2021年03月 一覧
どれだけ0を足しても0にしかならない

2021年03月05日(金)

●文科省の調査によれば、日教組の組織率は21.3%、44年連続低下だそうで、これを含めた教職員団体全体の加入率も、31.4%と過去最低、45年連続の低下らしい。労働組合の結成率も加入率も下降気味のご時世なので、センセイだけが特別じゃないという話。今どきの消費動向は、モノより体験、量より質という感じなので、無能な連中で徒党を組んで無意味に騒ぐスタイルは受け入れられなくなっているのだろう。無能というと失礼だが、年寄連中が集まっている労働組合のメンバーを見ても、どう考えても「労働者は皆平等」と言うには無理があるようなのが混じっている、というか、そちらが多い有様。ただ、この手の『数』が歓迎される選挙かテレビ映りといった、比較的『大手』の需要があるので、一気に無くなったりもしないだろう。何にしても、人間平等だと言いながらも、発言の影響力や経済力での差はあるわけで、それを格差というか何というかはともかく、共産主義だって特権階級があるんだから、そもそも無理はあろう。●『燃えよドラゴンズ!』という歌がある。プロ野球球団の応援歌としては、六甲おろしか東京音頭がメジャーすぎて、マイナーな歌の1つだと思っているが、地元なので『中日球場』の頃の歌から耳に残っている。今は『ナゴヤドームに詰めかけた」という歌詞だと思っていたが、これが変更になるらしい。ネーミングライツで名前が『バンテリンドーム』となるナゴヤドーム、それに合せて、歌詞が『戦う中日 夢強く』に変更されるらしい。バンテリンドーム、歌えなくはないと思うが、まぁ、無難な変更か。いや、中途半端に歌詞を知っているから、『詰めかけた』の部分が、昨今のコロナ禍によって、詰めかけると密になるから変更になったとか、変な想像をして記事に興味を持った次第。観客ガラガラで誰も詰めかけてないわ、とかいう話だったら、悲しいなぁ(笑)。●スポーツに無縁な人間だが、話題をもう1つ。豊田スタジアムで行われる予定だったサッカーの試合。当日、ガンバ大阪の選手らのコロナ陽性が判明し、急遽中止となった。3月3日、水曜日、平日の夕方からの試合なので、会社を休んで移動してきた人もあろうが、中々、酷な対応だと言わざるを得ない。それなりの混乱を想像したが、会社帰りに通った時は特に何事もなく、普通に終わっていた感じ。こういう話だけじゃなく、色々と制限される新型コロナというモノ。受け入れざるを得ないが、中国に上げる恨み節が大きくならないのは不思議だな。いや、言っても仕方ないと言えようが、それなのに、与党叩きは盛んだけどな。★☆★
逮捕されてもシカたない。

2021年03月03日(水)

●5,000円くらいって言われてたのが10倍以上になれば、そりゃ怒るわなぁ。陸上自衛隊の三等陸曹が、帯広市内の飲食店で後輩の自衛官に平手打ちなどをして怪我をさせたとして、停職2日の処分を受けたというニュース。上下関係に厳しい脳筋集団だし、とか思っていたが、殴られた後輩自衛官が「1人あたり5,000円で飲める」と誘われて行った店で、「お会計、2人で約6万円です」となれば、怒るなというのが無理という話。想像になるが、5,000円なら「奢ったるわ」くらい言っていたんじゃなかろうか。この記事から読み解けない面白いところは、この『事件』は一昨年の6月の話。2人の間にも示談が成立している中で、なぜ、今更になって、このニュースが表に出てきたのか良く分からない。白書だの官報だの、何らかの資料の中に入っていたタイミングかも知れないが、どちらにしても、記事にするような話でも無かろうに。まぁ、価値があるから報じるのではなく、報じられてニュースとしての価値になるから、ひと目を引くような内容なら仕方がないか。●そう考えると、こちらは、記事としてのインパクトもあるし、そもそも、行動がエキセントリック過ぎて驚かされる。奈良公園でシカを死なせたとして、とび職の男(23)が逮捕された。「シカと遊んでいたら、突然、車に体当りしてきたから腹が立った」とやらで、斧で『力いっぱい』切りつけたという。何だろうね、衝動的にあおり運転しちゃうタイプかね。とび職に偏見はないが、その手のヤツが多いイメージはあるので、まぁ、そんなものか。いや、そのイメージを偏見というのだよ、とか言われたら笑うしかないが。また、この事件、通行人の通報がきっかけで、防犯カメラ映像から犯人が特定されたらしいが、その時の通報の様子も興味深い。『午前2時25分ごろ、通行人の男性から「負傷して動けないシカがいる」と110番があり』、丑三つ時の奈良公園、何をしている人なのか、興味深い。●とりあえず、「ワクチンが順調」だと困るのか、ヘンテコな難癖をつけているマスコミがあるようだ。保冷装置の取り扱いを誤った施設で『1,000人分のワクチンがムダに』と煽っている記事があるが、確かに貴重なワクチンを操作ミスでムダにするのはどうか、という気持ちは分かるが、起きない方が良いにせよ、何らかの事故が起きるのは仕方のない話。過度に騒ぐ理由が分からない。また、『ワクチン接種後に60代女性死亡 ワクチンとの因果関係は不明 厚生労働省』らしいが、その実、接種3日後にクモ膜下出血で亡くなった人の話なので、そりゃ因果関係は不明だろうに。ワクチンの接種開始が遅れりゃ遅れたで「諸外国は」と不安を煽り、始まったら始まったで何らかの形で不安を煽る。つまらない商売だねぇ。★☆★
働かなくても食える時代

