【気まぐれ日記】

2013年 5月


2013/05/31(金)
■色々詰まったマルチ端末より、特定用途に特化したシンプル機器のほうが使い勝手が良い事が多いですが、そういう意味でSHARPの『電子ノート(WG-N10)』に興味が沸いてきました。
実際に、店頭で触ってみましたが、やっぱり、ペンの追従速度は一番良いですね。
若干、筆圧が弱くなったときに反応しない場合がありますが、概ね、手書きに一番近い書き心地だと思いました。
また、ペンとマーカーの2種類は、それぞれ独立しているので、ペンで書いたところはマーカー用の『消しゴム』では消えず、同じく、マーカーで書いたところはペン用の『消しゴム』では消えません。
これは、地味に便利な機能だと思いました。
予め罫線などが入った『リフィル』を用意すれば、定型フォームに書き込みをするようなことも出来、さらに、色々な種類がダウンロードも出来て、自作も可能らしいので、便利に使えそうです。
また、ネット上のレビューでは、バックライトがないという声もありましたが、Palm Zireを使っていた私にしてみれば、結構、十分だと思ったりします。
ただ、出力が16色ビットマップしかない、という事で、これはどんなものかと。
せめて、GIFとかで書き出せれば、もう少し、他端末への活用も出来たのに、と残念に思います。
現時点で『物欲、情報収集状態』ですが、「これだ」という使い道がない分、迷い幅も大きいです(笑)
■ついでに、久しぶりにプラモデルなんか欲しくなったので見てきました。
でも、今時はないんですね、戦車のプラモデル。
子供の頃は、普通にあった、走る戦車のプラモデル。
130モーター1個で、ゴムキャタピラを回して、ただ前進するだけの安易なヤツは、良い遊び道具だった思い出があります。
リモコンもありましたが、何となく、勝手にぐんぐん走る自走タイプの方が楽しかったですね。
今は、飾るタイプが主流らしいのですが、ちょっと残念です。
そういえば、樹脂製のパーツを1つ1つ組んでキャタピラを作るような大きな戦車のプラモデルを、大人になったら買ってやるぞ、なんて思ったことを思い出しました。

2013/05/30(木)
■Surface Proの発売を受けたわけじゃないですが、会社にあった、やや放置気味のタブレット端末を触っていました。
富士通の『STYLISTIC Q550』というモノですが、Windows7 proが入っていたのを、Windows8へアップグレードしてあります。
それも、アップグレード時には「ちょっと、スペックがショボイけど、大丈夫か?」みたいな表示が表示が出るくらいの機種です。
「START」ボタンが使えるようにしてあるので、その実、あまり操作で困ることはありません。というか、そんなに問題ないよ、という感じですね。
■ただ、画面がWindowsなので、とても面白い事をしてしまいます。
例えば、ブラウザに検索語を入力する場合、画面を直接、指でタッチしてテキストボックスにカーソルを合わせます。
この辺り、直感的に使えて良いな、と思いますが、その直後、「さて、どうやって入力しようか」と、その指がキーボードを探しちゃって両手が固まるんですね。
ソフトウェアキーボードを表示させる必要がありますが、Windowsパソコンなので、最初から手元にキーボードが存在する、という頭でいますから、どうしても、キーボードがないことの違和感が拭えません。
指がキーボードを物理的に探す、少しの瞬間が楽しいです。

2013/05/29(水)
■予告通り、マイクロソフトから日本語版のSurface Proが発表されました。
こちらは、Surface RTとは違って、中身はCorei5です。要は、タブレット版の『普通の』Windows8パソコンと言っていいでしょう。
『Office Home and Business 2013』がプリインストールされるそうですが、これで128GBモデルが99,800円ですが、これは微妙な価格ですね。
普通のノートパソコンを置き換えるには、うん、ちょっとどうしようかな、というレベル。
特に『なかったことに』されそうな、Windows8が載っている事を思うと、今までの実績からして、すぐに手が出せるモノではありません。
個人的には、Windows RTの路線の方が、タブレット市場とモバイルパソコン市場に食い込めるものだと思っていましたが、あちらも中途半端、そして、こちらも中途半端な印象を受けました。
さて、どうしましょうか、というここまでの感想やら何やらを、ちょうど夕刻電話がかかってきた、日本マイクロソフトの担当営業の方に素直に伝えてみました(笑)
■例年通り(笑)、梅雨入りしたら雨が止みました。
一時的なものでしょうが、お陰で夜ウォーキングができました。
ちょうど帰りがけに、小雨がパラパラしてきたのでタイミング的にもよかったです。
ただ、家に帰ってみたら、耳の周りで蚊の羽音がして、どうも連れて来てしまったようですが、羽音で「蚊がいるな」と認識する前に、既に2ヶ所ほど刺されていたようで、気付けばかゆかったです。情けないやら腹立たしいやら(笑)

2013/05/28(火)
■今日、東海地方が梅雨入りしたようですが、何か、ストレートすぎて驚きました。
ここ最近は、奄美・沖縄が梅雨入りした後、九州、近畿と北上し、東海を飛ばして関東・甲信越だったような気がします。
何にしても、ジメジメするのは嫌ですね。
■噂では、Surface Proが日本発売されるらしいですね。
どんなスペックになるんでしょうか。
いや、性能的な面ではなく、Officeがどう出るか、ってところが気になります。
Surface RTと違って、普通のOfficeが動く訳ですから、あまり期待しても意味はないですが、結局、足を引っ張るのはOSのバージョンよりもOfficeなんですよね。
期待するだけムダですが、どんなものになるか、一応、楽しみにしておきましょう。

