【気まぐれ日記】

2014年05月


2014/05/31(土)
■au WALLETのカードが届きました。
iPhoneユーザーなので、これで便利になるかなぁ、と思ってチャージしようと思ったら選択肢がありませんでした(笑)
いや、Masterカードが後ろ盾になっているサービスなので、色々と制約があるのは理解していたんですが、まさか「auかんたん決済」すら使えないとは。
「auかんたん決済」は、色々な買い物の決済を、auが代行して、月々の料金請求に合算してくれるサービスだと理解していたんですが、そのauの料金支払いのクレジットカードに、Masterカード様が指定したカード以外のものを使っているとダメになります。
そして、残念ながら、Master様指定のカードは持っていませんでした。
カード会社とは無関係な看板の「auかんたん決済」すら使えないとは、さすがに想定外ですが、何のための代行サービスなんでしょうかねぇ。
■最近は「米粉入りパン」なんてのがありますが、そのパン粉でフライを揚げてみました。
通常のパン粉よりサクサク感が強いですね。悪くないです。
ただ、サクサクとカリカリのどちらの属性も感じますから、サクサク好きな方には、やや重いかもしれません。
また、こちらの方で『海苔』で有名な「浜乙女」という会社がパン粉を売っていることにも驚きました。

2014/05/30(金)
■iPhone 5cのケース『イエロー』を買ってみました。リンゴマークの入った純正品です。
ピンクのボディのイエローのケースという組み合わせですが、コンセプトは「ひよこ色のボディの中に、ピンクの肉」みたいな感じで。いや、何のコンセプトだよ(笑)
バンパーケースも良かったんですが、うっかり、ポケットから滑り落ちる事がありましたので、少し、すべりを抑える目的でゆるやかなシリコン製のボディにしたわけです。
この穴あきケース、バッタ品が500円くらいで売られているんですが、おそらく、質感へのこだわりはAppleらしさが出ているんだろうと思います。
クロックスの純正品と100円ショップあたりのモノの違いでしょうか。
そして、裏側はマイクロファイバーが貼ってあり、見えないところまでしっかりとガードしてくれています。
また、シンプルな梱包な点も好感が持てます。過剰包装の他社品は、こういう部分を見習ってほしいですね。
■しかし、ものづくりの日本と言いながら、その手の評論家を気取っている連中が、iPhone 5cの仕上げに言及したのを聞いたことがありません。大笑いです。
たいていは、iPhone 5sとの比較記事で、正直、「そこらのプラスチックケータイと同じ」にしか見ていない節穴ばかりです。
これまた、モノを見る目を持たないマスコミが「廉価版」なのに「そんなに安くない」けど「安っぽい」という姿勢で報じちゃったのも問題でしょうか。
結局、良い物を作っても売れなければ仕方がありませんが、独創的なものに対して、良い物かどうかを判断できる人間がいかに少ないか、ってところですね。
評論家は、似たようなモノの中から一番を選ぶのは出来ますが、似たようなモノという前提がなければ無力です。というか、役に立ちません。
■ところで、最近「高度8H」とか「9H」とか、そんな謳い文句で保護シートが売られています。
これは「鉛筆硬度」を表していますが、これ、塗膜の硬さを調べるJISで定められた試験だったりします。
実際の試験方法は(ただ面倒なんですが)、単純に鉛筆の芯を決められた角度で押し付けて引っかいた時に、傷が付くかどうかを調べるものです。
鉛筆の芯なんて、たいした事ないと思いますが、普通のそこらに塗られているモノだと、Hとか2Hあれば十分で、3H、4Hもあれば、なかなか立派に実用に耐えられる硬さと言えるでしょう。
そんな中で、8Hとか9Hとか、どんだけだよ、と思います。ただ、そういうった製品の多くは「カッターナイフでも傷が付かない」なんて言っていますが、8Hや9Hの鉛筆を削るのにカッターナイフは使えますので、実のところ、試験方法のマジックだろうと思っています。
いや、まぁ、ガラスであれば傷が付き難いのは分かりますが、硬いから、衝撃次第で普通に割れます。
良い物が世に出るのは良いんですが、過剰な宣伝は誤解を招くので止めてほしいなと思うのも素直なところです。

2014/05/29(木)
■ぱっとしない天気でスタートした今週、次第に天気が良くなってきたので、今朝目覚めた時、スカッと晴れた青空を見て「週末だ!」と思ってしまいました。
1日損をした気分です。
それにしても、暑い1日だったようです(室内なので、よく分からない)
■ヤマダ電機の電子書籍サービス「ヤマダイーブック」が7月末で閉鎖され、購入した書籍が読めなくなる事が分かって、ちょっとした騒ぎになっていますね。
短絡的には「紙だよね」と思ったりしますが、必要なものなら、再度購入して、要らなきゃ買わなくても良いんじゃないかとも思ったりします。ダンシャリとかいうヤツですね。
しかし、撤退じゃなくて、システムを刷新して新規に電子書籍サイトを立ち上げるとか言っていますので、何で、移行できないんだろうと思います。
運用元が違うから、その権利の譲渡が簡単に出来ないのかと思ったりしますが、そういう法的な問題以前に、「この程度の対応しか出来ない電子書籍サービスなのか」という認識が広まりますので、新たに立ち上げる電子書籍サイトというモノに懐疑的になる人は少なくないでしょう。
コストを下げるためにと、自社でサービスを立ち上げてみたけど、中身が伴わない1つの例でしょう。所詮、ヤマダですかね。行ったことないけど。

