新着記事
東京三密都市

2020年06月03日(水)

●ようやく政府からのマスク、いわゆる『アベノマスク』が届く。元よりマスク不足に困っていなかったし、既にドラッグストアで買えるようになっているので、必須という話ではないが、日本全国で話題になっているものが届かない、というのは一種の疎外感のようなものがあるんだろう。マスクが届いただけで、何だか嬉しくなる。マスクごときでバカバカしいと思うが、マスクが潤沢に売られているのに『不要なアベノマスクを回収し、困っているところに寄付しましょう』という善意を装った政治批判をしている連中の方が、よっぽどバカバカしい。まぁ、とりあえずのところ、もしもの時の緊急用になるだろうか。●「今更マスクが届いたよ(笑)」的に笑って済ませたり、給付金の手続きが終わったりと、何だか事後処理的な雰囲気が漂っているが、安心するのはまだ早い。東京では誕生日パーティーに参加してた人たちの感染が確認されるなど、新たに34人の感染が発表された。記事によれば『パーティーは緊急事態宣言が解除される前の先月20日頃に開かれ、20人~30人の若者が参加していた』とあり、まぁ、宣言解除前の話。単なる迷惑クズの話だったが、人間様が決めたルールとウイルスの活性は無関係。それでも、解除されたと遊び歩いているバカも多いんだろうなぁ。ウイルスそのものは移動能力を持たないので、何もなければ、そこで終わりだが、人間様が動き回って広めてくださるので、爆発的に増えることが出来る。アメリカで黒人が白人警官に殺された話も、その実、原因となる事件は1つの出来事だが、それをきっかけに大きな暴動に発展するあたり、ウイルス感染に通じるものがある。ウイルスによるものか、感情によるものか、どちらにしても、もう少し落ち着け、という部分も共通点になるのは皮肉だな。●東京は人が集まる場所なので、なかなか、統制が取りづらいだろう。特に、地元の人以上に田舎者が都会人ヅラして住み着いているし、交通の便が良いので東京圏という周辺からも人がやってくる。それを踏まえて『東京アラート』という愚策。コロナの警報が出ると建物が赤くなるとかいうモノらしいが、レインボーブリッジが赤くなったらデートスポットと勘違いして人が集まってきたとか、ある程度、想像は付いてただろうに、としか言いようがない。まぁ、渋谷のハロウィンなんぞも、バカみたいに人が集まるが、あれもカッペが集まって騒いでいるだけらしいので、この『デートスポット』も似たようなモンだろうが、地元にしてみりゃ、迷惑この上ない。三密を避けましょう、と良いながら、三密を煽る東京都。いっそ東京五輪、中止にならねぇかなぁ、とか思ってんじゃないか?★☆★
2020 年 05 月
          1 2
3 4 5 6 7
8 9
10 11 12
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25
26
27
28
29
30
31            
前月 今月 翌月

- WebCalen -