2021年03月02日(火)

●『金づちで殴って父殺害未遂疑い、奈良の40歳男逮捕』は奈良、『「息子に暴力振るわれた」70代母通報…自宅でトラブルの末"首絞める" 44歳男逮捕』は北海道。まぁ、この手の傷害事件は珍しくもなくなったが、どちらも『40代無職』という有様。一体、どうやって喰っているのか、不思議で仕方がない。まぁ、北海道の方は『警察は男の責任能力が疑わしい部分もあるため』とあるので職に就けるかどうか微妙だけど、奈良の方は『父親の庭仕事の作業音が原因で口論になったとみられ「頭に血が上り、気持ちを抑えられなかった」と容疑を認めている』とあり、むしろ、職には就けるが長続きしないタイプとも受け取れる。●自動翻訳の会社が、社員に英語禁止令を出したことが話題になっている。ロゼッタという会社が、仮想空間上で外国語が話せなくとも自由に会話できる『言語フリー・スペース』の実験に成功したそうで、それを受けての禁止令だという。特に、その内容で『英語の会議で半分くらいしか理解できなかったり、英語だけ話せて仕事ができない人に担当させたり、仕事ができる人が英語を話せないだけで外されたり、一見日本語ペラペラの中国人が全然分かってなかったり、日本語が話せないエンジニアを採用できなかったり、語学ができるがゆえに本職じゃない翻訳をさせられたり、長年続いた暗黒時代は終わりました。』という部分、暗黒時代と表現しているところが面白い。駅前留学だの英会話のナンチャラだの、テレビで宣伝をさかんに行っていた時代はあったが、ああいったものに飛びつくのが、英語が話せるだけのバカしか居ないように見えて疑問に思っていたが、翻訳の会社が言うのだから間違いではなかったのだろう。一時期、テレビなんかに溢れていた、バイリンギャルとか呼ばれる連中を見ていりゃ、まぁ、そんな感じだ。もちろん、英語が話せないより話せたほうが便利なのは間違いないが、幼稚園児くらいの拙い言葉で、中身のない会話をされたところで、相手も困るだろうに。筒井康隆か星新一かのショートショートで、宇宙飛行士の話があった。ライバルに負けじと頑張って訓練を受け、一流の宇宙飛行士になったら、ライバルが、訓練など必要のない誰でも乗れる画期的な宇宙船を開発した、というお話。ロゼッタの『英語ができる無能な人が重宝され、本当に実力のある人々が抑圧される暗黒時代はもう終わったのです。』は拍手モノだが、英語が話せようが話せまいが、無能な人には無縁な話か(笑)。★☆★
ある意味、常習犯

2021年03月01日(月)

●みずほ銀行が、やらかした。まぁ、やらかしが得意な銀行さんなので、さほど驚かなかったし、そもそも、宝くじ以外の縁はないので詳しく知らなかったが、内容を知って、さすがに驚いた。預貯金が引き出せなくなっただけじゃなく、カードや通帳が入っていったまま出てこないとか、月末にその状況に遭遇したら、さすがに利用者は焦っただろう。カードや通帳が戻ってこれば、とりあえず、やり直し出来そうな気になるが、それらが出てこないとなると、その場を離れる事すら出来なくなる。金融庁が『報告徴求命令』を出すと言っているが、要は、怒り心頭って事だろう。お前らの面目のための機関じゃねーんだけどね。●電動キックボードの話題、散発的に登場するも、その実、普及しているようには見えない。まぁ、違法に歩道とかで乗っているケースはあると思うが、じゃあ、それが目立った社会問題になるような話を聞いたことがないので、普及していないと言い切っても良さそうだ。ただ、使い方次第で便利だと思う面もあるので、もう少し規制は緩和しても良いかと思うが、ルールを守れるような人ばかりじゃないのは自転車1つ見ても分かるので、むしろ規制されるだろう。しばしば、子供らの学校の校則なんぞの話を聞いて「どうして、そんなバカバカしい校則があるんだ」と怒っている大人があるが、たいてい、こういうバカな大人の『やんちゃ』の積み上げで作られた、バカバカしい校則ばかりだろう。ルールを疎ましく思うヤツほど、ルールが必要なヤツだと思っている。何にせよ、そんなキックボードも、保安部品を付けてナンバーを取れば、原付きとして公道を走れるという。ドン・キホーテが、約4万円の低価格電動キックボードを発表して話題になっているが、ドンキの安物に乗って公道を走るなんて、どんな罰ゲームなのか。●茨城県ひたちなか市で発見され、翼竜の骨として扱われてきた化石が、その実、スッポンだったらしい。骨だし、化石だし、そりゃ難しいと思うが、違いに至ったキッカケが面白い。朝日新聞の記事では『論文を書き上げ、自分へのご褒美として自宅でスッポンをさばいた際、上腕骨の形がヒタチナカリュウの化石に似ているのに気づいた』とあるが、自分へのご褒美の部分は脚色臭いなと思うものの、そこで、骨見て気付きますか、って感じ。2002年に発見され、観光パンフレットで紹介されたり、化石展などに出品され続けてきた後、2017年のことだそうで、気づいた時の心境を詳しく聴きたいところだな。まぁ、その後、3年ほどかけて精査し、スッポンと結論づけたようだが、そのスッポンの化石自体も貴重なものだそうで、観光資源の品目変更といったところか。人間、何がキッカケで真実に目覚めるか、その瞬間が面白い。★☆★
2021 年 03 月
  1
2
3
4 5
6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 今月 翌月

- WebCalen -