2014/05/28(水)
■社内でほぼ初めてのWindows8.1マシンを貸与してきました。
『貸与』という表現を、社長相手に使うのが正しいかどうか分かりませんが、とりあえずの試用開始です。
iPhone、iPad miniと色々な機器の実験台として使わせていただきましたが、それらの機械を結果的に使いこなしている事に対して、Windows8.1マシンは、すんなり入った、という印象です。
普段使っているパソコンの延長線上ですので、この辺りは、腐ってもWindowsなんでしょう。
ASUSの画面を外すとタブレットになるノートパソコンですが、これは、安価で使い易そうです。
コストパフォーマンスを含めて、色々と検証したいと思います。
特に、検証といっても、被験者が被験者ですので「文句が来れば、それが意見」「文句が来なけりゃ、使える」という解釈で検証とします(笑)
■こうなると、Windows8系の懸念材料は、Microsoftの姿勢になります。
Me、Vista、どれも最初からやる気がなかった訳じゃないけど、結果的にやる気があまり見えずに立ち消えした感じのOS。その流れの中にWindows8があるように見えますので、大々的に採用したら、なかったことにしちゃうね、テヘッ、という可能性があります。
現時点では、WindowsRTが最有力候補ですが、最終的には分かりません。
これは、そうとう嫌な懸念材料です。

2014/05/27(火)
■スマートフォンの夏モデルは、あまりパッとしない印象です。
まぁ、当然でしょうか。ハードの性能が向上したら、次はソフトという順番で進化してきた分野ですから、ハードの方は、いったんソフト待ちなんでしょう。
こと、タブレットの分野では、Windowsタブレットも普通に使えるモノが出揃ってきましたので、企業でも、いよいよ、これを使って何しようか?ってところになるんでしょうね。
■「ヤギで除草」、こういう試みがあるそうですね。
このご時勢にヤギで除草とか、原始的な話ですな、という意見もありますが、機械や除草剤、アスファルトで固めた地面を文明的だと言い切れる価値観はどこから植えつけられたんでしょうか。
確かに、そちらの方が合理的ですが、街に野良猫が住んでいるのと同じようなモノで、都会でヤギが草食ってる風景もありじゃないかと思ったりします。
ナチュラリストとか自然派とか、そんな面倒な連中じゃなくて、こういうエコロジカルな生活もありじゃないかと思います。
だいたい、賞味期限が少し切れただけで大量に廃棄されるコンビニ弁当なんて、遠回しにブタのエサになっている訳で、もう、そういう動物依存の循環社会は珍しいことじゃありません。
いや、働かずに飼われているニートという種族よりも、よっぽどヤギの方が役に立ちますわな。

2014/05/26(月)
■何か、社内がバタバタしておりました。
1つの業務システムが切り替わったからです。
担当チーム内で「スケールが大き過ぎて把握できないから、もう、問題が出てから都度対処すればいいや」的な部分が多々ありましたので、まぁ、必然的にバタバタですわな。
■「人の集まるところで人を殺そうと思ってやった。誰でもよかった」、まぁ、こういう事を言うクズほど、ヤクザの事務所に刃物を持って飛び込んだりしないものですが、そもそも、集まっている人間がよければ、いちいち列に並ぶ必要もないでしょう。握手券まで買って。
それに「殺そうと思っ」た凶器がノコギリですか。何故、刃物じゃないのかと。
そうなると、最初から、事を大きくする事が目的じゃないかと思うわけです。
こういう時、さて、世間にあまり知れ渡ると不都合なニュースは何だろう、って思うわけですが、何でしょうね。
話題逸らしか、話題作りか、これで「単なるキチガイ」だと「鑑定」されれば事件はフェードアウト。情報化社会における「バカ」と「ハサミ」、その前者でしょうか。
■こちらは、情報化社会における「ハサミ」の話題です。
中国子会社との通信が途切れました。
途中の回線工事で、誤って線を切っちゃったそうです。
中華クォリティ、もう、2回目です。
社で契約している、主だった通信回線については、監視サービスを付けていますが、日中間の回線監視のサービスは丁寧に仕事をしていて感心させられますが、そもそも、日本国内のIP-VPNが切れたことがないので、日本国内での監視サービスのオペレーターの対応を聞いたことがありません。
かつての中国、貧富の格差の不満が高まった結果起きた天安門事件。その後、「外国企業を誘致して、そいつらに賃金を払わせればいいアルヨ」ということで始まった中国進出ブームですが、最近は経済成長に伴い、使える人間とそうでない人間の単価差が大きくなり、また、こういうマヌケなリスクもあることから、撤退が相次いでいます。
しかし、国全体が「労働組合」ですので、従業員の補償をキッチリ済ませないと、簡単に会社を潰せないという面もあります。
どれだけの企業が進出して、どれだけの企業が儲けを出せたんでしょうかね。

2014/05/25(日)
■日中、暑かったですね。
表に出たら汗が出ました。
そして、迂闊に花に近づくと、今の時期はハチがぶんぶん飛び回っています。
多くはクマンバチの類で、さほど危険はないという話ですが、音と色と大きさは、恐怖を与えるのに十分です。
また、黄色と黒のスズメバチのデザインは警戒と警告を促しているそうですが、勝手に怒って言葉も通じない連中なので始末が悪いです。
■カシオの安価な腕時計、F-91Wの時間が少しズレていたので修正しました。
数分のズレですが、家中の時計が電波時計なので、自分で時刻を合わせるなんて行為は久しぶりです。とても、新鮮に感じました。
しかし、この時計、メーカーサイトに「¥2,900+税」と書かれていて驚きました。
通常は、1,000円前後で売られているのに(笑)

