micro:bitと生物の進化

micro:bitの入門用には、いくつかのセンサーと部品、ガイドブックが付いた『アドバンスセット』が良いと思っています。 こちらから始めれば、micro:bitの入門的なことから、何らかのセンサーからの入力などの基本も理解できて、ほぼ単体を使うには十分な内容になっています。 一方で、ここまで理解できるようになると、タイヤをつけてみたり、もっと複雑なセンサーをつけてみたりと、色々なパーツ、センサーの... 続きはこちら

Fitbitと物欲

私の日常、iPhone+Apple Watchがデフォなので、興味はあっても使い道のない他社製のスマートウォッチ。 そんな中で気になるのは、Fitbitの行く末。 Googleに買収されたので、実質、Android系のスマートウォッチの一派と言えますが、機能面でも興味があるので物欲的には欲しいところです。 ただ、前述の通り、買っても満足に使えない訳ですが、幸い、家人がAndroid派なのでプレゼン... 続きはこちら

チェキ印刷の目覚め

あけおめことよろ。 初詣、毎年神社で写真を撮っていますが、今年、それをチェキで印刷してみました。 iPhoneから印刷できますが、EOS 80Dで撮ったものを、iPhoneに転送してからの印刷です。 背景ボケとか入ると、かなり味がある写真が出来上がります。 名刺サイズという小ささだからか、ミニチュアなのに精巧!という感じの驚き要素があるためか、余計に良い感じがします。 ある種のガジェット感ですかね... 続きはこちら

チェキの印刷

画面で見ると良い雰囲気の写真でしたが、チェキから出力するとやや暗めになります。 パーリーピーポーじゃありませんが、明るめの絵面がチェキの印刷に似合うのは、そういうクセがあるのかも知れません。 Amazonで買っても印画紙1枚60円ほど。 ちょっと割高なので、使い方も考えましょう(笑) ... 続きはこちら

廻る物欲

チェキ欲しい。 今更という感じですが、あれ印刷したものがカメラ同様の銀塩に近いので、そこらの昇華型に比べてマトモだと思うわけですよ。 デジタルじゃない、アナログ感も良いですね。 で、どれを選ぼうかと考えると、これがまた難しい。 正方形のタイプ、ちょっとカッコ良いんですが、あれ基本的にカメラなので、微妙なところ。 使用する頻度と機能を考えると、スマホからも印刷できるヤツがベターなチョイスですが、そう... 続きはこちら

写真を撮る、に特化したカメラ

『iNSPic REC』 キヤノンが発売した一風変わったカメラです。 クラウドファンディングで瞬殺されたのを覚えていますが、今度は一般販売を開始するそうです。 これの面白いところは、ファインダーを残したこと。 画面を見ながら撮影するスマホスタイルに対して、真っ向から対抗する感じで、何だか面白いです。 最近の小さい子は、写真を撮るときのポーズがものすごく上手だなぁ、と思って眺めているんですが、明らか... 続きはこちら

電子おしゃぶり

ブリージングデバイスだそうです。 口から吸ってカフェインを摂取する道具。すでに、Amazonでは品切れです。 コーヒーを常飲するので興味はありますが、そういうモノでもないでしょう、って感じで。 必要なのは成分ではなく時間なのでアレですが、電子ドーピンググッズとして、別の意味では興味あるグッズですね。 だいたい、電子タバコというアレ、ニコチン摂取目的じゃなくて、大人のハッカパイプみたいな位置付けにし... 続きはこちら

チェキという選択肢

先日、子供のパティシエ体験で、記念のチェキ撮影がありました。 デジタルカメラの画素数が高詳細になっている時代にチェキはアレでしょ、と思いましたが、あれ、ある種の銀塩プリンタだと気付きました。 昇華型のヤツは持っているんですが、保存性とかどうかなぁ、と思いつつ、他に選択肢がないので使っています状態ですが、もう少し、長持ちしそうなチェキの印刷ってのは、面白いような気がします。 調べてみれば、メインはあ... 続きはこちら

引き続きNFC

任天堂のamiiboに触発されて、NFCについて調べてみましたが、かなり安価にシステムが作れますね。 NFC対応のタグは、エレコムといった名前の通ったところから出ているものでも、10枚で千円もしないレベル。名も無い中華モノなら、かなり格安になるでしょう。 センサーも比較的安価で、Arduinoなどに対応しているものが数百円程度。 王道SONYのリーダーでも数千円ですから、初期投資は比較的軽いです。... 続きはこちら

非接触ICカード

Suicaなどの電子マネーに使われる非接触のICカードは、ドアキーなどの認証装置にも使われます。 その中の規格の1つにNFCがありますが、カードが比較的安価に作れるといった特徴があり、用途を限れば、いろいろと便利です。 私の場合、勤怠の打刻にも使っていますが、ふと、思いつきました。 任天堂のフィギュアみたいなの、amiiboとかいうヤツの規格は何だろう、と。 調べてみれば、NFCとのことで、じゃあ... 続きはこちら