2019年04月04日 記事
常識の殻を破らず、法律を破るバカ

2019年04月04日(木)

●朝のNHKニュースでイリオモテヤマネコの話題を報じていた。交通事故による死亡事故が増えているという。天然記念物なのに簡単にクルマに轢かれる背景は、レンタカーを乗り回す観光客に原因があるらしい。バカだな。レンタカーなんか置かなきゃ良いのに。まぁ、人間様はネコよりカネなんだろう。観光は免罪符だが、観光客は財布だ。ただ、生活もあることなので、それを責めることはしないにしても、環境破壊が深刻な場所では、マイカー規制を行い、バスしか入れなくするのが世間の流れだが、島時間は、それに逆行するようだ。さらに腹立たしいのは、この話を大騒ぎしないことだろう。そう、本島でジュゴンが1匹死ねば大騒ぎ、一方で、西表でネコが死のうが、ロクに騒がない。この温度差は何なのか。まぁ、野生動物を『利用』しているには違いないが。●ネットでしばしば話題になる秋田県上小阿仁村。赴任してきた医者をいびり出す村、と認識しているが、また話題になっていた。それによれば、医師がインフルエンザに感染したため休診していたが、クスリを求めてやってきた患者に仕方なく処方箋を発行したら、診察せずに処方箋を出した、とのことで懲戒処分となった。法的手続きとしては間違いじゃないが、この手のクスリ、定期的に飲んでいるモノだろうに。判断も診断の一部だと解釈すべき内容じゃないかねぇ。実際に見たわけじゃないのでいい加減なことは述べられぬが、歴代赴任してきた医師のすべてがクズ人間だったから追い出されたのか、村民がクズだから追い出したのか、客観的に考えれば後者だろうに。誰がチクったか知らないが、もう、こんな村、見捨ててしまえ。●東京・文京区の車両基地に侵入し、地下鉄車両にスプレーなどで落書きをした外国人が逮捕された。罪状は器物損壊だそうだが、これ、面白い事件だなぁ。この外国人がバンクシーとかいうヤツだったら、都がどういう反応をしていたのか気になって仕方がない。こと、この外国人は容疑を認めているものの、他にも多くの落書き被害があり、複数の外国人が関与しているとみていると思えば、芸術と落書きを作者の著名度で線引する連中のバカ面が面白くなる。その中に、本物が混じっていれば、もっと面白いのになぁ(笑)。ただ、いちいち、落書きをするために入国するような外国人なんてクズだろう。そんなヤツ、殺処分で構わないよ。ただ、この手の逮捕劇、仮に、この馬鹿外人が将来、著名な芸術家になったら、苦労話として美談扱いされるんだろうなぁ。バカバカしい限りだ。★☆★
2019 年 04 月
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21 22
23 24 25 26 27
28 29 30        
前月 今月 翌月

- WebCalen -