2014/05/24(土)
■カレーを作ってみました。あえてオリエンタルの『即席カレー』を使って。
こちら、商品名の通り、本来は、より簡単に作るためのカレー粉ですが、あえて、下ごしらえをしっかりやったところで、このカレー粉を使ってみました。
結果、懐かしさと本格っぽさが同居する、ちょっと上品なカレーになりました。
何ていうか、ラーメン屋のカウンターでカップヌードルを食べているような感じ(笑)
いや、この粉末カレーは「懐かしい味」などと、必ず紹介される定番ですが、私が子供の頃に食べたのは「ハウス バーモントカレー」でしたから、こちらの懐かしさはあまりありません。
ただ、扱い易くて美味しいことは確かです。
『和食』というモノがユネスコ無形文化遺産に登録されたりしましたが、『日本食』というカテゴリには、この日本風のカレーライスは、是非、入れたいところですね。
■Surface2で、Huluをみていました。
画面が大きいので迫力がありますね。普段みているのがiPad miniだから、数インチの違いが大きく違ってみえます。
最近は『ひぐらしのなく頃に』をみていたんですが、じっくり見るとエグいですね(笑)
そして、今日、一通り見終わったので、次は『じゃりン子チエ』を見始めてみました。
やっぱり面白いですね。あれ、私の中の『大阪人の日常』です(笑)

2014/05/23(金)
■ASUS TransBook T100TAをセットアップしました。
見た目よりずっしりした感じですが、キーボードと外して使えばそれなりに便利につかえそうです。
また、Windows8.1の32bit版が載っているのでアプリ選びに困ることはありません。
いつも使っているものが普通に使えます。
色々なタブレット製品を試してみましたが、キーボード有りで慣れた入力方式となると、このようなWindowsタブレットが妥当な感じがします。
もちろん、最良ではなく妥当というのがポイントですが、会社で貸与する場合に、トラブルが少なそうなイメージがあります。
一応、社内で試用してもらい、如何なモノか探ってみたいとおもいます。
■某社のRFID担当の人と会いました。
ICタグとか、そんな類のアレです。
機械部品メーカーではないので、直ちにこれが使えるという印象はありませんでしたが、今使われている用途以上に色々な事が出来そうな気がします。
しかし、「これがあればこれが出来る!」という唯一無二の選択肢ではなく、バーコードでも代用できる、QRコードでもいけそう、といった、いくつかの別の手段があるので爆発的な普及は難しいような気がします。

2014/05/22(木)
■学校の授業でタブレット端末。
面白くも、どうなるか分からない話ですね。
学校で習っていた頃、まぁ、子供だったから、という理由もありますが、学校を卒業してから「こんなに面白いものだったのか」というモノも少なくありませんので、実は、子供には、何を与えても抵抗なく吸収するし、何を与えても効果がないかも知れません。
まぁ、最初は、センセイが使いこなすのが先かもしれませんね。
小学校の頃の黒田先生(オッサン)は、ロクにスキップが出来ずに、教えようとしてましたから(笑)
■ウイルス対策ソフトと、別のウイルス対策ソフト。2本同時にインストールすると、メーカーによっては互いをウイルスのような脅威だと認識してアンインストールをしようとします。
でも、互いが互いをスキャンするのか、リソースばかり食ってしまい、PCの動作が激重になって、にっちもさっちもいかなくなります。
普段はそういう事はないんですが、ユーザーが勝手に入れてしまう場合と、プロダクトリカバリーの後でプリインストールがあるのに気付かず、追加で入れてしまう場合があります。
対処は簡単なんですが、激重になった時の削除は結構面倒です。
■『にっちもさっちも』と入力したら『二進も三進も』と変換されました。
ふえぇ、こんな漢字になるんだ、と驚きました。
漢字や熟語、日本人として生まれながら、実際は、一生のうちに一回も出会わないようなモノも多くあるんでしょうね。何となく面白いです。

2014/05/21(水)
■最近、味のない炭酸水、って表現が変ですけど、サイダーとかラムネのような炭酸飲料ではない炭酸水が増えているようです。
で、そんな炭酸水、職場で話していたところ、「イタリア料理を食べに行くと、水か炭酸水か聞かれたりする」という話になりました。
そういう店に行ったことのない私は、そんなモノかと聞いていましたが、家に帰ってから家人と話しをしたら「ウチらが食べに行くイタリア料理店って、水とお絞りはあちらです、ってセルフサービスだよなぁ。」という所に落ち着きました(笑)
いやぁ、外食慣れしてないもんで。
■14万キロのクルマに乗ってますが、今年の冬、もう1回車検受けようかなぁ、などと思っています。
いや、エスクード(2代目)頑丈ですし。
特に自動車は新車じゃなきゃダメだ、みたいなこだわりはないので、中古のSUV市場を見ていたんですが、トヨタのお膝元だけあって、ヴァンガードの年式が高いモノがそれなりに出ています。
SUVは大きくて燃費が悪いので、今の時代にマッチしませんが、そんな中でも、エスクードの人気のなさというか話題に登らなさ、というのは異常なレベルです。
便利な道具なのに、と思っていたんですが、そのSUVの中古車を見ていて気付きました。ヴァンガードの高年式のモノは、ほとんどFF車、2WDなんですよ。
要するにSUVの格好をしているだけで、別に四駆じゃなくてもいいや、って感じの層が買っているだけで、本格的なSUVなんて乗る人は限られる、って事なんでしょうね。
そんな見せ掛けだけの、いわゆる「なんちゃってSUV」に乗るくらいなら、普通にカローラに乗ります(笑)