2013/05/27(月)
■購入申請が出ていた某部署に、新しいパソコンを届けてあげました。
そうしたら「すげえ、これ、i3だ!」などと感動されまして、ちょっと戸惑いました。
実は、この部署、パソコンは結構古いのを使っているんですが、購入申請を上げて頂ければ、と促していたにも関わらず「いや、ウチの部署、売上げ少ないから」と我慢して使っていたところでした。
デルの企業向け5万円台のノートパソコンは、実質、デスクトップの代わりになる程度の普通のスペックですが、そんなの1台で喜ばれる状況って、もう、苦笑いです(笑)
実際、開発している人なんかは、それなりに器用に使いこなすので、少しくらいダメな部分があっても、黙々と使っていたりします。むしろ、知識のないダメな方が、文句は多いですね。
ひとまず、XPのサポート問題もあることですし。この部署に残った数台の「Windows2000」マシンくらいは今期中に何とかしようと、心に決めました。
■相変わらず、iPadで「パズドラ」を進めています。
最近、ようやくランクが80を超えまして、『中級』は躊躇せずに挑めるようになりました。
そんな状態で、ふと、ネットで調べてみたら「メタドラ」というモンスターの使い道が載っていて驚きました。
これ、手に入れたモンスターの経験値を飛躍的に増大させるアイテムだそうですが、使い方を知らなかった私の場合、モンスターボックスにムダに並んでいるだけの存在でした(笑)
さらに、増大値の大きい「ハイメタルドラゴン」なんてのも、使わないまま何列もボックスにあったりしますが、使ってみて、その効果に驚いた次第です。
ええ、今更ながら何やってんだ、という感じですが、コツコツと遊んでいる良い証拠ですね(笑)

2013/05/26(日)
■愛知県は西尾市にあるバラ園に行ってきました。
当たり前ですが、園内はバラがいっぱい咲いていました。

    西尾のバラ園
本当は、岐阜県可児市にある花フェスタ記念公園に行こうと思ったんですが、混雑していそうだったので断念して、こちらにした次第です。
■バラ園というと、もっとセレブとか大きなお屋敷を思い浮かべて身構えたんですが、行ってみればノーキョーの大き目の施設っぽかったです。
むしろ、庶民的(笑)。
    西尾のバラ園
でも、バラはきれいでした。
こんな写真を何枚か撮ったので、お出かけ記事に載せておきました。
    西尾のバラ園
興味があれば、こちらからどうぞ。
■自販機で、西尾のお茶、とかが使われているお茶飲料を買ってみました。
さすがに、お茶の産地だけあって、美味かったです。
豊田市にも「とよた茶」なんてものがありますが、個人的には「ケチな親戚の家で出される」ようなモノに感じて、さほど美味しいとは思いません。
地産地消の商品は、往々にしてそういうケースがありますが、西尾のお茶は格が違いました。

2013/05/25(土)
■冬場、もらい物のジャガイモの中に、芽が出ちゃったモノがありました。
勿体無いのでと、植えてみたところ、本日、無事に収穫となりました。
家庭内新ジャガ!園芸斑、優秀ですな。
さっそく食べてみましたが、思いのほか、美味しかったです。
■また、勿体無いのでと、植えてみたニンジンのアタマは、30センチほどに育ちましたが、こちらはニンジンになることはないようですね。残念。
あと、やっぱり勿体無いのでと、植えてみた豆苗の根っこですが、こちらは何かサヤ付きの豆っぽものが出来つつあります。
色々と育っていますが、勿体無いので、と思って適当に水に付けておくと、園芸斑が何とかしてくれます。
私の手柄じゃありません(笑)
■日中は夏ですね。日差し的に。

2013/05/24(金)
■人間ドックでした。
つい先ごろ、胃の内視鏡をやったばかりなので、バリウムは勘弁してもらいました。
バリウム+下剤は、体の負担になる割に、曖昧な結果しか出てこないですし。
また、肺活量測定で、担当の女性がアニメ声だったのが萌えました。
「息を吸って」「吐いて、吐いてー」みたいなのがアニメ声ですから、ちょっと笑っちゃいます。
まぁ、結果が出るまでとりあえず何だか分かりませんが、体重がウチの体重計と同じ値だったので、体重計が壊れていない事が分かりました。
■母が「血圧計が」などと言い始めましたので、見に行ってきました。
こういうカテゴリの機械を買うのは初めてなので、色々と調べましたが、家庭用ではオムロンの物がシェアが高いそうですね。
確かに、店頭には色々なモデルが並んでおり、その中の7割ほどがオムロンでした。
でも、何か、個人的には「医療関係はテルモじゃないかなぁ」と思っているので、あえて、テルモのものを選んでみました。
腕を通して、ボタンを押すだけで測定が始まる、シンプルなこれ『アームイン・プラス血圧計』です。
オムロンのインタフェースだと、

