作られたものは少なくないので、手法としてはアリだと思いますし、ゼロから物語を生み出すよりは、登場人物や背景やエピソードのヒントがある状態の方がやりやすいとも言えるでしょう。
何にせよ、Kindleで読書、便利です。

2012/03/24(土)
■私的にというか、家的にいろいろあった1週間。
とりあえず、日常生活に戻った感じです。
折しも、週の後半などは曇天が続いて雨も降ったりしていましたが、午後からスカッと晴れたイメージが、そのままのような印象です。
とりあえず、小さなところでは私の風邪が治ったようで、起き上がるのも楽になりましたが、その他諸々も大丈夫です。
■豊田市の駅付近で見かけました。

    ゴミは持ちカエル
ありがちな標語で、特に目立ったところはありませんが、どうも、このカエルの表情が怪しいです。
何か善からぬ事を企てていそうな、そんな2匹のカエルの表情ですが、作者の意図としては、命令形の標語に合わせた、やや上から目線的な表現なんでしょうかね。
こういう、何か考えさせるポスターって好きですが、芸術ってそういうモノだと思っています。
「何だこれは?!」と知的に驚き、脳が興奮する事こそ芸術の原点。
だから、安易な芸術家気取りは、ありきたりの作法を打ち破ってインパクトのある物を作れば、何でも芸術だと勘違いしますが、打ち破り方が「予想できないもの」ではなく「予想しようと思っても思いつかないもの」でなければ、タダのデタラメ。そのバランスが難しく、如何に上手な方法を考える事が大変だと勝手に思っています。

2012/03/23(金)
■デジタル時計初日。
やっぱり慣れないと分かりにくいですね(笑)
アナログなMRG-8000Bの場合、クロノグラフなので、秒針の1周の目立つ方に百等分目盛りが表記されており、これがめちゃくちゃ分かりにくいというか、正直何秒か分からないので、気にしていませんが、アナログ時計というのは、今を正確に知るよりも、経過や未来を捉えるのに適したツールに思えます。
一方、デジタルは秒までしっかり数字で表されているため、時を知るには、この上ないツールですが、残り時間などを把握するのは、60を足したり引いたりする必要があります。
そう考えると、デジタルとアナログの両方が載っているタイプが最強のツールのようですが、何か嗜好に合いません(笑)
■色々なところで一応使われていますが、リナックスって製品としては失敗でしょうね。
と、唐突に切り出しましたが、出てきた当時、もう、Windowsは要らない!なんて話だったのに、気付けば空中分解しちゃった感があって、今に至っています。
実際、ビジネスユーザー層にしてみれば、Windowsを欲しているんじゃなくて、Office互換が必要だっただけの話だと思っていますが、どちらにしろ、天下は取れなかった感があります。
さて、Androidです。
OSのバージョンが統一されていない上に、発売しているメーカーが独自のチューンを加えたりして、正直バラバラに見えますし、これだと『何か作ろう』ってあまり食指が動きません。