2014/05/20(火)
■昨日、中国にある子会社との通信が途切れました。
現地担当者によれば、あちらの電話会社の担当と称する人間が手ぶらでやってきて、よく分からないから、と帰って行ったそうです。
結局、途中の通信ケーブルが『ねずみにかじられた』などという事で、電話もネットも止まっていた状況は今日の昼前に解消されました。
どのようなサイズのねずみかは知りませんが、通信状態を監視している会社のカタコト中国人が報告してきた際に、良くある事なのかと問うてみましたら、比較的、よくある話だそうです。
まぁ、本命:本当にねずみが多い、対抗:ねずみのせいにしておけばいいわ、ってとこでしょうか。
ちなみに、大穴:当局による規制、あたりでしょうか。
■ネット上で有名になった『片山ゆうちゃん』、結局、自分が犯人だとか言っちゃいましたね。
手口が稚拙な上に、ケーサツがザル、登場する弁護士がクズという素晴らしい舞台設定ですが、ともすれば世間を一緒に騙そうとしている弁護士風情が「私も騙された」とか言い垂れたりしていますので、一番、こいつらがクズじゃないかと思ったりしています。
今後は「これは重大な冤罪事件だ」などと騒いでいた連中が、黙りこくるのか、被害者面をするのか、とても興味深いです。
■こちらも面白いですね。
『「善悪の判断」を行い、それに伴った行動がとれる自律型ロボットの研究開発に、米海軍が資金援助を行っている。』
あれですね、「ケイレツ店で他社の自動車を売らないのは排他的だ」というのが善悪の悪なんでしょう(笑)
今更、アメ車なんか要らねー

2014/05/19(月)
■何となく疲れています。週明けなのに。
週明けだからか(笑)

2014/05/18(日)
■『ハチ激取れ』、ボス級の大きなスズメバチが入っていました。
遠くから見ても、何か大きいのが入ってるな、というシロモノです。
もし、こいつが目の前に現れたら「ヒッ!」って声を上げてしまうような、そんな大きなスズメバチでしたが、それでも、ハチ激取れの前では敵じゃありません。
すげぇ。
■『ヒッ!』という声は別の所で出そうになりました。
毛虫、は珍しくありませんが、その毛の大半の1本に『1粒』ずつ、米粒大の小さな何かがびっしりと付いている奴が歩いていたんです。
キモチ悪いというか不気味というか興味深いというか。
それも、緑色のクセに目立つところをモソモソと歩いている訳で、これは相当、不思議な光景です。
そして、これを、ネットで調べて見れば、『寄生蜂』がやらかすと、こういう事になるようで、似たような画像が色々と出てきました。
卵を産み付けられた毛虫、育ってくると、その皮膚を食い破って表に出てきてサナギになるらしいです。
なるほど『毛』についていた米粒は、マユにみえなくもありません。
そして、普段なら木の上にいるであろう毛虫が、モソモソと動き回っていたのは、もう最期なんでしょうね。
キモチ悪いと共に、自然の凄さを今更ながら思い知りました。
■ブラック・無糖。
新製品の缶コーヒーが出るたびに試してガッカリしています。
シンプルで誤魔化すのが難しい上に、酸化に弱くてすぐに酸っぱくなってしまう缶コーヒーのブラックという分野が難しいのは良く分かりますが、それでも、中には「よく頑張っているな」と思うモノもいくつかあります。
そんな中で、テレビで宣伝している「猿田彦珈琲監修」とか言っているジョージアのを飲んでみました。
が、一口飲んでガッカリです。
おそらく、有名な店なんでしょうが、その店が有名か無名かなど知ったこっちゃありません。飲んだ缶コーヒーは不合格品です。
変な後味が残る上に、香りもなんだかなぁ、という感じ。不味さのランクは、最低ランクのアサヒ・ワンダシリーズに肩を並べるレベルです。
また、テレビでは香りにこだわったような宣伝をしているのに、原材料が「コーヒー、香料」という時点で程度が知れます。
いや、『フレーバーコーヒー』を否定するつもりはありませんが、これを「監修」している猿田彦珈琲とやらは、世間から否定されてもおかしくない仕上がりでしょう。
メーカーは、金をかけて宣伝するより、研究費にカネを使え、と。
ああ、一応、添えておきますか。『※個人の感想です。』と。

2014/05/17(土)
■窓の外をみて驚きました。
空が真っ青すぎて、真っ黒い雲じゃないかと思うほどです。
日中日差しが強かったですが、なんとなく爽やかかで良い感じの一日でした。
■先週仕掛けた『ハチ激取れ』ですが、予想を上回るペースでハチが入っています。
正直、1週間で1匹くらい入れば、と思っていたところに、もう数匹は入っていて驚きです。それも、スズメバチがしっかり入っていますので、今年は多いんじゃないかと心配をしています。
ただ、『ハチ激取れ』で画像検索すると、容器の中が佃煮みたいになっている画像が多いので、ウチはまだまだ少ない方です。
新型になって、2つ穴だったのが1つ穴になりましたが、入ったものが飛べる状態でも、なかなか逃げられないようです。今日も1匹入っていました。
しばらく吊るしておきます。
■ケンタッキーフライドチキンのコールスローサラダが食べたくなったので、作ってみることにしました。
幸い、ネット上には類似のレシピを公開されている方が多々おられましたので、それらを参考にして作ってみました。
結果、若干、甘めではありましたが、あれが大好物の家人からは合格がでました。
ファストフード店などで、微妙に美味しく感じるものはありますが、原材料が産地などを含めて、どの程度信頼できるのか分からないケースがあります。
いや、店で売られているものが信用できなくなったらオシマイですが、まぁ、そこは懐疑心ではなく探究心だと考えて、色々な味の『自家製化』が出来ればなんて思っています。
そして、作ってみて分かることが色々ありますので、これはこれで面白いです。

