2019年05月14日 記事
役者冥利に尽きない人

2019年05月14日(火)

●『(総理は)すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらった』、映画作品を巡る役者の発言が物議を醸している。いや、これ、物議になるところか?映画なんて、大統領がスーパーマン以上の活躍をしてテロリストと対決する作品もあれば、「誰かタスケテー」ばかりを騒いで、何の役にも立たないデクノボウとして描かれる作品もある。作品に対して、必要であれば、そういう姿が描かれても良いわけで、作品を作る側の表現の自由とやらであれば、その腹を壊す総理大臣も、何ら問題はない。それに対し、一部では、安倍総理の潰瘍性大腸炎を揶揄したなどと言っているが、単なる、言いがかりにしか聞こえない。また、やり玉に上がっている佐藤浩市は「(総理大臣役を)最初は絶対にやりたくないと思いました(笑)」などと言っているようだが、総理大臣を演じる器のない三流役者だから、お腹壊して逃げましょう、って役作りにしか聞こえない。仕事を選んだ言い訳をインタビューで笑いながら答えるような役者、やり玉に上げる価値があるんかねぇ。何か、この件で、右や左を巻き込んでわあわあ騒いでいる理由が分からない。少なくとも、この件に対して何か言えるのは『本人』だけじゃないか?世の中、代弁者気取りの連中が増えた。●クズと言うかカスと言うか、下を見れば、いくらでも下はあるんだなぁ。名古屋市の会社員(31)など3人が逮捕された。知人男性(19)に、酒を飲んで運転するよう仕向けた上で、こいつらが、自分たちのクルマでわざと衝突。「後先考えれば安いだろ」などと脅して、現金およそ『5万6千円』を脅し取った恐喝の疑い、だそうだ。やっていることがクズなら、脅し取った金額が、これまたセコい。何だろうね、こういうクズ。バカはバカなりに一生懸命考えました、って犯行だが、人生、楽しそうで良いなぁ(笑)。『小人閑居して不善をなす』などという言葉があるが、暇を持て余すどころか、こういう『金儲け』の話ばかり考えていて、意外と忙しいのかも。●『京都市左京区の左京郵便局で9日午前、配送車が宅配便「ゆうパック」数十個を積み込んだ後、行方がわからなくなっていることが日本郵便近畿支社や京都府警への取材でわかった。』、荷物だけでなく、車ごと、配達員ごと全部ってことか?事件に巻き込まれていなければ、中々大胆な逃走だな。しばしば、年賀状の配達が嫌になって、全部捨てたり、自宅に持ち帰って放置したりする奴が出てくるが、こういうケースは聞いたことがない。まぁ、現時点で何が何だか分からないが、色々なものが二極化するご時世。「働ける人」と「そうでない人」に分かれるのかね。★☆★
2019 年 05 月
      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
前月 今月 翌月

- WebCalen -