2021年04月07日 記事
現代版、小人の靴屋

2021年04月07日(水)

●東北新社の外資規制違反の話から飛び火した、他の放送局の問題。フジHDが、朝日新聞の取材に応じ「隠す意図はなかった」とした上で「悪意を持ってやったわけではなく、実務上のミス」とか言ったらしい。悪意があろうがなかろうが、意図的にやらなきゃ出来ないわけで、今更、公表した理由は、そこにある筈だ。下手くそな言い訳としか言いようがない。まぁ、この手の話は今更すぎて、下手な発言の揚げ足を取ったところで仕方のない話。むしろ、どの会社にもあろう、何らかの統制の仕組みであったり、偉そうに掲げているコーポレート・ガバナンスだのコンプライアンスだの、そういう物が全く役に立っていないことを、もっと認めるべきじゃないか。監査1つにしても、こういうのを見分けられないような立場なら、そもそも必要かという話になろうし、ましてや、社外監査役をコレだけ置きましょう、とかいうルールも、タダのお笑い草にしかならない。書類を並べて満足するだけのジャパニーズISO然り、枠組み作って無駄仕事を増やすばかり。どの面下げて、生産性向上とか言ってんのかね。●若いうちは失敗を恐れず、色々と挑戦すべし。とか言うけどね、「面白いと思ってやった」とかバカの常套句を口にしているヤツに限って全然、面白くないし、そもそも、やってみなきゃ分からないからバカだと言えよう。東京都稲城市の高校生5人、公園遊具などに木工用接着剤を撒いて使えなくした疑いで逮捕。その言い訳が、バカの常套句だ。こういう犯罪で面白さを感じるなら、人々が困って右往左往している風景だろうか。それを面白いと感じるならバカとクズがセットになるが、いっそ、どこに面白さがあるか釈明させてみるのも良かろうに。挙げ句に、その接着剤、近くの建築現場から盗んだものだそうで、バカクズの上に窃盗犯という落ちぶれよう。それでも、10年後、20年後に薄めたチューハイ飲みながら『武勇伝』として語るに違いない。未成年であることを鑑みて、原状回復させればいいよ。●どちらも得するWin-Winの関係じゃないのか?(笑)。女性の靴を盗んだ男(33)が逮捕された。ターゲット女性が履いている靴と全く同じものを用意し、すり替えるという手口だそうだ。一方は『使用済み』が手に入るし、一方は『新品』になる、んだがなぁ(笑)。ひとまず、履き心地に違和感があって警察に相談したのがきっかけだそうだが、まぁ、気持ち悪い話だわな。その他の靴が押収されており、余罪を調べているとのことだが、気付かず履いていた人も多かったんじゃないかと思わなくもない。★☆★
2021 年 04 月
        1
2
3
4 5
6 7
8
9
10
11 12
13
14
15
16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
前月 今月 翌月

- WebCalen -