2020年10月15日 記事
「子供に説明できない」を地で行く教育

2020年10月15日(木)

●7,630万円って、尋常じゃないわなぁ。三重県、亀山市で『50代男性』が騙し取られた金額。ケータイに届いた「ご利用料金の確認が取れておりません」というメッセージ元に電話をしたところ、「有料サイトの未納料金を支払わないと裁判になる」と言われ、130万円分の電子マネーで支払ったという話が発端。その後、「あなたの携帯電話番号を使用した犯罪で被害者が何人もいる。示談金を支払わないといけない」と言われて、7,500万円を6回の分割払いで。合計7,630万円也だ。騙すほうが悪いのであって、被害者を責めるようなことを言ってはならん、という人はあるが、いくらなんでも、この手の詐欺事件、今に始まった話じゃなかろうに。よっぽど、そういうことに無頓着な人か、何らかの心にやましいことがあったのか、特殊な事情があるにせよ、再発防止の意味も含めて責めずにはいられない。8千万円近くも支払って守りたかったものがあったり、それだけお金持ってるかぁ、という驚きもあるが、一体、何なの、この人と言わざるを得ない事件。自分が犯人だったら、むしろ「罠じゃないか?」と怖くなるような話。こういう犯罪、『効率』を重視し、あえてバカしか引っかからないような手口や文面で行動するというが、良くも悪くも、こういう人が経済を回してるんだろうなぁ。●『教員が児童の上履き隠して逮捕』、なんやこれ?と見出しで脱力したが、『昨年5月から6月にかけて、勤務先の小学校で児童3人の右足用の上履きを隠し、使えなくしたとしている』容疑、38歳のセンセイは容疑を否認しているらしい。また、この小学校、3年前から100件近く、リコーダーや文具が紛失する事件が相次いでいるとか不可解な学校だが、この38歳、先月にも児童の防災頭巾や筆記用具に「しね」「きしょいよきみ」などと落書きして逮捕されている始末。「ほかの教員があまり仕事をしないので、憂さ晴らしでやった」と、そちらの事件では(情けない内容だが)容疑を認めているようなので、もしかしたら、『あまり仕事をしないほかの教員』の仕業かも知れないなぁ、と思ったりもする。エロ教師事件はしばしばあり、性癖とか性欲とかの『仕組み』を考えれば、擁護もしないし言い方も悪いが『仕方ない』一面もあると思うが、上履きを隠したり、落書きをしてウサを晴らすようなヤツは、仕方ないの次元じゃない。ぶっちゃければ、エロ事件は教師としての資質を問われる話だが、この手の異常行動は人としての資質を疑われるような話じゃないかと。ある意味、怖いわ。★☆★
2020 年 10 月
        1
2
3
4 5
6
7
8
9
10
11 12
13
14
15
16
17
18 19
20
21
22
23 24
25 26 27 28 29 30 31
前月 今月 翌月

- WebCalen -