2012/03/22(木)
■物欲半分戯れ半分で注文していた時計が届きました。

    GW-M5610B
言わずと知れたG-SHOCKです。
時計はアナログ派、針がなきゃダメでしょう、という私ですが、何となく、デジタルのチープなデザインの時計が欲しくなって色々と探した挙句、これにした次第。
チープでも、基本性能はしっかりして欲しいと思いますので、G-SHOCKにたどり着くのは、必然でしょうが、ソーラー+電波の便利さを知ってしまうと、普通の時計が使えなくなります。
そんな訳で、それなりにラフに使って平気な時計なので、付き合いは長くなりそうです。
ちなみに、普段使っているのが、こちらです。
    MRG-8000B
やっぱりG-SHOCKです(笑)。
それなりに高級っぽいですが、こちらは『MULTI BAND 5』なので、電波が世界5局(日本の福島局と九州局、北米、イギリス、ドイツ)対応の電波時計。
一方、本日届いた、安っぽい方は『MULTI BAND 6』で、ここに中国が加わり6局になっているもの。普通に行くような海外は全部カバーしており、ちょっと機能が良くなっています、という言い訳で買いました(笑)
ファッションより実用で選んでしまうあたり、収集家にはなれそうもありません。
■帰り際、某ドラッグストアに立ち寄ったら、レジが結構な行列になっていました。
そんなに、買うものあるんかねぇ、というくらいドラッグストア人気ですが、薬品だけじゃなくて化粧品や日用品、食品なども揃う上に、ポイントが付くから女性に人気なんでしょうか。
そんな、似たような化粧品、どれを買っても同じじゃないのかなぁ、なんて思いながらレジに並んでいましたが、家電店でオッサンがやっている事を思えば、同じようなものですね(笑)
あと、一般的なスーパーだと5円で売られているレジ袋が2円で売られていまして、ああ、そのうち、タダになってなし崩し的に、レジ袋が普通に配られるようになるんじゃないのか、と家人に報告したら、最近開店したその店、当時はタダで配っていたけど、最近2円になったと教えてくれました。何だ、ケチか(笑)

2012/03/21(水)
■所用により、会社をお休み。
あまりのんびり出来ない上に、プログラミングコンテストのネタも出てこない。
難しいですなぁ。
iPod touchを含めたスマートフォンは、今までのPalmと違って、ネット利用が当たり前なので、ついつい、色々と贅沢に考えてしまうらしいです。だから、ネタとしてまとまりません(笑)
また、ちょっとしたプチゲームでも良いんですが、指での操作はずいぶんと曖昧で、ペンでタッチする『点』を操るような正確さがないので、かえってゲームにすると面白味がなく、また、ハード的なボタンもないため、画面をどうにかしてデザインしなきゃならないのが難しいです。
灼眼のシャナに登場する三眼の女怪ベルペオルは、よく「世の中、ままならないものだね」とぼやいていますが、確かに、世の中、ままならない事がたくさんあります。
■夕刻、大相撲の中継を見ていました。
力士の名前が読み辛いのは今も昔も変わりませんが、『翔天狼』とか『時天空』とか、何か『るろうに剣心』の最終奥義のような名前ですね。
あと、唐突に叩き落とされ、意外な結果が出たりして、じっくりみると面白いです。
大相撲といえば、高校の頃、2つ上の先輩(女性)が、相撲ファンで「逆鉾ちゃん!」などと称していたのを思い出します。受験の時、趣味を尋ねられ「国技鑑賞です」と答えたとか。
当時は、ちょうど「新人類」なる言葉が流行り始めて、何だか訳の分からないゆるゆるした雰囲気を持った文士崩れではない文士風の人々が国語の教師を中心に集まっていた頃ですが、マニアが世に認識されつつある頃でもありました。
なるほど、今の文化の土台になっているような感じがしますね。

2012/03/20(火)
■NS Basic/App Studioプログラミングコンテストがアナウンスされました。
スマートフォンが一般的になり、HTML5のアプリなども以前より認識されつつあるような気がしますので、少しは注目を集めるでしょうか。
とりあえず、エントリー数が少なかろうが(笑)、第1回の入賞者です、と威張りつつ、今回はどうしようかと思案中。
締め切りは、

    The deadline for entries is Monday, April 23, 2012 at 12:00 midnite EST.
だいたい1ヶ月くらいありますね。
詳しくは、こちらをどうぞ。