  1. 電源を入れる
  2. 利用者をボタンで切り替え選択
  3. 測定開始
となりますが、テルモのこの機種は、利用者選択が物理的なスライドスイッチになっており、年老いた母など、面倒な事を考えずに済みます。
あと、腕に巻きつけるタイプも良いのですが、加齢で腕の力がなくなってくると、あのマジックテープをはがすのも大変ですし、正確に巻きつけるには、ちょっとしたコツが必要です。
同じテルモには『ES-R800SZ』など、巻く手間のない簡単な腕帯が付いているモデルもありますが、測定姿勢などを考えると、腕を突っ込んで測るのが一番便利かと思いましたので、前述のモデルになりました。
日常的に使うものはシンプルが一番です。
■体重計も、よく分からない事が多いです。
例えば、ウチのヤツは、量るたびに0.1kg程度のズレが出ますが、安価なヤツだったからかと思って店頭で眺めてみれば、元々200から300gの誤差があるのが一般的な製品ですね。
買い換えようと思ったんですが、その程度なら平均すれば良いやと思い止まりました(笑)
あと、電源も入れずに、乗れば勝手に電源が入る、という製品。
どうも、この手の機械は「電源ON」→「ゼロ点合わせ」みたいなのが、普通なので、乗ったら勝手に電源が入って測定が始まる、という概念が分かりませんでした。
要するに、ゼロ点合わせなしの絶対的な数字が返される仕組みになっているんだと思いますが、何か、信用できません。へそ曲がりですね。

2013/05/23(木)
■某社営業の方と会いました。
この会社、毎年、この頃に、お中元ノベルティとでも称しましょうか、あるグッズを持ってきてくれます。
それは『扇子』です、あの、パタパタ扇ぐヤツね。
デザインも落ち着いていて、妙に社名やら製品名が大きく入っている訳でもないので、普通に使えます。
今年の柄は「あじさい」でした。
今年の夏も、これでパタパタやろうと思います。
■で、糖質制限だとか、ノルディックウォーキングだとか書いている訳ですが、そういう事を始めて約2ヶ月になります。
その間、体重が減ったのか、と問われれば、実は減っています。
糖質制限ダイエット本にあるような急激に2桁減るような物ではありませんが、少しずつ減っており、体重計が正確ならば、始めた頃から5キロ近く減っている事になります。
家人のように、常日頃から顔を合わせていると分からないレベルですが、さすが、某社営業の方は女性だけあって、鋭いですね。第一声が「痩せられましたか?」でした。
後は、明日が人間ドックですし、来週辺りに医者に行く事になっています。
体の他の部分に負担がかかっていないようなら、この方法は正しいものとして、進めようかと思っています。

2013/05/22(水)
■夏らしい日でした。
来社する営業マンも、クールビズとやらで半袖だったり、ノーネクタイだったりするようになりました。
エコとかそんなこと関係なく、そっちの方が楽なんでしょうけど、こういうブームでもないと、夏でも暑苦しい格好しなきゃならない人が救われないでしょう。
特に、この東海エリアは、夏が暑いのではなく蒸し暑いので、この先思いやられます。
■『050 plus』を使っていますが、最近、とても不安定になりました。
今時、Androidのバージョンが2.35なのがダメなのかと思いながらも、対応機種には入っているし、そもそも、キャリアよりアップデートされるような話もないので、どうしようもありません。
電波の問題かもしれませんが、何にしても、使えないのはアカンですね。
他の手段が増えているので、音声通話以外の選択肢もありますが、だから、IP電話のサービスがベストエフォートにも及ばない安定性ってのは、どうかと思いますね。

2013/05/21(火)
■『炭水化物』は『糖質』と『食物繊維』の合計です。
栄養表記や、糖質制限ダイエットのようなモノに興味を持たなければ、意外と知らない、というか、私は知らなかったモノですが、お陰で、栄養成分表示に敏感になりました。
基本、糖質制限ダイエットとは、簡単に言えば「脂肪になりうる余剰な糖質を採らないようにしよう」をちょっと行き過ぎた感じの食事制限法です。
体は、供給される糖質がなければ、脂肪細胞からブドウ糖を作り出す、という事で、実際は、結構、健康な人でも体に負担がかかる筈すが、それ以上に、デブなんて、どこかに問題があるから太っているんだから、実践には注意を要するダイエットですが、上手に栄養成分表示とお付き合いすれば、効果は得られそうです。
■という訳で、糖質です。
面白いのは、栄養表示基準では「炭水化物」と表記するか「糖質」「食物繊維」と表記するかは、特に決まっておらず、各メーカーに任されているという点。
なので、明らかに「食物繊維」らしきものが入っていなくても、「糖質」と書くと、何だか印象が悪くなりそうな食品では、あえて「炭水化物」と書かれていたり、また、ヘルシーなイメージを強調するため、あえて「食物繊維」を別項目で書いている商品がいくらでも見受けられます。
もちろん、素人の勝手な印象ですが、明らかに意図的に見えるので面白いです。
■そして、糖質制限ダイエットでは、糖質の多い食品を排除し、その他は普通に食べても良いですよ、という考えなので、米や小麦のような8割近くが「糖質」である食品はNGで、代わりに1割程度の大豆食を食べるようになります。
大豆から作った食品だと、豆腐なんかが代表的ですが、豆腐にすると、糖質はせいぜい1%程度ですから、確かに低等質ですね。
一方、ダメダメな代表の小麦、米から作られる食パンやご飯は、それぞれ5割近く、3割前後が糖質になりますので、食パン1枚だと20グラム前後、おにぎり1個で30グラム程度の糖質を摂取する事になります。
この程度の数字がNGであることを踏まえて考えてみると、一般的な炭酸飲料の「炭水化物」は、約1割程度。表示上、コカコーラで11.3%、スプライトで10.2%ですが、この手の飲料に、どれほどの「食物繊維」が含まれているかと考えれば、その実、ほとんど「糖質」と考えて良いでしょう。
そうすると、コップ1杯、約180mlのコーラを飲むと、食パン1枚食べたくらいの糖質を摂取する事になります。350ml缶ならおにぎりより糖質を摂取することになります。
炭酸飲料って、思った以上に砂糖の塊だという事は、あえて「炭水化物」表記していることからも、よーく、理解できるでしょう。
■ちなみに、マクドナルドに換算すると、1食分の炭水化物は、ノーマルのハンバーガーで32.4g、フライドポテト(M)が、53.7g、コカコーラ(M)で35.1gです。
1日の標準摂取量は、性別や年齢、生活強度によっても変わるので一概に言えませんが、LLサイズが標準のアメリカ人がデブになるのが当然である事は、よく分かりますね(笑)
まぁ、LLサイズはともかく、飲み物からの摂取は、飲む量が量だけに、意外とバカに出来ないぞ、という事は覚えておいて損はないでしょう。

