A.S.M. -Ami's Shopping Memo-
main 【概要】
A.S.M.は「Ami's Shopping Memo」の略で、操作の簡単な買物メモですが、買物以外にも、使い方次第で色々な用途に使えます。
また、データは、Palm標準のメモ帳データを取り扱いますので、データ作成がPC上でも簡単にでき、他のデバイスとデータ交換を簡単にできます。


 ●PalmOS 3.0以上 モノクロ (ジョグ使用可)
 ●サイズ 27KB
 ●要 NS Basic/Palmのランタイム(NSBRuntime.PRC) 2.05を同梱
icon 【インストールと起動】
ここをクリックして、asm041.zip(53KB)をダウンロードし、解凍して下さい。
(ここでダウンロードできるのは、Ver.0.4.1です。最新版は、アップデートのページをチェックして下さい。)
解凍したA.S.M.prcを、通常の方法でインストールして下さい。
動作には、NS Basicのラインタイムファイル(NSBRuntime.PRC)が必要です。
インストールされていない場合は、こちらもインストールして下さい。また、同梱版のバージョンはVer.2.05ですが、これより最新版をお持ちの場合、こちらはインストールする必要はありません。

インストール後、このアイコンからスタートします。


【使い方】
簡単なワークシートと考えるとわかりやすいですが、ASMでは、ページと呼ばれるシートを5シート扱う事ができ、1ページは10行から成ります。
1つの行は、チェック欄、文字欄、数値欄から構成され、それぞれの働きがあります。

チェック欄は、購入したかどうか、などのチェックに使います。タップすると、チェック・非チェックの状態を反転します。

文字欄は、商品名などの文字情報を入力する欄です。

数値欄は、値段や数量などの数値を入力することができる欄で、TOTALボタンで単純な合計を計算しますが、計算はリアルタイムで行われませんので、必要なときに[TOTAL]をタップして下さい。
一応、小数点を含む数値も扱えますが、買物、ということで、整数を前提に設計しています。
また、最大で11桁までの数値を扱う事ができます。ま、これは、ビル・ゲイツ氏でない限り、個人で使うには十分でしょう。
【操作:メイン画面】
通常の画面では、カーソルのある位置に入力が可能です。Graffiti、ソフトキーボードなどで入力して下さい。
また、数値欄に限って、画面上のテンキーで数値の入力が可能です。
ただし、テンキーの「C」はその欄の消去で、文字欄でも有効です。
CLIEのジョグダイヤルや、ハードキーで、カーソルの移動が可能できます。詳細は、サブメニューをご覧下さい。
Graffiti入力の「Enter」(スラッシュ動作)でもカーソルは下に移動します。

左上の「W」と「R」は、それぞれ、データの書き出し(Write)、読み込み(Read)です。

取り扱うデータは、ASM形式のデータです(データ形式、参照)
書き出し「W」をタップすると、現在のページがASM形式で保存されます。
この時の見出しは、自動的に、日付+時間になります。

上部の数字は、ページを表します。タップするか、ハードキーの一番左(スケジュールボタン)で切り替えます。
使いにくいですが、ジョグダイヤルの押し回しでも切り替えられます。
【操作:読み込み画面】
メイン画面で「R」をタップすると、データの読み込み画面になります。
「ASM Data List」にASM形式データの見出しが一覧表示されますので、選択して「Read Data」で読み込みます。
データは、現在、表示されているページに読みこまれます。
読み込み操作は、ハードキー及び、ジョグダイヤルでも操作可能です。
【操作:ヘルプ画面】
メイン画面の右上の「?」をタップすると、サブメニュー(ヘルプ画面)が表示されます。
サブメニューでは、「データの消去」「データの全消去」「言語の選択」が可能です。

データの消去「CLEAR」は現在表示されているページのデータを削除する機能です。
一方の、データの全消去「CLEAR ALL」は、全てのページのデータを削除します。

言語の選択は、「Nippon」又は「English」を選択できます。タップして言語を選択して下さい。

画面アイコンの右に「NSB:205」などの数値がありますが、これは、NS Basicのランタイムのバージョンです。
例えば、205であれば、NSBRuntimeの2.05がインストールされていることを表します。

画面下部は、操作に使用するキーが表示されています。
【データ形式】
データは、Palm標準のメモ帳から読み込みます。
勝手に、「ASM形式」と名付けましたが、単純な書式です。

このデータは、1行目の先頭が「ASM」で始まるデータです。大文字、小文字は問いませんが、半角である必要があります。
1行目の4文字目以降は、注釈として取り扱われ、読み込みリストの一覧に表示される文字列です。

2行目以降が実際のデータとなりますが、こちらは、単なるCSV形式のデータです。
カンマで値を区切る形式で、文字データ、数値データ、チェック、の順になります。""は不用です。
また、チェックは省略可能で、この場合は、カンマも省略できます。
読み込み時、最大で、10行まで読み込む事ができ、それ以上は、無視されます。
また、数値が11桁を越えた場合、先頭から11桁分だけ読み込まれます。
最後の「チェック」は「チェック=1、非チェック=0」とし、1以外または省略されると「0」と見なします。

データがメモ帳で扱えるので、Beamや作成が容易にできますし、また、簡単なフォーマットなので、他のアプリケーションからデータを作成する事は難しくないでしょう。
【配布・製作・著作】
本ソフトウェアは、フリーウェアです。ご自由にお使い頂いて結構です。
転載等も、ご自由に行って頂いて構いませんが、事後にでもご連絡頂ければ幸いです。

動作に関しては、慎重にデバグ等を進めてきましたが、完全である保証はできかねます。
そのため、本アプリの使用による不具合などは、一切責任を負いかねますので、ご了承下さい。
また、ジョグアシストなどの環境により、思わぬ動作をする事がありますので、重ねてご了承下さい。
 
使用に関してのご意見、ご感想、ご提案、及び、バグ情報などお送り頂ければ幸いです。

製作者:mizuno-ami  (C)A.Mizuno.2001.mizuno-ami.2002.


【開発メモ】
●プログラムに関して
NS Basic/Palmを使用して作っています。
ランタイムなどは、同梱のものをお使い頂ければ結構ですが、最新版はNS Basic Corporationのホームページよりダウンロードできます。
( http://nsbasic.com/palm/support/downloads.html )

●履歴
  2002/01/07   Ver.0.1.beta とりあえず完成
  2002/01/08   Ver.0.2.beta データの読み込み機能追加。メッセージのバイリンガル対応機能追加
  2002/01/09   Ver.0.3.beta データの読み込み操作をキーとジョグに対応。データの書き出し機能を追加
  2002/01/10   Ver.0.3.1.beta 特定の条件で、文字データが書き出されない不具合を修正
  2002/01/10   Ver.0.4.0 ヘルプ画面で、NS Basicのランタイムのバージョンが表示される機能を追加
  2002/01/11   Ver.0.4.1 メモ帳からの読み取りで、削除データに関する不具合を解消。英語版ドキュメント添付