2012/03/19(月)
■じんせいはいろいろなことがあります。
とりあえず、ほんじつ、てみじかに、しゅうりょうで。

2012/03/18(日)
■守口漬、という漬物があります。
2メートル近くにもなるという、特殊な守口大根を粕漬けにしたもので、こちらの方では比較的メジャーな漬物です。
長いので、通常、切った物しか目にする事はないですが、1本まるまる漬けられて小さな樽に入れられたモノが良く進物などに使われます。
ということで、ひょんな事で、1箱いただきまして、これはこれで美味しいんですが、箱とか粕とか、正直、持て余してしまいます。
さて、どうしたものかと思っていると、パンフレットに、残った粕で野菜を漬けると美味い、などと書かれているので、試しにキュウリを入れてみたのが数日前です。
という事で、今日、程よく漬け上がったキュウリを食べてみたら、これはこれは驚き。普通に美味しい漬物に仕上がりました。
白米と漬物があれば、幸せですな。
■でも、少し不幸せ中です。
少し喉が痛くて、若干、体調不良中。
さっさと寝ることにします。

2012/03/17(土)
■適当に撮りためていたアニメの中に『UN−GO』というのがありました。
昨年秋ごろに放映していたもののようですが、レコーダーの肥やしになっていたのを、ようやく見ました。
持ち出し用に変換して、MV-SV100で見ましたが、意外と面白かったです、というか結構、好きな部類です。
■調べてみると、昭和初期の小説家・坂口安吾の『明治開化 安吾捕物帳』などを原案として、独自アレンジをした作品という話だそうで、そうなると、その元の話も読んでみたいと思うのが自然なところ。
じゃ、本を買おうかと思いましたが、昭和初期ならもしかして、と『青空文庫』をみてみれば、ありましたよ。坂口安吾。
休眠中のKindleを引っ張り出して読んでいますが、Kindle、こういう時に役立ちます。
お話そのものは、原案といっても、よくこれを原案にしてあのアニメを作ったな、と感心するレベルですが、原案の方も、手頃な長さで、古臭いライトノベルとでも称しましょうか。もちろん、萌え要素などありませんが、普通に面白い部類です。
おそらく、一生読む事のなかったような作品を、何かのきっかけで読む事になる、今更ながら、青空文庫+Kindleの組み合わせは良いですね。

2012/03/16(金)
■明け方、iPod touchの緊急地震速報が鳴りました。
震度2以上に設定した記憶があるので、今か今かと布団の中で待っていましたが、特に揺れませんでした。
その場は、そのまま寝ましたが、後で確認してみれば、地域の設定が消えていました。
OSのアップデート時に消えたのかなぁ。
■会社帰りにエイデンに寄ってきました。
ジョイ貰ってきましたが、いつもより多くの人が粗品交換に訪れていたような気がします。
そして、ついでに眺めて行ったであろうワゴンセールの商品を手にした人が、それなりにレジに並んでいました。
集客効果はバッチリですな(笑)
かくいうウチも、非常用の懐中電灯らしきものなど買いました。
■あ、新しいiPad見てこなかったぜ(笑)
でも、こういう新しい機器に対する接し方が変わってきた気がします。
以前なら、それなりに興味を持って眺めた訳ですが、今は、見れるときに見れば良いかな、程度です。
ただ、興味が薄れたというよりも、必要ならあまり迷わず買う、というパターンが増えたので、あえて『買おうか、買うまいか』を迷わなくても良くなったんじゃないかと。
不惑とはよく言ったものです。