2013/05/20(月)
■思いの他、早く雨が上がって、夜はすっかりウォーキング日和になりました。
今日も歩きに行きましたが、年齢を問わず、女性が増えたような気がしました。
おそらく、夏には薄着になる機会が増えるので、何か、今のうちからやらなきゃならない事があるのかもしれません。
■むしろ地味で、あまり話題にならないタブレットのお話。
1月の終わり頃、『Kindle Paperwhite』を買いました。それも、3G版ではなくWi-Fi版ですから、これらのシリーズでは最安値です。
個人的に、6インチという微妙なサイズは、読書には向いていますが、それ以上に怖いのは「本がここで買える」という点です。
読んでいて、読み終わり、さて、続きをと思ったら「これどうですか?」とオススメ一覧が表示されるので、その場で選択し、1Clickで買う、とするだけで本がネットから飛んで来るわけですよ。
どうせなら3G版を、と思っていたのですが、自宅で適当に使う目的だったので、今はこれで正解かな、と思っています。むしろ、差額で本を買ったほうが良いと(笑)
iPad miniが、ミニと言いながらも少々大きな自称7インチなので、こちらの6インチがちょうど良く感じられます。

2013/05/19(日)
■バラの季節になったようです。

    バラ
実際は、昨日撮影したものですが、ゾウムシの脅威にも打ち勝って色々なのが咲いています。
私なんぞは、バラの種類やら名前やらサッパリ分からないのですが、キレイである事には違いありません。
ただ、こちらを寿司屋のガリに似ているから『ガリバラ』などと称しているのは、さすがに酷すぎますね(笑)
    バラ
「ガリ、そんなにオレンジじゃねーし」とか、あえて自分で指摘しておきますが。
■さすがに、真っ赤なバラは絵になりますね。
    バラ
・・・ジャポニカ学習帳の表紙かっ!

2013/05/18(土)
■爽やかな5月でした。
でも、とりたてて、何をした、という訳でもないのに、1日が終わっちゃった気がします。
■昼間、十分に歩き回れなかったので、いつもの時間にウォーキングしてみました。
土曜日という事で、同じ道を歩いているにも関わらず、いつもとは違った景色がありました。
まず、人が少なかった事、そして、いつもと窓の灯りの感じが違う事でしょうか。
駐車場に止まっている車の数も、何か違います。
窓から聞こえる笑い声とか、色々と新鮮ですね。

2013/05/17(金)
■中国出張中の某N氏とFacetimeを試みました。
あちらより、こちらの方で十分な帯域を確保できなかったので、今ひとつでしたが、それでも、海を越えて顔が見えるというのは、今更ながら驚きますね。
ただ、オッサン2人が、iPadのどこを見て話をしたら良いのか慣れていない上に、どの位置で持ったら良いのかすら分からないので、お互い、画面で顔の上半分が見切れたり、下半分が見切れたりしながら、どこを見ているか分からない目線での会話となりました。
これはこれで、シュールな光景です。
マンガなんかだと、あたかも、目の前の人と話しをしているように描かれていますが、あれは、画面の裏側にカメラがあるタイプなんでしょうね(笑)
■何となく楽しい週末。
テレビで、毎回不思議に思う「ぴったんこカンカン」という『クイズ番組』を見ていました。
この番組、せいぜい1問くらいしか問題が出ない割には、ゲストなんかも普通に並べていたりして、その人たちが、薄っぺらなスタジオを盛り上げようと必死になっている様子が、何か不思議で仕方がありません。
旅番組ならそれに徹すれば良いのに、予算のムダにしか見えないクイズをつけて、よくもスポンサーが文句を言わないものだと思います。
こういう場合、クイズ番組の体裁をとりながら、その実、出演者を出演させるための番組、言ってみれば「雇用対策」的な番組なのかもしれませんね。
宗教がらみとか、そういうのだと考えれば何ら不思議じゃありません。

