2019年05月 一覧
数打ちゃ当たる方式

2019年05月18日(土)

●『オレオレ詐欺で約1,550万円をだましとられた東京都の女性(81)が5月17日、定期預金の解約を止めなかったのは注意義務違反にあたるなどとして、都内の信用金庫に対して、全額の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした』、何かねぇ、この金融機関が高額な取引に対して何らかのアクションをするのは、義務じゃなくてサービスだろうに。こういうバカな老人のために、いくら以上の振込ができない、といったバカ基準が作られた上に、そのバカ基準で守ってくれなかったと訴えるなら、馬鹿以上の言葉が見つからない。これ以上の基準を作るなら「もう、年寄りの言うことは全部信用しない」しか思いつかないが如何か。『家族も信金に対し、50万円を超える金額のときは自分たちに連絡するよう依頼していたが、事件の日は連絡がなかったという』も、その「依頼」がどの程度のものか書かれていないが、それこそ、この手の親切サービスなんか、バカ基準に照らして廃止すべきで、毎月幾らかの金額を払って受ける正式なサービスにすればよろしい。きちんと申込書に記入し、いくら以上の取引の場合、どこそこに連絡がつかなければ応じない、とかね。オレオレ詐欺というクズみたいな連中を容認するつもりはないが、犯罪は「やりやすい」ところを狙うだけの話なので、後を絶たないんだろうな。●こちらは、警察のお手柄か。老人からキャッシュカード1枚をだまし取った疑いで捕まった会社員(20)の男、決め手は『町内を巡回中の署員がスーツ姿が似合っていなかった男を不審に思い、コンビニエンスストアから出てきたところ職務質問をした』だそうだ。無職でなくて会社員という肩書きで、スーツ姿が似合っていない、ってどんなレベルか分からないが、しばしばマンション投資のインチキ電話も、丁寧な言葉遣いが板についておらず、むしろ、一言二言話を聞くだけでバカだと分かるので、こういう直感的な印象はあながちバカに出来ない。まぁ、人によっては、この警察官を失礼だという奴も出てこようし、仮に間違いだったといに、たまたま、そいつが面倒臭い奴だったら、ツイッターなんぞに投稿して「国家権力の横暴だ」に始まり、下手すりゃ「アベが悪い」とか言い出す可能性もある。だが、警官なんて、人を疑って然りで、それで何もなければ良し、とするしかないだろうに。犯罪者が「私は犯罪者です」という顔をして歩いているケースは珍しいので、役割を担った者が「怪しい」と思えば、その職務を全うすることに協力するのが犯罪を減らすことにつながる。★☆★
老い先と態度が反比例

2019年05月17日(金)

●「ご飯の支度をしてくれなかった」、64歳の妻を殴り殺した75歳の夫の供述。なんだかなぁ。もう、ボケが入っているんじゃないかと思うが、「妻の意識や呼吸がない」などと119番通報しているので、それも疑わしい。顔が腫れていたことを不審に思った病院が警察に通報して発覚したというが、なるほど、そういうモノなのか。使いどころはない知識だが、覚えておこう。まぁ、「飯の支度は女がするもの」という価値観がいまだに残っており、特に今の高齢者なんて、今更考えを変えられるものでもないから、こういう事件が起きるんだろう。ただ、いい歳の男が「台所に立つなんて」よりも「テメーの食べる飯も準備できない」方が情けないと思うが如何か。平均寿命。男女で差があり、女性の方が長生きとされるが、こういう事があるたびに、男が早死した方が丸く収まるんじゃないかと思わざるを得ない。まぁ、このジジイ、行く所に行けば、ご飯の支度をして貰えるようになるよ。●東京地裁、『つぼ八』に260万円の賠償命令。『店舗の段差につまずいて首や腰などをけがした高齢の客』が損害賠償を求めている裁判だそうで、約1,160万円の請求額に対して、260万円に下がったものの、その判決の理由が「株取引で収益を上げる機会が失われた可能性は否定できない」で、何か釈然としない。こうなると、下手な投資より、つぼ八に行って転んだ方が利益が出るぞ、と投資家の間で話題になるかも知れんね。記事には『友人と同店を訪れた原告は、店員の案内で席まで移動しようとした際、段差で転倒』とあるので、もう、店員は案内しない方が良いな。で、「この店は客も案内しないのか」で暴れる高齢者が出てくる訳だ。もう、『老人お断り』の店が出てきても不思議じゃない。●池袋の暴走老人こと飯塚幸三の話題、大津の事故に隠れて表に出てこないが、胸の骨に入ったヒビのため、まだ入院中で、警察も回復を待っているという。入院患者に詰め寄るわけにはいかないにしろ、年寄りの記憶なんて、そんなに長持ちするとは思えない。ブレーキとアクセルを間違えるようなことだって、時間が経てば、どうだったか覚えているかどうかも疑わしい。自分の起こした事の大きさを理解するなら、むしろ、自分から協力を申し出るべきじゃないか?ネットでは上級国民などと揶揄されているが、この扱いなら、そう言われても仕方がなかろうに。隠蔽や逃走の恐れがないから逮捕もされないというが、これじゃ、病院に逃走しているのと変わりがない。★☆★
失言問題?それしか追求できるネタがない人たちが騒いでいる