2012/03/15(木)
■エイデンは、しばしば、来場記念品引換券付きのDMを送ってきます。
その中の1つが『非ソーラー電卓』だったりしますが、まぁ、粗品という言葉が謙譲の意味を持たない程度の予算でしょうから、仕方がありません。
そして、今回は『ジョイ』、ええ、食器洗剤です。「女医」じゃないぞぉ。
こういう日用品は「いらねー」と思うオッサンが多いと思いますが、箱ティッシュや食品ラップ同様、この手の日用品ってのは意外と粗品で貰えたりする事が多いので、わざわざ、お金を出して買うときには敗北感、屈辱感すら感じます(笑)
下手なスポーツバッグもどきや、使い勝手の悪い折りたたみ傘より、よっぽどこういうモノのほうが嬉しいんですが、他の人は如何でしょうか?
とりあえず、明日からという事なので、会社帰りに立ち寄って、ついでに何か見てこよう、と思っています。
■ところで、こういう食器洗剤ですが、最近はエコとか肌に優しいとかで、何だかエコっぽいパッケージや成分を謳ったモノが少なくありません。
まぁ、そういう物の方が良いかな、と試してみたりもしましたが、あんなもの選ぶだけ無駄ですね。
油汚れの落ち方なんて、おそらく、エコエコ大好きの皆さんが目の敵にするような大メーカーのヤツの方が数段上ですし、下手なエコ洗剤だと、ロクな洗浄能力がありません。
まぁ、基本、界面活性剤なので、その汚れ落ちの機構そのものに差はない筈ですが、その手のモノがあまり落ちないような感じがするのは、特に、すすぎの時に違いがハッキリするからでしょう。
某メーカーの「すすいだ瞬間、キュキュッと落ちてる」というCMがありますが、今時のヤツは、あの言葉どおり、軽くすすぐだけで泡も油もすっきり消えるのに対し、エコ商品はそうとうしっかり洗わないと、いつまでもしつこく残っています。
これ、洗剤そのものがエコだとしても、水を使う量などを考慮したらトータル的にどうなの?と思うくらい作業時間に差が出ますので、もう、普通にジョイとかで良いと思っています。
落ちにくい洗剤をわざわざ使っているのは、「少しくらい苦労して、エコに貢献している私」を自覚するための戦略じゃないかとさえ思ってしまいますが、そういうのが好きな人じゃなきゃ、あえて選ぶようなシロモノじゃありませんな。
(※個人の感想です)

2012/03/14(水)
■日中は春の日差し、と言っていましたが、結構、冷たい風が吹く一日でした。
つか、寒い。
同僚Nくんが「一旦、暖かくなってから寒くなるから卑怯だ」などと訳の分からない事を言っていましたが、表現はともかく、大筋同意です。
■『家電メーカー悲鳴、薄型テレビが驚くほど売れない』そうです。
地デジ移行で買っちゃったし、今更、新しく売れる要素がないのは素人目に見ても分かるんですが、どうなんでしょうか。
そもそも、テレビを次々と買い換えたところで、流れているテレビ番組が変わるわけじゃないから、特にメリットというか必要性がありません。
と、ここまで書いた時点で緊急地震速報のチャイムが鳴りました。
結果、千葉県で震度5強とか。日本は地震国だなぁ、と客観的に眺めつつ、同じ日本の上に居るので、常に警戒は怠らないようにしたいものです。
■しかし、5強の震度でたいした被害も騒動にもならないところが、地震国らしいですね。
アメリカなら、神の怒りだとばかりに仰天して失望して自殺する人が出てきても不思議じゃありません。つか、偏見?

2012/03/13(火)
■良いものはお値段も高いですが、それは、服でも同じですね。
で、そういう良いものを長く着続けるか、もしくは、安いものを使い捨てるように着るか、どちらもファッションとして通用するから面白いです。
しかし、私の場合は、それらの良いトコ取りとでも言いましょうか。安いものをずっと着ているというか、無頓着というか(笑)
気付いたら10年くらい着てます。同じユニクロのフリースを(笑)
ずいぶんくたびれているように見えますが、黒だからあまり分かりません。
コストパフォーマンス、抜群です(笑)
■ひょんなキッカケで、童謡『てるてる坊主』の歌詞を検索してみました。
歌の最後の最後が怖いですぅ。