そうかそうか。

2013/05/16(木)
■Windows8.1が無償でアップデート提供される、というニュースがありました。
まぁ、実質SP1でしょうから、妥当ではないでしょうか。
しかし、気になるのはバージョン番号ですね。
Windows NT4.0までは、カーネルのバージョンが製品名になっていましたが、Ver.5が『Windows 2000』という名前になっちゃいました。
次いで登場した『Windows XP』は『5.1』という具合ですから、実は『Windows2000』のマイナーバージョンアップといっても問題ないレベルですが、ようやくメジャーアップデートした『6.0』の『Windows Vista』は、マイクロソフトそのものがなかったことにしている不遇の、もしくは、なるべくして落ちぶれた製品です。
そして「こいつは、結構、まともだぞ」という『Windows 7』が『6.1』、次いで出てきた『Windows 8』が『6.2』と、いつしか製品名はカーネルバージョンの足し算結果になってしまいました。
じゃあ、『Windows 8.1』は何になるの?と思って調べてみたら『6.3』になるようで、もはや、法則性が見出せません(笑)
■引き続き、ノルディックウォーキングのネタ。
動画サイトなどでイメージした結果、何となくそれっぽいモノになりまして、最初は長すぎるんじゃないの?と思っていたポールの長さも、おそらく、これで標準だろうという長さで扱えるようになりました。
後は、淡々と歩くだけですね。

2013/05/15(水)
■昨日に続いて、今日もそれなりに暑い一日でした。
当たり前なのに不思議なのは、同じ日差しでも、暑い時はジリジリと焼けるような暑さを感じることでしょうか。
冬だって、直視できないほどまぶしいのに、暖かさに乏しい訳ですが、単純に、太陽だけの問題じゃないにしても、いろいろと不思議です。
■ノルディックウォーキング2日目。
昨日の動きを省みながら、動画なんかのフォームを確認したんですが、お手本ビデオと、ジジババの体験会では、相当、動きが違います。
そもそも、トレーニングでもあるわけですから、その目的に応じたお手本があった方が良いですが、下手に日本語のモノよりは、こちらの方が歩行をイメージしやすかったです。

ポールは意外と立てないんだな、という事が分かります。

2013/05/14(火)
■ようやく届きました。
ノルディックウォーキング用の棒、ポールとか称するモノが。
LEKIというメーカーの『シュプリームシャーク』という入門向けの定番商品らしいですが、実際、まだ、よく分かりません。
形状は、登山用なんかの杖のようですが、2本セットで、かつ、手に固定できるところが違います。
この辺りは、ネットで見てもらった方が分かりやすいので省略します(手抜き)
■とにかく「テレビで紹介していたから」という理由で衝動買いしちゃったので、長さの調整から分かりません。
幸い、付属のパンフレット的なモノに親切に書かれています。

    ポールの調整
初心者向けには、やや短くし、中級者には長めにセットするようです。
しかし、このパンフレットの一覧表がクセモノで、親切に身長5センチ刻みで一覧表になっているんですが、どうも数字がオカシイ。
    ノルディックウォーキング
初心者向けの数字が極端に小さいんですね。
大丈夫か?
ちなみに、実際に0.64、0.67を掛けた結果はこちら。
    ノルディックウォーキング・ポール
アバウトに中級者向けの数字が正しそうですね。
ちなみに、ネットの他の情報では「身長×0.68」という情報もありました。
一体、どれやねん!(笑)
その数字だと、175センチの私は、約120センチにすれば良さそうです。
■ということで、ちょっと室内で、初心者向けの数値に合わせて歩いてみたんですが、どうも長すぎるようでよく分かりませんでした。
しかし、外で実際に歩いてみると、なるほど、短すぎるのはダメですね。
105センチからスタートして、実際にこれかな、と思うのは108センチくらいでした。
さて、肝心の『使用感』ですが、これは正直驚きます。確かに、運動量が増します。
ただ漠然と歩いているだけでも長時間なら疲れますが、このポールを使って歩くと、さらに体に負荷がかかってるなぁ、という事が体感できます。
仕組みを考えてみましたが、多分、人間は歩いている時、上体を上手に「振り子」の要領で揺らしながら歩いているんでしょう。そして、このポールは、その振り子運動を、あえて阻害する方向で受け止めて、その一部を上腕の運動に置き換える働きがあるようです。
だから、その棒を長くすれば、それだけ負荷が増える訳ですね。
また、『ポールを体の真横辺りで地面につけて、後方に押し出す』という特殊な歩き方をするお陰で、前進に必要な運動で、足腰にかかる負担の一部を、ポール側に分散させる事で、足腰への負荷が相対的に減るようです。
実際に歩いてきた感想ですが、確かに、全身運動になり、いつものコースを歩いてみても、結果の違いは歴然で、額から上体から、汗が結構出ましたが、その一方で、足腰はいつもより楽をした、という感じがしました。
その他、体の振り子運動を阻害するお陰で体が揺れず、強制的に直立した姿勢となりますので、結果的に、姿勢も良くなりそうです。
■実際に、どれくらいの運動効果があるかは分かりませんが、漫然とウォーキングをするより運動した気持ちになれるのはグータラ人間にとって重要なファクターです。
そこんところを強調しつつ、運動不足の皆様にオススメしたいと思います。

