Palmなお部屋:ぷりちぃな小物たち

【Pranalia】

2001.11.09 mizuno-ami.

【購入動機】 可愛かったので・・・
【ぷらなりあ?】

ぷらなりあ・・・・そう聞いて、理科や生物の授業を思い出す方もみえるのではないでしょうか?
そう、あの切っても、そこから再生しちゃう生物の「プラナリア(Planaria)」です。知らない方は、Googleでのプラナリア画像の検索結果をご覧下さいね。
そのプラナリアのイメージを元に、九印(きゅうじるし)さんで、デザインされた架空の生物「プラナリア(Pranalia)」です。('R'と'L'の位置が違うようです)

●大きいのと小さいの

九印、のデザインコンセプトは
   「進化とルーツ」です。
   「わたしたちはどこからきて、どこへいくのか」という誰もが気になる疑問をモノづくりという立場で考えています。

とのことです。ふむふむ。
【ってなに?】

これは、小物入れ、という事になるのでしょう。
要するに、口の部分がチャックになっていて、そこからモノを出し入れするようになっています。


●こんなとぼけた表情です。


口をあけると、こんな感じ

中の生地はフリース地で、入れられたものを優しく包んでくれます。
オレンジ色の「体内」は、使いこんでいくうちに、愛着がわいてきます。なぜだか、出し入れが楽しくなってきます。
【小物入れ!】

意外と小ぶりな本体とは裏腹に、結構な収納力を持っています。
元々、大きな方は、PDA入れ、小さな方は、携帯電話入れ、という位置付けになっているようで、それに応じた容量はあるようです。


●PHS、Backupモジュール、SnapConnect、ケーブル・・・意外と入ります。
※あと、単4電池×2を加えたのが、私の持ち歩きセットです。


もちろん、CLIEなんかもスッポリと入ります。

楽しいのは、モノの出し入れで、入れる時は、なんでも食べる可愛い奴、という感じがします。
ま、一方の出す時も、それなりに楽しいです・・・
【体内】

体内はフリース地で、大切な荷物を優しく包んでくれますが、それ以外に便利な機能があります。
まず、尻尾ですが、簡単なジョイントがついていますので、今、使っているカバンなどにも簡単に後付けする事が出来ます。

●こんな感じのスナップジョイント(かな?)です。

この構造のため、カバンにぶら下げて持ち歩く場合、さかさまになってしまい、万一、口が開いてしまったら、中身が出てしまう危険性があります。
そこで内部に、ある工夫がなされています。
それは、携帯電話などのストラップがついているものであれば、それを引っ掛ける仕掛けが装備されている点です。
とても簡単な仕掛けで、目の裏側に、スナップで止められているだけなのですが、それを外してスナップを止める事で、万一口が開いても、携帯電話などは落ちないようになっています。

●簡単な仕掛けですが・・・


●スナップになっているので、ここにかけられます。


●ほら、携帯電話も落ちません。

急な電話には困ってしまう場面もありますが、ファッション性と実用性をなんとか融合させた作りで、かつ、目玉がこんな風になっているのか、と感心させられる仕組みです。
とは言え、小物などは落ちてしまいますので、ご注意を。
【まとめ】

とりあえず、並んで口をあけた様子をご覧下さい。


●ぽか〜ん×2

お、かわいいジャン!、と思ったあなたは「買い」でしょう。
独自性溢れるデザインには、好き嫌いがわかれそうですが、テント地で武装された外皮と、フリース地の柔らかな内部は、小物入れとしての機能は十分に果たします。
荷物の出し入れがなんだか楽しくなる一品で、ありきたりのものを贈りたくない方へのプレゼントとして良いのではないでしょうか?

【オススメ度】
注目渡★★★★☆地味な存在だけど、見つかると注目されるかも
実用性★★★☆☆比較的、大容量で意外と実用的
かわいい!★★★★★女性ウケするかも


【購入データ】

私の場合は、
 ●大きいのが3,800円、小さいのが2,500円でした。今は、別のデザインのものもあるようです。
 ●オシャレな品揃えの「アシストオン」で購入しました。

詳しくは...
  九印オンラインショップ(http://www.9brand.com/)
または...
  アシストオン(http://www.assiston.co.jp/)