    『それでも曇って 泣いてたらそなたの首を チョンと切るぞ』

2012/03/12(月)
■寒いじゃないか、などと書いた翌朝、雪が積もっていました。
会社では、夜の早いうちからチラホラ降っていたという話ですが、昨夜、外を見ることなく寝たので、余計に驚きです。
幸い、それ以上に何か降るとかなく、道も凍らず混まずで問題なしでした。
ただ、日が差していても寒いという一日でした。一度、春モードになった身体にはこたえる寒さです。
■会社で取り扱っている製品で、気温によって使い分ける必要があるものがあります。
主に、夏用や冬用に対して、区別のために名称に略号をつけますが、夏用はS、冬用はWです。
そして、中には、さらに暑さや寒さが厳しい時のために、もう少し極端なバージョンもあり、それぞれSSやWWと付けます。
以前は、これを何とも思わなかったのですが、最近、ネットの文章に慣れてきたので「WW」が笑っているようにしか見えなくなりました。『商品名WW』とか、何で商品名で笑ってんの?(笑)、みたいな。
そういえば、ホームページのアドレスも、とりあえず、wwwなどと半笑いから入りますね(って違うよ!)

2012/03/11(日)
■どうしたんでしょうか?寒いじゃないか。
春から冬に逆戻りとか。
でも、太陽が当たる向きがちょっと違うだけで冬とか夏とかあるわけですが、同じ地球上で暑いところと寒いところが極端にありますから、宇宙規模なら、数℃なんて誤差なんでしょうね。
そんな大雑把なのに、太陽がちょっと余分に燃えちゃったとかで、降り注ぐ熱量が一時的に上昇して、気温が100℃くらい上昇するような、そういう絶滅話は聞いた事がありません。
安定して燃えているんですね、太陽ってのは。
■それでも、一応、春になったので、菜の花が手に入るようになります。
花じゃなくて食材として。
で、いつものギョウザの具に、菜の花を混ぜ込んで見ました。
見た目はいつも以上に緑色になりましたが、癖もなく口当たりもよくて美味しかったです。
本場中国では、水餃子が一般的だと言われますが、焼き餃子は美味いですよね。

2012/03/10(土)
■折り込みチラシの中で、住宅関連の広告を眺めるのが好きです。
特に、間取り図ね。
一戸建てだったりマンションだったりアパートだったり、その間取りの中での生活動線を想像するのは面白いです。
そんな中で、とあるマンションの間取りを見ていたら、クローゼットや靴箱、物入れなど役割名が明記されている中で『TEL台』という場所があるのを発見しました。
他の役割に比べて、とても限定的な『TEL台』は、そのマンションのAからDまでの4タイプ、すべてに明記されています。
おそらくは、腰より高い程度に横板が配置され、下が物入れになっているスペースだとは思いますが、それでも、物を入れる場所としてではなく『TEL台』と書かれているあたりに面白味を感じました。
どんな『TEL台』なんだろうかと思いつつ、かといって、それを確認をするためだけに、モデルルームを見に行くまではしません。
■iPod touchのOSをようやくアップデートしました。
最新版の5.1を入れてみましたが、特にトラブルなく移行できました。
iTuneからアップデートする際、どうしても、ウイルス対策ソフトが悪さをするので、一時的にオフにしている事くらいが不満ではありますが、概ね良好です。
元々Siriが載っている訳ではないので日本語版Siriが使えるようになろうが関係はありませんが、iCloudとロック画面からカメラがすぐに使えるようになるのは良いですね。
まぁ、カメラはともかく、まだ、iCloudって何?って状態ですが(笑)

2012/03/09(金)
■Siriのデモ映像をみましたが、何か、すごいですね。
スマートフォンというより、これこそ『PDA』って感じです。
まぁ、デモ映像のように日常的に音声で指示する事はないにしても、DIGNOを使う時、検索窓に声で入力すると楽だという事を思い知りまして、結構、普通に使うようになってきました。
特に、地図の検索のように地名を入力する事を思えば、喋った方がよっぽど楽チンです。
精度が高いから使えるんでしょうが、以前、久しぶりにOCRを使ったら、認識精度が昔と比べて格段に向上して驚いた事を思い出しました。
コンピュータ、ソフトとハードと両方がありますが、ハードが充実してきたらソフトが無茶を出来るようになり、ソフトが求めるからハードのスペックが上がるという良い競合で進歩していますね。
■『花のズボラ飯』2巻が届きました。
やっぱり、面白いですな、これは。絵柄も良い。うさくん、じゃない、水沢悦子さんの絵柄は良いですね。
あと、表紙カバーの裏イラストを見て、ちょっとドキッとしつつ、思わず1巻のはどうだったかと確認してしまいました。
B級グルメ、なにそれ?って感じで読める楽しさがあって良いです。

