Palmなお部屋:ぷりちぃな小物たち

【P−man】

2002.04.01 mizuno-ami.

【購入動機】 店頭で見かけて、可愛かったので、思わず衝動買い!!
【P−man】

まずは、愛らしい姿を見てください。

  

可愛いでしょう?実は、これタイマーなんですね。
100分のカウントダウンタイマーと時計機能がついた「P−man」です。
株式会社タニタさんが発売されている製品で、パッケージには、

  「プリティタイマー 100分計」

と書かれています。そう、プリティなタイマーなのです。
【可愛さの魔力】

日頃、あまりタイマーを使う事のない自分が、唐突に買ってしまう。そんな魔力をこのP-manは持っています。
なぜでしょう?それは、そのサイズにあります。

  

500円玉が大きく見えるこのサイズ、実際、胸ポケットや、カバンなどにさり気なく付けても平気なサイズです。
このP-manが集団で店頭に並んでいる姿、思わず、足を止めてしまう風景でしょう。私も、レジに向かっちゃいましたから。
【タイマー】

外見だけに惑わされてはいけません。このP-manに与えられた任務は「タイマー」なのです。
どれかボタンを押すと、タイマーモードになります。
タイマーモードになったら、右手(m)で分を、左(s)を押すと秒をセットします。1回押すとピッという確認音と共に1つずつ加算されます。また、押しっぱなしで、早送りも出来ますので、設定は比較的楽です。

   

ただし、早送りの時も、確認音が出続けますので、ちょっとうるさいかもしれません。
また加算だけなので、行きすぎてしまった場合は、面倒です。
右ボタンと左ボタンを2つ押すと、値のクリアができます。行きすぎた場合、これでクリアしてやり直すのが良いでしょう。

時間をセットしたら、[START/STOP]ボタンでカウントダウンスタートです。最大99分59秒のタイマーです。
時間が来ると、電子音(ピピピ)が、約30秒鳴りつづけます。ボタンを押すことで、止めることが出来ます。

タイマーモードで、何もしない状態から3秒後に時計モードに戻ります。強制的に時計に戻る機能はありませんので、はじめのうちは、戸惑う事があるかもしれません。
【その他】

通常、P-manは時計として機能します。これは、オーソドックスな24時間制の4桁の時計です。
特にアラーム機能やストップウォッチなどはありません。

本体には、ポケットなどに止めるためのクリップが付いています。 また、ぶら下げにも対応できるよう、ストラップ(別売)を通す穴も開いていますので、御好みのストラップを付けても良いでしょう。

   

電池は、LR-44という一般的なボタン電池を1つ使います。これで、約1年使えます。
【まとめ】

かわいいデザインは、タイマーとしてではなくても、ちょっとしたアクセサリにもなるでしょう。
同社のサイトには、このP−man以外に、さまざまな可愛らしいタイマー製品がラインナップされています。
「他の製品との差別化」に「かわいいデザイン」という有効打をヒットさせた製品ではないでしょうか?

【オススメ度】
プチ度★★★★☆小さいので、ちょっと目立たないかも
実用性★★★★☆タイマー、時計は通常用途に十分実用的
物欲小悪魔★★★★★見かけたら、ヤバイです


     

【購入データ】

私の場合は、
 ●定価が2000円ですが、実売1500円程度で入手できます。

詳しくは...
  株式会社タニタ(http://www.tanita.co.jp/)