2019年05月16日(木)

●「終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのでは」、トヨタの社長が言ったそうだ。まぁ、実際に難しいだろうが、そもそも、労働環境が偏っているのは、正社員のクビが簡単に切れないところに問題があると思っている。大企業に就職したら安泰、寄らば大樹の陰、などと言われることもあるが、その大樹がいきなり倒れて右往左往することもある昨今。どこぞの家具屋のように経営方針の誤りだけが、大木が倒れる原因とも言えなくなってきた中で、何らかの形で人員を整理しようとしても、どうしようもないクズ社員出会っても『正社員』となると、中々、クビが切れないようになっている。これは、長年の労使闘争とやらで『勝ち取った権利』かも知れないが、結果的に、企業の雇用を萎縮させ、便利で使いやすい『派遣』に頼ることになる。●もちろん、労働者側から見れば、何らかの勝手な会社都合でクビを切られるなんて困る、という話だが、ここで話をしている『クビを切る』は、そういう次元ではなく、もっと次元の低い人材での話だ。そして、残念な事に、そういう人材は、手より口が動くような連中を専門に寄り添い、救済しているフリをしながら、政治信条を煽り立てる労働組合みたいなところに集まってしまう。結果的に、どんなバカでも『労働者は全て平等』だから、給料に差をつけるな、ノルマで評価するな、もっとカネだけ寄越せ、などと数を頼りに騒ぎ立てる。だが、権利だなんだと騒いだところで、実際の利益に上限があるので、分配される富も、自ずと決まってくるが、ロクに働かないダメ正社員の分は、他の人が面倒を見ているようなもの。超高齢化社会で老人を少ない数の若者が世話しているのと同じ構図だろう。●働き方改革を叫ぶなら、法律にあるような、会社と交渉出来るのは労働組合だけ、のような労使交渉みたいなのを廃して、プロ野球のような個人契約の形式を推奨すべきではないか?経営側と労働者、個別の交渉で、その業務管理をシステムに置き換えれば、無駄に存在するような中間管理職も、大幅に削減できる。労使交渉は、どちらかが暴走しないように牽制し合うように、何らかの形で必要だが、物価が高いなどと騒いで賃上げを要求し、結果的に、物価高を加速させているような、今の労働組合は、正直必要ない。一旦、リセットすべき。★☆★
老害プリウスミサイルの走破性

2019年05月15日(水)