2014/05/16(金)
■久しぶりにMeMO Padのお出ましです。
『Wifi Analyzer』というアプリが使いたいからです。
利用中の無線LANのチャンネルを可視化できる便利なアプリですが、残念ながら、この手のアプリはiPadにありません。
ということで、引っ張り出してきましたが、相変わらず使い辛いです。
しかし、純正の「専用トランスカバー」というモノに変えたら、フタの開閉で電源のON/OFFが出来るようになったので、少しはマシになりました。
ただ、それでも動作自体は不安定ですね。
Androidを使い慣れている人は「余計なアプリとか常駐させているからだよ」と仰いますが、そんな事を考えなくともiPadは安定しているんだから、余計なアプリを常駐させているかどうかを注意しなきゃならないAndroidの完成度は低いと思います。
確かに、自由度は高いですが、自由度と安定度は違います。
もちろん、用途によっての一長一短があるので、どちらが絶対的に優れているという訳ではありません。
何か特定のアプリが使いたいなら、それが動作する端末がベストな選択でしょうが、メールなどのアカウント類がクラウド上なら、その実、両方持っていても便利です(笑)
■どちらにも属さないマイクロソフトですが、日本マイクロソフトを除けば、Android/iOSのせめぎ合う戦線に参加しつつあります。
日本以外の多くの国で、iPad版のOfficeが公開されていたりしますが、相変わらず、日本マイクロソフトはOffice依存ですし、Surfaceの戦略もさっぱり理解が出来ない方向で迷走しています。
ビジネスで売りたいのか、コンシューマーモデルとして売りたいのか、少なくともツイッター上のキャンペーンを見ている限りは分かりません。
この状態を「偏った」と称するか「独自の市場」と称するかは解釈次第ですが、まだ、古い「マイコン時代」の体質が抜けていないように感じます。

2014/05/15(木)
■引き続き、MADE IN TOKYOのパソコンの話題です。
昨日、「プロダクトリカバリーを試してください」と言われましたので、それを実行しました。
ご存知の通り、完全初期化してのリカバリーです。
今時のパソコンは当たり前にCDやDVDからのブートが出来るため、それほどリカバリーに困ることはありませんが、添付のディスクからのリカバリーだと、指紋認証装置を必要とするセキュリティアプリがインストールされないので、サイトから持ってこなきゃならない、というマヌケな状態でした。
一通り試し、さらにドライバを最新版に上げて試しましたが、動作せず、でした。
つか、どう考えても、ハードウェア障害なんですが、一応、出来る事は全部試さなきゃ、修理には応じてくれないマニュアルのようです。
本日も、引き続いて、MADE IN TOKYOブランドで他国のオペレーターさんが対応してくれましたが、相変わらず、細かいニュアンスが通じ難い部分は困りますね。
とりあえず、無事に引き取り修理をして貰えることになりましたが、色々と勉強にもなりました。
■カタコトの日本語を話す人の相手をしていて、細かいニュアンスが通じ難い事を痛感しましたが、これを英語の苦手な日本人、いや、他国語が苦手な人がどうして苦手なのかが、なんとなく分かった気がしました。
1つは「時制」です。
大きく分けて、現在、過去、未来とかの時制ですが、大きく分けた状態は誰でも理解ができるものの、細かなニュアンスは分かりません。
「すぐやります」は、直ちに実行するのか、出来るだけ早めに実行するのか、この言葉だけでは判断が難しいですが、母国語で聞いているうちは、それを会話の前後の流れで解釈するから、通じるんだと思いました。
時制に限らず、細かなニュアンスを無意識のうちに会話で汲み取っているから、円滑にコミュニケーションが取れるんでしょう。
外国映画の字幕版でも、たまに奇跡的に聞き取れた英語の会話が、思いの外、簡単な単語による会話だったりして驚くのも、そういう事なんでしょうね。
■NHKのニュースを見た後、そのままテレビをつけっぱなしにしていたら「LIFE!〜人生に捧げるコント」という番組が始まりました。
これ、面白いですね。久しぶりに、コントらしいコント番組を見た気分です。
今時の「お笑い番組」にありがちな、字幕で笑わせたり、CMを挟んで意味もなく盛り上げようとするなど、お笑いそのものではなく、テレビという媒体を利用した演出の力でカバーするような煩わしさがなく、さらに押し付け感もないのが良いです。
こういうスタイルだと、見ている方も「ここ、笑うとこだから」と押し付けられるのではなく、自分が面白いと思えば笑えばいい訳で、逆に面白くなければ笑わないという、ある意味、正面から真剣に当たってくるコントに思えました。

2014/05/14(水)
■5台購入したノートパソコンのうち、1台の指紋センサーが不具合でしたので、サポートセンターに連絡してみました。
今時は、サポートセンターは片言の日本語を喋るアジア系の人が多いんでしょうか。中国だか韓国だか分かりませんが、そういうオペレーターが対応してくれました。MADE IN TOKYOを謳っているメーカーなのに(笑)
ただ、喋りはマニュアル通りで面白みはないものの、よくここまで教えたなぁ、と思うような感じです。難しそうな事は解決できそうにありませんが、不具合があったときのチェック手順について学ぶつもりなら、きちんと話を聞いてみる価値はあると思いました。
しかし、誰が言い出したんでしょうね。
サポセンが、1ステップ進むごとに「ありがとうございます」って付けるの。
あれ、丁寧なつもりかもしれませんが、正直、しつこく感じます。
■昨年漬けた梅干しは、結構、塩辛いのでまだ残っています。
少し塩抜きして、食べるかなぁ。
ちなみに、一口かじっただけで、結構、酸っぱ塩辛いです(笑)
今は、健康志向で、減塩タイプなどが主流ですが、昔ながらの、口が『*』な形になるような梅干しも悪くないですね。
■あまり使っていないメールアドレスに迷惑メールが届くようになりました。
対策として、そのアドレスを登録してあるサービスやサイト毎に1つずつメールアドレスを作って、アドレスを変更しておきました。
これで、スパムが届くようになったら、そのサイトが怪しいという話は出来そうです。