2013/05/13(月)
■登校中の中学生の中には、夏服姿がチラホラ見受けられました。
ちょっと気が早いなぁ、なんて、朝の時点では思っていましたが、実際は、もう夏の格好でも良いですね。
■会社で、知らないうちにサーバーが再起動していたようです。
土曜日の深夜に1回あったようですが、さほど厳重な仕組みを乗せていないサーバーなので、今朝『何か、予想外に再起動したけど、納得できるように説明して頂けるカシラ?』画面が出ていたところで気付きました。これだと、いきなり落ちた感じですね。
で、イベントログをみても、確かに再起動したけど、その後の異常はなく、担当者とおかしいね、と首をひねっていました。
そして、唯一、本体からカタカタと異音がするのは、まぎれもない事実だったので、じゃあ、再起動してみようか、と実行したところ、見事に赤ランプが点きました。やったぁ、トドメをさしたね(笑)
結局、3台のHDDで、ミラーリング+予備の構成だったところの、予備が死んだようで、保守先に連絡してパーツを交換してもらって無事に復帰ですが、こういう予備ディスクは、予備と言いつつスタンバイ中もそれなりに回転したり、ヘッドが動いたりするので、完全な待機状態じゃない、というお話でした。
なるほど、と思いながらも、先に予備が死ぬなよ、と納得できない自分が居ます。

2013/05/12(日)
■生活のパターンが、以前よりも染み付いているからでしょうか。
土曜出勤の後の日曜日が、どうも土曜日の感覚です。
「ああ、明日も休みだな」などと勝手に思っている自我が脳の片隅で体育座りしています。
■ガチャガチャ、ガシャポン、色々な呼び方がある、カプセル玩具の販売機、以前、そこで「草花育成キット」的なものがあって、クローバーやらカイワレの種が入っているものがありました。
以前、何の気なしに買ってみて、出たのが「クローバー」でした。
カプセル内に入っていた小さな植木鉢モドキで育てたら、すくすくと育ちましたので、ちょっと植え替えて庭の片隅に放置をしていました。
そんなヤツが1年くらい経つと、とんでもないモノになるようです。

    クローバー?
放置といっても、家人(農林水産大臣)が手入れをしてくれていたので、そのまま残っていた訳ですが、身の丈60センチくらいはあるでしょう。
可憐な印象は微塵もなく、立派に育っています。
本当に、コレがアレなのか?と青春ドラマで、東京に出て行った高校時代の同級生の女の子が、都会に染まって帰ってきてビックリ、みたいなベタな展開ですが、よくみて見れば、昔の面影は残っています。
ああ、葉っぱが3枚あるね、というところ以外は、何か、凶悪な草でしかありません(笑)

2013/05/11(土)
■土曜出勤でした。
電話が鳴らないので、むしろ仕事が捗る悪くない日だったりします。
どうせ雨だし、という感じでのんびりと仕事ができました。
■さて、帰ろうかと思ったら、道路が異常に混んでいました。
なんじゃこりゃあ、と考えてみたら、豊田スタジアムでサッカーがあったんですね。
東名豊田インターに向かう車を含め、名古屋方面に帰る車で混雑しています。
幸い、私の方は、豊田スタジアムに向かう方なので、インター付近を過ぎたらガラガラでしたが、対向車線は、しばらく渋滞になっていました。
ありゃあ、たいへんですなぁ。

2013/05/10(金)
■さぁ、週末です。
すでに、体も気持ちも、何となく週末モードですが、連休明けという事で、明日は出社日です。
目覚ましの『平日のみ』を解除しなきゃ(笑)
■まぁ、それなりに訪問数の少ないサイトです。
掲示板なんかに書き込む人は少ないですが、一方で、ロボットさんがキッチリと巡回されているようで、気付けば、掲示板スクリプトのスパムログが結構なサイズになっていました。
これではいけない、と思いまして、どうするかと思いましたが、思い切って掲示板をやめてみました(笑)
まぁ、必要ならメールが届くし、ツイッターもあるし。

2013/05/09(木)
■iPad miniユーザーの上司殿と、ネットショッピングの話をしていました。
昨日のニュース番組で紹介していた本が欲しいな、と番組を見ている途中で思っても、iPadだと、すぐに注文できるからすごいね、という話です。
確かに、パソコンを起動しようと思うとアレですが、iPadだと、すぐにそういう行動に移れるので、色々な場面で購入の機会が増えている筈ですね。
私なんかも、確かに増えていますので、ついつい「ポチッ」としてしまう訳ですが、「パソコンだと、起動を待っている間に、冷静になって、買わないこともあるのに」というのは、単なる、物欲の言い訳にしか聞こえません(笑)
なんか、とんでもない世の中になったなぁ、と思いつつ、じゃあ、企業対企業、いわゆる「BtoB」の世界には、このとんでもない仕組みをどうやって生かすのか、まだまだ、考える余地はありそうですね。
■NS Basic/App Studio、プログラミングコンテスト2013が開催されます。
6月3日までとのことですが、さて、間に合うのか、というか、ネタはあるのか?(笑)
ひとまず、ひっそりと、前向きに考えましょう。

