2019年06月09日 記事
ほら、ファッション(笑)の絵人間だよ

2019年06月09日(日)

●『元慰安婦・遺族に支援金行き渡らず 韓国の財団解散方針』、朝日新聞が報じている。慰安婦という問題を捏造し商売に利用してきた朝日新聞が、どのツラ下げて、こういう記事を書いているか知らないが、恥という概念がないからKYなんだろう。で、その慰安婦と称する連中にカネが行き渡らない、韓国政府は何してる、という話かと思えば、『今後の事業をめぐる日韓の協議は滞ったままで、解決の糸口は見えていない』だそうだ。「慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決」に対して追い銭を払った日本に、これ以上、何の責任の責任があるのか、さっぱり分からない。いや、「文政権が日本の同意なく財団解散を決めたため」に、カネが払われないとか書いておきながら、あのスカタン大統領の政策まで『日韓の協議』に含めるのは、そもそも、おかしいだろうに。こんなバカみたいな記事を書いて喜んでいるから、年収が下がるんだよ。「新聞くらいは読もう」と思って習慣的に購読していた購読者が離れ、今読んでいるのは、むしろ、そっち側の比率が多い筈。結果的に、ジャーナリズムを発揮した堅い記事より、読者が喜ぶような駄文でも書かねば、そちらの読者も引き止められない状況と読み取れる。●札幌で2歳の女の子が衰弱死。何で、そうも緩い書き方するのかねぇ。2歳児なんて世話しなきゃ衰弱して死ぬのような存在だろうに。どうして、堂々と『殺人』と書かないのか。この手の問題、児童相談所と警察と、そういう連中がきちんと対応していれば、などと、その本気度を疑問視するような事を平気で書くくせに、自分らは「衰弱死」かよ。児童虐待を報じる側こそ、その本気度が見えてこない。この手の殺人が起きるたびに、児相に対する風当たりが強くなるが、そもそも、そういう家で虐待なんて悪いと思っている訳じゃなく、普通の日常風景なんだから、表沙汰になるようなモノじゃない。いや、飯食ったり風呂入ったりする普通の日常にまで、児相が踏み込むようになったら、必ず一部の連中が「プライバシーの侵害だ」などと騒ぎ立てるだろう。そういうプライバシーバカは無視しても構わないが、一部の人殺しのために、全ての子育て家庭が、日常生活を他人に明かすようなバカ基準を作るのも馬鹿馬鹿しい話だ。この手の子殺しのニュースが流れ、その「親」と称するクズの馬鹿面を見るたびに、死ねばいい、しか思い浮かばない。それこそ無責任で思考停止な発想かも知れないが、まともに考えて判断できるような話じゃないわ。★☆★
2019 年 06 月
            1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
前月 今月 翌月

- WebCalen -