●もはや、老害運転の前に、安全地帯はないのか?今度は、千葉県の公園にクルマが突っ込んだ。幸い、というのは無理があるが、保育士さんが園児らをかばった結果、右足を骨折する重傷を負った。死者が出なかっただけ、良かったというしかない。運転していた65歳のジジイは「ブレーキを踏んだのに車が急発進した」「アクセルを踏んだ覚えはない。突然、車が急発進した」などと、記事によって違いがあるのは微妙なところだが、ブレーキを踏んだのに急発進するわけもないし、アクセルも踏まないのに突然、クルマが急発進する筈もない。確かに、犯罪者であれば、多少なりとも、悪いことをする、という認識があるから、警察に捕まれば、それなりの供述ともなるが、最初から、車を急発進させるつもりではないから、自分が誤った操作をしたとは思わないだろう。結果、急発進したら、自分の意思に反したクルマが悪いのであって、自分が悪いとは思わない。その気持ちは十分に分かるが、だからと言って、ブレーキを踏んだかどうかすら疑わしいんだろうが、クソジジイが。事故の写真から、乗っていた車はプリウスのようだが、もう、老人はプリウスに乗るなよ。いや、たまたまプリウスなのかも知れないが、過去、代車で1回だけプリウスに乗った時、スタートボタンを押しても、エンジン音がしないので、かかったのかどうか分からず、何度も押していたら、車屋さんが出てきて教えてくれた経験がある。アクセルかブレーキか分からないような老害に、エンジン音がしているかどうか分からないようなクルマを売らない方が良い、いや、売るべきでない。●クルマと言えば、荷物ごと行方不明になっていた郵便局の配達員。コインパーキングで寝ているところを発見されたそうだ。『配送の仕事を放棄して私用で車を使っていたことを認めた』そうで、まぁ、バカと言うしかない。責任感と言うべきかどうかすら分からないが、仕事を何だと思ってんだろう、というバカが増えているような気がする。マスコミが「企業=ブラック」みたいに煽った結果だろうか?いや、そいつがタダのバカだというだけの話か。★☆★
役者冥利に尽きない人

2019年05月14日(火)

●『(総理は)すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらった』、映画作品を巡る役者の発言が物議を醸している。いや、これ、物議になるところか?映画なんて、大統領がスーパーマン以上の活躍をしてテロリストと対決する作品もあれば、「誰かタスケテー」ばかりを騒いで、何の役にも立たないデクノボウとして描かれる作品もある。作品に対して、必要であれば、そういう姿が描かれても良いわけで、作品を作る側の表現の自由とやらであれば、その腹を壊す総理大臣も、何ら問題はない。それに対し、一部では、安倍総理の潰瘍性大腸炎を揶揄したなどと言っているが、単なる、言いがかりにしか聞こえない。また、やり玉に上がっている佐藤浩市は「(総理大臣役を)最初は絶対にやりたくないと思いました(笑)」などと言っているようだが、総理大臣を演じる器のない三流役者だから、お腹壊して逃げましょう、って役作りにしか聞こえない。仕事を選んだ言い訳をインタビューで笑いながら答えるような役者、やり玉に上げる価値があるんかねぇ。何か、この件で、右や左を巻き込んでわあわあ騒いでいる理由が分からない。少なくとも、この件に対して何か言えるのは『本人』だけじゃないか?世の中、代弁者気取りの連中が増えた。●クズと言うかカスと言うか、下を見れば、いくらでも下はあるんだなぁ。名古屋市の会社員(31)など3人が逮捕された。知人男性(19)に、酒を飲んで運転するよう仕向けた上で、こいつらが、自分たちのクルマでわざと衝突。「後先考えれば安いだろ」などと脅して、現金およそ『5万6千円』を脅し取った恐喝の疑い、だそうだ。やっていることがクズなら、脅し取った金額が、これまたセコい。何だろうね、こういうクズ。バカはバカなりに一生懸命考えました、って犯行だが、人生、楽しそうで良いなぁ(笑)。『小人閑居して不善をなす』などという言葉があるが、暇を持て余すどころか、こういう『金儲け』の話ばかり考えていて、意外と忙しいのかも。●『京都市左京区の左京郵便局で9日午前、配送車が宅配便「ゆうパック」数十個を積み込んだ後、行方がわからなくなっていることが日本郵便近畿支社や京都府警への取材でわかった。』、荷物だけでなく、車ごと、配達員ごと全部ってことか?事件に巻き込まれていなければ、中々大胆な逃走だな。しばしば、年賀状の配達が嫌になって、全部捨てたり、自宅に持ち帰って放置したりする奴が出てくるが、こういうケースは聞いたことがない。まぁ、現時点で何が何だか分からないが、色々なものが二極化するご時世。「働ける人」と「そうでない人」に分かれるのかね。★☆★
2019 年 05 月
      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
前月 今月 翌月

- WebCalen -