2013/05/08(水)
■会社で消火栓の訓練がありました。
危険物工場なので、火災に対する基本的な知識と、普通の小型消火器を取り扱うところまでは誰でも知っていますが、消火栓から放水する体験は全員が持っているわけじゃありません。
当然ながら、自衛消防隊というのが結成されており、役割上で『消火栓班』はありますが、今回は『就業時間終了後や休日など、消防隊が機能しないような状況下』において、誰でも消火活動が出来るように、という目的で、特に『消火栓と連動している通報システムの電源が落ちて、手動でポンプを起動しなきゃならない』という、おそらく最悪の状況を想定しての説明でした。
さほど複雑な手順はありませんが、知らなきゃ出来ない事なので、こういう機会はありがたいです。
また、実際の放水ですが、結構な勢いで水が出ているにも係わらず、反動がない事に驚きました。
おそらく、消火栓に接続するホースの径と放水ノズルの径が同じためでしょう。水圧がそれなりにあるのは、ホースの硬さで分かりますが、映画のように、ホースを放したら、暴れまわって大変な事になる、という感じではありませんでした。
そんなに水圧が高くないからでしょうけど、何にせよ、やってみなきゃ、分からない事って、多いですね。
■やってみなきゃ分からない、という事で、ノルディックウォーキング用の『棒』を注文してみました。
実際は『ポール』と呼ぶそうですが、どんなメーカーのどういう商品を選んだらよいのかすら分からないので、色々なサイトで入門向けの定番と書かれている、LEKIというブランドの『シュプリームシャーク』というのを注文してみました。
で、両手に棒を持って適当に歩けば良いんじゃないの、とか思いながら、ネットで動画なんかを見てみれば、普通に歩くのとは明らかに違う上に、キチンとやると、それなりの運動になりそうだ、という感じでした。
今時は、協会やら有志の人が、そういう動画やコツをアップしてくれていますので助かります。

2013/05/07(火)
■連休も終わり、平常運転に戻りました。
グータラせずに過ごしていたお陰か、極めて普通に日常復帰ができました。
といっても、たかが4日間の休みで調子が狂っちゃってはダメですけどね(笑)
■連休と共に暖かさもどこかに行ってしまったようで、下手すれば寒いとすら感じます。
気圧配置は、西高東低の冬型だそうで、寒の戻りというレベルじゃないでね、これは。
灯油の移動販売車は3月末で終了だと言っていましたが、今、回ってきたら、とりあえず買っちゃうレベルです。

2013/05/06(月)
■連休最終日。
この4日間、天気が良かったので気分も良かったのでしょう。
どこかしら、5月のお休み、を堪能できた連休でした。
■結局、ホームセンターなんぞに行きました。
色々な物を眺めるのは楽しいです。
途中、一休みしていたら、数年前に会社を定年退職された元設備係の方に遭いました。
定年後も、同じような事をされているようで、作業着が何か似合っていましたが、お元気そうで何よりですな。

2013/05/05(日)
■お出かけせずに、日曜大工。
窓際に置く、ちょっとした棚を作ってみました。
以前は『組み立てはお客様で』という半完成品を買うことが多かったのですが、あれはあれで面倒とは言え、最近、自分で板を切ったりするところから始めるようになり、さらに、大変だという事を、ようやく思い知りました(笑)
それでも、設計図のないところで、文字通り、チラシの裏なんかに落書きして始めるのは面白いですね。
途中で、丁度良い釘がない事に気付いて、ホームセンターに行きましたが、日曜大工モードが入っているので、余分なものまで買ってしまったり。
のんびりとした、良い休日でした。
■しかし、最近は材料の板は、100円ショップで手に入りますね。
サイズも色々で、下手すると、切らなくても丁度良いサイズがあったりして、手軽に工作に使えます。
まぁ、そんなに良い木ではないので、強度とか色々なところで不安はありますが、ちょっとしたモノなら悪くない選択肢です。
田舎の一軒家ならいざ知らず、マンションなどではノコギリで切る音や、金づちで叩く音とか気になりますが、こういう切られた木を使って、小型の電動ドリルとかドライバーで木ねじ止めすれば、意外と簡単に作れます。
個人的には、材料は「ダイソー」が多くて、飾りの蝶番とか取っ手のようなパーツは「Seria」が多いと思っていますが、これも地域差があるでしょうね。
最近は「DIY女子」とか恥ずかしい言葉もあるようですが、こういう層が増えると、手軽なツールが出回るようになるので悪い気はしません。山とか釣りとは違って、自宅で作るので、気にならないでしょうし(笑)

