2021年04月08日 記事
ヒステリックな人々

2021年04月08日(木)

●多くの人が、写真をネット上で公開する時代。個人的に『写真』とは、何らかの形で印刷したものであって、デジタルで完結している中では『画像』の方がしっくりくるが、画像としてしまうと、カメラとは関係ないお絵かきも含まれるので、まぁ、写真が適切かと納得しているところがある。そんな写真をめぐるトラブル(?)が目に入った。TOKIOの人と結婚したタレントさんが自分のInstagramに投稿した写真、夫のものと思しきギターケースが映っている事を受け、「今後このような事のないように、片付けより頑張りたいと思います…」と『謝罪』した。さっぱり意味が分からない。バカな女の中では、『匂わせ』という写し方があり、例えば「ケーキを食べに来ました」とかアップロードするケーキの写真の片隅に、彼氏のクルマのカギらしきものを、一緒に写り込ませて、デートであることを「匂わせる」ものらしいが、オッサン的にはバカバカしい意外の何でもない話。『謝罪』の話も、TOKIOと結婚した人の『匂わせ』だと感じたバカ女が難癖つけたことを収拾するためのものと思われるが、難儀な話であろう。自分のようなオッサンが、イケメン俳優に嫉妬して何らかの文句を垂れりゃ、「何いってんの、この人」とかバカにされように、この手のバカ女は、未だに『負け』が認められないんだろう。普通の感覚なら、難癖をつけりゃ、かえって自分が虚しくなるような気がするが、まぁ、普通じゃないんだわな。●普通じゃないと言えば、最近は「嫁と呼ぶな」みたいな風潮もあるようだ。これ、自分の『嫁』が、「嫁と呼ぶな」と難色を示せば、そういうものかと話もするが、何でも無い関係ない人が出てきて、何を騒いでるのか、さっぱり分からない。『嫁』じゃなくて、例えば「おい」と呼ぶ家もあり、「おい、と呼ぶな」としょっちゅう喧嘩していようが、そういう仲に、わざわざ文句を言う話もなかろうに、どうして、この手の難癖バカは余計なことに口をだすのかねぇ。そもそも、その『嫁』と呼ばれた人が、「どうして、嫁にも家内にもなれない行き遅れが、ウチの家庭のことに口出しするの?」とかサラッと言ってくれれば拍手喝采だが、火に油を注いで大炎上し、それをバカの読み物・女性週刊誌あたりがネタにして商売するから始末が悪いわな。「ペンは剣よりも強し」というが、上手に扱うためには何らかの訓練が必要な剣より、簡単に相手を深く傷付けられる言葉の方が、なるほど『強い』と言えよう。よっぽど暴力を推奨した言葉だわ。★☆★
2021 年 04 月
        1
2
3
4 5
6 7
8
9
10
11 12
13
14
15
16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
前月 今月 翌月

- WebCalen -