2014/05/13(火)
■マイクロソフトの窓口の人から電話がありました。
毎年、ある時期に、今期の御社のご計画を、みたいな形でヒアリングされるんですが、その冒頭に、IEの脆弱性についてお詫びの一言がありました。
ずっと、WindowsUpdateで提供され続けてきた時には、特にそういう一言はなかったんですが、今回に限って「今回はご迷惑をおかけして」と来たわけですよ。
例外的な対応を取ったから、じゃなくて、世間一般で急にサポート切れの話題が広まったので、どうでもいいところで叩かれるようになった予防策なんでしょうね。
■某社の担当SEさんが転職されたという報告を受けました。
この業界、いきなり農業に目覚めたり、コーヒー屋をやりたくなったなどと店を出すような大幅な変更がなければ、たいていは横滑りして、同業他社に身を寄せる事になります。
おそらく、その方も同じような事になったのでしょう。
比較的、入れ替わりの激しい業界でタイヘンだな、と思いますが、私の方は、異業種の顧客として、IT業界を眺める立場なので、気楽に眺めたりしています(笑)

2014/05/12(月)
■いや、ビックリしました。
昼休みに、唐突に暗くなりました。
停電です。
今までも、それほど長時間のものはありませんので、すぐに復旧すると思っていましたが、どうも回復しません。
サーバー室は、個別のサーバー毎にUPSはあるものの、特に自家発などの設備はありませんので、それほど長い時間は持ちません。
幸いな事に、UPSの管理ソフトが、設定にしたがって適切にシャットダウンしてくれましたので、大事には至りませんでしたが、UPS連動していない物を落とすべきか、そのまま復旧を待つべきか、悩ましいところです。
結局、30分ほどの停電となりましたが、ここまで大規模なものは10年に1回あるかないかのレベルです。
■大きな山火事の原因がバーベキューの炭火だったというのは、結構な驚きですが、珍しいことじゃないそうです。
まぁ、調理中に消えないように作られているんだから、そう簡単に消えては困るわけでしょうが、だから、消したと思っても消えないんでしょう。
そう考えると、タバコなんかも、火がついたままポイ捨てするバカはしばしば見かけますね。
ゴミくず1つにしても、そこらにポイ捨てできるヤツの気持ちが理解できませんが、さらに、火が付いているものを捨てるんですから、バカなんでしょうね。
こういうのは本人に直接注意したところで、何ら悪気はないので効果はありません。
例えば、「恋愛は、人それぞれだけど、あの女性は、タバコのポイ捨てするようなクズ男しか相手が居なかったんだねぇ」と哀れむ風潮でも出てくれば、案外効果があるんじゃないかと思われ(笑)

2014/05/11(日)
■久しぶりに、日中というか夕方ですが、お日様が出ている時間帯に歩いてみました。
(ウォーキング的な意味で)
風景が新鮮ですが、何か、思いの外、暑いですね。
久しぶりに、運動した、って感じです。
■母の日でした。
どこに行っても、カーネーションなどが並ぶ『特設会場』があるので、嫌でも思い知らされます。
しかし、ずいぶんと派手になりましたね。
私の中では、小学生くらいの女の子がお小遣いを握り締めて、カーネーションを、どうにか1輪だけ買って帰るようなつつましいイベントだと思い込んでいましたが、そういう店頭に並ぶのは、それなりの値段の鉢植えだの花束だの、立派なものばかり。
何となく、時代の移り変わりを感じます。
■スズメバチの姿を見かけたので『ハチ激取れ』をセットしてみました。
従来品から、若干デザインが改良されているようで、大型のモノも捕獲できるようになったという事です。
春先から梅雨くらいまでに飛んでいるのはスズメバチの女王で、こいつさえ居なければ、巣が出来なくなります。
しばしば、テレビなどで「危険動物」と称してスズメバチによる被害や、その駆除の様子を映したりしていますが、被害が多いなら、自治体総出で、この時期に駆除するよう取り組めば良いと思うんですが、どうなんでしょうか?
まぁ、何にしても『ハチ激取れ』は、なかなか、効果的です。

2014/05/10(土)
■iPhone版のモンスターハンター、今のところ、狩れる気がしません(笑)
クック先生に瞬殺されそうな操作性です。
いや、画面タッチのコントローラ自体の再現性は悪くないと思いますが、画面タッチでアクションゲームは、色々と無理があるような気がします。
であれば、その対応している外付けコントローラでも買ってみるか、と思ってしまいますが、「いやいや、2ndGなら、PSPを引っ張り出せば済むよね」という心の声も聞こえてきます(笑)
■ジャパネットの通販で、カシオのデジカメが出ていました。
エクシリムシリーズ。最新のは2,010万画素だそうです。
って、おい、2000万画素超えか?とまじめに驚きました。
私、800万画素のEOSですが、いくらCCDサイズが違うからといえ、ちょっとこの技術の進歩には驚きました。
そして、お値段、9,980円!
お支払い方法は、現金一括のみですが、分割しなくても驚きます(笑)
何か、すげぇ、時代だなぁ。