2013/05/04(土)
■「前に買った、木製のマグカップが使いやすいから、もう1つ欲しいんだよね」
昨年あたりに馬籠宿で買った木製のマグカップを会社に持っていって使っていますが、確かに使い勝手が良くて、家用にも欲しいな、と思っていました。
でも、迂闊に口に出したがために、今日の予定が「決められ」ました。
馬籠は前回行った、という事で、妻籠宿です(笑)
渋滞、混雑、そんなのでウンザリする姿を予想していましたが、想像していたよりマシだったので良かったです。
■妻籠は、馬籠より全体がフラットで歩きやすく、のんびり歩くには良いですね。
また、蕎麦が美味しかったので、何だか、嬉しくなってしまい、ついついサイフの紐が緩んでしまいました。
普段、絶対に買わないような「木の棒」、杖のようなものを買ったりしました。
しかし、この「木の棒」、1本200円というシロモノ。そのお店は、和紙の店でして、その原料となる「こうぞ」の木の皮を剥いだ後の廃物だそうです。1本200円という安さと、修学旅行で木刀を買っちゃう中学生のような気持ちで買ってみました。
もちろん、木のマグカップも買えました。軽いし、保温性もあるし、落としても割れないし、良い事だらけです。オススメ。
■駐車場が500円というのは、ちょっとボッタクリっぽいですが、それ以上に、駐車券を「これ、見えるところに置いといて」とか、「もう少し、前に詰めて」とか、語尾に「してください」が言えない態度はどうかと思いました。
田舎の観光地は、平気で「そんなこと言っても、忙しいんだから」と言い訳を平気で言いそうですが、こういう辺りが、何かのシーズンで一時的に忙しくなる、波のある観光地と、年中、いつでも観光客が来る観光地との違いでしょうか。
こういう「なってない」部分を見ると、何となく「ビジネスチャンス」とか思っちゃいます。

2013/05/03(金)
■連休初日。近場を回ってみました。
まず、スーパーに『大江戸味と技の職人展』というのがあったので行ってみました。
いわゆる、物産展の1つですが、そもそも、東京のいい物なんて、それなりに高級品ばかりなので、トヨタ市のような三河のケチが集まっているところで売れるとは思えませんが(笑)
でも、昨年、この物産展で買った箸の調子が良かったので、足を運んでみた次第です。
その頃、手の力が弱くなりつつあり、箸で挟む力が衰えた母のために「こんにゃくが挟める」という箸を買いました。実演で実際にこんにゃくをつかんでみると、ビックリするほど滑らずに挟めたので、箸にしては安くないなぁ、と思いつつ買ったのですが、これが本当に滑らずに使えるので、私も欲しくなった、というシロモノ。
どんな店か覚えている筈もないのですが、実演用にこんにゃくが置いてある店があったのですぐ分かりました。
こんにゃくはもちろん、ゆで卵もつまめる箸は、さすがに便利です。
■次いで、園芸品を売っている店、地元では有名な『三貴フラワーセンター』に行きました。
トヨタ市のお隣、みよし市にあるこのお店は、ガーデニングとかやる人には天国のような場所ですが、私個人としては「みよしの娯楽は、イオンと三貴フラワーセンターしかないから、休日になると渋滞する」と言っている店の1つです。
そして、確かに「三貴フラワー渋滞」が起きていました(笑)
以前、この店で、鉄製の『牛』を買いました。
二本足で立って、農具を持っている牛なので、庭なんかに置くオブジェの1つでしょう。
ウチでは、玄関のところに立たせて門番にしています。
そして、牛の対になる『馬』をずっと探しておりまして、もし、見つけたら『牛頭・馬頭』という獄卒セットにして玄関を守ろうとか考えていました。
そんな中で、店内を物色していると『馬』ではなく『ブタ』を発見しました。
『牛』と同じディテールのヤツだったので、これはこれはと、即買いです。
『牛頭・馬頭』で玄関を守る筈が『牛豚』という組み合わせになってしまい、もう、合い挽き肉のようですが、ひとまず、こいつらに『ビーフ』と『ポーク』と名付けました。

2013/05/02(木)
■とりあえず、連休前最後のお仕事でした。
心地よいガラガラの通勤路は今日までで、明日からは、少し外出すれば渋滞が待っている地獄が始まります(笑)
まぁ、どこかに行く予定もないですけどね。
■こんな時期ですが、互いにカレンダー通りの会社の方が来られました。
パソコンのOSをUbuntuに、OfficeソフトをOpenOfficeに切り替え、脱マイクロソフト化を図った某社さんです、って書くと分かる人には分かっちゃうか。
実質、上手くいっているようですが、細かなところで大変な部分もあり、特に外部の人たちとの文書ファイルの交換と、印刷がネックになるそうです。
印刷関係は、何となくドライバの提供がダメだというのが直感的に分かりますが、文書ファイルでは、特にパワーポイントがダメだそうです。
IT関連企業でコレですから、実際、そこらの会社じゃ難しいかもしれません。
WindowsXPのサポート終了に向けて、色々と考えながら、基本は今までの『クライアントPC』という括りではなく、『モバイル』『据え置きパソコン』『基幹業務パソコン』の3つに分けて考えるのが得策だと考えています。

2013/05/01(水)
■何ですかねぇ。
爽やかな五月に、という訳にはいかず、むしろ、寒ささえ覚えるような気候です。
ただ、脂肪分過多というかお太りになっているというかデヴには、風さえなければ、むしろ心地よい気温だったりもします。
こういう話をすると「暑いのよりも、寒い方が好き」という会話になったりしますが、実際は、そんな二極化した話をする必要はなく「ちょうど良いのが好き」と堂々と言い切ったほうが、人生勝ち組になるんじゃないかと思ったりしています(笑)
■さて、明日、出勤したら、明後日から4連休です。
何をしましょうか、などと、この期に及んで言っているようではダメですね。
とりあえず、歩くか(笑)