2012/03/08(木)
■戯れに色々なデバイスの標準的な画像サイズを並べてみました。

    画像色々
QVGAはケータイでよく使われたサイズですが、Palmの160x160に比べるとずいぶんと大きいんですね。
というか、Palmってオモチャみたいですが、実際、あれで結構、実用になっていたんだから、今更ながら感心します。
で、ちなみに、背景に使っている青色部分が、2,048×1,536ピクセルの広さ、発表されたばかりの新しいiPadの画面サイズになります。
思い付いたモノを全部並べても、まだ埋まらないんですよ。
解像度は 264 ppi、1インチあたりに264ピクセルって、1インチが2.54センチですから、単純に1センチあたり100ピクセル、1ミリに10ピクセル、という解像度になります。
ホンモノの写真と比べるのは無理がありますが、そこらにある印刷物として考えれば、それがそのまま画面になっているですから、驚くに値しますね。
バケモノかっ!
■ツイッターで『日経BP_bot』にフォローされました。
むしろ、PCネタでツイートする事が少ないので、どういう部分から引っ掛かったのか分かりませんが、せっかくなので、フォロー返ししておきました。
でも、ツイートの結構な割合で『PR:』と称した広告が入ってきます。
なるほど、広告botなら、分け隔てなくフォローしようとするわなぁ、という結論にたどり着きました。

2012/03/07(水)
■世の中、質問の答えが答えにならないケースがあります。
これは、あくまでもサンプル的会話ですが、さるところに、カバンに『キュアデコル』をつけたオッサンが居たと仮定します。
すると、それを見つけた家人は、こう問います。

    『それはなに?』
それ、とはキュアデコルの事でしょうから、ここで、
    『キュアデコル』
と答えます。
すると、次に飛んでくる質問は、信じられない事に、
    『で、それはなに?』
となります。
質問の答えが答えになっていないんでしょうか?
あくまでもサンプル的会話ですが、そういうケースはあるんでしょうね。
■プチ用事があったので、昼から、それに合せて半日有給休暇を取得してみました。
用事のうち1つは、市役所で住基カードの電子署名を更新する事でした。
まぁ、平日だったからついでではあったんですが、せっかくなので行ってみると、思ったよりも人が多くて驚きました。
時期的に市民税の相談が多いようですが、色々な人が色々な窓口で色々な手続きをしているんですね。
普段、そうそう足を運ばない場所だけに、待ち時間も興味深く過ごせました。