2014/05/09(金)
■クールビズが始まった週ですが、意外と暖かくなかった、というか、むしろ肌寒い事も多かったような気がします。
いや、日中は、そうでもないか。
何にしても、季節の変わり目っぽい感じなので、風邪ひかないように注意しましょ。
■iPhone/iPad向けにモンスターハンターが出ましたね。
『MHP2ndG』という事で、これは、PSPで結構、やり込んだ覚えがあります。
コツコツと進んで、現在、3DSで『3G』の最後の方に差し掛かっていますが、3になって色々と便利になったものの、狩りそのものの楽しさは2の方が上だったような気がします。
ひとまず、購入後、ダウンロードだけは済ませました。さて、どんな仕上がりか、楽しみです。

2014/05/08(木)
■地道にバージョンアップを続けている『NSB/AppStdio』ですが、Ver.4.0.5がリリースされました。
その中で『Scrolling forms!』という項目に、いなあもさんがTwitterで反応されておりました。
確かに、固定フォームのアプリしか作れなかったので、これは便利です。
早速、サンプルを試してみたところ、ちょっと残念で面白い結果になったので日記のネタにしてみました。
■これが、開発ツール上のデザイン画面です。
『Scrolling Form』というサンプルを開いたところですが、画面のサイズよりも長いフォームをデザインしています。

    NSB Sample
上の方から、HeaderBar、Button、List、RadioButtonのコントロールが並んでいます。
更に下の方に進んでみましょう。
    NSB Sample
TextBox、CheckBox、一番下にFooterBarと並んでいます。
ちなみに、画面の長さ(高さ)情報ですが、フォームのプロパティは、このように設定されています。
    NSB Sample
height=800なら、iPhone5なら収まってしまうサイズの筈ですが、width=320となっている事からも分かるように、サイズは半分になっています。
これは、旧バージョンのブラウザとの互換性を保つためでしょう。いわゆる「ローレゾ」ですね。
■これをコンパイル、じゃなくて、デプロイしてみます。
自動的にFTPでサーバー上に転送されますので、iPhoneの実機で動作させてみましょう。
    NSB Sample
実行画面の一番下に、何故かFooterBarが居ます。
天道宮に攻め入った千征令『オルゴン』が、虹の翼『メリヒム』に対して放ったセリフを思い出しました。
    何故、貴様がここにいる!
では、この画面をスクロールさせてみましょう。
    NSB Sample
幸いなことに、普通にスクロールしますが、残念なことに、FooterBarも画面に追従して、スクロールしてしまいます。
デザイン画面では、FooterBarの上にあった筈の、TextBoxやCheckBoxが下の方にあります。
そして、一番上までスクロールさせ続けると、ついには、FooterBarが画面の外に消えてしまいました。
    NSB Sample
更に、驚くことに、画面からFooterBarが消えた後、この画面を下の方にスクロールさせることは出来ませんでした。
おそらく、『本来は一番下にあった筈』のモノが画面から消えてしまったので、現在、画面上には『何もない』という状態と認識されるんでしょう。
画面に何もないから、フォームをスクロールさせようとしても、タッチすべき場所がないよ、という事でしょうか。
残念な結果ではありますが、まぁ、最初はこんなもん、と面白がって使うくらいの余裕は必要じゃないかと思っています。

2014/05/07(水)
■連休明け、特に問題なくシステムは安定稼働中。
たかが4日ですが、されど4日です。
まぁ、一緒に居たからハードディスクが壊れないという訳でもありませんが(笑)
■クールビズだそうです。
お上が主導で始まっているようで、もう、近所の中学生の中には半袖の子が混じっていました。
しかし、今朝は、寒さが戻ってきており、半袖など着なくとも十分に寒かったですね。
人間様が「何月何日からクールビズを」と決めたところで、相手は自然のお天気というモノ。
久しぶりに戻ってきた肌寒い朝に、半袖中学生の姿は、どこかしらお役所仕事の柔軟性のなさを感じる風景でした。

2014/05/06(火)
■連休終わり。
結局、ろくなお出かけせずに終わりました。
うん、まぁ、お家が一番良いや。

2014/05/05(月)
■日本における大型連休の始まりと終わりは、高速道路の渋滞映像なんでしょうか(笑)
お盆と正月には、ここに、新幹線と空港の風景が追加されます。
もう、映像を使い回しても分からないレベルですが、どこの誰とも知らないガキに「おじいちゃんの家に行きます」って喋らせるのも、いい加減、要らないなぁ、と思ったりします。
■AT車のエンスト注意、だそうです。
2011年から2013年の間に111件だそうです。
その原因、記事には、こう書かれていました。

    111件のほとんどは坂道で発生。うち40件はギアの操作ミスによるエンストだった。ギアをバックに入れたまま坂道を前向きに下るなど、走る向きとギアが合っていないと、負荷がかかりエンストする。
記事を読んでも、よく分かりません。何で、そんな事するのかと。
また、こういうトラブルもあるそうです。
    押しボタンでエンジンを始動する車でも、エンジンをかけずに坂道を走行したトラブルが40件あった。
エンジンがかかっていないと、パワステも効かず、ブレーキだって激重になる訳ですが、こういうのって、教習所で教わった筈なんですけどね。
どう考えても「余計な事」をしてトラブルを生んでいるような、そんな印象を受けます。
111件のうち、死傷事故は8件、うち1人は死亡だそうですが、この件といい、交通死亡事故の件数を考えれば、本来、運転をしちゃいけないような人種にも免許を渡している事が大きな問題じゃないかと思います。
ところで、最近、信号待ちになると、エンジンが止まってしまう「エンスト車」、アイドリングストップとかいうんですか、あれ。
あんな機能、本当に要るんですかねぇ?何か、始動時に多量に不燃焼ガスを噴出して、かえって環境とかに悪いような気がします。

