2019年04月02日 記事
新元号発表狂騒曲、心より気持ちの時代

2019年04月02日(火)

●新元号発表。ここまでお祭り騒ぎになるとは思っていなかった。まぁ、改元の経験といっても昭和から平成の1回だけなので、比べようのない話だが、それにしてもという感じ。だいたい、書店で万葉集関連の書籍が飛ぶように売れているとか、にわかに信じがたいニュースも流れている。何が商売になるか分からんねぇ(笑)。こういう動き、おそらく、昭和の頃の改元は、国民の『心』が問われるものだったが、平成の改元は『気持ち』が優先した感じか。言葉にしないが皆が感じる心より、自分の気持ちが優先になった時代の表れかも知れない。●『日本国憲法の国民主権の原則になじまないものだと考えている』、日本共産党が何か言っている。元号そのものを使うことに反対はしないが、とあえて書いているものの、何かと難癖つけないと気がすまない連中らしいコメントだ。まぁ、それを言うなら、共産主義そのものが日本に馴染まない主義思想だろうに。所詮、共産主義何か関係なく、難癖つける少数派としての確固たる地位にしがみついて生きることを決めた連中の集まりだ。言論の自由の範囲で、好き勝手言えばよろしい。共産主義と言えば、本場の中国人が『令和』について何か言っている、という記事が流れている。「『しょせん、日本人にとって漢字はわが国からの借り物。漢字のなんたるかをわかっていない。その証拠がこの元号だ』。こんな声が多々、見られます。」なんてのは、記者が常から思っていることを他人の言動だと言い張るモノだろうが、ここは日本であって中国ではない。よっぽど、テメーのところのクマのプーさん規制の方を心配してはどうかと言いたくなる。また、一方では「日本の新元号、ついに『脱中国』」などとも伝えられているが、何を言っても上から目線だなぁ。ただ、この手の『中国の声』、それこそすべて日本語で伝えられていることを思えば、あえて日本で紹介したい人が存在するって事だ。●ジャニーズのグループ名を模して『平成ジャンプ』という言葉があるらしい。昭和生まれの女性が未婚のまま、平成を通り越して新元号を迎える事だそうで、余計なお世話な造語だなぁ(笑)。ただ、よっぽど気に入らないのか、『駆け込み婚』が増加していると報じられている。それこそ、本当かなぁ(笑)。だいたい、普通に予定があった人でも「あの人、必死に、平成ジャンプを避けたんだね」とか陰口叩かれるんじゃないか?オリジナルのジャニーズの人たちに対してもそうだが、失礼な造語だなぁ。★☆★
2019 年 04 月
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21 22
23 24 25 26 27
28 29 30        
前月 今月 翌月

- WebCalen -