2019年06月03日 記事
あ、そこは縦割りじゃないんだ。

2019年06月03日(月)

●元農林水産事務次官(76)が、無職の長男(44)を刺殺した事件、ある種の歪んだ自己責任かねぇ。殺した側の言い分としては「長男は仕事もなく、部屋にこもることが多かった。家庭内暴力もあり、妻も暴力を受けていた」とあるが、こういう隠れたケースは少なくないだろう。川崎での事件を受け「長男も人に危害を加えるかもしれない。周囲に迷惑をかけたくなかった」と言っているが、こういう発想が出来るのは役人脳っぽい面もあるが、他人に迷惑をかけなかっただけマシか。いや、マシと言うと語弊はあるが、そういう可能性があっても放置し続ける親よりマシとしか言いようがない。以前、こういう「働かない子供」を特集した番組を見たことがある、子供と言っても、もう、成人して働いていてもおかしくない年齢の大人だったが、その親によれば「変なところに勤めて、失敗して欲しくない」ので好きにやらせているという。気持ちは分からなくもないが、よっぽど、1回失敗したらオシマイな職業に就いていたのか、失敗しちゃったのか、その親の詳しい素性を覚えていないのが残念だが、この手の取り返しがつかない予備軍のような気がして仕方がない。働かなきゃ食えない。そんな当たり前の事を教えずにエサをやり続けるから、働かないだけだと思うが、そんな昭和の考え方は令和では通用しないのかね。一方、博多では「息子が引きこもりで、仕事をせえ、という話から親子げんかになった」という家庭、70代の母親の頭を金槌のようなもので殴り、40代くらいの妹の胸を刺し、テメーは自殺したという話。こんな予備軍、ゴロゴロしていそうだが、まともな方法でどうこう出来るとも思えない。もう、戸塚ヨットくらいしか解決策が見当たらないが如何か。●世知辛い世の中だなぁ。『雨に濡れていた児童に声をかけ、車に乗せ、家に送り届けた』という女性が通報された。道警からは『小学生への善意の可能性のある行動が発生しました』と報じられている。まぁ、他人のガキなんかに関わらず、放置しておけ、ってことだろう。もちろん、安易に車に乗せたりする方にも問題があり、気持ちは分かるが誤解を招く行動である事に違いはない。安易に野良犬を拾うような人かね。『変な行動』は人目を引くからヤメなさいと教えると子供の自由な発想にフタをする、という考えもあるが、親切に送り届けてくれた人に素直に礼を言いつつ、「雨の中を濡れて歩いてるから変な人に声かけられるんだよ」くらい教えても良いと思うよ。辛辣なようだが「ぼく、どうしたの?」と声をかけるのが、全て善意だとは限らない。何かあってからじゃ遅いよ。★☆★
2019 年 06 月
            1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
前月 今月 翌月

- WebCalen -