2012/03/06(火)
■現在放送中の『スマイルプリキュア!』の変身アイテム『キュアデコル』です。

    キュアデコル
この小さなパーツを化粧用コンパクトを模した『スマイルパクト』にセットして変身します。
コンパクトが変身グッズになるのは『ひみつのアッコちゃん』など、女の子っぽいアイテムですね。
また、このキュアデコルですが、色々な形のモノがあり、ちょっとしたおしゃれグッズにもなりますが、種類を集めるやり方は、最近の仮面ライダーや戦隊モノでメダルだのキーだのを多数作ったやり方が効果的だったからでしょうか。
こちらの、キュアデコルネットで、実際に種類と、その音などが確認できますが、もう結構な種類が出回っています。
ただ、仮面ライダー・オーズの『オーメダル』は、メダルと言うには大きすぎる感じがありましたが、演出上仕方がない事と、小さな子供が飲み込まないような配慮だったのでしょう。
そう考えると、このキュアデコル、ちょっと小さい気はします。
■さて、自然な形で「プリキュアの変身アイテムです」などと書いていますが、まぁ、それはオタク的今更感はありますが、興味があるのは、どういう形で個々のグッズを識別しているか、という点です。
仮面ライダー・オーズのメダル玩具は、1つ1つにICチップが入っており、それで識別まではしているようでした。また、一方のゴーカイジャーのレンジャーキーは、カギのギザギザ部分がそれぞれ違っており、物理的な形状の違いによる識別になっていました。
そして、このキュアデコルですが、どうやら、形状の違い系のようで、裏返すと、それらしい部分が見えてきます。
    キュアデコル
ハートマーク型の輪郭部分に、左右非対称の突起部分が見えますが、おそらく、あれのパターンの違いで識別しているんでしょう。
残念ながらスマイルパクトまで買っているわけじゃないので、どういうスイッチか分かりませんが、この状態を見る限り、各突起は3段階の形状があるように見えますね。
0、1、2の3段階で5本の突起ですから、3進数5桁、単純に243通りの識別です。
実は、突起は5本じゃないとか、3段階ほどシビアにないとかあるかと思いますが、ともかく、この突起で識別しているのは確からしいです。
子供のオモチャ、といえ、色々なアイディアがありますね。

2012/03/05(月)
■アニメなど著作権の問題があって公に使えない画像などがあります。
ああいったもの、ちょっとブログネタで紹介する程度なら、悪意がないか、毛唐ネズミの一味じゃなきゃ、おそらくは、黙認かと思いますが、プログラムに組み込むとなると、ちょっと話は変わってくるでしょう。
そういう意味で、Palmの頃は、表に出さないような『勝手アプリ』がありましたが、NS Basic/App Studioだと、基本、プログラムがWeb上に置かれるため、自分だけ楽しむための勝手アプリですけど、ってのが濃いグレーゾーンっぽくなりますね。
単純なジャンケンゲームを、サザエさんとかプリキュア(キュアピース)の画像でやるにしても、少々、微妙です。
というか、そのジャンケンゲームの方が微妙ですが。。。
■日曜朝の戦隊モノ、ゴーバスターズに出ている黄色の女の子、テレビを見ていたら『どこまーでも、どこまーでも♪』のCMで踊っていました。
ああいうのを見ると、戦隊の一員として地球を守っている子が、アルバイトで踊っているみたいです。ちょっと笑えます。
こちらは、アニメですが、サザエさん一家も、JAなどのCMに良く出ていますね。
あの中で「この町の年金世代は元気だな」みたいなノリで波平さんが一緒になってスポーツしようとする姿のCMがありますが、波平さん、現役会社員ですよね?
あのCMでは、どう見てもジジイと同格ですが、設定年齢54歳から考えれば、あれは失礼かと(笑)
また、あらためて驚くのは54歳という設定。
長寿番組として続く限り、毎年、毎年、波平さんの年齢を「追い越す」人が出てくる訳ですな。

2012/03/04(日)
■天気の悪い1日でした。
足を運んでみようと思って車を出しましたが、途中の道路が混雑したので止めました(笑)
トヨタ市において、自動車は傘ですからね。
傘をさして歩いている人より、自動車の方がおそらく多いでしょう。
こんな日に幹線道路に出ようものなら、渋滞の列を長くしに行くようなモノです。
■という事で、途中で引き返して近所のジャスコに。
ここ、出来た当時は、それなりに立派な立体駐車場だったんですが、今では、白線の枠内からはみ出している車ばかりの雑然とした雰囲気になっています。
以前に比べ、車のサイズが相当大きくなり、5ナンバーのミニバンでも規格ギリギリなのが普通になったので、昔の基準じゃ納まらなくなったんですね。
実際、私のエスクード(2代目)の3ナンバーより、そこらの5ナンバーミニバンの方が長いので、そういう車が止めきれなくてはみ出して止まっていたりします。
そう簡単に立体駐車場を作り直す訳にはいきませんが、キチンと止めているのに、皆が枠からはみ出して見えるのは、如何なものかと。