2014/05/04(日)
■「ガールフレンド(仮)」、分かったことがあります。何か、自動的にリロードしないんです。
だから、一旦、ホームに戻るボタンを押したりして、再読み込みをさせないと、画面の表示が変わりません。
これは「アルバイトをする」という選択肢を実行した場合、そのバイト終了までの残り時間がずっと固定値で表示されている点で、何となく感じていましたが、数日のプレイで、ほとんど、ブラウザゲームという事を理解しました。
でも、今時、ブラウザでもインタラクティブなゲームが作れるのに、ちょっとこれは酷いですね。
テレビでCMをバンバン流していますが、本当に儲かっているんでしょうか?不思議で仕方がありません。
■課金ゲームといえば、何かの調査で、ゲーム内課金をしている事を人に話すと、無駄遣いと思われたり、いい年こいてゲームしていると思われるのが恥ずかしいと、半数ほどが抵抗感を持っているそうですが、何かアホは話ですね。
自分で価値があると思ったものにお金が出せなくなったら、お前の働きにも給料くれる人がいなくなるよ、って事でしょうに。
似たような話で、出来の悪い技術者の中には「お客様からお金を頂くのが申し訳ない」などと言い垂れるバカがいます。
商売でやっているんだから、きちんと「お金を取れる仕事」をすべきであり、申し訳ないと思うなら、さっさと辞めてボランティアで「お客様」が喜ぶ事をして差し上げれば良いんです。
さすがに、いい加減なものを売って、インチキ商売をしろとは言いませんが(笑)
しかし、このゲームの課金という不思議な言葉。
では「ゲームごときにお金をかけている人の気が知れない」という人が、どういうお金の使い方をして、どんな高尚な余暇を過ごしているか、じっくりと伺いたいものです。

2014/05/03(土)
■連休1日目。普通に土曜日なので、とりあえずグータラしました。
心地よい風が吹いた五月晴れ。良い、グータラ日和です。
■先日、Huluで「ビジター」のシーズン2を見始めました、などと書きましたが、月が変わって「シーズン2」の放送がされなくなりました。
あちゃー
スケジュールを見たら、シーズン1とシーズン2を1ヶ月ごとに繰り返しているようです。
なるほど。
幸い、シーズン1を見ていないので、丁度良い機会です。
と言うか、昨夜から連続で見続けています。これがグータラの理由。
そして、ローラ・ヴァンダーヴォートという女優さんがべっぴんさんで気に入りました。

2014/05/02(金)
■大型連休も後半だそうです。
カレンダー通りなら、明日から4連休となります。
大型と言いながら、前半は1日休みがあっただけなので、連休なんて幻想です(笑)
■色々な歴史がありますが、BASICが誕生から50年だそうですね。
今でこそ、標準的ではなくなった感はありますが、インタプリンタ型で動作の流れとかをきちんと考えられる言語なので、今でも、教育関係なんかには向いているんじゃないかと思ったりしています。
この言語、行き当たりばったりでゴールに向かえる、という良い面も悪い面もありますが、昔ならいざ知らず、今時のパソコンなら、多少、雑な作りをしたところで速度が変わるようにも思えません。
特に「そういうのは教育的意義が」という意見もありますが、例えば、翻訳サービスが、より口語での入力でも対応できているのと同様、実行速度に影響がなければ、動くものが早く、確実に出来れば良いとも思います。
まぁ、何にしても、マイコン時代じゃないのでホビーの領域でBASICは『古文』の域でしょうね(笑)
BASICといえば、NSB/AppStudioもありますが、今は、先日購入した電卓fx-5800Pが楽しいです。
■『ガールフレンド(仮)』、相変わらず、よく分からない(笑)

2014/05/01(木)
■えー、唐突ですが『ガールフレンド(仮)』なんてゲームを始めてみました。
今のところ、何だか、さっぱり分かりません(笑)
人間、ある程度の年齢であれば、色々な経験を生かし、初見のモノでも、ある程度触ったりすれば「おおよそこういうモノかな?」という感覚は多少なりとも得られるものですが、現時点で「宇宙人と会話している」感じです。
また、Wikiなどをチラッと読んでみましたが、これがもう、苦笑いモノです。共同で編集しているものは、説明の下手な人間も混じっているので、まず、言っていることが分かりにくい、いや、分かりません。
こういうのは残念な仕様でも、まがりなりに製品として通用するWindowsに比べて、各々が勝手なことをしながら混沌に陥っていくLinuxの派生品に似ています。
■ゲームは、例えば「敵と味方に別れて戦う」という基本的な関係の上に、「敵が昆虫で味方が植物」のような世界観をかぶせたりするわけですが、この手のゲームは、ルールも価値観も分かりにくく「登校するとレベルがあがる」という設定に対して「何故?」と考えるより「そういうものだ」と理解する柔軟さが必要なのかもしれません。
「そういう設定だから」は、ある種、都合のいい柔軟ルールですが、現実的な価値観と相違がある点が面白くも難しい点でしょう。
しかし、経験を積んでいるであろうオッサン、ともすれば社会的、会社的に判断を求められる立場である筈が、その実、新しいモノを理解できないというのも変な話です。
バカバカしいことでもやってみなきゃ分からない、という基本に立ち返り、とりあえず、遊んでみることにしましょう(笑)