2020年11月04日 記事
テレワーク(キャンプ場)

2020年11月04日(水)

●アメリカ大統領選挙。現時点の数字では拮抗している感じ。この後どうなるかは、色々な予想があるが、大差でないことは確か。とりあえず、トランプ優勢の州で結果が出れば、拮抗でも何でもないことは無視して勝手に述べれば、先の大阪都構想と言い、世論を二分するようになったなぁ感。これ、いわゆる二極化の1つで、中間層が減り、どちらかはっきりする人が増えた結果だろうか。ある意味、デジタル社会だと言えようが、何にしても、アメリカでは、どちらが勝っても暴動が起こる可能性があり警戒しているという。どこが先進国なのか。●休日、外出制限の折は、庭でキャンプなんぞしていることが多いが、最近はブームだかの影響でいい道具が安く買えて助かる。夏場より冬場のほうが快適だが、寒さが増し、家の中でも震えているような時期でも、暖かい格好をして外に出ると、かえって寒さが気にならないので面白い。まぁ、そんなキャンプブーム、面白いニュースを見かけた。岐阜市の小学校、新型コロナの影響で修学旅行が中止になった6年生。『テントに一人だったら感染リスクがないんじゃない』と校長に提案し、校庭にテントを張ってのキャンプになったそうだ。いつも通っている学校だが、日常の中の非日常は面白い。今のルールがどの程度か知らないが、自分の子供の頃、家庭科の授業で『お茶を楽しむ』という内容だった時、紅茶と一緒に持参したお菓子を食べて歓談する、という他愛のないことではあったが、『学校でお菓子を食べている』という非日常を新鮮に感じたことを今でも覚えている。この修学旅行代わりの学校キャンプでも、夜は『校内肝試し』を楽しだりしていて、なかなか、楽しかったんじゃないかと思う。確かに、修学旅行は一大イベントで、それは随分と記憶に残るが、それが旅行である必要はなく、思い出として残れば目的を達したことになろう。何か、この学校キャンプ、いいアイディアだと思うよ。この先、年末に向けて、忘年会をどうするか、みたいな話になる大人も多かろうが、安い居酒屋でぼったくりコース料理を2時間以内に詰め込むだけの作業をしなきゃ、年忘れも出来ないような大人は、この小学生らに学ぶべきだろう。とりあえず、飲んで騒げりゃそれでいい、くらいしか頭にない社畜には、そもそも無理な話か。●『Eat Out Help Out』、日本のGo To Eatに似たイギリス版のキャンペーン。どの国でも大変なのは一緒だが、このキャンペーンが原因で、感染者が増えたという結果が発表された。日本でも感染者数は増えつつあるが、イギリスに比べりゃ、まだマシか。手洗い、うがい、マスクなど、当たり前のように使っている日常だから出来るのであって、エゲレス人が真似したって無理だろ。それに、そもそも、食い物不味いんだから、出かけていって食うのもムダなんじゃないか?(笑)、いや、実情は知らんけど。★☆★
2020 年 11 月
1 2
3 4
5
6
7
8 9
10
11
12
13 14
15 16
17
18
19
20
21
22 23 24
25 26
27
28
29 30          
前月 今月 翌月

- WebCalen -