2012/03/03(土)
■暖かな1日でした。
すっかり春の気分です。
下界では、既にチラホラ咲いていましたが、ウチの近所でも、ようやく咲き始めました。
紅い方。

    紅梅
こちらは白い方です。
    白梅
寒い日が続いただけに、春の到来の喜びはひとしおですが、明日は雨になるとか、そんな予報が。
まぁ、数ヶ月もすれば「暑くて嫌になりますね」と言い垂れる毎日になるので、このくらいがちょうどいいのかもしれません。
■ホームセンターに行ったら、いつにも増してせわしく買い物する人が多かったです。
庭の手入れとか日曜大工とか、春の陽気に誘われて動き出す頃でしょうか。
私は、働くよりも、春の日差しの下で昼寝するのが一番良いです(笑)

2012/03/02(金)
■とりあえず、財布の中に1万円札が1枚あるだけでした。小銭は数十円です。
特に使う用事もないので、お金の事を心配する必要はないのですが、さりとて、じゃ、自販機でジュースでも買おうか、と思っても、小銭がなくて買えません。
自販機も、1,000円札なら受け付けてくれますが、万札はダメですね。
そう思うと、500円玉1枚あった方が心強いなぁ、と思いつつ、では、その1万円と500円玉を交換しましょう、と言われても困りますが(笑)
■サーバーラックにサーバーを搭載しました。
1Uなので、それほど重くはないのですが、レールを取り付けるのが少し面倒だなぁ、という記憶があります。
しかし、今時のは、むちゃくちゃ簡単になっていて、1人で十分作業が出来ちゃいます。
レール以外のパーツは、左右にネジが1つずつ。
知らない人が見ると、え?こんなのでサーバーが固定されているだけなの?って驚きますが、知っていても本当に大丈夫かと思ってしまうほど、何か緩い感じです。
そういう部分が簡単になり、また、サーバーも同じ型番でも、前後が短くなってコンパクトになりましたが、一方で、汎用的な部品にするためでしょう。レールのパーツが長くなっていました。
後ろがはみ出てます(笑)

2012/03/01(木)
■Googleの新しいプライバシーポリシーに対して、総務省が『法令遵守が重要』だと注意喚起をしたらしいですね。
正直、Googleのなんて今更ですから、余計なお世話に思えますが、それよりも、公約とかマニフェストと称して嘘を吐く連中をどうにかしろ、って思います。
仮にGoogleが法令の範囲内であっても、信用を失えば商売として成り立たなくなるので、おそらく、それほど下手なことは出来ないと思っていますが、嘘吐き連中は、信用がなくとも任期があるだの、支持率が云々と勝手な事をほざいて辞めたりしませんね。
Googleを頭から信用する訳じゃありませんが、何か、政府の言い草に腹が立ちます。
■あと、年金対策だの税金対策だの言ってかけてくるワンルームマンション投資の電話勧誘。
正直、迷惑以外の何者でもないので、ああいった連中が手にする「名簿屋」という連中をどうにかしろ、って思います。
そんな事をツイートしたら、いくつか反応がありましたね。
やっぱり、いまだに、そういう電話が絶えないんでしょう。
しばしば、明らかに、一般的な定時以降、ずいぶん経ってからかかってくるケースもありますが、あれ、そこらの会社員が会社帰りにバイトしてんじゃないかとさえ思えます。
最近は、中国人らしきモノもあるとかで、もう、住所氏名電話番号程度は、多く知れ渡っているんでしょう。
早々に国民番号を導入して、電話をかけてくる奴の素性も調べられるようにすればフェアになると思うんですけどね。