2019年07月11日 記事
「戦略物資は日本製なので元凶は日本」とか言い出しそう

2019年07月11日(木)

●韓国の『違法な輸出』について、NHKも報じ始めた。文書の素性は、韓国の産業通商資源部が提出した『戦略物資無許可輸出摘発状況』だそうで、韓国からの無許可輸出についての摘発をまとめたものだという。これを以って、韓国は「これは韓国の戦略物資の輸出管理制度が効果的かつ透明に運営されているという反証」だなどと言っているが、先のレーダー照射と同じように、論点ずらしの1つと言って良い。そもそも、日本は、フッ化水素の輸出量と使われた量が合わんけど、どうなってんの?という話であり、「違法な輸出は適宜取り締まっている」は全く回答にならないのは明らか。「どうしてレーダー照射したの?」「日本は低空で威嚇してきた」と噛み合わないのと変わらない。要するに、韓国人特有の息を吐くように嘘を吐く、って習性だ。反論すればするだけ国際的に冷めた目で見られるだろうが、彼らの常識では、嘘を並べようが反論して負けを認めない事が重要なので、この先も、話が通じることはなかろう。嘘吐きが信用出来ないなら、相応の対応を取るだけのことで、経済産業省は、諸外国との関係性を掲載している『安全保障貿易管理』というページ(https://www.meti.go.jp/policy/anpo/apply08.html)を更新し、『大韓民国』を地域『り』に変更した。今時、分類がいろはにほへと、となっているのはどうかと思うが、書類や規制が少ない、いわゆる『ホワイト国』が先頭にある『い地域』で、以下、ろはにほへと…、となるごとに手続きが煩雑になるという。今回、韓国が分類された『り地域』は、アフガニスタン、スーダン、ソマリア、北朝鮮といった国が分類されている『ち地域』の更に1ランク下の扱いで、嫌がらせのように『大韓民国』の名前だけがある。『り地域』に区分された韓国、今後は『罹患国』とでも呼称するか。●NPOってクズじゃないのか?『長井市の贈答品 中身すり替わる』、山形県のニュース。この長井市では、赤ちゃんが生まれた家庭に、タオルやオモチャなど3万円分の育児用品の詰め合わせをプレゼントする事業を行っているというが、その中にある『漆塗りのスプーン』が、いつの間にか木製スプーンにすり替わっていたという。スプーンの職人が、NPOに納入した数と、NPOが市に納入した数が違っていることに気付いたのが発端だが、少なくとも49人分がすり替わっているという話。スプーンは約5千円、そのNPO法人とは連絡が取れない状況らしいが、このNPOという制度、簡単にクズが参入できる点に問題があるんじゃないか?5千円で50人分にしても、それほどの金額じゃないが、赤ちゃんが生まれた家庭にしてみれば、金額の多少ではなく、せっかくのお祝いにケチを付けられた精神的な被害の方が大きいだろう。こんなクソみたいな手口で、小金を得ているようなクズなんか、あぶり出せばいくらでも出てくるんじゃないか?★☆★
2019 年 07 月
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 今月 翌月

- WebCalen -